ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

文学系

自由民権運動、明治維新以降に民衆が得た平等の権利

2010/1/28  

そもそも自由民権運動の「自由」という言葉は当時どのような意味で使われたのであろうか。 「自由」とはオランダ語や英語として西洋から入ってきた言葉を和訳したものだという。 つまり、それ以前の日本社会に「自 ...

南総里見八犬伝・滝沢馬琴、江戸読本には著作権がなかった!

2010/1/28  

江戸読本に著作権が存在せず、出版権を握った版元が利潤追求の生業として出版していたことは、 近世後期作品の内容にも大きな影響を及ぼしている。 まだまだ出版自体が始まったばかりの時期では出版することに莫大 ...

no image

太陽エネルギーと宇宙への放射は、地球のエネルギー循環サイクル

2010/1/28  

疎水は限りある水を人工的に循環させることで、どの農地へも平均的に水が行き渡るような灌漑に役立てている。 エネルギーも疎水と同じように、運動を通して循環される中で様々な形をとりつつも、エネルギーの総量が ...

浮舟、紫式部が源氏物語を終わらせるために登場させた異質の女性像

2010/1/28  

浮舟――異質の女性、代理愛の媒体は何故登場してきたのかを考えるという僕の試み。 紫式部は、源氏物語を終焉させるためにこの浮舟という女性像を登場させたと言って過言ではない。 東国の受領の娘、しかも左近少 ...

no image

青春文学 初恋で若者が無力ながらも成長していく過程がテーマ

2010/1/28  

夏目漱石の「三四郎」と、島田荘司の「夏、19歳の肖像」を比べてみる。 どちらの作品も、若者が恋におちるなかで、成長してゆく過程を描いた青春文学である。 まずはテーマでの共通点を挙げてみよう。 いずれも ...

no image

東京アクセント・京阪アクセントの高低・強弱パターンの違い

2010/1/28  

日本語の共通語は明治維新後に導入検討され、 大正時代に東京で教育ある人々の間で使われる言葉である東京語が指定されることになった。 江戸時代には各藩それぞれの独自色が濃く、 民衆は自由な往来を制限されて ...

no image

上田秋成の雨月物語 浅茅が宿での近世の人間の生の追求

2010/1/28  

『雨月物語』は現代に近い。 人間の性の追求がこの物語全体を貫いている主題だと言われるが、 とりわけ『浅茅が宿』においてその性を追求する状況が現代社会に近いという特異性が顕著である。 秋成の性の映し出し ...

no image

北村透谷の恋愛は人生の秘鑰、明治時代の男性厭世詩家の恋愛論

2010/1/28  

透谷が恋愛というテーマを取り上げるようになったのは、民権運動で挫折を味わい、 厭世思想に取りつかれ、その深みから抜け出そうとしてからである。 何もかもを失った透谷が最後に取りすがったものが、恋愛であっ ...




Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.