岡崎城公園の夜桜写真、愛知県・東海地方さくら撮影名所

投稿日:2020年4月3日 更新日:



夜桜では東海地方で一番!と褒め称えられる岡崎城公園。

岡崎城公園の夜桜写真

2020年春は新型コロナウイルスの影響で夜店が出ていなかったり一部自粛があったことを差し引いても、

巷の評判の通り、桜の名所であることはその通りだった。

岡崎城公園の夜桜写真

今まで何度か訪れた岡崎城公園、予め意識しているわけではなかったが、竹千代通りを歩いていてふと思いついたことがある。

岡崎城公園の夜桜写真

夜桜写真撮影自体が楽しいはもちろんだが、それとは別に何かがある、何か僕を楽しくさせてくれるものがある。

岡崎城公園の夜桜写真

竹千代橋から伊賀川の桜越しに岡崎城天守を見上げていると気が付いた!

岡崎城公園の夜桜写真

そうだ、戦国時代ロマンが僕の心を刺激して、岡崎城公園の夜桜写真を一層楽しいもの美しいものに加味してくれているのだ。

岡崎城公園の夜桜写真

こうしてお花見&桜写真撮影をしている僕は、一人ではない。

岡崎城公園の夜桜写真

目に見えなくても、隣にはいにしえの徳川家康公がいるし、本多忠勝や酒井忠次ら徳川四天王が帯同してくれているし、

徳川16神将の一人・服部半蔵正成だって側にいる。

岡崎城公園の夜桜写真

ただでさえ岡崎城公園には800本の桜があって、伊賀川・乙川の両川沿いは圧巻の桜撮影スポット。

岡崎城公園の夜桜写真

加えて、見えない楽しみ方(心の中から湧いてくる戦国時代ロマン)で楽しさはひとしお。

岡崎城公園の夜桜写真

露店や敷物を引いた宴会お楽しみ方々がいない分、今年の夜桜写真は当たり年だったのかな。

岡崎城公園の夜桜写真

ありがたいことに夜桜ライトアップは開催してくれたし、伊賀川のお花見船も運航していた。

岡崎城公園の夜桜写真

今年は家康行列が中止になったのは残念なことだが、致し方ない。

岡崎城公園の夜桜写真

こんなコロナウイルス騒ぎで軒並みお祭りが中止になっている時、ライトアップをしてくださった岡崎城公園に感謝を。

岡崎城公園の夜桜写真

龍城堀沿いをぐるぐると何周も歩いて、撮影スポットを探していた。

岡崎城公園の夜桜写真

1位 

「郷土料理いちかわ」から、龍城堀越しに、望遠レンズ85mm相当で、神橋を撮る

岡崎城公園の夜桜写真

2位

竹千代橋を渡る前(公園の外)、伊賀川沿いの下の道に降りて、桜越しに岡崎城天守を撮る

岡崎城公園の夜桜写真

3位

竹千代橋から岡崎城公園に入ってすぐ左折、龍城堀越しに、望遠レンズ85mm相当で、神橋を撮る

岡崎城公園の夜桜写真

岡崎城公園内の三脚利用は可、もちろん混んでいる場所では使わないけど。

岡崎城公園の夜桜写真

手持ち撮影でもギリギリ大丈夫なレベルの明るさの岡崎城公園の夜桜祭り

岡崎城公園の夜桜写真

スローシャッターで堀の水を滑らかにするとか、観光船が通る跡をビームにするとかを考えると、三脚持参が良い。

岡崎城公園の夜桜写真

岡崎城公園内の三脚利用は可、もちろん混んでいる場所では使わないけど。

岡崎城公園の夜桜写真

28mmと58mmの単焦点レンズを2つ使い分けようとしたが、ほぼ58mmしか使わなかった。

岡崎城公園の夜桜写真

カメラ2台持ちで210-810mm相当の望遠域は暗くなってからは使わず、当たり前ですが。

岡崎城公園の夜桜写真

お城と桜の相性の良さで画は良いし、戦国時代ロマンで心中もワクワク。

岡崎城公園の夜桜写真

そんな楽しい岡崎城公園の夜桜写真。

岡崎城公園の夜桜写真

乙川沿いを歩いて紫に輝く殿橋。

岡崎城公園の夜桜写真

それから今年3月にできたばかりの桜城橋まで足を伸ばして渡るとまだヒノキの香りが濃かった。

岡崎城公園の夜桜写真

この新しい桜城橋を渡る家康行列の方々を撮りたかったな、それはまた来年以降の夢で。

岡崎城公園の夜桜写真

生憎、このページに載せたい桜写真が多過ぎて、言葉と写真の内容がシンクロできず。

岡崎城公園の夜桜写真

時間を逆再生のように、夜→サンセット→日中と反転させる。

岡崎城公園の夜桜写真

忘れ難き岡崎城公園の夜桜写真、人手がこんなに少ないのも他の年にはないだろう。

岡崎城公園の夜桜写真


 

2014年撮影

岡崎城は桜の写真名所、一眼レフ写真撮影スポット

愛知県の桜名所を探しているあなたは、岡崎城公園の桜に逢えば、もう満足しちゃう

岡崎城は桜の写真名所、一眼レフ写真撮影スポット

岡崎城だけじゃなくて、大きな公園になっているから、色々な景色に美がある

桜の木の数が多いし、桜見物人を呼び込むようにお祭りの雰囲気たっぷり

岡崎城は桜の写真名所、一眼レフ写真撮影スポット

徳川家康が出生した城、三河武士が全国統一した始まりの場所が岡崎ね

花時計なんてあり、さらに散歩を続けましょう

おお、このからくり時計は面白いんですよ

ほら、徳川家康風のお調子モノおじいさん登場

音楽に合わせて踊って、能面まで出したりして、ロボット能ダンス

見るものは桜だけじゃなくて、戦国時代に想いも馳せ

葵のご紋に、ははぁーっと伏せ

岡崎城は桜の写真名所、一眼レフ写真撮影スポット

あなたが徳川家康公、三河のキング、400年続いた江戸幕府を作り上げた英雄

これはチキンでビビリの徳川家康を、忘れないための教訓とした像

家康公の近くには、本多忠勝が槍を抱えて控えていました

うむ、これでは家康を狙っても、本多忠勝に返り討ちにあってしまう

徳川家康公、幼名・竹千代くんが産湯を浸かったという井戸

城のお堀には緑が鬱蒼と

ちょいと外れれば、こんな写真が取れました

シーンが豊富です、岡崎城公園。

家康行列というイベントもこの時期にある。

岡崎城は桜の写真名所、一眼レフ写真撮影スポット

桜と堀、水まであって、桜を引き立てる小道具ですよ

水量がある岡崎城公園のお堀、船でも浮かべて風流したいかも

岡崎城は桜の写真名所、一眼レフ写真撮影スポット

勉強をしなさい、坊主たち。まぁ、今日だけは桜に見とれててもいいけど。

岡崎城は桜の写真名所、一眼レフ写真撮影スポット

岡崎城公園の桜は有名だからね、こうして写真に撮ると名所ぶりが納得

岡崎城は桜の写真名所、一眼レフ写真撮影スポット

春の色使いにドキドキ、カメラを向けずにはいられないシーン、岡崎城公園の桜

 



2016年2月28日撮影

岡崎SA写真、東海道・岡崎宿のイメージが新東名高速にオープン

 

新しいものはイイね、新東名高速に岡崎SAがオープンしたので行ってみた。

僕なりの味を出し、一部を写真に切り撮ってみるとこうなるよ、岡崎SA。

岡崎SA1.jpg

東海道五十三次の宿場町・岡崎宿の歴史の香りを出してくる辺りは流行りか、岡崎城がある城下町ならでは。

岡崎SA2.jpg

温故知新というやつね、昔にヒントを得て現代に心地よい風を運んでくれるのが岡崎SA。

逆に言えば、現代の最新事情だけで勝負できる町ではないし、岡崎SAが歴史という財産をフル活用するのも当然のこと。

岡崎SA3.jpg

2週間前にオープンしたばかりだから、岡崎SA内は凄い人の数だった。

お店の中は人にぶつからずには歩けなかったほどの盛況ぶり。

岡崎SA4.jpg

岡崎SA建屋の屋上(2F)は子供の遊び場になっていた、限られたスペースを上手に使っている。

岡崎SA5.jpg

岡崎市を積極的にアピールするとこうなるのね、創意と努力を感じた岡崎SA。

工夫しているのは次の新城設楽原PAも同じ。

岡崎SA6.jpg

新東名開通は僕の移動事情にもインパクト大だ、これで東京が一層身近になった。

そして三河の歴史ロマン、徳川家康公イメージで岡崎市は名を上げるよね、歓迎すべき新東名高速の岡崎SA(サービスエリア)。

 

 


八丁味噌倉カクキュー写真

八丁味噌倉カクキュー写真

岡崎城から八町(だから八丁味噌ね)の距離

八丁味噌の味噌倉「カクキュー」は、岡崎の面白観光スポット

ツアーで味噌倉の中を見学させてもらえるよ、そこでアートを探すのが僕のスタイル

これも味噌倉のヒストリーを感じさせてくれます

八丁味噌倉カクキュー写真

いよいよ味噌倉の中に入ってゆく

ほら、味噌倉は味だけではなく、アートにもなる

味噌樽にこびりついた3年分の味噌のカケラ

NHKドラマの「純情きらり」のロケ地になって、この八丁味噌倉も有名になりました

八丁味噌倉カクキュー写真

美しいものは、地味にしていてもスポットを浴びるのでしょう

 







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.