ケンボックス

詩的日記を、高品質写真で。

ケンタッキー州レキシントン、ダウンタウンのランニング写真

投稿日:2019年6月8日 更新日:





そこそこ曇りで涼しかったので、公園ではなくレキシントンの街中を走ってみた。
前回走ったのは2年前、あれから随分経ちました。

レキシントン街中をランニング写真


ダウンタウンではバーベキューのイベントがやっていました。
レキシントン市内の有名バーベキュー店が屋台を出していた。

レキシントン街中をランニング写真


カラフルなカフェ、原色がお好きのようだ。

レキシントン街中をランニング写真


トランシルヴァ ニア大学に遭遇した、土曜日なので誰も歩いていなかった。

レキシントン街中をランニング写真


広角24mmのRX0IIは、Fifth Third Bank ビルを捉えた!

レキシントン街中をランニング写真


何故か噴水に黄色が使われていた、凄いセンス・・・。

レキシントン街中をランニング写真


リンカーン大統領の壁画と、レキシントン市の派手なパトカー。

5マイルも走っていないのに、帰ったら疲れててお昼寝1時間。
まだ走りたい場所は山積なのに、キレを欠いてきた身体に歳月を感じる。


2017年11月18日

ケンタッキー大学(UK) レキシントン ランニング

探検ランニング、本日はレキシントン市内のケンタッキー大学構内へ。

普段の生活をしていたら接点のない場所、ランニングなら交じり合うことができる。

ケンタッキー大学ランニング3.jpg

レキシントンに来るまではUK=United Kingdomだったけど、今はもうUK=University of Kentucky。

ケンタッキー大学ランニング6.jpg

構内は広いなんてもんじゃない、大学で町ができている、生徒2万人、学部ごとに建屋は無数。

ケンタッキー大学ランニング2.jpg

よみがえったのはシアトルにあるワシントン大学を歩いた時のこと、20年を経て、何かが共通していたのだろう。

ケンタッキー大学ランニング4.jpg

フットボールのクローガーフィールド、いつか観戦に来ないとね、地元民として。

ケンタッキー大学ランニング5.jpg

ケンタッキー大学は大人の様相、明るく、センスに溢れるところを見ると、学校のレベルの高さが読み取れる。

ケンタッキー大学ランニング1.jpg

風の強い日、UKのCats PathをクルージングのようにRUNした満足感、これで僕の視野も広がったような。


2017年3月12日

レキシントン(ケンタッキー州)ダウンタウンをランニング

 

その街の匂いを、五感でとらえようとするならランニングするのが一番。

だからケンタッキー州・レキシントンのダウンタウンをぐるぐる走ってみた。

レキシントン_ランニング4.jpg

カメラを持ち、サングラスをかけながらRUNする僕、身軽な恰好なのでどんな細い通りにでも入って行く。

危険を感じたら全力ダッシュで逃げられるし。

レキシントン_ランニング5.jpg

人通りが少ないがレキシントンダウンタウンは治安の心配がないところだ、街中という苦手意識を克服した思い。

レキシントン_ランニング2.jpg

カラフルな写真ばかりだから、街中がカラフルに思われちゃうけど、そうでもない。

目についたのがたまたまこうした色彩だっただけ、ほとんどは灰色の景色ばかりでした。

レキシントン_ランニング7.jpg

次の僕のプロジェクトが決まった、アメリカ中西部の街中を走る旅。

日本では古道トレイルランニングシリーズ、歴史が浅く・土地が広いアメリカでは街中を走るのが良さそう。

その準備として今日のレキシントン・ランニング。

レキシントン_ランニング1.jpg

多分、どの街も造りは似たようなもので代り映えはしないんだろうな、分かっちゃいるけど試さずにはいられない。

レキシントン_ランニング6.jpg

僕のように街中を走っている人が何人かいた、でもアジア人は珍しいからみんなに見られること。

レキシントン_ランニング3.jpg

レキシントンのランニング、さぁ次はどの街を走ろうか、いつかニューヨークのマンハッタンを走る日を夢見て!

 

 


 

2017年5月28日

レイヴン・ラン・パーク(レキシントン郊外)トレイルランニング

 

ここ3週間も週末の天気に恵まれておらず、雨・雷。

グレートスモーキーマウンテン国立公園に行く好機だったのに、雨予報なので躊躇。

ウェブを見る限り雨かな?曇りかな?ぐらいの微妙さ、また来週なり再来週なりにすればいいか。

そのことがフラストレーションだったので新緑のレイヴン・ラン・パークをトレイルランニングしてみた。

レイヴン・ラン・パーク1.jpg

2009年に買って以来何度かしか履いていないMontrailのHard Rockというトレイルランニングシューズで。

足元は泥だらけで滑りやすい、しかし眩しく迎えてくれる緑の色にテンションがあがる。

レイヴン・ラン・パーク3.jpg

大き目の蛇を見かけた、色々な方が思い思いの恰好でハイキングしていた、僕の他にもトレイルランナーはいた。

レイヴン・ラン・パーク2.jpg

調子良く走り続けたレイヴン・ラン・パーク、家に塞ぎ込まずお外に出よう!

 


 

2016年11月27日

レイヴンランネイチャー自然保護区(レキシントン郊外)トレイルランニング

 

レイヴンランネイチャー自然保護区(Raven Run Nature Sanctuary)をトレイルランニングしてきた。

我が家からたった10マイルに自然保護区があるの?と期待して行ったが、地味なコースだった。

レイヴンランネイチャー自然保護区1.jpg

レッドトレイル全長6マイルを走ると、全般的には急斜面もなく走りやすいコース。

しかし景色の転調が乏しい。。。アメリカの一般的な自然はこんなものだろう。

レイヴンランネイチャー自然保護区2.jpg

ケンタッキー川のうねりが見える場所が最高潮だが、もちろん気分はあまり高まらない。

レイヴンランネイチャー自然保護区3.jpg

自然の岩の形は面白いというか、どれだけの時間が作ってくれたものだろうか。

レイヴンランネイチャー自然保護区4.jpg

そこそこハイカーがいて、トレイルは1人が通るのが精いっぱいの幅なので、トレイルランニングはやりやすくはない。

レイヴンランネイチャー自然保護区5.jpg

地味だった! レイヴンランパークでのトレイルランニング冒険。

 







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved.