ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

RX0II(RX0M2)夜景写真撮影レビュー、スローシャッターはできる?

投稿日:2019年5月21日 更新日:





いつも夜景写真撮影は、フルサイズの一眼レフカメラと三脚利用で行う派。

最高の画質を求めて、4kgぐらいある装備を苦と思わず、喜んで持ち出すわたし。

ところで、トレイルランニング時の撮影用としてSONY RX0 II(RX0M2)を買って、

その小型軽量と高画質さのバランスに驚き、喜び、愛し始めていると、ふと思った。

「RX0 II(RX0M2)で夜景撮影をしたら、どんな写真が撮れるのだろう?」

RX0II夜景撮影写真


ミニ三脚「VCT-SGR1」を使って、シャッタースピードを下限の1/4秒、

ISO感度をAUTOにして撮ってみた夜景写真、レキシントンという町のダウンタウンで。

RX0II夜景撮影写真


アメリカの街の夜景写真マニアを自称するわたしには、シャッタースピード1/4秒はモノ足りなかった。

いつもは30秒を目安に長秒露光するから、1/4秒って手持ちで滝とか流れものを撮る時で、
わたしにとってはスローシャッターとは言えない。

RX0II夜景撮影写真


良い点

・小型軽量なので、ズボンのポケットに押し込んで
 RX0 II(RX0M2)とミニ三脚「VCT-SGR1」を持ち運べる。

・風景写真に向いた画角24mm相当(単焦点レンズ) ・前作RX0から進歩し、
 180度チルト可動式液晶モニターがあるので、
 地面に直置きしたRX0 II(RX0M2)のモニターを撮影中に確認できる

・前作RX0から進歩し、電子水準器があるので、まぁまぁ水平を取りやすい

RX0II夜景撮影写真


悪い点

・絞り値はF4.0固定、シャッタースピード1/4秒が低限という制約により、
 十分なスローシャッターは無理

・液晶モニターが小さ過ぎて、暗いところでの夜景写真撮影中は撮っているイメージが
 その場で確認できず、構図や明るさやピントが自分の勘任せ

RX0II夜景撮影写真


理想ばかり語っちゃって、駄目ね、わたし。

4,000g(45万円)の一眼レフと、300g(9万円)のRX0 II(RX0M2)の重さ・価格のことを書かずに比較して。


撮れた写真を比べてみると、その画質に重さの13倍の違い、値段の5倍の違いはない。

最近流行のコストパフォーマンスで言えば、RX0 II(RX0M2)の優れ方が目に付く。

RX0II夜景撮影写真


RX0の2代目であるRX0 II(RX0M2)は、まだ夜景撮影向けのカメラとは言い難い。

けど、あと2-3世代と時代が進んでいくと、わたしが書いた悪い点が改善されて

フルサイズ一眼レフカメラとか、フルサイズのミラーレスカメラで撮った夜景写真と、

素人目にはほぼ分からないぐらいになるのだろうな。


そうなった時、わたしは4kgもある装備は打ち捨てて、

ポケットに突っ込んだRX0とミニ三脚だけを持って、夜景写真撮影の冒険に飛び出しそうな気がする。


そんな未来のカメラ・RX0の次世代機をイメージして、わたしは明日も夜景撮影を続けるよ。

とりあえずフルサイズ一眼レフカメラで、たまに、RX0 II(RX0M2)で。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.