ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

イオンモール豊川2022年オープン、本気で豊川市が都市計画?

投稿日:2019年5月10日 更新日:




 

イオンモール豊川は、豊川市にとって大きな冒険。

開業検討にあたり、都市計画マスタープランを一気呵成に進めようとするのは分かる。

全体像を見ると、大きな決断を迫られている課題に対して、

確かにイオンモール豊川のオープンは大きなチャンスなのだ。

 

豊川市は戦前から工業地域として個性を出してきた。

コスト優先で工場の海外移転が進む中、豊川市も例外に漏れず、閉鎖された工場がいくつも。

象徴的な例として、スズキの二輪車を製造していた豊川工場が2018年7月に稼働停止。

その跡地に、イオンモール豊川がオープン計画されているという皮肉。

 

イオンモール豊川オープン写真

 

お隣の豊橋市も似たような状況だが、豊橋市は東三河の中核都市であり、豊川市の人口の2倍の規模。

すると、更なる時代の推移と共に豊川市は自動的に尻つぼみになるリスクがある。

 

いくら豊川市が豊川稲荷の門前町であり、

愛知県内の「豊」がつく市の最古であろうとも、誇りだけでは街の活性化は叶わない。

 

大都市の市内に商業施設を造らず、

隣接する市に造って人の動きの集中を緩和するテクニックは定番。

そのロジックでいくと、豊川市は豊橋市の需要を支えつつ、

したたかにお金の動きを吸い上げる絶好の位置にないか。

 

豊川稲荷だけでは個性が足りないのだ。

もう1つ、できれば現代事情に即して、目に見えてお金が回る仕組みが欲しい。

そこで産まれそうなのが、イオンモール豊川

 

・スズキ工場の巨大な跡地がぽっかり空いて、交通の便も申し分なし
・イオンモール豊橋はないし、オープン計画もない
・豊川市の経済には何か個性が必要とされている

状況は、プライムツリー赤池のある愛知県日進市、ららぽーと東郷のある愛知県愛知郡東郷町、

イオンモール長久手&イケア長久手の愛知県長久手市、アイモール(イオン)のある愛知県みよし市、

イオンモール岡崎のある愛知県岡崎市、どれも似ている。

 

千載一遇の機会、と関係者がイオンモール豊川に飛びつくのは分かるし、

あながち間違った判断とは思わない。

 

豊川市民病院に隣接することになるし、

救急車がイオンモール豊川の交通渋滞に巻き込まれて困らないか?

というコメントはごもっともだが、俯瞰すればそういう環境下もやむなしと吞み込める。

 

人口シンボル
豊橋市37万人地方中核都市
豊川市18万人豊川稲荷、イオンモール豊川
蒲郡市 8万人ラグーナテンボス、温泉
田原市 6万人トヨタ工場、伊良湖岬の観光

 

決定打を見つけた。

スズキ工場跡地は工業地域であり、工場しか建てられない決まりになっている。

そこにどんな理屈でイオンモール豊川が開業できるのだろう?と私は心配していた。

なんと、豊川市はその用地の「用途地域を変更する」という裏技を繰り出したのだ。

 

例えば住宅密集地に、突然工場ができたら住民は困る。

その反対もしかり。

それなのに、スズキ工場跡地の周辺には現在も工場がいくつか並んでいるのに、

色々なしがらみを断ち切って、とてつもない大きな判断で、

土地の用途ルールを変更してまで、イオンモール豊川をウェルカムしているのだ。



本気さを感じる、イオンモール豊川。

早くて2022年になるだろうそのオープンを、温かく見守っているよ。

 







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.