ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

文学系

no image

三島由紀夫「仮面の告白」、兵役逃れを同性愛者という仮面で逸らす

2010/1/28  

三島由紀夫は『仮面の告白』を通して自分の再生を試みた。 作品中の「私」が三島由紀夫自身であるのは言うまでもないが この「私」は巧妙に「仮面」を被ることで俗世間からの視線を逸らしつつ、 その「仮面」の裏 ...

日本型ファシズムの特質・天皇制、軍部が政治主導権を握った要因

2010/1/28  

日本の軍部が政党にかわり政治の主導権を握った要因が、 日本型ファシズムの特質にあるということに着目してみた。 日本ファシズムが中国・朝鮮の抗日運動への対抗策であることと、 アジアでの植民地拡大のためと ...

現代文学の基礎的な本質とは、 カタルシスと脱却エネルギー

2010/1/28  

現代文学は、夏目漱石と北村透谷の作品から文学の基礎的な本質を学ぶべきだと思う。 まず、現在の平成という時代には正体がない。明確なゴールがない。 何をすれば幸せなのか、何をすれば良いのか、その答えがない ...

no image

中国歴史書とは、勝者の皇帝による正統性証明、歴史の改ざん

2010/1/28  

中国において、文学が自由な表現を行おうと思っても そこには特に政治面・経済面において大きな制約があったが故に、思いのままを文学にすることはできなかった。 とりわけ歴史書が関連してくる三国演義のような史 ...

ロビンソン・クルーソー、デフォーの民衆的な無人島冒険小説

2010/1/28  

ロビンソン・クルーソーの魅力は、政治や社会に縛られることなく、 無人島で自分自身が望むように冒険するロビンソン・クルーソーの姿そのものにあると思う。 生来の放浪癖から航海を続けては海賊やライオンと戦い ...

no image

石川淳「佳人・普賢」葛藤と混乱する叙述、戦争という時代

2010/1/28  

どうしてこんなに混乱しているのだろう。 石川淳自身がこの『佳人』を決して「小説」と決して呼ばずに「叙述」と言い続けたことも、 その整理されているようでされていない処女作を通読することで理解することがで ...

no image

地球の重力の数式、重さ=質量×重力加速度(w=mg)

2010/1/28  

地上にいる限り重力はどこでも同じである。 それは当たり前のこと過ぎて、普段我々がそれを不思議に思うことはない。 エレベータに乗っていてふわっと浮く感じを受けることがある。 その瞬間に自分の体重を量って ...

no image

エネルギー保存則・失われない位置エネルギーと得られる運動エネルギー

2010/1/28  

わたしはパラグライダーというスポーツをやっているので、 このパラグライダーの動きを通してエネルギー保存則について説明してみたい。 まずパラグライダーに乗った時に一番高い位置にいるのは、 山の上から助走 ...




Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.