ケンボックス

詩的・高品質な写真日記を。

東京夜景写真名所を単焦点レンズ撮影、東京シティビュー画像

投稿日:2015年9月25日 更新日:







東京シティビュー夜景写真

東京の夜景写真を撮りたい、それも東京タワーを主題にして。

贅沢が叶う場所があると聞き、六本木ヒルズ展望台・東京シティビューへ。

東京シティビュー夜景写真

東京スカイツリーではなく、東京タワーを主題にしたくなるのは不思議ね。

高すぎるものには興味を失う? 昔の思い出が東京タワーにあるから?

夜景の眩しさ、それだけだと締りがないが、東京タワーの存在感でビシッと締まる。

主題と副題のマッチング、こんなに見事な構図もなかなかない。

東京シティビュー夜景写真

あれこれを設定を変えて、どれだけ工夫しても誰もが撮る構図にしかならないのだが、

それでも自分自身でこの夜景写真を撮ったことに大満足。

東京シティビュー夜景写真

スカイデッキという屋外もあるが、強風でブレるだろうし、そもそも三脚持ちこみ禁止。

52Fの屋内展望台は三脚OKだが、暗幕がないとガラスへの光反射で上手く撮れない。

東京シティビュー夜景写真

空気の澄んだ冬の夜にしたから、写真が雲で邪魔されない。

遅い時間なら人も少なくて撮影しても迷惑にならない、営業時間終わりギリギリまでいた。

大都会の夜景写真、世界中見渡してもここ以上に満足できる場所はないと思った。

 


 

 

浅草寺の夜景写真、東京下町観光の一眼レフ撮影スポット

浅草寺の夜景写真

浅草寺の思い出、昔は外国人観光客が珍しいぐらいだった。

全般的にもっとゴミゴミしていて、垢抜けた観光地のイメージはなかった。

それが今や、外国人旅行者に人気の明るい観光地・浅草寺だもん。

浅草寺の夜景写真

夜景撮影の勉強をしようと場所を考えたら、思いついたのが浅草寺。

日本の美を求める僕、浅草寺の何が外国人観光客を呼び寄せるのか知りたくて。

浅草寺の夜景写真

東京の中心にありながら、規模も雰囲気も和風センスを漂わせていた浅草寺、

最近ではスカイツリーも仲間にお目見え。

これなのね、昼間はもっとごった返しているだろうが、

清水寺一帯のようにお寺の見せ場と、お店が沢山あって楽しい。

東京に居ながらにして体験できる本格的なお寺、

そういう意味では抜群の存在が浅草寺だと知った。

浅草寺の夜景写真

一脚を使って夜景スナップを楽しめた浅草寺のライトアップ。

どうして東京スカイツリーが浅草寺に重なるのか、2つのギャップが楽しい。

下町の飲み屋街みたいなのに、どこか清潔感さえ漂う。

夜なのにいつも散歩客がいる、人を映さず雷門提灯の写真撮影ができない。

金色の雲も覚えている、相当昔にここら辺を歩いた花見の思い出。

浅草寺の夜景写真

外国人旅行者に人気のワケも納得、都心で経験できる本格的なお寺が浅草寺。

 


 

 

お台場レインボーブリッジ夜景写真

お台場レインボーブリッジ夜景写真

お台場はお洒落。僕は10年以上も前からお台場でデートしていた。

今改めて見ても、お台場の景色はやはりお洒落の一言に尽きる。

言うまでもなく、レインボーブリッジの真中に重なる東京タワー。

昼間もいいけど、やはりお台場の夜景の写真は素晴らしく。

自由の女神があることの意味は分かりませんが、まぁ脇役が増えたということで。

お台場レインボーブリッジ夜景写真

キレイな景色を求め、一眼レフをぶら下げて、薄暮のお台場を歩く。

ずいぶん昔と違うのは、外国人が多くなったということ。

中国語と韓国語がこんなに耳に入ってくるなんて、観光名所としてお台場は定着した。

美しいものを探す私は、確信していた。お台場なら、夜景です。

レインボーブリッジの向こうに東京タワーが灯り、浜松町のオフィスビルが輝き出す。

これですよ、これが、東京らしい都会の美。

お台場レインボーブリッジ夜景写真

深夜までいて三脚を使ったら美しい写真が撮れたのだろうが、今日はこれまで。

お台場レインボーブリッジ夜景写真

再びここでカメラを構える機会もあるでしょう。楽しみは後に取っておくのもいい。

お台場がもっと輝き、変わっていく夢を見て、またお逢いしましょう、お台場さん。

お台場レインボーブリッジ夜景写真

レインボーなブリッジに、東京のタワーと、屋形船の豪華三点

 







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.