ニューリバーゴージブリッジ

ウェストバージニア州のスピリット!

 

ニューリバーゴージブリッジ(New River Gorge Bridge)を本気撮りする機会を伺っていた。

 

時は満ちた、紅葉・晴天・夕方・広角レンズ・出張ついでの移動と、勝利を予感させる状況に。

 

 

ニューリバーゴージブリッジ5.jpg

 

 

267mの高さにあるニューリバーゴージブリッジを峡谷下から見上げた。

 

夕方17:30の空色はイメージ通り、28mmで画角は足りており、30秒の露光で川の水と空の雲を穏やかに流す。

 

心の中でつぶやいた、あぁ、この画が撮れて幸せここに極まる。

 

 

ニューリバーゴージブリッジ6.jpg

 

 

だが、追ってパソコンで見るとベストな色彩の一枚(↑)はピントが合っていない。

 

橋の上で三脚を立てて撮ったが、通り過ぎる車の振動が悪さをしていた、無念この上ない。

 

 

ニューリバーゴージブリッジ7.jpg

 

 

油絵のような肌質、カマキリを思わせる前足、実は橋の向こうは紅葉が色づいている。

 

素材を活かした撮り方ができ、溢れる満足感。

 

 

ニューリバーゴージブリッジ4.jpg

 

 

角度を変えると、紅葉に夕陽が当たって輝く森の姿が。

 

同じく30秒の露光によって水上の落ち葉は渦を巻き、川面と雲の荒は失せる。

 

 

ニューリバーゴージブリッジ3.jpg

 

 

ひどくクラシックな線路の一枚、他意はないが紅葉とマッチするから。

 

 

ニューリバーゴージブリッジ1.jpg

 

 

ビジターセンターから見るニューリバーゴージ、アパラチア山脈による恩恵。

 

真ん中右に見える橋の上から見上げたのが1枚目の写真。

 

 

ニューリバーゴージブリッジ2.jpg

 

 

車はニューリバーゴージブリッジの上を走るよ、日常みたいに。

 

でも実はこんなに詩的な写真スポット、満足度が高い写真撮影になったが、ちと心残りはある。

 

またいつか訪れてしまうのかな、色の濃い夏の夕陽に誘われて、そんな予感がする。

 

予定と成果がなかった土曜日

驚いたな、土曜日の朝に起きると今日の予定がない。

 

珍しい、仕事に意識を取られて週末の行き先を考えていなかった。

 

 

予定と成果のない土曜日1.jpg

 


霧が出ていたから面白い写真が撮れるか、と向かったキーンランド競馬場、紅葉にはまだ早く。

 

f/1.4gの明るさでキレイには撮れるが、主役がいなくては空虚だ。

 

 

予定と成果のない土曜日2.jpg

 

 

行きたかったのはフォアローゼスのバーボン工場、別にツアーには興味はないがショップを覗く。

 

これでケンタッキーバーボントレイルの主要バーボンブランドはみんな巡った。

 

センスの補完、地元を知る旅を一山越えた。

 

 

予定と成果のない土曜日3.jpg

 

 

モノ足りない。心に響くものを得られなかった時間が僕をせかしてくる。

 

近いからってウッドフォードリザーブに寄ってカメラを構えるが、納得の画にはならず。

 

 

予定と成果のない土曜日4.jpg

 

 

このままで一日を終えて良いのか?

 

たまらず向かったプレザントヒル・シェーカービレッジ、まずはランニングして下見。

 

 

予定と成果のない土曜日6.jpg

 


被写体に当たりをつけて、本気カメラを持って勝負を挑むが及第点に至らず。

 

落陽の光線を駆使した一枚を、何気ない風景に技術を込めて、

 

「恋するフォーチュンクッキー」を歌う平井堅を写真界で体現、と狙ったが素材を見つけられなかった。

 

 

予定のない土曜日は、成果のない土曜日となった。

 

久しぶりだな、こんなの。

 

明日と来週はちょっとした名所で時間が取れるから、自分が喜ぶ写真が手に入るといいな。

 

プレザントヒル シェーカービレッジ

プレザントヒル・シェーカービレッジでの一番の美は、横に伸びる通り。

 

紅葉に包まれたその主役に目が留まり仕方ないから、自然と写真も似たような光景ばかりになった。

 

 

プレザントヒルシェーカービレッジ2.jpg

 

 

秋色、カボチャや藁もその色を引き立てる。

 

 

プレザントヒルシェーカービレッジ4.jpg

 

 

大きく2色使いなのね、赤と黄と。

 

 

プレザントヒルシェーカービレッジ1.jpg

 

 

昔ながらの暮らしを続けるプレザントヒル・シェーカービレッジの人々のイメージと、ピタリと重なる自然の美しさ。

 

 

プレザントヒルシェーカービレッジ3.jpg

 

 

大学構内の光景とどこか重なるよ、若者の姿もタブレットも見当たらないけど。

 

 

プレザントヒルシェーカービレッジ5.jpg

 

 

レキシントンで季節を感じるなら、プレザントヒル・シェーカービレッジということか。

 

中性脂肪 400

「あなたの中性脂肪は 409 mg/dlです」という悲報が届いた。

 

1年半ぶりの健康診断、アメリカ生活を開始したツケっていう言い訳はできるけど。

 

食も冒険と笑い、チーズピザやポテトフライに果敢にトライしていたな。

 

 

中性脂肪劇的改善に喜々とした2014年を思い出す、350→129まで下げるのに成功。

 

あの時よりも悪い数値か、40台らしいものが俺にも訪れたというワケ?

 

 

中性脂肪4002.jpg

 

 

酒と砂糖は受け付けず、肉はほどほど、適度な運動をし、適正体重を維持している。

 

そのどれもが自己満足の世界だった、「飢餓に備える習慣」で炭水化物を人の1.5倍は摂る癖が×。

 

体質ね、と諦めの言葉を吐くにはいかない。

 

 

中性脂肪4001.jpg

 

 

健康診断の結果を壁に張り出した、この事実を忘れないように。

 

EPAとDHAのサプリを買ってきた、炭水化物と油の摂取量を下げよう。

 

スーパーで買うサラダが美味しくなくても、食生活を見直しますか。

 

 

ブログは自分を追い込む場、ここに書いたからには逃げられない。

 

なんだか、ダイエット日記みたい。

 

(写真はメーカーズマーク工場でお会いした猫さん。猫背ね、猫だから)

 

 





© 2006 - Ken Box