英文会社推薦状 サンプル

英文会社推薦状とは、あなたの身分保証をするという会社からの証明書

 

 

英文会社推薦状
どんな時に必要? ビザ(査証)申請の必要書類
どんな内容?

あなたが海外出張で渡航するから、

ビザ発給をお願いします、という

会社→大使館宛てのお願い

 

 

ねぇ、ケン。いくらあなたが素晴らしい人でも、他国からすれば正体の定まらない外国人。

 

「その通りだね、旅子。僕が持つ信頼性を、ビザ申請時にどう証明すればいいのだろう?」

 

それが英文会社推薦状(レコメン)なのよ、

Company Recommendation LetterともCompany Guarantee Letterとも英語では言うわ。

 

「あなたが書いてくれた英文会社推薦状のサンプルを拝見したよ。部分部分を書き換えれば完成じゃないか。

どんな文章にすればいいか、皆目見当がつかなくてウェブ上で探していたんだ。ありがとう」

 

私のサンプルは一般的に通用するもの。赤字部分を直せば大丈夫よ。

 

 

------------------------------------------------------------
(会社レターヘッド使用。会社ロゴと社名・住所・代表電話番号入り)

 

Friday, September 7, 2018

 

Embassy of (国名), Japan

 

Dear Sir/Madam:

 

On behalf of Ken Box(フルネーム), we are submitting required documents for business entry visa.


He has been a Manager of Sales Division(役職名と部署名) with our company, Ken Box, Inc(会社名) since April 2000(入社日) for 18 years(勤続年数).

 

He is planning a business visit to your country with following activities.

 

November 6-8 : Internal meeting of our group company, which will be held at xxx (期間、目的、都市名)


Contact person : Mr.xxx xxx, General Manager, Product Planning Division (受入担当者名、役職、部署)
                 Ken Box Global Co., Ltd. (受入会社名、住所、電話番号、メールアドレス)
                 1000 xxx Street, xxx city, Zip, Country
                 TEL : +000-000-000-0000
                 Email : info@globalkenbox.com

 

He will depart Japan on 06 November 2018 and will arrive at in xxx(都市名) on the same day.(出発日、都市名、到着日)

 

We surely guarantees that he will adequate funds in his possession, as weel as confirmed living accommodations and return transportation.
We also gurantees that he will not become dependent upon of your country in any way durling the course of his visit.

 

We will greatly appreciate any assistant you can provide us in expediting this visa process.

Thank you for your kind cooperation in this matter.

 

Yours sincerely,


(直筆サイン)
_______________
xxx XXXX
General Manager
xxx Division (サイナーのフルネーム、タイトル、部署名)

 

------------------------------------------------------------

 

英文会社推薦状

 

 

「旅子、よーく読んでみると凄い内容だよね。

僕がこの会社の従業員で、社命で海外出張するためにビザ取得の協力をお願いしたい、という内容までは普通の文章。

その後にある、海外での行動や費用の保証を全て会社が負う、この一文は一歩も二歩も踏み込んだ宣言だ」

 

そうよ、ケン。でもビザ申請を受け付ける各国大使館・領事館としてはこの一文こそ、書いて欲しいはず。

責任は個人じゃなくて組織に負わせないと国としては困るのでしょう。

 

「こんな重要文書にサインするサイナーは荷が重いよね、

別にそのサイナー個人が責任を負うのじゃなくて会社組織全体からの保証の約束になるとしても」

 

ケン、あなたが海外出張するって誇らしいけど、

その才覚を愛するわたしからすると数日間の孤閨。間の無聊をどうすればいいのか、教えて欲しい。

 

 

「じゃぁ、文章を完成させたら、それを会社の便せんに印刷すればいいってことね?」

 

⇒ お作法
レターヘッド(Letter Head)

会社ロゴや代表住所・電話番号入りの

便せん(レターヘッド)に印刷する

レターヘッドがないなら・・・

会社ロゴの切り貼りや住所・電話番号を手打ちして

それっぽく作り、会社の正式な印鑑(社印か角印)を

押しておけばいい

 

 

「サイナーは誰がふさわしいの?最も信頼の置ける人なら旅子になるけど、そういうことじゃないか(笑)」

 

⇒ サイナー

Manager以上の役職者

ビザ申請上は、より上位職で

あればあるほど良い

人事総務担当でも直属上司でも大丈夫


それよりも、ケンの言葉にちょっとどっきりした。

 

 

「英文会社推薦状か。やろうと思えば、簡単に偽造できるな。

最も、偽造みたいな虚偽申請をしていたらビザが発行されていた後でも、大使館・領事館はビザの取り消しをする権利があるし、

その個人へ出入国の制限を課すこともできるだろうから、書類偽造は高いリスクのある行為だ」

 

⇒ 国によっては追加ルールを設け、偽造を牽制

サイン証明

商工会議所に登録したサイン証明を取り付けろ

社印押印 印鑑文化の強い極東アジアの国
原紙 PDFやFAXでは受付不可

 


「僕たちは会社組織に守られているんだな。個人には限界があるってことか。

僕個人で旅子の素敵さ、とりわけ肉ひだの高性能を推薦する証明書にサインしてもいいけど、そんなのビザ申請には通用しないか」

 

ありがとう、ケン。でも卑猥が過ぎるよ。
推薦し、推薦され合うわたしたちの関係ってこの先どうなっていくの?

 

完成した英文会社推薦状にはなんだか美しささえ漂い、

インビテーションレターと並ぶビザ申請書類のエース格として、ビザ窓口に提出されていく。


どうかそれを見てケンのビザ申請を善処してください、

書面の奥の方、ずっと底の方に、彼の普段の信頼性というものが潜んでいるから。

 

カナダ→アメリカ 陸路(車)再入国

アメリカからナイアガラの滝でカナダへ陸路入国して、トロントを遊んで、デトロイトからアメリカへ再入国する。

何が緊張するって、車での国境越えということ、日本育ちの僕にとっては常識外の入国方法。

だから、アメリカ入国はこちら、のサインを見ては心の中で怯えていた、それも仕方ない。

 

 

カナダ→アメリカ陸路(車)再入国1.jpg

 

 

ナイアガラの滝の後、トロントからオンタリオ州を西へ横断して、ウィンザーからデトロイトへ入る。

多くの外国人、日本人が通ったアメリカ入国審査の道なのだろうが、初体験の僕には壁高いっ。

ウェブ上であれこれと検索して体験談を読んでいた、そんな僕だから、自分の記憶をここに残しておく。

あなたの役に立つように、あなたが緊張してアメリカ再入国できるように。

 

 

カナダ→アメリカ陸路(車)再入国2.jpg

 

 

時刻は夕方5時という帰国ラッシュだったから、反対車線のアメリカ→カナダの入国審査待ちはかなりのもの。

ということは朝はこの逆なのだろう。カナダに住み、アメリカで働く方々。

 

 

カナダ→アメリカ陸路(車)再入国3.jpg

 

 

アンバサダーブリッジの入国待ち車列を見て、恐怖感が増していく僕、いいえ、きっと再入国なんて簡単なはずなのに。

 

 

カナダ→アメリカ陸路(車)再入国4.jpg

 

 

これも只の通行料金支払い窓口にしか見えないが、あれが僕をビビらせるアメリカ入国審査兼税関検査。

 

 

カナダ→アメリカ陸路(車)再入国5.jpg

 

 

大人しく前の車が終わるのを待つ、サングラスを外して、パスポートを手に、行儀のよい僕だ。

僕の直前で夕方5時ぴったりなったから、ボックスの入国審査官が入れ替わる、夜勤開始の1番目か。

 

 

カナダ→アメリカ陸路(車)再入国6.jpg

 

 

OPENの下の信号が緑に変わると、ゆっくりブースまで前に出てパスポートを手渡しながら「再入国(Re-Entry)」と言う僕。

 

「どこに行っていたの?」 → ナイアガラの滝とトロントに観光です

「どこに住んでいるの?」 → ケンタッキー州です

「植物持っているかい?」 → ありません (僕の前の車はプランターを没収されていた。この質問か!)

 

真面目に答える僕をみて、悪人じゃないねーと感じてくれたのか、すんなり通してくれた入国審査官。

それはアメリカ就労ビザ持っているし、子連れなのだから何もやましい点がないどころか、微笑ましい家族なのだが。

 

 

カナダ→アメリカ陸路(車)再入国7.jpg

 

 

入国審査を過ぎると、すぐ次には橋の通行料金徴収のブースがあって、クレジットカードでお支払い。

そして、↑の写真のようにミシガン州デトロイトがウェルカムしてくれた。

パスポートを見せるだけのアメリカ陸路での再入国でした、簡単だったが、心理的ハードルは日本人には高い。

 

車でカナダ入国をして、同じく車でアメリカ再入国をした自分が、なんだかちょっと頼もしく思えた。

 

アメリカ→カナダ 陸路(車)入国

どうせ難しいことはない、気を張る必要はない、と分かっていても、

島国で生まれ育った私には、アメリカからカナダへ陸路入国(車運転)する、ということだけで

かなりの冒険気分になっていた、ネットで体験談を検索しまくって情報集めに余念がなかった。

 

そんな自分の経験を、こうしてブログに残しておこう、これから同じことをされる方のために。

 

 

カナダ陸路車入国1.jpg

 

 

ナイアガラの滝へ車で観光旅行、ニューヨーク州バッファロー市内からピース橋を越えてカナダ入国。

Google Mapを信じて、誘導されるがままに進んでいくと、まずは右手に免税店が現れる。

ただし、カナダ入国の心構えに必死でDUTY FREEの看板へ向かう余裕などこれっぽっちもない。

 

 

カナダ陸路車入国2.jpg

 

 

普通に大河を橋で越える気配だ、あの橋を超えたらラスボスが現れるのではないかと唾をのむ想い。

 

 

カナダ陸路車入国3.jpg

 

 

橋の真ん中にはカナダ・アメリカの国旗が、そこからカナダ側の道はクイーンエリザベスウェイという名前。

 

 

カナダ陸路車入国4.jpg

 

 

来た。

高速料金所のように見えて、そうではない、あれこそがカナダ入国審査だ。見かけはラフなのに、心は緊張。

 

 

カナダ陸路車入国5.jpg

 

 

これがドライブスルー入国審査だ!

前の車がブースから去ったら、ゆっくり目にブース横まで進み、以下の手順をした。

 

 ̄薪樟覆料襪魍けて、全員分のパスポートを手渡す。

 「合計何人?後ろの席の窓を下ろして」と言われて、慌てて後ろのウィンドウを下げる。

 ウチの子と目を合わすと、入国審査官はにっこり笑ってSay Hello、そうそう、子連れ家族におおよそ悪者はいない。

 

◆屮ナダは初めて?」 → はい、と答えたものの、オレ20年前にカナダ来てる。いや、1年前に出張したばかり。

 「どこに住んでいますか?」 → ケンタッキー州です

 「アメリカのビザ持っていますか?」 → はい、就労ビザ持っています

 「どこ行きますか?」 → ナイアガラの滝トロントに観光で3日間です

 「タバコとアルコール持っていますか?」 → いいえ

 

質問が終わると、パスポートのデータをパソコンでカチャカチャ検索している。

 パスポートを返却してくれて終わり。あとで調べるともちろんカナダ入国スタンプはない。

 

 

カナダ陸路車入国6.jpg

 

 

クリアだぁ~と喜んで先に進むと、すぐに第2の関門? いいえ、橋の通行料金徴収所だ、クレジットカードで支払い。

これを抜けると、マイル表示のアメリカから、キロメートル表示のカナダへ。

 

パスポートは見せたが、アメリカの免許証は提示していないし、国際免許も持っていない。

それから、カナダの電子渡航認証 eTA(簡易ビザみたいなもの) は、陸路入国では不要だ。

なんのことはない、陸路続きの両国を、パスポートチェックだけで通ったようなもの。

 

どうしてカナダ入国は簡単なの?と考えてみた。空路でのカナダ入国とはあまりに違う。

元々、厳しいアメリカ入国審査を経てアメリカに滞在している人だから、カナダから見たらセキュリティーチェック済み。

それをダブルチェックするのは無駄だよね。

 

理論的にはそう分かっていても、日本人にとっては車で国境を越えるなんて異色の行動!

観光地ナイアガラの滝だから簡単だったわけでもないだろう、それほどに近所の往来は自然なことだ。

 

どうぞこのページを見たあなたが心リラックスしてアメリカ・カナダ国境へドライブできますように。

そして、帰りのカナダ→アメリカの陸路入国もやはりシンプルなものでした。

 

名古屋 LCC

フルサービスキャリアもLCCも両方あるのがセントレア、名古屋の施策なのだろう。

 

日本国内線のみならず、ソウル・プサン・台北・香港・上海らの路線を揃え、

2019年にはLCC専用ターミナルをオープンさせてきたセントレア名古屋のLCCバリエーション。


東京・大阪に次ぐ第3の空港サービスを盛り上げていこうとする気概が見て取れる。

 

余計な心配をさせていただけるのなら、全方位作戦は規模の大きさが重要なのだから

3位では先細りが怖いのだ、いっそ、シェアの半分をLCCで揃えるのが名古屋の空港、

いずれはLCCをメインに据えた路線設定といった振り切り方がなくて、

このまま維持継続できるかが分からないでいる。

 

 

LCC名古屋.jpg

 


ジェットスターという格安航空会社が、セントレア中部国際空港を2018年に拠点化したのは大きい。

国土が狭い本邦、二大都市の「郊外空港」としての名古屋のポテンシャルはある。

利便性の高い新幹線で容易にアクセスできる日本のど真ん中にある空港、LCCの色が滲み出しそう。


東京においては茨城空港あたりとの争い、どっちが「郊外空港」になりうるのか。

大阪においては神戸空港でもなし、和歌山空港でもなし、「郊外空港」の概念がないのか。

 

LCC名古屋の立ち居地はまだ可能性に膨らんでいる、そんな思いでいっぱいね。

 

Early Bird ホテル早割

早く予約すればお得なレート、早期割引料金とか早割プランとか呼ばれるアレを英語では何て言う?

答えは「Early Bird Special Discount Rate」なのだが、どうして Bird 鳥 が使われるのか分からなかった。


- The early bird catches the worm - 直訳すれば「早起きの鳥は虫を捕まえられる」。

 

日本語で近いニュアンスは「早起きは三文の得」のことわざですが、三文は100円ぐらいの価値なんですよね。。。

早起きしても100円しかもらえないのなら、私はむしろ遅起きすることでしょう。

 

「先駆者利益」だと大袈裟なので、意訳としては「早い者勝ち」といったところ。

ホテルで言うところのEarly Birdは、これすなわち早割のこと。

 

 

 

 

話は逸れるが、夏のゴルフの早朝プレイもEarly Birdと呼ばれ、これは日中の暑さを避けるための術。

もっと話題は飛ぶが、Early Birdの対極はNight Owl(夜のふくろう)で、夜型人間のこと。

 

すると、ホテルの割引料金に戻ると、早期割引はEarly Birdで、直前割引はNight Owlとなるのか。

いや、Night Owlとは言わないな、ニュアンスとしては「Night Owl=だらしない人」って感じで悪い印象。

 

直前割引はLast Minutesという英語が当てはまる。


鳥をイメージキャラクターにしたホテルを作るのなら、

早起きで凛々しく飛ぶ小鳥で、お得な早割料金を表現しよう。

 

宿泊直前まで予約しなかったさぼりフクロウは、割引のない正規料金なのかな。

いいえ、早割よりはメリット少ないけど、ラッキーパンチの直前割引料金を設定してあげなくちゃ。

 





© 2006 - Ken Box