高天神城の写真・遠州東部の要地。武田信玄が落せず、武田勝頼が落城させた山城

投稿日:2021年2月14日 更新日:



その名前はずっと知っていた、高天神城という遠州の要所。

武田信玄が落せず、息子の武田勝頼が落城させたという逸話が印象的なお城。

それを持って勝頼の有能さを証明するような。

高天神城の写真

南口の追手門側から登っていくと、この追手門跡に痺れた。

左中央の看板があるところに門があったとして、右上の高所からも狙撃できる作り。

高天神城の写真

南口は当時水路に面していて、ここから大軍が攻め込むことはできなかった。

つまり立派な追手門がある以上、この南から攻城することは不可能ということ。

地図を見ると分かりやすいね、南北と東は地形上絶壁になっている鶴翁山なのだ、攻め口は西からに限られる。

西を守る西の丸の復元図を見ての通り、左右に広く防衛施設(堂の尾曲輪)があって守備が堅そう。

追手門から上がれば、現代では簡単に本丸にたどり着ける。

その本丸だって、特に何もない平地、石碑や土塁が残っているのみ、そこにオーラはない。

土塁跡と言われても、ただの盛り土だよ、戦場の気配はない。

8年間幽閉された石窟と言う、この穴に8年も監禁されたとしたら信じ難い。

黒田官兵衛でも1年幽閉されて足の自由を失ったのに、軍艦とはいえ8年も養ってくれるのだろうか。

高天神城の写真

狭い本丸跡の平地を超えて、いよいよ西の丸方面へと歩いていく、ここから更に高天神城らしく。

井戸曲輪の先に高天神社、生々しい戦地にも神社がある。

高天神城主といえば小笠原信興、対・武田家の最前線を務めた有能な将(徳川家臣)。

問題はこの堀切だ、これ一つで尾根沿いの進軍を食い止めることができる。

西の丸一帯にはこうした山城・土城らしい防衛の仕掛けを見ることができた。

これは武田軍が作った空堀跡、ずっと先まで続く恐怖の守りの仕掛け。

武田勝頼がこの高天神城を奪った後、徳川家との戦に備えて西の丸あたりを大幅改修した。

その時に空堀が掘られていると伝わる。

高天神城は西からしかマトモに攻められない造りだからね、その西の守りを厚くしたのが空堀。

御前曲輪の小笠原長忠(信興)のお遊び看板。

武田勝頼に攻められた高天神城に、徳川家康は援軍を出すことができなくて、高天神城は落城。

城主の小笠原信興は、徳川家康を見限って武田勝頼に降伏。

周囲の平地から見た高天神城、ただの低山だからどこが鉄壁の守りなのかは遠目には分からない。

近くの掛川茶畑の写真、遠州掛川は東海道掛川宿という主要宿場町であり、掛川城もある。

土の山となった今の高天神城は、難攻不落の城だったかどうかは想像できない。

しかし西一方向からしか攻められなかったという地形を活かし、遠州の東南を仕切る要地だったのは伝わってきた。

2014年6月21日

掛川花鳥園・温室と花の写真撮影スポット、牧之原の茶畑

 

掛川花鳥園の温室に入ると、インパチェンス(天井から釣り下がっている花)の美しさにびっくりした!

掛川花鳥園・温室と花の写真

色使い、華やかさ。

これが掛川花鳥園の洗礼か、ビッグインパクトだな!と感心。

掛川花鳥園・温室と花の写真

フクロウさんたちが手の届きそうな距離にいる。

足元を見ると何かで繋がれているので安心だが、距離は近い。

掛川花鳥園・温室と花の写真

睡蓮プール、温室の中の花。

繊細な作りね、肉眼で見るよりも写真に撮った方がそれがくっきり分かる。

掛川花鳥園・温室と花の写真

上手なバランス、姿かたちも見ていてバランスが取れていて可愛らしい。

掛川花鳥園・温室と花の写真

掛川花鳥園は花鳥のコレクターが実益も兼ねてテーマパークにしたと聞く。

趣味の延長線上だからこそ、採算あまり拘らず品質を追求できるのか。

掛川花鳥園・温室と花の写真

普通の動物園よりもずっと距離が近く、実際に触れ合うことができる楽しい場所。

掛川花鳥園・温室と花の写真

多くの鳥さんたちを放し飼いにしているところが良いね。

掛川花鳥園・温室と花の写真

オオオニバスに子供たちが乗る企画があったり。

花鳥園と言いながら、鳥以外にも楽しさを見つけている。

掛川花鳥園・温室と花の写真

写真映えするところが一杯あるから、カメラマンの姿もちらほら。

それこそモデルさん連れてきてポートレート撮影向きの場所だと思った。

掛川花鳥園・温室と花の写真

子供たちにとって、驚きの場所でしょう、良い教育の場ね。

掛川花鳥園・温室と花の写真

鳥と花と、距離感はなく、園内の手作り感が好き、そんな掛川花鳥園の写真でした。

ウチの子に鳥さんたちを見せようと、掛川花鳥園へ。

近い距離で鳥と花を見ることができる素敵な場所と聞いて。

kakegawakachoen_81.jpg

温室に入るとすぐ、多くの鳥さんたちの姿と声、それを見たウチのコは怖がって抱っこをせがみ、怖い怖いと泣く。

結局どの鳥さんも見ることができず、イヤイヤと言われては逃げ帰るしかありませんでした。

最初は楽しそうにしていたのに、鳥さんたちの楽園に連れてくるにはまだ早かったみたい。

ウチのコも温室育ちなのに。

kakegawakachoen_44.jpg

いつか再訪する機会もあるかな、掛川花鳥園の短い思い出。







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2021 All Rights Reserved.