冬、マイナス13℃の世界

レキシントンに雪が積もり、マイナス13℃の世界がやってきた。

 

実質初めての雪道運転、ガレージ前の雪かきをして、慎重に運転、4WDのRAVで安心感があり。

 

ちょっと外出したら体の芯まで冷えたマイナス13℃の冬。

 

降りやんで半日もすれば大きな道路には雪の影響がない、これがアメリカのモータリゼーションか!

 

 

冬、マイナス13℃の世界1.jpg

 

 

クリスマスからお正月にかけて仕事とプライベートが混在、今までにないリズム。

 

今年の目標 .▲疋札鵐垢之遏万円を安定的に稼ぐ

 

今年の目標◆.▲瓮螢を冒険旅行

 

今年の目標 上半身を鍛える、筋肉つける

 

今年の目標ぁ‐説を書こう

 

 

冬、マイナス13℃の世界2.jpg

 

 

オーブンで焼くピッツァがたまらなく美味しい。

 

アメリカのソーダ文化には感心、ケンタッキーローカルのALE8がイイね。

 

できるだけ思い込みを排除して、良いもの、きれいなものを見つけていきたいものだ。

 

自らに課すタスク

休みの日に遊ぶと言っても遊びたいものはこの地にはなし、一緒に遊ぶ人もいない。

 

一人駐在員の悲しい宿命。

 

黙っていると家で読書⇔インターネットのループになってしまうから、

 

気になったことを自らに課すタスクとして、自分を冒険に追いやる。

 

結果は見えている小物ばかりでも、今の僕にとっては冒険に違いはない。

 

 

自らに課すタスク2.jpg

 

 

Whole Foods、Meijer、日本人補習校、Jacobson Park、DICK'S、Pier 1、T.J.Maxx、Ayameスーパー、Kenwood Mallを探ってこい。

 

クローガーのショッパーズカード、コストコのメンバーズカードを貰ってこい。

 

1日3マイルのエアロバイク、庭の落ち葉拾いを4袋分。

 

洗車、家の掃除と片付け、IKEAで椅子とサイドテーブルを買う。

 

空想箱をコンテンツ750オーバーまで詰め込む。

 

読書を再開して10年ぶりに「レ・ミゼラブル」を、層の厚い話に感動が増幅。

 

 

自らに課すタスク1.jpg

 

 

ところでどれもパッとしない、刺激がない。

 

興奮したのはオロナミンCが当地で売っていたこと!

 

1本2.19ドルだが、僕にとってはプライスレスな味方の登場だった!!

 

 

自らに課すタスク3.jpg

 

 

今しばらく自らにタスクを課し、冒険してみよう。

 

あと何日も持つまい、その先の楽しみを見つけねば。

 

海外に行ったらお身体に気を付けて

「海外に行ったらお身体に気を付けて」

 

そうだ、出発前に色々な方にこのお言葉を頂いていた。

 

12月は忙し過ぎた、計100名の受け入れ、ロクに休んだ記憶がない。

 

ようやく受け入れ切ったクリスマス前、身体に疲れが、脳にリフレッシュしていない詰まり感があった。

 

 

海外に行ったらお身体を大事に1.jpg

 

 

そうだった、僕は身体に気を付けないといけないんだった!

 

着任後の数か月は環境適応で負荷がかかるのは致し方ないとして、もう自分がしたいように周りを致す番。

 

孫子の兵法で説かれているように、相手に致されていてはダメ、自分が相手を致さないと先は見えない。

 

自分のペースで休もう、自分がしたいように仕事も生活もデザインしよう。

 

 

海外に行ったらお身体を大事に2.jpg

 

 

日本食を食べる、エアロバイクを漕ぐ、小説を読む、贅沢に時間を使って考える、ゆっくり寝る。

 

行きたい場所を設定する、撮りたい風景を狙って冒険に出る(↓をトライしたが今ひとつ)。

 

 

海外に行ったらお身体を大事に3.jpg

 

 

来年夏までは仕事に隙間があること必至、7月から今までお疲れ様ね、これからアメリカ生活を楽しめるかな。

 

凡々と過ごす北米の日々

また凡々とした日々を過ごしてしまった。

 

ピークが来た仕事をやっつけるのはいいが、それだけでは人生何も進まない。

 

 

−12℃まで下がった空気を味わうことができた体験は、僕にプラスをもたらす?

 

遅延対応で朝3時の空港お迎え、1週間もホテルで缶詰の仕事、これは苦痛だけだよね?

 

お客さんからお土産を2つも貰ったな、これは喜ばしいことだろうに。

 

 

 

 

KY州運転免許の運転試験は1回でパスできた、随分下調べし、サイドブレーキ引き忘れも致命傷にはならなかった。

 

19歳の時はWA州の仮免までしか取れなかったから、20年かけてあの頃を越えた、でも当たり前すぎる。

 

なんとなく英会話は上達していると思うけれども、次の壁を破らないとアメリカに来た意味がないか。

 

空想箱に過去の財産を大量投下する、こうした後ろを振り向く作業も12月をもって終了させるのだ。

 

山岡荘八「豊臣秀吉」が素晴らしい、読書に費やす時間を日本ではなかなか確保できなかった。

 

 

1月になったら仕事が落ち着く、いよいよ本当の冒険の日々に出ることにしよう。

 

停滞気味の週末

今週も色々あったんだ、お掃除ロボット・ルンバが来てカーぺットの埃をやっつけてくれた。

 

仲間が1人加わったのが最大の出来事、明るく優しい方が見つかったとはなんたる僥倖。

 

冒険は続いている、KY州運転免許の学科試験を全身全霊の集中力で受けて見事合格、来週は実技だ。

 

 

(まさか、家の道を真っすぐ10マイル進むと橋がなくて、フェリー!)

 

 

コストコに行ってお買い物、ついにアメリカでのコストコデビュー、19歳の頃からの夢だった。

 

空想箱を立ち上げ、今まで時間を費やしてきた駄作・空想を眠りにつかせた、もう忘れてしまおう。

 

「光秀の定理」を読んだ、4つに1つのサイコロの話、変わり身した細川幽斎と秀吉が生き延びた話に、衝撃。

 

 

 

 

それでもなんだか停滞している。

 

写真もトレイルランニングも友達も、良い場面が見つからないまま、アメリカ生活も2か月が過ぎた。

 

もう1歩突き抜けて行きたいのに、まだその方法が見つからないでいる。

 





© 2006 - Ken Box