ケンボックス

詩的に、高品質で!

イオンモール土岐、2022年以降オープンのイオングループ旗艦店

投稿日:2015年4月1日 更新日:




イオンモール土岐、それ自体がオープンすることは、単純に楽しみだなという思いが強い。

着目すべきは、イオンモールの投資力の連続性

愛知県とその近隣県でイオングループのネットワークが強いのは周知の事実だが、

その投資済み環境に更なる新規案件をオープンさせようというのがイオンモール土岐。

そして、イオンタウンの規模ではなく、イオンモールの中でもメインを張ろうという前提なのだから、

イオングループを代表する旗艦店にイオンモール土岐は成ろうとしている。

東海地方に散りばめられた、2016年以降オープンの新しい商業施設たち

2016年イオンモール長久手
2017年赤池プライムツリー、長久手イケア
2018年ららぽーと名古屋みなとアクルス
2019年コストコ名古屋守山区
2020年 秋ららぽーと東郷
2021年イオンモール則武新町
2022年 以降イオンモール土岐
2022年 以降イオンモール豊川
数年以内岡崎本宿アウトレット

この後に予定されている大型の新規商業施設の計画はまだ聞かない。

これで一通りのショッピングモールブランドの雄たちが出揃った。

いいえ、更なる競合ひしめき合う東海地方ショッピングモールの

生存競争レースが始まったと言っても良い。

消費者にとっては嬉しい悩み、どこに行こうかしらと迷う贅沢さを味わえばいい。

イオンモール土岐からすれば、イオンモールの旗艦店という重い責を追いながら

その先のイオンモールの売り上げをどう確保するかという難しい舵取りを迫られているように見えるね。

イオンモール土岐.jpg

年月が過ぎるままに身を委ねるのではなく、順次新しいものに自らを変えて行かないと

いつかは消費者に飽きられてしまうのが、ショッピングモールの悲しいさだめ

岐阜県土岐市に新しくオープンするイオンモール土岐は、

地域を代表するイオンモールの旗艦店という位置付けだ。

その時点でのイオンモールが積み上げてきたノウハウを惜しみなく利用して、

「今一番新しいイオンモール」になる。

豊川イオンモールのオープンが先なのか後なのか、そこはちょっとまだ分からないけどね。

実績を挙げたらその後が肝心。

その3年後5年後に続く、次のイオンモール旗艦店にバトンをつなぐため、

イオンモール土岐が勝ち得た新しい手法を、更に次へと点火していくのではないか。

イオンモール土岐の基本データ

イオンモール土岐
(旗艦店)
イオンモール長久手
(標準サイズ)
イオンモール豊川
(旗艦店)
土岐プレミアムアウトレット
敷地面積200,000 m²
巨大!
46,000 m²150,000 m²243,800 m²
駐車台数4,800台
巨大!
2,600台4,000台3,000台
店舗数店舗数は不明190店舗店舗数は不明180店舗

イオンモール土岐のこれまで

2015年2月イオンモール土岐の事業計画を、イオンモールが発表
2018年4月建築費高止まりのため、イオンモールがオープン延期を明言
2019年12月さらに1年の延期を宣言し、2022年オープン予定へ
2022年以降最新情報でのオープン予定時期

ポイントは、旗艦店オープンの継続という実行力が尋常ではないこと。

普通のショッピングモールなら、旗艦店がオープンしたら数年単位の一息入れないと、

次は続けられないだろう。

そこがイオンモールは違う!

イオンモール土岐と、イオンモール豊川という旗艦店を並行して出してくる企業体力。

mozoワンダーランドなり、岡崎イオンモールなり、既に旗艦店があるのに、

更に2つもイオンモールを追加してくるって、尋常な攻め方ではない。

愛知県で今後オープン予定されているイオンモール

2021年秋イオンモール名古屋ノリタケの森プロジェクト
 名古屋駅そばという立地条件での冒険出店
2022年以降?イオンモール土岐
 ⭐️旗艦店
2022年?イオンモール豊川
 ⭐️旗艦店

 

土岐プレミアムアウトレットと並走してオープンするイオンモール土岐という、

単発で地域の話題をさらうのは間違いなし。

ちょっと視野を広げると、こうした総合力で東海地方ショッピングモールの

トップを独走し続けしそうなのがイオンモール勢。

そこにあるのは計画的な企業戦略。

 

新しい投資を継続することができるイオンの底力を、イオンモール土岐の

2022年オープン予定に見るようで、僕はある種の感銘に打たれ、思わず空を見上げていた。

そうだ、イオンモール土岐が飛躍する時は近い。

 


一見、関係性が分からないように思われる明智光秀とイオンモール土岐だが、私にはつながりがぴんぴん感じられる。

ストーリーはこのように組み立てられた。

①2018年、「イオンモール土岐」は2020年東京オリンピックによる建設費高騰を受けて、オープンを2年延期を発表。

②2020年1-12月 NHK大河ドラマは「明智光秀」
→明智光秀の人気に火が点く

③2021年に、明智光秀の本拠地だった美濃・土岐市に「イオンモール土岐」オープン
→明智光秀ローカルネタをふんだんに備えて、イオンモール土岐は観光客誘致を大成功させるはず

明智光秀イオンモール土岐1.jpg

まさに時(土岐)を得た登場タイミングなのだ、明智光秀もイオンモール土岐も。

イオンモール土岐単独でも成功は見えているものの、最高の時を図ったかのような偶然の計画延期。

清和源氏流で南北朝~戦国時代の約200年間も美濃国守護の要職にあったのが土岐氏だが、明智氏はその支流。

土岐氏とその支流で現代では最も有名な明智光秀が、イオンモール土岐の宣伝キャラクターになることに不思議はない。

だからイオンモール土岐は、ドラマ明智光秀の展示・イベント会場になって欲しい。

桔梗の花が咲く丘があるのかな、イオンモール土岐には。水色桔梗は土岐氏の家紋。

明智光秀イオンモール土岐2.jpg

美濃・東濃の土岐市だが、いまや経済規模の大きい名古屋市のベッドタウンの意味を持っていて、

岐阜市&岐阜市 < 名古屋&愛知県 ぐらいの感覚だが、

土岐はこのドラマ明智光秀・イオンモール土岐で、再び美濃の人気に火をつけてくれるだろうな。

美濃の経済と評判を潤わせる、美濃守護にふさわしい仕事かな。

中央道と東海環状という高速道路網の交差点で、人の往来とお金を握るのが土岐。

曽木公園の逆さ紅葉も素晴らしいが、それ以上にこの土岐という土地はキーになり続けるのだ。







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.