岡山コストコは赤磐市にオープン?早島・倉敷・北長瀬コストレ

コストコ岡山がオープンすることは、地理上の必然。

誘致反対をすることはでき、例えコストコ岡山市岡山県が実現しなくても、

隣町にコストコ倉敷なりコストコ丸亀なり、あの一帯にコストコが新規オープンすることは時間の問題だろう。

もう逃れられない既定路線なのだ、コストコ岡山/倉敷は。

吉備国(備前国・備中国・備後国・美作国)での最大人口、

更には地理上もちょうど中間点に位置するのが岡山市。

コストコ空白地帯と呼ばれる岡山県、山陽地方の東西ずっと向こうにしかコストコがない。

  • 西に155km ← コストコ広島倉庫店
  • 東に135km → コストコ神戸倉庫店

コストコ同士で商圏人口を奪い合うことがない絶妙な位置関係。

中間点にある岡山市は出店計画検討に値しない町ではなく、

それどころか人口数で言えば日本でも不動の候補地ナンバー2なのだ。

岡山コストコ

その根拠として、下記の表をご参照いただきたい。

数字が語るコストコ岡山の優位の根拠。

広島市119万人○コストコあり
仙台市108万人○コストコあり
千葉市 97万人○コストコあり
堺市 83万人○コストコあり
新潟市 81万人×コストコなし(候補1位)
浜松市 79万人○コストコあり
熊本市 74万人○コストコあり
岡山市 72万人×コストコなし(候補2位)
静岡市 70万人×コストコなし(候補3位)

コストコジャパンの出店基本条件に

「10km以内に人口50万人」という項目があるのはご存知の方も多いだろう。

この商圏人口を、岡山市&倉敷市で賄えるのだろうか。

岡山市 単独人口 72万人
倉敷市 単独人口 47万人
岡山県 全体人口190万人

しっかりクリアしている、ちゃんと乗り越えている。

だからついついコストコ岡山のオープンにはGoサインが出ていると思い込んでしまう。

具体的なオープン予定地は、早島地区だと聞く。

岡山市・倉敷市から皮一枚離れた場所、住所にすると「岡山県都窪郡早島町」。

交通環境に優れていて、山陽自動車道の東西線上にはないが、倉敷JCTから四国方面へ1つ目、

瀬戸中央自動車道・早島ICの出口近くにオープンするだろう、コストコ岡山早島。

いわゆる「都市圏から最も近い郊外、高速IC出口にほぼ隣接」を

しっかり抑えているコストコ岡山早島だ、文句のつけようがない。

わずか1つだとは言え、四国方向へと踏み出したことにも意味がある。

もう1つ、2023年後半から噂に上がってきた話がある。

赤磐市が、コストコ誘致に積極的という話、特に市長さんが乗り気だとか。

人口4.1万人の赤磐市、岡山市のベッドタウンでもあり、山陽自動車道の山陽ICがあって交通の便も良い。

過疎化からの脱却、他自治体との差別化のためにコストコ赤磐は良い案だし、地の利を活かしていると思うけど、

こればっかりはどうもわからない、コストコ誘致には地元自治体のバックアップが必須なのだから。

コストコは四国にも1つもない。

岡山県内の需要だけでは物足りないと考えて、

あわよくば四国の需要すら取り込んでしまおうという計画が練り込まれているのだろう。

中国地方のみならず、四国地方まで呑み込もうとするコストコ岡山の野望。

  • コストコ岡山早島から香川県高松市へは65kmの距離
  • 高松市42万人、香川県全体では95万人

いつになるか分からないのよ、四国コストコ=松山市コストコの未来は。

物流網を考えた時、神戸・広島の間にある岡山早島に無駄はないが、

そこをすっ飛ばして四国へ運ぶには無理がある。

まずは松山市コストコへの足がかりとしてのコストコ岡山早島と考えても不思議はない。

岡山コストコ

ここまで申してきたことを踏まえれば、順当・無難・堅実なオープン予定地だと思うよ、コストコ岡山早島は。

地元の反対は分かるような気がするんだ。

2014年12月にグランドオープンしたイオンモール岡山は、なんと岡山駅前に広大な土地を確保して、

地元百貨店である天満屋ら表町地区のお店から商売を奪っている。

ただでさえ、アリオ倉敷・三井アウトレットパーク倉敷の影響で、岡山駅前のお店離れが進んでいたところに、

決定打とも言えるイオンモール岡山は、岡山城下町に立っていたお店を壊滅させてしまう力がある。

更にコストコ岡山早島、となればもう天満屋たちは岡山駅前を諦めるかもしれない。

視野を広げてみると、もしもコストコ岡山早島オープンまでに時間がかかってしまったらどうなるのだろう。

岡山市・倉敷市だけに商業施設を取られてなるものかと、

隣接市が「コストコ岡山県」の確保に動くかもしれない。

あるいは、瀬戸内海を越えて「コストコ高松」「コストコ丸亀」の計画が

先行してしまったら、コストコ岡山県は一気に計画頓挫となる。

地理上の優位に立っているとは言え、

コストコ岡山早島とて永遠に候補地であり続けることはできないのだ。

地元の反対を言い訳に、時間稼ぎするのも良いが、

状況はいつ変化してもおかしくないし、突然にコストコ岡山早島の先が閉ざされる可能性だってある。

ちゃんと手は打たれている。

岡山県内でコストコフェアが好評なのだ。

具体的には「コストレ」と呼ばれる、COST TRADER MART (コストトレーダーマート)が、岡山市・倉敷市の西にある浅口市鴨方町に出店した。

そもそもミニコストコを昔から体現してきた「大黒屋物産」は倉敷市に本社を置く会社なのだし。

ミニミニコストコ、ぐらいの感覚になるコストレ、価格はコストコ本店倉庫より2割増しだが、

年会費が入らない点、高速道路料金が抑えられる点を考えれば強みがある。

このコストレが、いずれコストコ岡山早島を実現させるための、

岡山県民への事前宣伝活動の一環だとしたらどうだろう。

いきなり岡山城本丸を落とすのではなく、

周囲の砦を押さえてから本丸を攻める攻城戦術みたいなものとも考えることができる。

岡山コストコ

2021年3月にはドドスコ(Dodosuko)という面白ネーミング系のミニコストコがオープンした。

まだコストコ本体は訪れずで、岡山コストコの先は見えない。

加えて「コストトレーダーマート」というミニコストコが、ブランチ岡山北長瀬にオープンしたというのだから、

もう本家本元のコストコは開業しないかもしれない。

岡山コストコ

繰り返すよ、コストコ岡山がオープンすることは地理上の必然

新型コロナウィルスで、日本全体の経済活動にブレーキがかかったことは

予想外だったから、まだ数年の準備期間は必要なのかもしれない。

ただね、広島と神戸と四国の中間点に位置する岡山県岡山市には、

とびきりのチャンスがあることは間違いないと思っているよ。

岡山県コストコオープン予想動画を、YouTubeにあげました!

  • この記事を書いた人

コストコ愛 強め

本場アメリカのコストコに衝撃を受けた19歳以来、ずっとコストコファン!
あなたの町の近くにもCOSTCOオープンすると良いですね〜