50年後 未来の車

外環道を走っていたハタチの頃の自分、今思えば知識・経験が絶対的に不足していた。


50年後の未来の車を考えようとして、「完全自動運転」とか「CO2排出ゼロ」とか派手なキーワードを並べる前に、

一歩誤れば他人を傷つける危険運転を引き起こしかねなかった昔の自分のことに立ち戻ってみる。


カーナビもバックモニターもなかった時代、手動運転の感覚が強く残っている。

自動車という機械を、人という知能が操る、主体はあくまで人間だった。

聞こえは悪くない言葉だが、人間=ミスがあるわけで、そのミスは人を傷つける。

 

 

50年後の未来の車1.jpg

 

 

自動車のデメリットの本質は「事故」。

 

話が暗くて表に出にくいが、自動車事故での怪我人・死亡者は深刻な現代病。

自動車メーカーが技術を競うのは、自動車のメリットである便利さの追求のため?

いいえ、デメリットである全体事故数の低減への取り組みだと信じたい。


50年後の未来の車でも一定の確率で自動車事故はあるだろう。

突き詰めていくと、自分のハタチの頃のように十分な知識がないことが直接の原因、

サイドミラーの死角や内輪差を理解していないとか、そういう安易なものが減少しているといい。


基本的な知識・経験不足を補うものが50年後の未来の車の人工知能であれば。

具体的なものは言葉にならないが、運転免許取りたてであっても初歩的ミスで人を傷つけない、

あるいは経験者ならではの慢心で基本的確認をおろそかにしたことによる事故を回避、

そういう夢を実現してくれるのが50年後の未来の車だと夢を広げたいな。

 

 

50年後の未来の車2.jpg

 


人間の感覚は大半が優秀でも1割は粗が出る、自動車を扱っているとそれが最悪の事故につながる。

信じてはダメだよ、人間の感覚なんて。

 

技術の進歩が見込まれる50年後では、機械に埋め込まれた人工知能によって人間が操作されるぐらいでいい。

目的は交通事故数の削減、50年後の未来の車への期待は事故で悲しむ人が減ること、それ以外にはない。

僕たちが生きているこの50年の間に、そんな未来の車が見えるかな。

 

4か月 赤ちゃん

4ヶ月目を迎えたウチの赤ちゃん、可愛さは益々上々。

顔つき、身体つきは随分とぷっくり、赤ちゃんらしい赤ちゃんに。


4か月 赤ちゃん1.jpg


長くおしゃべりするようになった!

「ふぅーーー」「あぁあーー」と、嬉しそうな声を出すのを見るのは幸せなこと。

こっちが笑いかけると、笑って返してくれるし、ひょっとして愛想のよい子なのかな?


4か月 赤ちゃん2.jpg


おしゃぶりもそうだけど、噛む遊び道具にも夢中のレイナちゃん。

口に3本指をいれてチュパチュパ、それもレイナの知恵発達につながるなら。


4か月 赤ちゃん3.jpg


だいぶ首が据わってきてね、もう手を添えなくても首が自立してくれたよ。

子供の進歩は、時の流れよりもずっと早く進んでいると感じる毎日ですから。


4か月 赤ちゃん4.jpg


ウソ泣きを覚えたレイナにちょっとショックを受けた最近。

まさか赤ちゃんがウソをつき、親の気を引き、エサと抱っこをねだるとは!

それもまぁ、哺乳類ならではのことだと、人間の営みを知って大人になった僕でした。
 

3か月 赤ちゃん

ウチの赤ちゃんも、3ヶ月が過ぎました。

変化がどんどん出てくるので、その発見に忙しい毎日です。

体重は5kgを超え、抱っこするのも一苦労。

可愛さは日増しにふくれあがり、仕事を早く切り上げて家に帰りたいものさぁ。


3か月 赤ちゃん1.jpg


コンビのエコアクト ルシエス オートスウィングで、あっちの方向を向くレイナ。


3か月 赤ちゃん2.jpg


商人ばりに「揉み手」をするのが最近の新しい芸。

ハンドリガードの進化形か。


3か月 赤ちゃん3.jpg


ムチャして、両手のこぶしを食べちゃおうとするレイナ@3ヶ月。

手をツバでベトベトにしても、果敢にトライするのがステキ。


3か月 赤ちゃん4.jpg


ミルク以外のモノを初めて口にするレイナ。

ミカンでビタミンを摂ってもらおうとしたら、「すっぱい!」とのこと。


全身ぷっくりになった赤ちゃんスタイルは、なんてかわいいのでしょう。

毎日お風呂に入れるのは僕の役目、その度にバスタブで笑ってくれるレイナ。

レイナの笑顔につられて、自分の時間を湯水のようにレイナのために使うのは苦痛じゃなく。

どこまでも見つめていたい、そんな我が赤ちゃんの3ヶ月目。
 

ハンドリガード 赤ちゃん

赤ちゃんのハンドリガードは哲学的だ。

親バカブログには相応しくなく難しい内容だが、赤ちゃんが自分の手を見つめて

「?」としたり、いずれ「!」としたりする、それって赤ちゃんにとっては大発見だよね。


ハンドリガード 赤ちゃん1.jpg


「我思う、ゆえに我あり」で、自分自身の存在さえ本当は存在し無いのではないか、

と一切を疑うべし、としたデカルト。

赤ちゃんのハンドリガードはその真逆で、「わたし考えないけど、自分見つけちゃった」。


ハンドリガード 赤ちゃん2.jpg


山を登る理由を聞かれた登山家・マロニーは「そこに山があるから」と答えたと言う。

存在するものを受け入れる、それって赤ちゃんのハンドリガードと同じだよね。


ハンドリガード 赤ちゃん3.jpg


さて、ウチのレイナも早2.5ヶ月、ハンドリガードをするようになってきました。

なんだこれ?と自分の握りこぶしを見つめる様が、カワイイ以上に哲学的で、

ついついパパはこんな記録を残してしまうのでした。


ハンドリガード 赤ちゃん4.jpg


親は子供に育てられるとも言います。

僕にとっては、子供と一緒に未知の世界を体験するための人生ですよ。
 

プリウスα クリアストリームメタリック

ついにプリウスα(クリアストリームメタリック)を納車しました。

僕にとっては初めての新車、ドキドキしながらディーラーさんで受取り。

新車の匂い、高級感のあるプリウスαだから、僕にはなんだか眩し過ぎて。


5/15の注文から5.5か月、プリウスαがいよいよ僕のところへ。

クリアストリームメタリックの外観はキレイな人のようで、アクアカラーの車内は爽やかな水中の気泡のようだ。


プリウスα クリアストリームメタリック1.jpg


スマートキーでドアを開け、運転に座るとファブリックの感覚が心地よい。

まだ慣れないプッシュボタン式のエンジン始動。

走り出すと驚きの静粛性、音楽やカーラジオの音がはっきりと聞こえ。

ナビやワンセグも新しく、収納たっぷりの車内スペース。

通勤で街を走っていても、19km/1Lぐらいの燃費をキープしてくれている。


プリウスα クリアストリームメタリック2.jpg


ちょっと縦横に幅が出たから、おそるおそる、慎重な僕のハンドルさばき。

1800ccのエンジンだからかな、プリウスαは速やかに加速してくれる感じ。

車高の高さ、ボデーの丈夫さ具合、バックモニターなど、安全を担保してくれる。

較べてはいけないけど、前のファンカーゴーにはなかったものだらけ。


奥さんやレイナを乗せて走ると、嬉しさが込み上げてきた。

所詮はお金で買ったモノとはいえ、人生に豊かさをもたらせてくれるのもプリウスα。


プリウスα クリアストリームメタリック3.jpg


2011年はレイナとプリウスαが僕のところに来てくれた。

人生のかけがえのない仲間たちが増えてくれたんだ。

家族を乗せてどこでもいけるし、プリウスαで車中泊して冒険旅行にも出たい。

ようこそ、プリウスα。
 


<ご紹介>私の最高品質ページ

  • 1.人生ベスト写真4枚 / 2.2017年写真ベスト / 3.インスタグラム





  • © 2006 - Ken Box