仕事納めの朝

ブログの再整理を終えると、これといってやることがなくなった。

 

目の前のニンジンがない馬は走りようがないのか。

 

新しいニューオリンズ旅行の前に気を落ち着けて。

 

 

4thStreetLive!1.jpg

 


仕事納めの強烈な朝電話、心技体どれもブレブレに。

 

乾坤一擲の労務管理問題提起、デメリットを甘受してそれでも仕掛ける。

 

ルイビルの4th Street Live! にカメラを向けたがニューヨークと比べれば暗く、色が薄い。

 

 

4thStreetLive!2.jpg

 

 

厳しい仕事が一段落した今、僕に必要なのは脳のリフレッシュなのだろうな。

 

モードをどこか変えて、既存路線を外れて、道は未知が良い。

 

満ち足りているようで、実は空虚、ずっとそうだけど、一歩踏み出そう。

 

写真 ルイビル

身近にある美しいものを、美しく撮ってみた。

 

ケンタッキー州都・ルイビル、バーボンとケンタッキーダービーで知られるこの街を、オハイオ川越しに撮れば黄金の輝き。

 

 

写真ルイビル3.jpg

 

 

インディアナ州とケンタッキー州の境なのに、川の名前はオハイオ川とはこれ如何に?

 

広い川幅にルイビルの高層ビルの灯りがリフレクションとなって色づく。

 

 

写真ルイビル1.jpg

 

 

海のない中西部で撮影していると、川を海のように見立てる時が多くなる。

 

 

写真ルイビル2.jpg

 

 

もう、風景写真の高画質・高品質はここで高止まりのような気がしている。

 

機材はD850とNIKKOR 28mm f/1.4E、撮る時間帯と天気を選び、三脚と長秒露光。

 

ストレートに撮るルイビルの写真はもうおしまい、これからはアイディア勝負で新しいものを。

 

 

写真ルイビル4.jpg

 

 

三脚を担いだ同趣味の人と目を合わせて微笑みを交わす。

 

夏は大勢の散歩客がいたリバー・ウォーク・アンド・パークも、冬は川風がきつく、人影は少ない。

 

これでルイビル夜景写真は僕の心に封印、納得の写真が撮れて幸せだった。

 

次に欲しいものは

冬前にニューヨークに行け、お迎えも片道も仕事が一段落した。

 

ようやく心に余裕が芽生えた土曜日。

 

-3℃まで下がって今冬の初雪が降ってきたから写真は撮りに行けなかったね。

 

吉川晃司「この雨の終わりに」・槇原敬之「Forget-me-notカバー」が心に染み入る静かな時間。

 

 

(KY州のオイル工場を狙って撮ったが、出来がイマイチだった)

 

 

ディスポーザーを使い過ぎて水がつまった、この土日は炭水化物抜きダイエットを企画。

 

インスタグラムの利用層のモノ珍しさにもう少し続けてみて、本物があるか見極めてみよう。

 

 

時は来た。

 

あと90日で「忍び半蔵」を完成させよう。

 

存分に過ごした一年間、次に欲しいものは「忍び半蔵」の完成。

 

J&D Market

どうして閉まってしまったの、J&D Market。

 

一緒にいる時は永遠だと思っていたのに、離れれば互い違いもまた永遠。

 

バーボンウィスキーを手にした客と、チョコレートをかじった客。

 

もう開くことはないね、J&D Market。

 

 

J&D_Market2.jpg

 

 

閉まった後は追わない、そう決めていたんだ。

 

薄暮に落ちた店の前でカメラを構えていると、行き交う車のヘッドライトが一筋の光のように連なる。

 

閉まっても、美しく輝くJ&D Marketの跡形。

 

 

J&D_Market1.jpg

 

 

こんなこともあるかと思って、繋げていた細い線。

 

写真技術の粋を込めて撮るよ、J&D Market。

 

閉まっていても、心の底では開いている、それだけで。

 

あのJ&D Marketが、好きだった。

 

ブルーノート・ニューヨーク 写真

ずっと行ってみたかったんだよ、ブルーノート・ニューヨーク。

 

ジャズクラブなんて聞くと、なんだかハードル高い気がしていたけど、行動力がついた今の僕なら大丈夫。

 

 

ブルーノートニューヨーク写真3.jpg

 

 

ブルーノートのウェブからテーブル席を予約、バーカウンターは距離があり過ぎるからテーブルで良かった。

 

ステージとの距離があまりに近い、そしてテーブル同士の距離も近過ぎて狭い、椅子がひけないぐらいに狭い。

 

その分、音がダイレクトに入ってくるブルーノート・ニューヨーク。

 

 

ブルーノートニューヨーク写真1.jpg

 

 

予約していてもテーブルは先着順で良いところにアサインされるから、早めの到着が良いようだ。

 

階段を上がった2階にちょっとしたショップがある。

 

地下鉄駅から歩いて30秒、夜10時でも人通りは多く、地下鉄駅も治安の問題ない雰囲気だった。

 

 

ブルーノートニューヨーク写真2.jpg

 

 

この夜はDEE DEE BRIDGEWATERさんのステージ、パワフルな声に酔いしれた。

 

ナッシュビルでカントリーを、セントルイスでブルースを、ニューヨークでジャズを聴いた。

 

夢はまだ続くよ、メンフィスでロックンロールを、ニューオリンズでジャズを聴きたい。

 

ブルーノート・ニューヨークの写真、一生モノの思い出。

 

 





© 2006 - Ken Box