諏訪原城の写真、丸馬出・三日月堀は武田流築城術、土塁と内外堀

特徴ある山城。

土塁と内堀・外堀が大規模で、そして二の曲輪の中馬出(三日月堀)が残っていて、足を運んだあなたをびっくりさせる。

諏訪原城、惜しく感じるのは写真では迫力が伝えきれないこと、結局は肉眼で見ないと雰囲気は分からない。

諏訪原城丸馬出の写真

駐車場から外堀沿いを歩いて、この中馬出(三日月堀)が視界に入った時、僕は心の中で唸った!

悪魔の所業なのだ、↓のシーンがイメージできて、この堀を降って登ろうとする愚か者はいないと思うが、攻め手に取っては悪夢。

諏訪原城丸馬出の写真

南北にある門を通らなくては、丸馬出へ歩み寄れるわけもない。

その途中での砲撃・斉射でどれだけの被害が出るのか。

丸馬出への細い道を歩いていたら、外堀の向こうの二の曲輪からも狙撃される、もう逃げられない仕掛け。

誰がこんな悪魔の術を唱えたの?武田流築城術の馬場美濃守信春?それを徳川家が更に進化(深化)させた。

諏訪原城丸馬出の写真

夏草に覆われて見えなくなっている地獄の堀底。

諏訪原城丸馬出の写真

これほど大規模で、鮮明で、地獄なのに天国っぽく今を生きている堀を僕は知らない。

大井川を渡って駿河国から遠江国へ入り、東海道を歩いて丘を越えようとしたら、この堅城が立ち塞がる。

もう絶望だよね、諏訪原城の存在は本当に悪魔の所業。

守る側としては必死だっただろうな、敵の一番嫌なところに陣取って防ごうとする、生死のやりとりよ。

外堀から二の曲輪へは土橋を歩いて。

手前の狙撃兵たちが、この土橋の向こうの二の曲輪から土橋方向を狙っている、それは狙いやすい死地。

内堀も規模大きく、諏訪原城は本当に土塁や堀が綺麗に残っている山城。

本曲輪は何もない、その裏は絶壁で誰も登ってこれない。

後ろ堅固、と言われる地形に恵まれた山城。

全体像はこうらしい、攻めたくない、守りたくもない、共に死地にある。

そんな諏訪原城も今は新録美しき。

今は美林、往時は死地、その差は残酷。

丸馬出は大きいのが2つ、それから小さいのも複数ある。

緑に覆われている、戦時は血に覆われていたのかな。

お花は咲く、慰霊なのかな、猛々しい先人たちへのはなむけ。

諏訪原城丸馬出の写真

想像してはいけない悪夢の攻防戦、生きることがずっと難しかった時代。

東海道を歩き、旧東海道菊川坂の石畳へと進む、ここを通るにも諏訪原城の目の前を通過する。

紫陽花が咲き始めの季節でした、死地を出た後に出会うお花は一層美しく感じれて。

周りには茶畑、緑がいとも美しき。

山肌を歩くより、土の道を歩くより、石畳の方がまだ歩きやすかったのだろう当時は。

今はスニーカーでも歩きにくいゴツゴツの石畳。

そんなにメジャーな城ではないと思うけど、この諏訪原城は地形と縄張りが天才というか悪魔というか、もう怖い。

今の平和を愛そうという気持ちになった諏訪原城跡でした。

「諏訪原城」動画を、YouTubeにあげました!