ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

文学系

no image

終止形の駆逐 貴族の余情から武士の力強さを表現する手法へ変化

2010/1/28  

言葉に余情を漂わせる。 平安時代の人々が好んだ言葉の余情表現である係り結びが、 貴族たちが作り上げた古代日本語を、動詞の活用体系を体系ぐるみ変化させ、現代まで続く近代日本語へと大きく変容させた。 この ...

三跡(小野道風・藤原佐理・藤原行成)による和様書道

2010/1/28  

日本書道史を考える上で、平安時代の三跡の存在は重要な転機。 彼らの事跡をたどり、日本書道史における三跡の書の意味をつらつらをお話してみたい。 ちょっと長くなってゴメンね、興味がある方はお付き合いいただ ...

マルクスとケインズ 失業の原因は、労働者か?資本家か?

2010/1/28  

1920年代のイギリスでは百万人規模の慢性的な失業者が発生していた。 世界恐慌による経済打撃がこれを後押しして、1930年代には実に300万人にも失業者が膨れ上がっていた。 この事態に直面したケインズ ...

19世紀の二重革命(産業革命・市民革命)と資本主義社会

2010/1/28  

人間は太古の昔から様々な宗教の価値観によって物事を把握し生活をしてきた。 それが近代になると宗教的個人主義が生まれて、 19世紀の産業革命と市民革命という二重革命によってさらに思想が転換されてゆく。 ...

no image

島田荘司「夏、19歳の肖像」 青春小説とミステリー小説

2010/1/28  

文学は、文字の連なり・ストーリーの流れの美しさを追及する芸術であるのはもちろんだが、 作者のそれまでの人生経験が深く関与してくるところが最も大きな特徴だと思う。 文学に限らず、どの芸術分野においても創 ...

密教美術、遣唐使が唐の長安から持ち帰った文化が和様化

2010/1/28  

外国から異なる文化を取り入れ、未知のものと自国に既存のものを混ぜ合わせることで 自国の文化発展につなげる、というのは世界中で行われていた営みであったが、 それを当時最も盛んに行っていたのが唐の長安。 ...

人格心理学での自己像、内的葛藤と自己形成・人格発達

2010/1/28  

自分は自分自身をどのように思っているのだろう。 人格心理学の分野では自己像というものを二つの相として捉えることで解いている。 何かを自問自答する際に、主観的な立場にある「主我」の状態が「I」という相で ...

森鴎外「舞姫」 エリスとの恋>国家留学生だった豊太郎

2010/1/28  

『舞姫』の主人公・豊太郎の洋行は、お金さえあれば誰でも可能である 現在の留学とは異質のものである、という時代背景を整理しなくてはならない。 国費での洋行であり、明治維新を果たした日本国政府にとって 近 ...




Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.