チャールストン観光 サウスカロライナ

2017.05.01 Monday

チャールストンを観光していて、ハッと気が付いた。

 

「アメリカは歴史が浅いから・・・」と小馬鹿にしていた僕、

 

しかしサウスカロライナのチャールストン観光で魅力を感じたのはその歴史だった。

 

 

チャールストン観光5.jpg

 

 

高層ビルがない街中、南部のおもてなしの心を象徴するパイナップル噴水、これは時代にかかわらず素敵。

 

 

チャールストン観光8.jpg

 

 

イイ感じに保存されている歴史地区の町並み、しかし旧奴隷市場博物館だからそんな麗しいものでもない。

 

 

チャールストン観光1.JPG

 

 

地元レストラン・Magnoliasで南部料理・Gritz(トウモロコシのお粥)を食べた思い出。

 

 

チャールストン観光2.JPG

 

 

サンドウィッチも美味しかったよ、一人旅だけど勇気出してレストランに入ると歓迎してくれた。

 

 

チャールストン観光4.jpg

 

 

チャールストンのウォーターフロント公園を夕方に歩くといい、心地よい海風に心が開放される。

 

 

チャールストン観光6.jpg

 

 

200年以上の歴史、ブーンホール・プランテーションの美しさ、古の南部の歴史だね。

 

 

チャールストン観光7.jpg

 

 

南北戦争開戦の場・サムター要塞、これも160年の歴史によるもの。

 

 

チャールストン観光3.jpg

 

 

京都・奈良の歴史の深さとは比較する必要もない別の角度で楽しめたチャールストン観光。

 

南部を感じる歴史を楽しみ、チャールストンの景色は永遠に変わらないでと祈った旅だった。

 

サムター要塞

2017.05.01 Monday

チャールストンの美しい自然環境、どうして苦しい歴史がセットなのだろう。

 

フェリーツアーで沖合へ、サムター要塞へのクルーズ。

 

南北戦争が起きるきっかけとなったサムター砦を訪れる、リスペクトしたいが解放感が先に出る。

 

 

サムター要塞5.jpg

 

 

大砲の類がリアルな形で展示されている、博物館もあった。

 

 

サムター要塞4.jpg

 

 

アメリカ人にとっては特別な意味があるサムター要塞だという、南北の争いの象徴だから。

 

レンジャーの話をみなさん黙って聞いていたな、国定公園に指定されたサムター要塞。

 

 

サムター要塞6.jpg

 

 

イメージが被るのはサンフランシスコとアルカトラズ刑務所、あれも観光地+黒い歴史のセットだった。

 

 

サムター要塞7.jpg

 

 

そうはいっても海からの風は気持ちいいし、南部の解放感、景色がサイコーの観光地だ。

 

 

サムター要塞8.jpg

 

 

チャールストンの港町を一望できるサムター要塞、交通の要所か、出城としてのサムター砦。

 

 

サムター要塞1.jpg

 

 

サウスカロライナ水族館からツアーが出ている、観光地ではなく国定公園でしたね。

 

 

サムター要塞3.jpg

 

 

逃げ道のないサムター砦が陥落ということは、考えたくない結果が。リスペクトの気持ちを込めて僕は歩くよ。

 

 

サムター要塞2.jpg

 

 

フェリーから撮ったチャールストンの様子、日焼けきつかったが、それは楽しい時間でした。

 

ブーンホール プランテーション

2017.05.01 Monday

美しいものを探して、格好の写真被写体を求めて、アメリカ南部を見渡してみる。

 

アレだ、黒い歴史はあるものの、プランテーションの写真でみた豪勢な感じ、富の象徴。

 

サウスカロライナ州・チャールストンを訪れるにあたり、郊外のブーンホール プランテーションへ。

 

 

ブーンホールプランテーション2.jpg

 

 

それも、この一枚のために訪れたと言って過言ではない、樫の木から下がるスパニッシュモスという植物。

 

南部特有の光景だが、どこでも見れるわけじゃない。

 

 

ブーンホールプランテーション1.jpg

 

 

マンション内を歩くツアーに参加すると、他全員白人の中、僕一人がアジア人、そんなのも楽しい。

 

中は写真撮影禁止だが、その当時の富の粋がそこにあった、随分と豪華な文化ね。

 

 

ブーンホールプランテーション5.jpg

 

 

好ましい生活があったかのように誤認してしまう素敵な景色ばかり。写真映えはするのだけど。

 

 

ブーンホールプランテーション3.jpg

 

 

この奴隷小屋も自分の目で見たかった、樫とスパニッシュモスの道の脇に並ぶ建物。

 

 

ブーンホールプランテーション4.jpg

 

建物内はこんな感じだったようだ、ここにどれだけの人が、何十年も。

 

 

ブーンホールプランテーション7.jpg

 

 

美醜入り混じったブーンホール・プランテーション、忘れられない歴史と文化であることは間違いなく。

 

 

ブーンホールプランテーション6.jpg

 

 

目を背けずに見たチャールストンの歴史と文化、ブーンホール・プランテーションの写真と思い出。

 

コロンビア サウスカロライナ州

2017.04.30 Sunday

サウスカロライナ州都・コロンビアをランニングしてみた。

 

この町がどういう香りを放っているのか、走って感じてみるのが一番だ。

 

 

コロンビア_サウスカロライナ州6.jpg

 

 

横断歩道がカラフルな記号に彩られている、なんだかセンスを感じて嬉しい。

 

 

コロンビア_サウスカロライナ州3.jpg

 

 

メインストリートを真っすぐ走る。コロンビアという町は、平和で清潔で落ち着いていると感じた。

 

 

コロンビア_サウスカロライナ州1.jpg

 

 

サウスカロライナ州議事堂、そうだ、コロンビアはサウスカロライナの州都。

 

 

コロンビア_サウスカロライナ州2.jpg

 

 

州都にしてはダウンタウンは小さく、人も多くはない。こじんまりとしたイメージね。

 

 

コロンビア_サウスカロライナ州4.jpg

 

 

今日走ってきたグリーンビルシャーロットと比べると個性が際立っていない。ただ安心な町。

 

 

コロンビア_サウスカロライナ州5.jpg

 

 

コロンビア美術館でイベントが行われていた。サウスカロライナ大学があるから若者も多い。

 

 

コロンビア_サウスカロライナ州7.jpg

 

 

お外で飲食できる楽しそうなお店、アメリカでこの景色を見ると安心する、心の余裕がある町だ。

 

 

コロンビア_サウスカロライナ州8.jpg

 

 

割合短時間でコロンビアでのランニングを切り上げた、個性は強くないが良い町だと感じた。

 

シャーロット ノースカロライナ州

2017.04.30 Sunday

シャーロット(ノースカロライナ州)という都会をランニングしてみよう、という挑戦。

 

金融街として全米第2位で知られるシャーロット、あのニューヨークに次ぐ金融センター?!

 

 

シャーロット_ノースカロライナ州6.jpg

 

 

トライオンストリートを警戒に走り出すと直ぐに感じる、ここは重い経済活動がされている街。

 

バンクオブアメリカの本社ビルがゴールド色に輝いていた。

 

 

シャーロット_ノースカロライナ州9.jpg

 

 

ノースカロライナ州の田舎風景が打って変って都会へ、高いビルと銀行だらけのシャーロット。

 

 

シャーロット_ノースカロライナ州1.jpg

 

 

それでも街中は平和で美しく、のんびりもしている。セグウェイ(パーソナルモビリティ)で観光していた人も。

 

 

シャーロット_ノースカロライナ州2.jpg

 

 

ベクトラー現代美術館の前のモニュメントが場違いで面白い。

 

 

シャーロット_ノースカロライナ州3.jpg

 

 

バンクオブアメリカのスタジアムが大きくて驚いた!

 

 

シャーロット_ノースカロライナ州5.jpg

 

 

街中には公園もあって、春の日を楽しむ人たちがいる、金融街だけってワケでもないか。

 

 

シャーロット_ノースカロライナ州4.jpg

 

 

サンピエトロのカソリック教会もある、シャーロットだけでも70万人オーバーの大都市だもん、色々な顔があるか。

 

 

シャーロット_ノースカロライナ州7.jpg

 

 

NASCAR(全米のモータースポーツ)の博物館もあったが、残念ながら興味ないので僕は素通りだ。

 

 

シャーロット_ノースカロライナ州8.jpg

 

 

今日走っているグリーンビルコロンビアのような生活に密着した町というより、これはもう大都市の顔だな、シャーロット。

 

 






Copyright (C) 2006-2017 "Kenbox" All Rights Reserved.