SEL20F18G独特評価!SONY 超広角レンズ、動画も静止画も撮れる

投稿日:2021年1月2日 更新日:



SONYのFEレンズ・SEL20F18Gは、どんなタイプのカメラマンに向いているのか?

Youtubeでの検証記事を書いたので、動画で見れるからそちらを見て欲しい。

ほぼ同じ内容のブログ記事も合わせてこのページに残しておこう。

 

 

動画向けのレンズか?それとも静止画向けのレンズか?

そういう答えのない問いかけをしてみたが、SEL20F18Gには答えがある。

動画も静止画も高いレベルで撮れるレンズ

SEL20F18G独特評価

静止画(写真)の撮れ方はこの記事でも確認できるね。

動画の方は先程のYouTube動画から確認して欲しいが、流石のフルサイズ画質で文句の付けようがない。

SEL20F18G独特評価

持論を遠慮なくぶつけるのなら、上記の図解のように、写真・動画どちらに比重を置いているように思えない。

それって凄い技術革新で、今まではミラーレスカメラ(一眼レフカメラ)のレンズはどうしても写真寄りになっていた。

それがSEL20F18Gというレンズから、動画の必要なことを満たしたのだ。

レンズ界のパイオニアと呼んでも良いね、写真&動画の両立を成し遂げたレンズ。

SEL20F18G独特評価

小型軽量なSEL20F18G。

これはライバルレンズも実現しているレベルで、写真寄りではあるがNIKONもSONYもCANONも同レベルのレンズはある。

凄いのは、サイズと重量の制限を受けながら、動画寄りでもある性能も咥えてしまったということ。

画角20mmは超広角レンズと呼べるクラス。

静止画の場合はこうした夜景撮影に使えるし、

動画では自撮りだったりVlogとして街歩き時に情報量を多く写し込めるから有利だ。

APS-Cにすれば画角1.5倍になるし、これは動画でもSuper 35mmという名称で1.5倍クロップになる。

SEL20F18G独特評価

サイズ感と値段はこうなっている。

SEL20F18Gは素人以上・プロ未満・ハイアマチュア相当といったポジション。

1.4Gクラスの最高画質広角レンズでの一枚と比較してしまえば、

SEL20F18Gでは WOW!! という感動は少ない。

だが、ちゃんとフルサイズマウント(SONY FEマウント)レンズとしての写りはある。

画質・サイズ・重さ・値段のバランスが良く、

サードパーティのレンズ会社を悩ます存在なのだろうなぁ、FE SEL20F18Gは。

玉ボケは美しくでた、マニュアルフォーカス&動画ならではのアート。

無印レンズ<Gレンズ<Gマスターレンズ、というSONYのブランディング。

GレンズであるSEL20F18Gの画質は、画質重視の私へも満足をもたらしてくれた。

こんなに小型軽量なレンズを知ってしまったら、

従来の重く大きい広角レンズを持ち歩きたくなくなる、若干の画質は犠牲にしたとしても。

SEL20F18G独特評価

私の独特評価の結論としては、上記の通りの使い分けだ。

本気で静止画撮影する時に持ち出すことはないが、

動画全て納得の画質、それから静止画も同時に撮れるから、

少しでも動画を撮るシーンならばSEL20F18Gで決まり。

 

動画を全く撮らない場合だけ、家にSEL20F18Gを置いておくことにしよう。

(でも動画を全く撮らない場面なんて、今後ない気がするね!)







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2021 All Rights Reserved.