動詞 一段化

動詞の活用語尾に使われている母音が一種か二種なのかを見て、一段活用か二段活用かを見分けることができる。


例えば「起きる」であれば一段は「起き・起き・起きる・起きる・起きれ・起きよ/起きろ」と、

「起き」の一種の母音がベースになっているのに比べ、

二段活用だと「起き・起き・起く・起くる・起きよ」と「起き」「起く」と二種の母音が使われることになる。


中世に始まり近世には完了していたとされる連体形による終止形の駆逐によって、

日本語には大きな変化が起こり、終止形が不要になってしまっていた。

これにより例えば上二段活用は次のようなものに変わっていたことになる。

旧上二段・「おき・おき・おく ・おくる・おくれ・おきよ」

新上二段・「おき・おき・おくる・おくる・おくれ・おきよ」

このような活用体系への変化が自然と生じていたことが、ひとつ目の要因として動詞の一段化現象につながってくる。


連体形が終止形を呑み込んでしまうということは日本語の大きな変化であったが、

その中で偶然にも語音構造上に変化が生じなかった用言がある。

それが四段・上一段・下一段である。

まず四段活用では「書か・書き・書く・書く・書け・書け」のままで、

アクセントは違っていたとはいえ、語音構造上の活用形変化は見られなかった。


上一段活用の「あたえる」では終止形「あたふ」が連体形「あたえる」に同化し、

終止形も連体形も「あたえる」になっている。

同様に上一段では「着 き・着る・着る・着れ・着よ」となっていて終止形も連体形も同じ「着る」であった。

こうして見ると新二段と一段は母音が一種・二種ということ以外活用形は同一している。

そして新上二段は下からの上一段と似ていると意識され、

それに引かれる形で上一段に同化したという解釈が一段化現象への次の要因となった。


二段活用から一段活用へと変容していったこの波は、

終止形・連体形の活用形同一化以前から起こっていることではあった。

奈良時代には下二段活用であった「蹴ウ」が、

平安時代に下一段活用の「蹴ル」に変化していったことに例を見ることができる。

「居る」のように「イ・イ・ウ・ウル・ウレ・イ」という上二段だと語の同一性が不明瞭であるから、

上一段で「イ・イ・イル・イル・イレ・イ」とした方がすっきりする。


「見」「煮」のように一音節で元々不変化だった語から次第に一段活用化されてゆき、

それに合わせて他の言葉も変化していったと考えられる。


つまり言葉は使い手である人の都合で使いやすいように時代の中で変化してゆく。

その良い例がこの動詞の一段化現象なのである。


当時の中央では下二段の形が上品な言葉とみなされていたことや、一般の庶民は一段活用で、武士は二段活用を長く保ち、

またうちとけた場面では一段活用、改まったところでは二段活用を用いたことからも、

本音と建前、話し言葉を書き言葉、日常用語と殿上用語の狭間で

長い時間をかけて言葉が変化していったことが推測できる。

人間の国語は楽な方へと進んでゆくから、まずは関東民衆、そして武士、

いずれは中央の話し言葉も次第に変わってゆき、一段化が一般化してゆくのも必然のことであったのだ。

 

中国歴史書

中国において、文学が自由な表現を行おうと思っても

 

そこには特に政治面・経済面において大きな制約があったが故に、思いのままを文学にすることはできなかった。

 

とりわけ歴史書が関連してくる三国演義のような史実に基づいた文学は

 

三国時代から千年近くも経ってようやく文学として身を結んだのである。

 

それも、その普及のためには史実から内容を大きく変えるということを成さずには

 

到達できなかったところに文学の苦労が見て取れる。

 

 


白話小説「三国演義」は三国時代の英雄たちが活躍した様を鮮やかに書き出して

 

民衆の気持ちを捉えた中国文学史上で他に類を見ないほど人気のある文学である。

 

三国時代の史実をベースにしてはあるが、あらゆる面で修正が施されている。

 

一番大きいのがその主役である。

 

西晋の時代に陳寿が書いた「三国志」を基盤としている三国演義だが、話の軸は蜀の劉備らの活躍が中心となって進んでゆくのだ。


しかし歴史書である三国志ではどうか。

 

後漢王朝から正統の皇位を禅譲された魏が話の中心であって、その魏から次に晋が正統に皇帝の座を禅譲されてゆく流れだ。

 

蜀が中心となった話などまったく出てこない。


同じ時代を書いたはずの歴史書と小説に現れたこの決定的な違いは何故だろう。

 

そこに歴史書と文学の関連性、あるいは壁と呼ぶべきものがあることを説明しよう。

 


歴史書の始まりをさかのぼれば紀元前100年前後に「史記」を著した司馬遷にたどりつく。

 

彼は自分が仕えた前漢の武帝の活躍を記したが、

 

その以前の歴史として神話上の五人の君主「五帝」に始まった中国の皇帝から、

 

夏・殷・周・秦と続いた皇帝の推移について述べ、そしてその正統な皇位の流れの延長線上として

 

武帝は中国の神権思想「神天が自分に代わって天子という

 

絶対的な存在を遣わして世を治める」の元で天子になったと結んでいる。

 


そこに書かれているのは前漢の立場だけから非常に都合良く見た中国の歴史であるが、

 

勝者の一方的な視点からということであるからそれは少なくとも公平な歴史書と言うことはできた。

 

世界史の中の中国史という視点もなければ、中国そのものの歴史でもなく、それは皇帝の正統の歴史であるのだ。

 

それを中国の歴史書の始まりと呼ばざるを得ないところに、そもそもから歪みがある。

 


しかし事実としてこの司馬遷の史記が、その後も中国の歴史認識のスタンダードとして捉えられており、

 

中国大陸の支配者である皇帝が代わるたびに新しい国は自国に至るまでの過程を同様の歴史書として書き残してきた。

 

後漢から三国時代を経て魏〜晋とたどりついた時代の中で歴史書・三国志は生まれている。

 

それ以前の歴史認識から見て当然、三国志は晋の前身・魏を中心にして書かれている。

 


いや、書かれなくてはならなかった。


そうでないと正統な天子の禅譲に結びつかないからだ。

 

その中国思想では一人の天子しか地上に存在しないことになる。

 

同じ中国に三人の皇帝がいる三国時代などあり得ない事態であるから、それを歴史書である三国志に公に書くことはできない。

 

そこに妥協という欺瞞がある。

 


陳寿は三国志で魏のことについて書いた魏書にだけ、

 

皇帝の正式な伝である「本紀」として立ててあり、蜀や呉は「列伝」として扱った。


この「列伝」という言葉は皇帝の配下という意味合いがあるから、


要は魏だけを皇帝のいる正統な国として認め、皇帝を名乗った蜀や呉については国として認めなかったのである。

 

さらに注目すべきは著者の陳寿は蜀の出身であるということだ。


当然本人としては魏や晋よりも蜀こそが正統な国であるという意識があったに違いない。

 

ただ、晋の支配下で書いた歴史書であるがために、いくら陳寿といえども蜀を正統とは書き残せなかった。

 

書いたとしても必ず晋によって書物は破棄され、自らの身の危険を招くからだ。

 


新しい国家における歴史書の価値は何か。

 

自己の支配の正統性の根拠についての公式見解を示すプロパガンダの道具であったのだから、

 

歴史書の事実の改ざんが存在するのも当然のことであった。

 

そして支配国の影響があるうちは、事実は歴史書にも小説に書かれることなく闇に葬られることになる。

 

三国演義のように千年の時を経て、具体的な影響が無くなってようやく文学として歴史が描かれるのである。


文学である三国演義には支配者の制約はない。

 

代わって制約がかかってくるのは大衆に受け入れられなくてはならない、という点である。

 

そこで三国演義では主役の交代が行われた。

 

後漢の有名無実化した天子を手玉にとって悪行を極める魏の曹操と、

 

それに立ち向かう蜀の劉備、その劉備には平民出身という身近さと漢王朝の血を継ぐ正統な君主という材料を与えた。

 

本来天子であるべき劉備が平民から力をつけて悪玉の曹操と戦い、

 

しまいには蜀漢という国を建てて皇帝になる、という

 

誰もが喜んで受け入れるストーリー性を追加したことで、三国演義は小説として文学上の地位を獲得した。

 


歴史書である三国志と、文学である三国演義はそれぞれ必要とされた状況によって

 

同じことを書くにしてもこうも違うものに出来上がったのである。

 

この三国演義の主役交代の理由に中国における文学と歴史書との苦しい関係が見て取れるように思えてならない。

 

 

石川淳 佳人 普賢

どうしてこんなに混乱しているのだろう。

石川淳自身がこの『佳人』を決して「小説」と決して呼ばずに「叙述」と言い続けたことも、

その整理されているようでされていない処女作を通読することで理解することができる。

「作家の生活が地上の幸福と折合がつく性質のものではない」と考えている著者は

戦争遂行体制という非常の現実世界と、自身の日常生活や作家としての苦悩との狭間で

葛藤を続けていたのであり、石川淳の面白さは、目下のところおそらくは作者の意図する

本来の小説概念に反して、描き出された作品世界の作者から

独立した発展と示現にあるのではなく、むしろ描き出す作者の手つきそのものにあり、

石川が独自に見つけようとしたこの「自脱の方法」こそが

この『佳人』を生み出した土壌であり、氏の創作理由の根底を成すものであろう。


その混乱の意識の一端を、ユラとミサに対する「わたし」の性欲に見ることができる。

いつも側にいるユラへのマンネリがあり、浜村との秘密の一夜での「色っぽいみずみずしい」ユラを感じるシーンがある。

そのユラの姉であり、性欲など感じてはいけないはずの存在であるミサに対して

三味線をひく指に美を感じたり、ついには性欲を露にして抱き締めてしまう。

これらはごく当たり前の生活のシーンである。

夫婦間のマンネリや、たまに顔を合わす女に一時の新鮮さを感じることは日常のどこにでもある場面であろう。

しかし石川はそういったシーンを物語の「臍」と呼んでもいいような大きな場面に持ってきているのである。

作家は全体の諸要素を意識化出来ないという簡単な事実故という理解が正しいと思うが、

無意識の内にか著者の現実への絶望や屈辱的な出発点が具体化されているのが、この性欲の話なのだろうとわたしには思われる。


文学の理解にはその時代背景を無視しては不十分であり、

『佳人』にも「理想の喪失」と「空虚」という文学人としての石川の時代への抵抗がある。

その政治権力に対しての不満を日常生活の舞台に置き換え、二人の女への性欲を通して苦悩を作中に見ることができる。

石川が作家として書こうとしたテーマである「精神の努力」の痕は話の終わりにではなく、

文章の途中に幾つも流れていて、「わたし」の混乱を引き立てている。

時代を背景に社会への憤りを文章に込めて発信されるのが本来の文学の意味であり、

この『佳人』には石川が「習作」を書いて過ごした自らの「空虚」で厳しい時代で

見出した生活の中の非妥協が描かれている。

そのことを考えると、この『佳人』という作品もその混乱の時代と激しく闘っている

非妥協的な作家の過程がそのまま映し出されているものであり、

「小説」と呼ぶかどうかを不問にしたとしても、文学本来の価値が見えてくる。


『普賢』になると、この混乱と失望がより複雑なものになってゆく。

「自分にとって何が必要であり不必要であるかはっきり判ろうすべのない点が問題である」

とある通り、自分が何に対して混乱しているのかが分からないという結論にたどり着くことで、

『佳人』より一歩突っ込んだ心理を窺うことができる。

『佳人』では「わたし」が語り続けることで心情が顕にしていたが、

この作品では庵文蔵という親友でありライバルである人物を登場させたことで、

「わたし」とは違う見解からも「ことば」を通して理想を闘わすようになっている。


作中で話題はジャンヌ・ダルクやクリスティヌ・ド・ピザンから寒山拾得や文殊普賢まで広がりをみせる。

これは石川の教養の深さからくるものだが、これが石川自身、

ひいては当時の文明人たちの理想の高さを指し示すようにも思えてくるのではないか。

世を憂う気持ちは誰にでもあるものだが、文明人たちにとっては尚更であろう。

しかし戦争という時代に阻まれ、理想は理想のままで陽を見ることも叶わず、

かといって世に埋もれることにも妥協できないという不平不満がこの作品でも顕著であり、

それは酒・博打・浮気とおよそ有益とは思えない行動ばかりをする端役の登場人物たちに

投影されているのではないだろうか。

理想を高く掲げ、世をなんとか変えたいと思いつつも

時代に背を向けられた文明人たちの姿をそこに垣間見ることができる。


そんな中で最終的に「わたし」が心の支えとするのは、遠い記憶の中に生きているユカリという女性像であり、

これが最後の心の砦ともいうべき支えなのだが、作者はそのユカリをも没落させて唯一の望みを断ち切ってしまい、

そのショックからか「わたし」は更には身勝手な行動ばかりをして友人さえも失ってしまう。

終いには「わたし」と似たような考えを持って現実と闘い続けていた

「わたし」の分身とでも言うべき文蔵の死を示唆し、「わたし」の現実世界をことごとく破滅させてしまう。

そんな中で「わたし」がもがき、最後にたどり着くのは文学への望み、わずかな希望である。

時代に恵まれずとも「ことば」を「普賢菩薩」として心に抱く、

そういった文明人のあるがままの姿を小説として顕著に書き出すものとして、この『普賢』は文学としての意味を持つのである。

 

地球の重力 数式

地上にいる限り重力はどこでも同じである。

それは当たり前のこと過ぎて、普段我々がそれを不思議に思うことはない。

エレベータに乗っていてふわっと浮く感じを受けることがある。

その瞬間に自分の体重を量ってみたら、普段よりも軽くなっていることに驚くことだろう。

宇宙飛行士たちが宇宙船内で自由に空中を飛んでいる映像はよく知られている。

宇宙では無重力状態であって、月では重力が地球の1/6しかないことも知っている人は多いだろう。

ただ、こうして水や血肉を湛えている我々の肉体に重さがないはずがない。


それを説明するにはw=mgという数式が有効である。

wは重さで、mは質量、gは重力加速度である。

地上ではgがどこでも同じであるからw=mという関係が成り立つが、

無重力状態ではgがゼロのために、簡単な掛け算を使ってwがゼロになるという結論を導くことができる。

重さ自体がゼロでないことはこの数式で美しく説明できた。

エレベータでふわっと感じたときは、重力加速度が変化している影響を受けて重さ自体が変化していたのである。

 

重さは力として一般化される。

地球上の重力に逆らって静止している物体にはなんらかの力が働いているのである。

上向きに働く力fと、重さwが釣り合っているからこそ、物体は静止ができる。

この上向きに働く力fは位置エネルギーと呼ばれるものだ。

位置エネルギーを数式で表すとmghとなる。

mは質量、gは重力加速度、hは高さである。

大事なことは、静止している際の上向きの力・位置エネルギーmghと、

下向きの力である重さwが等しく釣り合っているということである。


物理学の基本理論としてエネルギーは循環する、というものがある。

ある物体が下から上にあがった際には、上向きに働く力mghに対応して、その分と同等の力が下向きに作用しているのである。

上向きの力は下向きの力と上手に相殺され、物体に働く上下の力の総和がゼロ、ということになる。

上下に位置エネルギーが移動したものの、全体の位置エネルギーの総和に変化はない。

これをもってエネルギーの循環は説明されるのである。

 

ガリレオは落体の法則で地上の物体が落下する様子を数式に置き換えることに成功した。

ガリレオが斜面の実験で見つけたのは、物体を斜面から落としたときには同じリズムが刻まれるということだ。

時間が1:2:3:4というペースで進むのに対して、

落下距離は1:4:9:16と進むのであるから、両者の関係は時間の二乗である。

よって、落下距離=落下時間の二乗に比例する、という法則を見つけ出すことができたのである。

簡単な数式を使って、数値化しづらいものも数値化することができる。

例えば重力加速度とは感覚的なもので、

明確な数字に置き換えることはできないようにわたしには思われたが、

下記の数式を進めてゆけば明確化されるものなのだ。

l(落下距離)=c(比例定数)×t²(時間の二乗)ということが先の落体の法則で分かっている。

速さは時間に比例するのだから、

v(速さ)=2c(比例定数)t(時間)という式も導くことができる。

また、地上での加速度は重力が同じだから一定であるということになり、

a(加速度)=2c(比例定数)という式を法則化することができる。


この3つの式をシンプルにしてみると、a=2cが、a=g(加速度)となり、

2c=gなのであるから、v=2ctはv=gtと置き換えることができる。

v=2ctであったのだから、l=ct²は、l=½gt²と置き換えられた。

落下t秒後の位置エネルギーは、mgH−mglという式で示すことができるのだが、

先のl=½gt²という式を使うと、

mgH−mglはmgH−=½mg²+t²ということになる。

このmgH−=½mg²+t²に、先のv=gtを置き換えると、

mgH−=½mvと整理することができる。

落下t秒後の位置エネルギーはmgHから、½mvだけ減少したことになる。

エネルギーは循環するのであるから、減少分=運動エネルギーであって、

この式から運動エネルギーが½mvという説明につなげることができる。

l=½gt²の式を使い、実際に上から落とした物体が落ちる時間と高さをはかってみると、具体的な数字が出てくる。

地球上における重力加速度はg=9.8m/s²である、ということを数式の結論として導くことができたのである。

 

落体によって位置エネルギーが減少するが、

それと同じエネルギー分だけ別の運動エネルギーが増加するのがエネルギー保存則であり、

エネルギーの総量は最初から最後まで変わることがないのだ。

自然現象を数字化して説明する物理学が「美しさ」を合言葉にしているなんて、なんだか文学的だ。

ピュタゴラス音階を数字で表すことができるなんて!

随分と詩的なことも物理から編み出せるのですね。

それも時代も場所も隔てた司馬遷が「律音」で書いていたことと同じことだなんて、

物理とは人の根本的な「知りたい欲求」を学問にしたものなのだろうと思うよ。

エネルギー保存則 運動と位置

わたしはパラグライダーというスポーツをやっているので、

このパラグライダーの動きを通してエネルギー保存則について説明してみたい。

まずパラグライダーに乗った時に一番高い位置にいるのは、

山の上から助走をつけてパラグライダーを開いて飛び乗ったその時である。

パラグライダーというスポーツはモーターという動力を使わない代わりに、

技量次第では下からの上昇風を拾って上手く位置エネルギーを上げることができるのだが

ここではその例は考えないことにして、浮かび上がったパラグライダーがそのまま着地することで説明しよう。


最上点まで位置エネルギーを与えられたパラグライダーは、

そこからパラグライダー自身とそこに乗っている人間の質量があるので、その分だけ真下に落ちてゆこうとする。

この時の位置エネルギーは、V= mgh(位置エネルギーV=質量m x重力加速度g x高さh)という式で表すことができる。

質量分だけ自由落下してゆくパラグライダーは次第に高度が下がってゆくのだから、

位置エネルギーを失う代わりに別のエネルギー、それは運動に伴う運動エネルギーを持つことになる。

落体における力学的エネルギー保存則の式は、mgh + ½ mv²= mgH と表す。

先に触れたように位置エネルギーはV= mghであって、

浮いているパラグライダーは時間の経過と共に落体の法則にしたがって

高さhを下げてゆくから、位置エネルギーも高さhの減少と一緒に減少してゆく。

mghが位置エネルギーなのだから、mghのhが時間の経過と共に減少してゆくものだとして、

このhの減少分を数式の上で補うとすれば ½ mv²を足してやればmgh + ½ mv²= mgHはイコールで成り立つ。

このことから運動エネルギーKは½ mv²として式にすることができ、

また運動エネルギーが½ mv²であればmgh + ½ mv²= mgHの式で考えれば

失われる時間の経過に伴う減少分の位置エネルギーとイコールになり、

こうして失った位置エネルギーと得た運動エネルギーの数値が一定で、

位置エネルギーと運動エネルギーの和が一定であるという落体における力学的エネルギー保存則を説明することができる。


パラグライダーは時間の経過に伴い質量分だけ落体の法則に従い

位置エネルギーを減少させるが、同時にそれは同じ分の運動エネルギーを獲得することになり、

この運動エネルギーを使って空中で速度を得ることができるし、舵を切って左右へ方向転換をすることもできる。

最も、スカイダイビングと違うのは垂直方向へ自由落下しないのは

パラグライダー自体が空気抵抗となって自由落下を防いでいることと、

パラグライダーの翼が風を取り込んで浮力を発生させているという別の要因はある。

その別の要因を除いたとしても、パラグライダーは減少した位置エネルギーの分だけ

新たな運動エネルギーというエネルギーを発生させ、その運動エネルギーによってスピードや移動を楽しむことができ、

時間の経過と共に位置エネルギーが終わりを告げるときにはパラブライダーも地面間際まで下がってきている。

そして最後の運動エネルギーを使って空中から地面へと着地したとき、

これ以上失われる位置エネルギーはゼロなのだから

同時に得られる運動エネルギーもゼロとなって、パラグライダーは終わるのである。


このようにパラグライダーの例をとってみてもエネルギーは保存する。

パラグライダーが空中で速度を保ち、舵を切って遊ぶことができるのは

上空にある空気抵抗と翼の浮力のお陰でもあるのだが、

そのこと以上に位置エネルギーの減少分だけ新たに得た運動エネルギーを利用しているのだ。

この運動エネルギーは位置エネルギーの減少に伴い同じく減少してゆくが

位置エネルギーだけではなく、空気抵抗という熱エネルギーや音エネルギーとしても減ってゆく。

エネルギーが保存することをはっきり示すのはパラグライダーの着地のときである。

失われない位置エネルギーに対して得られる運動エネルギーもないから、それ以上パラグライダーは動かないのである。

こうしてパラグライダーを例に挙げて見てみると、

パラグライダー独自の上空での風の抵抗や、自然落下に対するパラグライダー自体の抵抗、

パラグライダーの翼の浮力ということがあるものの、

高いところから飛び立ったパラグライダーがその位置エネルギーの減少分だけ

運動エネルギーを得て、その運動エネルギーを持って遊ぶスポーツであるということが説明できるのである。

エネルギーは保存する。太陽に元を発する太陽エネルギーが

巡り巡って我々人間に運動エネルギーをもたらせてくれる。

太陽エネルギーを光合成で取り入れた植物を食べることで動物は糧を得て、

食べることでその分だけ運動エネルギーをもらって我々人間が生きているのである。

だから我々人間自体も太陽から始まり、宇宙への熱反射する太陽エネルギーの保存の一環であると、美しく説明することができる。

 





© 2006 - Ken Box