1NIKKOR 32mm f/1.2 感想

究極のレンズが欲しくて、1NIKKOR 32mm f/1.2を買った。

利便性でも価格でもない、欲しいのはただ、最高画質の写真だ。

NIKON1 V3につけて、トレイルランの旅に出るときに1NIKKOR 32mm f/1.2を使おう。


1nikkor32mm-f1.2_2.jpg


ということで、この究極に明るい単焦点レンズを試し撮り。

お休みを1日取って、3連休になった週末はずいぶん楽しかった。


1nikkor32mm-f1.2_3.jpg


キッチン雅木さんのランチは美味しかった、久しぶりに食べたプロ中のプロの味。

f/1.2で撮るときの明るさは驚異的、ピント面の狭さにもびっくり!


1nikkor32mm-f1.2_1.jpg


凄いな1NIKKOR 32mm f/1.2、まさにポートレート向けのレンズ、これがFXでもDXでもなくCXフォーマットとは。

写真だけ見るとフルサイズのD800で撮ったかのように見える、まさか手軽なミラーレス一眼での一枚とは気が付かないよ。


1nikkor32mm-f1.2_4.jpg


刈谷ハイウェイオアシスの遊園地で遊んだ思い出。


1nikkor32mm-f1.2_5.jpg


三好池を17km(4周)走って、夕飯のタコスは僕のお手製、ハードタコスを焦がして異臭騒ぎに。

1NIKKOR 32mm f/1.2 の試し撮り画像、これからこのレンズを持って歩けるなんて楽しみ、幸せ。
 

アブダビ 観光写真

アブダビという街を見誤っていた、有名なドバイより格下の中小都市?

 

いいえ、そんなことはない。余裕と緑に溢れたキレイな街がアブダビ

 

 

アブダビ観光写真1.jpg

 


シェイク ザイード グランドモスクにみるイスラム文化・建築の美しさ。

 

 

アブダビ観光写真2.jpg

 


本物のイスラム教って、こんなにも平和で、楽しく、洗練されているのだと知った。

 

 

アブダビ観光写真3.jpg

 


アブダビのリゾートホテル、その美しいアブダビビーチでリラックスしたひとときは僕の宝物。

 

 

アブダビ観光写真4.jpg

 


朝日に染まる空もアブダビのビル群も輝いていた、他にはないようなキレイな色。

 

 

アブダビ観光写真5.jpg

 


ドバイと違うのはアブダビの首長が推進した植林活動、道路脇にも緑があるのがアブダビ、砂漠では緑は富の象徴でもある。

 

 

アブダビ観光写真6.jpg

 


実はドバイよりもお金持ちなのがアブダビ、空港にあった金の自動販売機にはびっくり。

 

 

アブダビ観光写真7.jpg

 


金色のポルシェ、車好きな人には垂涎のモノなのでしょう。

 

 

アブダビ観光写真8.jpg

 


フェラーリワールドやヤスモールのような派手な演出、巨大なエンターテインメントを好むお国柄。

 

 

アブダビ観光写真9.jpg

 


活気にあふれるドバイと対照的なのがアブダビ、そのお金と土地と時間や空間に富んだ様子は好ましい。

 

初めての中東訪問で、イスラム文化の平和と美しさを知ったのはアブダビのお蔭ね。

 

ドバイ 観光写真

ドバイに行くことが決まった時、どうしても自分の目で確かめてみたいことがあった。

 

それはイスラム圏の治安。

 

「ドバイは東京並みに治安が良い」なんて話は聞くけど、中東へ行ったことがない僕には理解できないでいた。

 

結論を言うと、ドバイもアブダビも素晴らしく平和なところだった、本物のイスラム文化は平穏で瀟洒で愛すべきもの。

 

 

ドバイ観光写真1.jpg

 


早朝のドバイクリークをフォトウォーク、正面に見えるのは朝日に輝くバージ・カリファ。

 

 

ドバイ観光写真2.jpg

 


ブルジュ・アル・アラブというビル。ドバイは経済と文化の中心地なのに、リゾート級にキレイなビーチも兼ね備える。

 

 

ドバイ観光写真3.jpg

 


ラクダとアラブコーヒーのイメージ、こういう伝統文化もちゃんと残っていた。

 

 

ドバイ観光写真4.jpg

 


渡し船(アブラ)でドバイクリークを渡る、現代のビルが立ち並ぶ景色との対比が面白い。

 

 

ドバイ観光写真5.jpg

 


金の装飾品を専門に売るゴールドスーク、売買のレートはこうして看板になっていて全店共通。

 

 

ドバイ観光写真6.jpg

 


市場のワンシーン、インドやパキスタンからの手稼ぎ人が人口の大半を占めるドバイ、アラブ人は全体の2割だけ。

 

 

ドバイ観光写真7.jpg

 


世界一高いビル(2015年時点ね)・バージカリファの展望台から見るドバイの街並み。

 

 

ドバイ観光写真8.jpg

 


中東貿易の中継地として栄えたドバイの古い街並み、その奥に見えるのは最新のドバイの摩天楼。

 

 

ドバイ観光写真9.jpg

 


2009年のドバイショックで景気停滞と言われるドバイだが、まだまだ建築ラッシュは続いている。

 

 

ドバイ観光写真10.jpg

 


お金持ちの首長国だから、経済も時間も余裕がある雰囲気のドバイ。一部のイスラム過激派とは無関係の世界。

 

親しみを感じるドバイ、本物のイスラム文化はドバイに代表されるのだと知った旅だった。

 

PRO ND500 ケンコー・トキナー NDフィルター

長時間露光がえらく気に入っているので、ケンコー・トキナーの「PRO ND500」を買ってみた。

光量を減らすことで、日中でもスローシャッターを可能にしてくれる忍具。

愛知池を一周走る前、レガッタの練習をしている人たちを副題にして、初めてのNDフィルター撮影。


ND500_1.jpg


正真正銘、上の写真が1枚目のトライだが、減光具合が難しいよ、ボートの軌道は面白く撮れた。

30秒の露光で十分なの? F値は11-16ぐらいでいいの? ISO感度は100のまま?

今日は何も準備せずに撮りに来たが、次は学習したうえで挑むことにしよう。


ND500_11.jpg


明るい日中をあえて暗くしてスローシャッターで狙おうという逆説の試み、撮ろうとしている候補地は幾つかある。

このPRO ND500で自分らしい表現ができればいいな、挑戦あるのみ。



 

私のNIKKORで。

あのイメージを自分の手で再現させたい。

考えも時間もなく訪れた池で、適当なカメラ設定をし、ほどほどに映るだろうと甘く考えて狙い続けた。

そして偶然の産物が、機械的に映し出されると、ひとつの情景に近い雰囲気が出た。

何となく満足して家路につく。これからは真面目に撮ろう ―― 私のNIKKORで。


aichi-ike-photo_2.jpg


・カメラ : D800 ・レンズ : AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR ・画質モード : 14ビットRAW(NEF) ・撮影モード:絞り優先オート、30秒、f/11 ・ホワイトバランス : 晴天日陰 ・ISO感度 : 200 ・ピクチャーコントロール : スタンダード


aichi-ike-photo_1.jpg

凡作2
 




© 2006 - Ken Box