山上憶良 大伴旅人

美しいものの創造。

日常にある人間の感情の美的な表現。

それが山上憶良と大伴旅人に共通する意識であるとわたしは思う。

 

旅人の「酒讃歌」にある「験なき物を思はずば一杯の濁れる酒を飲むべくあるらし」のような一見豪快な歌も、

詠まれているものは酒自体の魅力を語るものではない。

そこにあるのは酒を清貧の証、友をいざなうべき風雅の世界と見立てた大陸文化の素養をとりこんだ作なのであり、

政界の汚濁を離れた、隠逸の世界という美の意識である。


「世の中は 空しきものと 知る時し いよよますます 悲しかりけり」のように

正妻・大伴郎女を喪った旅人が嘆く歌が多過ぎて不自然に感じる。

それは妻を亡くしたという喪失感以上に、夫が亡き妻を想うこと、愛しい人を追憶するということ、

その場面に秘められた美こそを表面化させて歌に反映させたものであろう。

 

この歌にある「空し」という言葉は仏典にある空の訳語であろうといわれているが、

旅人の歌は仏教の悟りに落ち着くことなく、現実として妻を失った者は空の極致を知ろうとも哀しいものは哀しいのだ、

と生々しく自分の悲しみを歌っているところが、旅人らしい魅力なのである。

 

 

 


一方、憶良の「宴を罷る歌」も同様に心から子供を気にして作ったものでもないだろう。

子に執した歌人と言われる憶良だが、やはりそれは親が子や妻を心配する、

というシーンにある美しさを歌に表現しているのだろう。

 

憶良らは 今は罷らむ 子泣くらむ それその母も 我を待つらむそ」と憶良は詠むが、

70歳近くになっていた憶良に「五月蝿なす騒ぐ児ども」がいたとは考えにくい。

やはりそれは本当に子供を心配していたということ以上に、

親が子や家族を心配する、という場面にかかる美を歌に込めているのであろう。

 

一方で、子供である古日を失ったときに読んだとされる

「わかければ 道行き知らじ 幣はせむ 黄泉の使 負ひて通らせ」という歌には、

その子供のことを思う憶良の素直な気持ちが現れている。

 

いままで誰もが目をそむけてきた、無知・悲惨の姿に奇態な美を発見した憶良であるから、

美を追求するあまり、幸せな場面だけではなく、「貧窮問答歌」に描いたような哀しい場面にこそ深い美が宿ることを

知ってしまったのかもしれない。

 

これらは旅人が妻を嘆く歌を創り続けたことに影響されてのことかもしれない。

二人はその対象こそ妻と子と違うが、身近な人を想う場面にこそ美の意識を見出し、それを和歌に託して表現していたのだ。


互いが知識人であった二人は、筑前国守というポジションにいた憶良の前に、

大宰師という直属の上役で中央から移って来た旅人という関係で始まり、互いに刺激し合って発展していった。

旅人は名門大伴家の家長と言うエリートである。

一方の憶良は遣唐使経験などもある知識人ではあったが、

家柄としては自分の才覚だけで出世してきた、いわゆる成り上がりであった。

 

また、直接の上司である旅人のほうが憶良よりも5歳も年下であったことも考えると、

この二人はた外を自分とは別物として一線をおいて意識しつつも、しかし美の創作意識にあっては伝統的な和歌の粋から

はみ出したものを持つ風雅の友として感じるものがあったのだろう。

 

交友という人間関係を文学上の主題としたのが旅人であり、憶良は旅人の仏教無常の歌に触発されて作られた

憶良の人間の愛や苦をテーマとする作品を作り出しているのだから、

二人は違う世界にいると意識する中で別々の美の意識を確立したのだが、

現存の我々から見れば互いの意識が交じり合い、共鳴し合って新しい万葉集の一時代を築いたのであるから興味深い。


二人は家族や亡き人に対する愛、より身近なものを歌として、

それまでのような男女の性愛ばかりを対象にするような和歌ではなく、

新しい愛情の拠り所としての万葉集の切り口を確立させた。

 

それぞれの特質は違っていて、旅人は交友を重んじるが為の歌、妻を失った悲しみを純粋に歌う歌があり、

憶良はより現実味のある日常生活のものに対しての美の追求、

思想的な歌・人を諭す歌・貧を嘆く逆説の美を歌う部分に特徴がある。

 

地球温暖化 CO2削減

一般的には北極や南極の氷が溶けること自体が

温暖化の直接的な被害だと考えられているが、実情はそれ以上のものがある。

氷は太陽の熱を反射して空中に返すが、海は熱を吸収してしまう。

氷が溶けると海の体積が増え、それがまた熱を吸収して水温が上がり、氷が溶けるのが増加するという悪循環が起こる。

地球全体を冷却する役目のある極地の氷が溶けると温暖化に直結し、それが増大してゆくのだ。

 

ニュースで伝えられている表面上のことだけではなく、そういう悪循環のことも考えてなくてはならない。

より直接的な事例でいえば、氷上で餌を獲って生活するホッキョクグマやセイウチは

厚い氷がなければ生存できず、子育てを氷上で行うアザラシやホッキョクグマは

氷解してしまったら子育てができず、動物プランクトン・タラ・アザラシやホッキョクグマと続く

アラスカの自然を支える食物連鎖自体が絶滅を迎えてしまうかもしれない。


海氷の上で長年捕鯨をしていたアラスカの先住民たちが、

急激に変化した氷の薄さや海の変化を読み間違えて海中に落ちるという現象も、尋常ではない温暖化が原因だといわれている。

ただの人為的なミスで発生した事例ではと片付けてしまってよいのだろうか。

2006年に発生した日本の大雪も、ひいては温暖化に原因があると考えられている。

温暖化により海水が温められ、蒸発した大量の水蒸気が上空で急激に冷やされたことで大雪へとつながったのだと言われている。

直接的に、あるいは間接的に温暖化は我々人間を含めた生物全体の生活環境に被害をもたらしているのだ。


現代では中近東を中心とする石油の利権をめぐる争いが世界中を席巻しているが、

このまま地球温暖化が進んだ時、次に人類が競って奪い合うのが水や食料であると考えられている。

地球温暖化によって引き起こされた水不足が食料不足を引き起こし、人間や動植物の死を招いてしまう。

地球温暖化はそういった恐ろしい問題につながるものなのだ。

 

ましてや発展途上国の生活水準が先進国のレベルにまで急成長してきて、

その高水準の生活を維持するためにエネルギー消費が激増し、

例えば人口の多いインドや中国で1家族1台の車を持つようになったとき、

地球上の環境破壊はどれだけすさまじいものになるのか計り知れない。

 

 

 

 

人類は早い段階で石油・石炭・天然ガスなどから脱却し、代替エネルギーを別のものに求めなくてはならない。

太陽熱や風力・水力など自然エネルギーを電気に変換するなどして循環型のエネルギーによる生き方を考えなくてはならない。

このように、地球温暖化という問題はただ氷が溶けて気温が上昇するということだけではなく、

我々人類全体に、広くは地球上のあらゆる生物に致命的に関わってくる問題であるのだ。

 

温暖化問題を見て見ぬふりして先送りしたところで、近い将来、

それもたかだか数十年後には各国が地球の危機を現実的なものとして実感することになるのだろう。

この数年で全地球人が温暖化を徹底的に止める意識を持ち、

かつ実行することと、既に発生しているCO2を減らすための抜本的な対策を取ることに努力しなければならぬであろう。


地球温暖化防止目標として採択された1997年の京都議定書はきわめて意義のあるものだが、

金銭を払って解決できる温室効果ガス排出権の取引制度は、

結局先進国同士がお金で取引をしているようで本質的な意味とはかけ離れているのではないか。

つまり、地球全体の温室効果ガス削減には何の役にもたっていないのではないか。

その京都議定書も世界で最もCO2を排出しているアメリカが批准せず、

中国やインドも発展途上国だからという理由で強制されないのであれば効果が薄い。

 

日本にしてもマイナス6%の目標を掲げてはいるが、

そのうち純粋に国内で削減する目標をわずか0.5%と考えていて、

他の3.9%を森林吸収で、1.6%を排出権取引などで補おうとしているのだから、

本格的な問題として危機感を持っているとは言いがたい。

排出権購入のために民間企業が中国などで企業活動し、それを日本政府がお金を払って購入しようとしている。

それだけを端的にとって言うことはできないかもしれないが、

そこでも本来のCO2削減という大目的がすりかえられている気がしてならない。


自動車をハイブリッド車にしたり、水素自動車や電気自動車を推進したとしても

それは今までプラスだったCO2排出量をゼロにするだけであって、地球環境を元に戻そうとする意識ではない。

植林など自然環境を豊かにすることで既存のCO2を酸素に戻すような、プラス指向の活動が今後は必要とされているのである。

渡り鳥の繁殖地である北のツンドラがなくなった時には日本へやってくる渡り鳥は数が減っていることだろう。

 

そして、北の地の温暖化によって最早南の暖かい日本まで

餌を確保しに飛ばなくても北の地で越冬できてしまうかもしれない。

渡り鳥たちが美しく空を飛ぶ姿を見続けるためにも、

正しい認識と危機感のもとに地球全体で対応しないと地球上の生物たちの絶滅は必至となるだろう。

 

エネルギー循環

エネルギー循環を発見した物理学者はさぞ驚いただろうな。

いいかい、地球にあるエネルギーは循環する。


宇宙から降り注がれた太陽エネルギーが、光合成によって植物を育てると、その植物を食べる小動物が生まれ、

さらには小動物を捕食するより大きい動物が発生することで、生態系を組み重ねていった。


太陽エネルギーは植物や動物を育て上げて、しかも留まることがない。

動物の身体に蓄えられた太陽エネルギーは、死んでは微生物たちに分解され、その微生物の死骸が緑豊かな森へとさらに循環する。


森の植物を食べ、身体中に太陽エネルギーをたっぷり蓄えた動物たちが走り回る。

走ることで太陽エネルギーは失われてゆくが、エネルギーが消滅したというよりは、

運動エネルギーが音エネルギー・熱エネルギーというものに分散されていき、

それらはいずれ地球から宇宙への放射ということで、夜には宇宙へ帰ってゆくじゃないか。


面白いのはその総量のこと。

やってきた太陽エネルギーと、帰ってゆく放射エネルギーの総量はイコールになる。

地球を駆け巡ったと思ったら、エネルギーは留まることなく、その全てが宇宙に帰ってゆくのだ。

それがエネルギーの循環の姿。


とある高僧は言ったよ。自分が失えば他が得る、と。

恵まれた自分が、小さな落し物をするだろう。お金をどこかに寄付するだろう。

それは消えてなくなるものじゃないね。

自分が何かを失えば、失ったその分だけ、どこかの誰かが得ている。


ねぇ、君が知らずと財布を落としたとしよう。

それは本当に不幸なこと?

自分が失っただけの富と幸を、財布を拾った他の誰かが得るのだから、お金も幸も不幸も循環しているんだ。


経済もしかり。

ひとつの企業がつぶれれば、他のどこかの企業がその分だけ利益を得ている。

何かで荒稼ぎしている一流企業の陰には、利益が出なくて消えてゆく弱小企業がある。

それもこれも、循環しているだけなんだよ。


誰かと出逢って、愛を育む。

その幸せな季節が終わったら、また他の誰かと出逢って愛が生まれる。

恋ですら、留まるところを知らずに流れに流れて、循環してゆくもの。


川の水は、いずれ海に注いで蒸発し、雲になっては雨降りを通してまた川を形成してゆく。

ヒンズー教の世界では生命の輪廻転生が唱えられている。

前世の宿命を背負って、現世の僕たちが生きているという。

来世のことまで考えて、僕たちは今を生きようという考え方。


エネルギーの循環を見つけた現代の物理学者はこう思うんじゃないかな。

私が見つけたエネルギー循環の考え方は、昔から引き継がれてきた回り回る人生の考え方と同じなのだ、と。


そう、実際同じなんだよ!

ゼロから生まれたものはなくて、どこかから何かを与えられて今の私がある。

その私もいずれは滅び、他の何かに変わってゆく。

昔の人はよく言ったものだ。

生命は輪廻転生する。

自然の生態系では、生と死が循環しながら共存している。


だから物理学者が見つけた現代のエネルギー循環論は最新のものじゃないよ。

生物や人類以前、はるか四十億年前から営まれてきたものじゃないか。

自然の循環だってほら、地球に生命体が生まれた三十億年以上前から繰り返されてきた。

それと比べれば経済のお話なんて、ついこの間、ここ千年に盛り上がってきたものだね。


昔の人はよくぞ言った。人の命は輪廻転生を繰り返す、って。

でも、それは四十億年の歴史を考えればごく新しい知識だね。

新しい知識を、昔の人が指摘している。


自然のサイクルはそのひとつ古い知識。ひとつ現代に遡った人がそれを見つけた。

エネルギー循環っていう一番古い知識に、人がたどり着いたのはこの現代になってから。


最近の知識を、中世人が見つけ、

太古の知識を、近代人が見つけ、

最古の知識を、現代人が見つけ、

宇宙の知識を、未来人が見つける?


エネルギーも自然も人も、みんな循環する。

何もかもが、昔から今から未来へと、流れ流れてゆく。

それを我々人類が悟るのは新しいものから。

古くて根源的なものはなかなか見つけられない。

循環するものの発見も、今は昔の面白い物語。

 

ロハスな私


ロハスな私、っていうキーワードがある。

自分の生活や健康に大変な興味を持っている人たちは、いくらお金を払っても良い物を買おうとする。

自己投資を惜しまず、安かろう悪かろうの商品につられることなく、

高くても本当に良い物ならば抵抗なく購入する彼らが、ロハスと呼ばれる人たちだ。


インターネットや本からの情報収集にも長けた彼らは、

購買意欲が高く一般的に高学歴・高収入なのが特徴と言われている。

経済不安定と物価上昇に見舞われる21世紀の社会でも、

お金を出して高い物を買ってくれるロハスな人たちは、マーケットの中で主流を占める購買層と言ってよいだろう。


21世紀の流行はアメリカからやってくる。

このロハス(LOHAS=Lifestyles Of Health And Sustainability)と呼ばれる層は、

アメリカで生まれて流行したのがおよそ10年かけて日本に流れ込んできたものだ。

振り返れば、アメリカで流行ったボーリングが、日本でも大ブレイクしたのが1970年代。

キャンピングカーだってアメリカから日本へ移ってきたものだし、

2007年に流行ったビリーブートキャンプだって、やっぱりアメリカからやってきたものだよ。

マクドナルドも、インターネットも、スターバックスコーヒーもアメリカ文化からだね。


ロハスな私もそう。

白人コンプレックスがまだどこかにある私たち日本人は、アメリカの流行を知らずと追っているのだろうか。

いいや、人種のコンプレックスというよりも世界で一国だけ飛び抜けた超大国・アメリカだから、

その経済や文化が世界中に影響を及ぼすっていうことなのかもしれないね。


ロハスな私は健康グッズに金をつぎ込み、身体維持のために歩いて汗を流す。

中国製なんて怪しいから信じないよ、極端な安物はリスクが潜んでいるから買わないよ。

食べ物だって、食品偽装問題によって日本産ですら信憑性が弱くなっているものの、

頑として日本産しか信用しない。

中国産の食品なんてあり得ない、っていう顔をしたロハスな人たちは食の安全にピリピリしている。


水だってミネラルウォーターか、浄水器の付いた蛇口しか信じない。

水道水を飲むなんてもってのほか、ご飯を炊くにもミネラルウォーターを使うんだ。

ロハスな人たちは自分の身の安全をセルフコントロールする。

黙っていても誰かが、近所の人が、国家が、自分たちを守ってくれるなんてもう考えていない。

防犯グッズが、ホームセキュリティー契約が、市場として地位を確立した。

お金はあるから、空気も水も安全も、自分の知識とお金でもう一歩上のものを得ようとするのがロハスな人たちなのだ。


それって世間に懐疑的で、性善説から性悪説へ流れつつある現代人の心が浮き彫りになった証拠って捉えてもいいんじゃないかな。

それって21世紀では社会の主幹の地位が、貴族階級から一般庶民へと完全にシフトした証拠って捉えてもいいんじゃないかな。


ロハスな私は、もう止まらない。

贅沢を覚えた先進国の贅沢人の行く末は、ロハスな私なのだろうね。

と偉そうに書いている私こそが、お金に困ることなく健康維持と知的好奇心に並々ならぬ興味を持つ、典型的なロハスな人ではありますが。

 

大きなミス 小さなミス

「落ち着いてやれば絶対できるから」

店長にそう優しく言われた時は逆にショックだった。


注文が殺到し過ぎて、仕事が全然回らなくなった居酒屋の厨房の焼き場。

慌てたバイトが焦がしてしまったつくねをお客様に出そうとして、

社員のチェックが入り、もう一度やり直しになった時、店長は少しも怒らずにそう言ってバイトを励ました。


酒飲みで、短気で、豪快な性格の店長。

忙し過ぎて誰もがカリカリしている時なのに、

バイトの若僧の無謀なミスにも動じることなく、そう言って逆にバイトを励ます方法を取った。


店長の性格を考えれば、怒って一喝のほうがよっぽど似合っているのに。

大体いつも細かいことで、ガミガミ叱ってばっかりだったじゃないか。


ただ怒られるよりもずっと強烈に意識に残った、その店長のメッセージ。

部下への愛情のある叱咤激励。

その一言だけでバイトの若僧は店長を尊敬し、

その後は店長のためならばどんな苦労も惜しまない忠実な部下となった。

 

 

 


小さなミスはいくら責めてもいい。

細かく言って、うるさく繰り返して、改善を促すべきだ。


ただし、大きなミスの時こそ、あえて不問に帰すべきではないか。

大きなミスをわざとやろうとする人はいない。

何らかの原因が重なって大きなミスが出てしまったその時は、

ミスした人を叱りつけることじゃなく、先輩や上司がフォローしてあげるだけでいい。


いつかそのバイトの若僧が大人になった時、店長のことを思い出して

自分の部下の大きなミスを救ってあげる日が来ると思うよ。


店長の剛直なイメージと、優しい一言のギャップに

若僧がやられただけかもしれないが、その逆説の一言で、一生の敬意が生まれた。

 



<ご紹介>私の最高品質ページ

  • 1.人生ベスト写真4枚 / 2.2017年写真ベスト / 3.インスタグラム





  • © 2006 - Ken Box