成田空港 LCC専用ターミナル

変化のスピードに適応できない僕。


国際線の花形空港だと思っていた成田空港に、まさかLCC専用ターミナルができるとは。


北米へのフライトに乗る前、少しの空き時間を利用して成田空港LCC専用ターミナルへ歩いてみた。


関空にできたLCC専用ターミナルに行ったことがあるが、ああいうシンプルさなのだろうか。


あえてバスは使わず、案内板で明確に誘導されるがまま、長い通路を進む。

 

 

 


コンクリート打ちっぱなしの成田空港LCC専用ターミナルには倉庫っぽさがあった。


決して悪い表現ではないよ、経済性と機能性、そして機能美だってある。


アジア人が多いのは当たり前、LCCは基本的に4時間以内の短距離フライトが中心だから。


チープな感じはせず、むしろ流行の先を行っているイメージがする成田空港LCC専用ターミナル。

 

 

 


フードコートも、お土産店もお洒落だよ。


一円でも安く旅がしたいはずなのに、逆に成田空港LCC専用ターミナルの造りが魅力的で


知らずとお金を使ってしまいそうな・・・そんな予感さえする。

 

 

 


僕は知らなかった、成田空港LCC専用ターミナルを。


国際線は狭く高い羽田空港に逆流していき、広く安い成田空港との棲み分けが進む。


まさか、成田空港がこんな流れに引きずられるとは思っても見なかった。。。


狭い常識を打ち破る成田空港LCC専用ターミナル、きっと君も驚くことだろう。

 

 



1


© 2006 - Ken Box