ジャック・オ・ランタン スペクタキュラー

これがアメリカの本気のカボチャ祭りか。

 

ジャック・オ・ランタン スペクタキュラー(Jack-O-Lantern Spectacular)、ケンタッキー州ルイビル

 

 

ジャックオランタンスペキュタクラ5.jpg

 

 

5,000個のくり貫かれたカボチャが、夜の森に飾られている。

 

その楽しさ、素晴らしさは「本物」だったから、僕は一眼レフカメラ+三脚も使って本気の写真撮影。

 

 

ジャックオランタンスペキュタクラ2.jpg

 

 

暗闇に浮かび上がるアルファベット、あれはもちろんカボチャに描かれた文字。

 

 

ジャックオランタンスペキュタクラ8.jpg

 

 

死んだ男の浮かばれない魂が火となり、カボチャ男の姿として現れる。

 

ジャック・オ・ランタンは鬼なのね、異文化でも共通する鬼火なのね。

 

 

ジャックオランタンスペキュタクラ3.jpg

 

 

ジャック・オ・ランタン スペクタキュラーの質は最高峰、恐れ入った!


しかし運営には大きな問題がある、土曜日の夜ということもあり、1時間半並んでやっとたどり着いた。

 

夜7時からオープン、混むと思って9時に着いても1時間半待ちか、周りは子供連れが多いので大変。

 

 

ジャックオランタンスペキュタクラ4.jpg

 

 

結局、ジャック・オ・ランタンが置いてあるトレイルの最初部分にみんな興奮して大混雑。

 

渋滞をもっと均す運営にすればいいのに、とか考えていたがそこはアメリカ、期待してはいけないのね。

 

みんなは文句も言わず楽しそうにおしゃべりしている、しかし24時を越えても子供たちの姿があるのが驚き。

 

 

ジャックオランタンスペキュタクラ7.jpg

 

 

三脚を持って写真撮影しているのが僕だけなら、こんな楽しい場所に1人で来ているのも僕だけか。

 

僕にとっては夜景写真挑戦の場、東大寺万燈供養会と本質は変わらない、場所と文化が異なるだけ。

 

 

ジャックオランタンスペキュタクラ1.jpg

 

 

イロクォイ公園(Iroquois Park)の車道どこにでも車は停められる。特に土日は待ち時間が長いのだけはお覚悟を。

 

 

ジャックオランタンスペキュタクラ6.jpg

 

 

本物の品質は心に突き刺さる、夜中になっても体力の限りハロウィンを撮り続けた僕。

 

忘れがたい夜になった、本物の写真を撮れた時の喜びは何にも勝る。

 

今夜はバーボンを

今夜はバーボンを、撮ろう。

 

ボトルでもグラスでもなく、有名なバーボンブランドの名前が入った建物を。

 

呑むのではなく、撮る。

 

今夜はこれが僕のバーボンの楽しみ方。

 

 

今夜はバーボンを1.jpg

 

 

思うようにはいかないもの、夕陽が落ちる先は建物と真逆、ギラリとした光がロゴを捉える瞬間を狙って。

 

 

今夜はバーボンを2.jpg

 

 

ジンビームのアルファベットに、バーボンのあの痛覚、角のある味を投影させよう。

 

呑み方によって喉ごしが変わる? 撮り方によって色が変わる?

 

 

今夜はバーボンを3.jpg

 

 

わずか半時の間に、太陽はジンビームの小屋をいろいろに染めて行った。

 

「ここぞ!」と感じた場所を、最良の時間帯に、こだわりの撮り方で写真に収める旅を、僕は続けている。

 

被写体は何でもいい

被写体は何でもいいんだ、どう撮りたいか、それが大事。

 

近所にある閉店して朽ち果てる前のお店、そんなのを画にしようという土曜日の夕景挑戦。

 

彩度を下げて、マジックアワーをバックに、もの悲しいイメージで・・・。

 

ところが現場で試行錯誤すると、事前の想像と違う撮り方になった。

 

 

被写体は何でもいい2.jpg

<完成作>


逆に上げた彩度、車のヘッドライト跡を長秒露光でアクセントに、電線も編集で消すことなく。

 

電灯に照らし出された外壁の光具合を取り込んで。

 

 

被写体は何でもいい1.jpg

<事前イメージ>


派手な場所を求めずとも、近場でいいじゃないか。

 

それよりも表現手段の技術を追いかけて行きたいね。

 

日本にいる時では撮れない被写体であれば、何でもいい気がしてきた。

 

ブルース ライブ写真 セントルイス

オレみたいに人生幸せなヤツには、本物のブルースの心なんて分からないのだろうな。

 

何に困ることもなく、運や器用さに恵まれて生きてきたオレ、もちろん努力もしたけど。

 

抑圧され、鬱積したものを解放できるのがブルースだとしたら、オレのブルースに相当するものなんて小さい、小さい。

 

それでもオレなりのブルースを、小説に昇華できるエッセンスを得たい。

 

そんな思いのブルースのライブ巡り、セントルイスでの写真。

 

 

ブルース写真セントルイス3.jpg

<Green McDonough Band, live at the National Blues Museum>

 

 

そうだ、疾走感のあるフレーズの連打だ、単語にもならない音のシャウトだ!

 

 

ブルース写真セントルイス2.JPG

<Rhythm & Blues, Soul and Funk Festival featuring Southside Hustle, Grooveliner, Naked Rock Figh.
live at BB's Jazz, Blues and Soups>

 

 

このバンドには度肝を抜かれた。ソウルフルを体現した女性ボーカル、全身でシャウトしていたギターとドラム。

 

そうか、強烈な攻めの言葉を連続羅列して、叩き込むように忍びの術を文学に変容すればいい!

 

 

ブルース写真セントルイス1.JPG

<Joe Metzka Band, live at BB's Jazz, Blues and Soups>

 

 

ギターとボーカルで魅せるのがブルースの主軸だったね、歌もテクニックもそれは際立っていた。

 

 

2日間にかけて計7時間も聴いたブルース、左足でリズムを取りながらノリノリのオレ。

 

ブルースのライブ、心の底から楽しい体験、目を見張るような音空間だった。

 

あの叫びの音を糧にして、オレらしいブルースを。

 

 





© 2006 - Ken Box