ケンボックス

詩的日記を、高品質写真で。

東京都内観光の写真撮影スポットまとめ

投稿日:2012年5月25日 更新日:




国会議事堂内ツアー写真

久しぶりの東京訪問で、思い立ったのは国会議事堂の観覧ツアー。

東京に住んでいた頃には間違いなく行かなかっただろう場所へ。

スーツを着た人たちが行き交う平日の霞が関を、奥さんと修学旅行気分で歩く。

国会議事堂内ツアー写真

無料ツアーを申し込み、外国人観光客+日本人中高年団体ツアー客と一緒に国会議事堂を歩く。

国会議事堂内ツアー写真

ガイド役を警察官が務めてくれた、プロガイドではないので、日本語オンリーのたどたどしい感じ。

それはともかく、赤じゅうたんが敷いてある堂内を歩くのは、きっと20年以上ぶり。

はるか昔、僕が小学生だった頃、修学旅行で埼玉からバスでやってきたはずなんだ。

堂内を歩くと、もう築70年にもなるらしいんだけど、歴史を感じる建物に驚き。

これほど大規模で、贅をこらしていて、長い歴史の建物なんて国会議事堂ぐらいしかない。

国会議事堂内ツアー写真

すぐにお目当ての衆議院議場に着いた。

この景色を見たかったんだよ、いつもテレビに映し出されているこの場所を。

写真を撮っても良かったから、薄暗い衆議院議場を撮ろうとISO感度を工夫し。

国会議事堂内ツアー写真

僕の小説にどうつながるか分からないけど、カメラマンの意欲が湧いてきて、撮り続けた。

中央広間の吹き抜けも素晴らしい場所だったなぁ。

アメリカの州議事堂を幾つか訪れた経験があるけど、それと較べても抜群の出来。

天皇陛下のみが入ることができる御休所(総工費60億円!)は、当時の文化・技術の粋を集めたもの、

豪華過ぎて、しかも今では年間数回しか使わないと聞いて、ムダにしか思えない。

多過ぎる警備の人も含めて、無駄の温床にしか思えないのが現代庶民の感覚だろう。

民間企業で要求されるような無駄の排除、国会運営も低コストでできるのでは?

専門家に言わせれば国家としての品格とかに抵触してしまうのだろうけど。

国会議事堂内ツアー写真

外に出て、正面から向き合う国会議事堂は威風に溢れている。

広い駐車スペース、議員の安全を守る上で必要なのだろうが、過剰さが目につく。

それはきっと僕が今の政治、以前の政治に不信感を抱いているからか。

建物の外を見れば紅葉の銀杏並木がキレイ。

国会議事堂のような特異な場所で政治をしていても、庶民感覚に近付くのは難しい。

 


 

 

神宮前イチョウ並木写真

神宮前のイチョウ並木は、紅葉の季節、鮮やかな黄色が羅列することで知られる。

随分前に奥さんと一緒に歩いたことがあるけど、一眼レフを持って写真を撮るのは初めて。

神宮前イチョウ並木写真

日本中を周って、キレイな景色を見てきた僕、ちょっとやそっとのことじゃ驚かないつもり。

それが、明治神宮前のイチョウ並木は写真の通り、唯一無二の美を湛えた存在だった。

神宮前駅から歩いて、イチョウ並木の前に着くと、町中に秋の季節が突然登場。

一本道の道路、センターラインの左右に背の高いイチョウが対になって並んでいる。

訪れた11月28日はちょうど良いピーク時で、黄の色付き方は申し分なし!

道には落葉がたまっていて、あとちょっと遅い方が道路に積もる落葉が美しかったかも。

神宮前イチョウ並木写真

朝早いからまだ観光客も少なく、カメラマンとジョギングランナーが多かったなぁ。

この道をRUNするのは気持ちいいだろうな、サイクリングロードもあるからバイシクリストも多い。

写真はいい出来映えだったけど、いかにせんレパートリーが少なくなってしまう。

主役の黄色ばかり撮っていてもつまらないし、脇役になるような存在は青空ぐらい。

神宮前イチョウ並木写真

なんとかアイディアを絞り出してみたけど、神宮前のイチョウ並木の素晴らしさは伝わるかなぁ。

 


 

 

明治神宮の写真、表参道観光の一眼レフ撮影スポット

明治神宮の写真

明治神宮には高校生の頃、初詣に友達・山下君と来た記憶がある。

すっごい広い場所で、すっごい多くの人がいた思い出だけ。

明治神宮の写真

大人になって訪れた明治神宮に改めて驚く。

その巨大さ、森の深さと建物の洗練された具合、整理の行き届き具合。

表参道や原宿駅に隣接した、都心真っ只中。

鳥の声を多く聞くことができ、林は高く、砂利道は長い。

先へ先へと歩いて行くと、伊勢神宮の森よりも雰囲気に富んでいると思った。

伊勢神宮が一番だと思っていたのに、明治神宮の格はそれをも凌ぐ。

本殿付近では建物の細部をよくよく見つめる。

彫刻の題材とか、神事が行われる先に目を向けて、日本の美を探す。

普通はお賽銭を投げいれ、願い事を頼むだけだろう、僕の取材は違う。

どの角度だったらこの美を活かせるか?

どの細部に明治神宮なりの美しさが顕れているかって、それを考えてばかり。

今日ここで結婚式をされているカップルが何組かいて、その行列が神秘さを増幅。

明治神宮の写真

建築物に驚愕の歴史の重みはないけど、逆によく清掃された現代的な美を感じた。

スペースが限られた都会なのに、スペースを十分取った明治神宮。

明治神宮の写真

その落差に僕はやられてしまったのか、すっかり見直し、惚れてしまいましたとさ。

 


 

 

小笠原諸島・父島母島の写真

小笠原諸島・父島母島の写真

小笠原諸島・母島の南端

小笠原諸島・父島母島の写真

おそらく、私の人生で一番美しい海でしょう

小笠原諸島・父島母島の写真

母島を歩いて、ミステリアスなジャングルを冒険しました

滝のように流れる汗、やはりここはジャングルなんだと思った

ジャングルはどこまでも続きます

小笠原諸島・父島母島の写真

黄昏時の穏やかな小笠原の海

野生の果物

旅する見習い芸術家 旅することで芸術の感性が磨かれます

小笠原諸島・父島母島の写真

南の島のジャングルを、マウンテンバイクで冒険

 







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved.