文学系

ガリア侵略の成功、カエサル・シーザーのローマ帝国内の権力

2010/1/28  

ガリアとは現在の西ヨーロッパ一帯を指す広大な土地である。 そこではベルガエ人・アクィーターニー人・ガリー人の3つに別れて、それぞれが違う文化を持っていた。 そのガリアのうち、アルプス・ピレネー山脈以南 ...

罪刑法定主義とは、公的権力の横暴から国民の人権の保障

2010/1/28  

そもそも人権とは公的権力と国民の間での問題に対してのみ、適用されるものとして考えられてきており、 私人間の人権侵害問題へは適切な立法措置が講じられておらず、不十分なものであった。 基本的人権とは「人間 ...

安部公房の小説「終りし道の標べに」落ちた人間の生還

2010/1/27  

安部公房の『終りし道の標べに』は、落ちるところまで落ちた人間が生還する様を描こうとした小説と感じた。 「私」が意識するのは遠い場所に捨ててきた「故郷」である。 どの時代でも自己を示す社会的要素は人の存 ...




Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.