東京駅夜景写真撮影、行幸通り・KITTE屋上庭園・丸の内仲通り画像スポット

投稿日:2021年11月12日 更新日:



尽きない憧憬、東京駅は僕の社会人1年目に関わり深かったからだろう。

特別な想いを抱いてしまう東京駅、なんでも行幸通りという夜景写真スポットができたと聞いて、

アメリカ駐在時代からずっと撮りに来たかったが、東京出張ついでにようやく訪問できた。

東京駅夜景写真撮影

これだ、東京駅から皇居まで一本道ができていて、ど正面に東京駅を捉えられる行幸通り。

若干のスローシャッターで、車のヘッドライトを赤いビームに変えて。

東京駅夜景写真撮影

昔からオシャレだった丸の内仲通り、もはやイルミネーションの名人みたくなっている。

東京駅夜景写真撮影

行幸通りは、結婚式前撮り写真スポットとなっていて、花嫁さん達が10組以上いらっしゃった。

邪魔とは思わないよ、幸せのピークに東京駅をバックを撮れる機会があって良かったね。

丸の内〜大手町を俯瞰する、ゴールドに輝くオフィスビルの明かり、もう少し奥の東銀ビルで働いていた青年時代の僕。

東京駅夜景写真撮影

KITTEガーデンの屋上庭園から、画角40mmだと全体が映らないから広角レンズが欲しかった。

東京駅と八重洲口のオフィスビルが美しい、なんという絵なのだろう。

画角20mmの超広角レンズが必要だな、KITTEガーデンの屋上庭園で撮るのなら。

東京駅北口は思い出の場所、何度もこの出口から通った。

東京駅夜景写真撮影

すっかり撮影名所化していた東京駅、誰もが楽しそうだったから僕も嬉しい。

より身近なものになってくれたね東京駅。

あなたに再会できた=青年の頃の自分に再会できた、ということ。

2016年1月9日

東京駅・江戸城の写真、サラリーマン時代の通勤電車の苦い思い出

東京駅の思い出、僕の都会サラリーマン時代の通勤電車のこと。

地下鉄東西線・大手町駅から東京駅まで歩いて、京浜東北線や東海道線に乗った。

だから僕にとっての東京駅=丸の内北口付近であって、華やかな中央口や八重洲口は遠い。

残業帰りになか卯で食べた親子丼、新入社員の頃に初ボーナスで先輩に奢り返したお酒とかの思い出。

東京駅思い出1.jpg

横浜や鎌倉、それから箱根へ行く電車には東京駅から乗った。

上野駅とも異なる旅情、神奈川県へのゲートウェイが東京駅だった。

東京駅思い出12.jpg

東京を離れて10年、ほとんど電車に乗らなくなった今、東京駅が大きなものに思えてくる。

有名な写真撮影スポットであるKITTE屋上庭園からの東京駅写真。

広角レンズではなく、夜景写真でもない普通の日中だから、面白い雰囲気では撮影できていない。

今は他人、遠い存在になったのね、東京駅と僕と。

いつかまたスーツを来てこの東京駅丸の内北口付近の朝を歩く機会があるかな、いいえ、もう二度とないのでしょうけど。

2009年撮影

皇居・江戸城の写真、東京丸の内観光の一眼レフ撮影スポット

皇居・江戸城の写真

この皇居のお堀を境に、過去の江戸城と現代の大手町オフィス街が分かれる

大手町、言ってみれば過去と現代の狭間

皇居・江戸城の写真

ほら、江戸城と大手町丸の内の高層ビルが景色に混在しているよ

オフィスビル街と隣り合わせに、クラシックがあって意外と言えば意外

皇居・江戸城の写真

江戸城の二重橋~名前だけ残ったが、もう使われることのない橋

江戸城一番のスポットらしいが、もっと華ある見せ方にしてもよいのでは

素敵な景色なのに見せ方はとても地味だ、もったいなく感じてしまう

それはまぁ、ありのままでも美しいけどね

何かが足りない、美なのに、美を見せようとする意識だよ

皇居・江戸城の写真

門や石垣は、江戸城の面影をたたえています

番所がいくつもあり

これは天守閣へ続く道

皇居・江戸城の写真

何もない天守閣から見た街並みね

当時はあのビル群が田畑だったのかな、小さな町並みだったのかな

不思議な模様??

江戸城公園と呼ぶほうが相応しい

主役不在だから、アートというより散歩用公園だね

Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2021 All Rights Reserved.