ケンボックス

詩的に、高品質で!

ナチュラルブリッジの紅葉とサンセット写真、ドローン空撮名所

投稿日:2019年10月27日 更新日:




最も美しい季節に、天気と時間帯をピタリと狙って、レッドリバーのナチュラルブリッジに向かう。

ドローン動画撮影ナチュラルブリッジ

僕の行動に少しも妥協はなかったが、今年の紅葉色づき方はまだ浅い方なのかな、とは思った。

ドローン動画撮影ナチュラルブリッジ

ドローン空撮に適した場所、ナチュラルブリッジは空が開けているから面白いね。

去年は雪が降る中でドローンを飛ばした、一眼レフなら三脚まで抱えて歩いて上がって、最高の写真を撮った。

ドローン動画撮影ナチュラルブリッジ

レキシントン近郊でアウトドアの名所ときたらレッドリバーのナチュラルブリッジ。

なんだかこの場所も忘れることができない至高のスポット、

きっと僕はナチュラルブリッジをMiss youする。

ドローン動画撮影ナチュラルブリッジ

偶然の産物でしたが、真っ直ぐ飛ばすことよりも、

ブーメランやヘリックスで撮った天然石橋の角度が面白い。

まぁMavic Airを墜落させた痛い思い出の場所・ナチュラルブリッジだから、

無理させることなくMavic 2 proを操作。

ドローン動画撮影ナチュラルブリッジ

我ながら素晴らしいドローン動画が撮れたので、

他のKYマスターピースと合わせて動画完成させるのが楽しみだ。

ドローンを楽しむということを教えてくれたナチュラルブリッジ。

ドローン動画撮影ナチュラルブリッジ

あなたに敬意を示すため、あなたの最も美しい時分にあなたをドローン空撮できたよ。

ナチュラルブリッジは、季節と場面を変えてもっと撮影したいと感じた。

ドローン動画撮影ナチュラルブリッジ

 

ドローンを着陸させて、持ってきた一眼レフD850で一通り周囲を撮影終えると、僕の奥から寂しさが湧き出してきた。

さようなら、ナチュラルブリッジ!

あなたはケンタッキー州の名所であり続けてくれた、そのことを僕はずっと忘れないことだろう。

 


2019年1月12日

ナチュラルブリッジ 雪の写真 ケンタッキー州のドローン名所

 

ナチュラルブリッジといっても、有名なオーストラリアやカナダのものではない。

アメリカ・ケンタッキー州のナチュラルブリッジだ、世界的には無名のヤツ。

 

雪のナチュラルブリッジKY3.jpg

 

レキシントンに雪が降った、普段なら喜ばないが、雪ならではの景色を見ようとナチュラルブリッジへ向かう。

 

雪のナチュラルブリッジKY5.jpg

 

天然の橋の上は、もう半ば雪は解けていた、気温も0℃もあるし、薄く積もった雪。

 

雪のナチュラルブリッジKY1.jpg

 

ノースフェイスのヌプシブーティー、バーブサーマルパンツ、クライムベリーライトジャケットと無敵の防寒装備。

 

雪のナチュラルブリッジKY4.jpg

 

だって、写真だけじゃなく、ドローン空撮を狙っていたから寒さ対策は念入りに。

 

雪のナチュラルブリッジKY2.jpg

 

レキシントン市内のほうが降っていたイメージ、まさかレットリバー方面のほうが雪が薄いなんて。

 

雪のナチュラルブリッジKY6.jpg

 

平常よりも美しい光景が見れたね、ナチュラルブリッジの雪の写真。

 


2017年11月11日

ナチュラルブリッジ(天然石橋)の紅葉写真 レッドリバーゴージ

 

紅葉を見逃してなるものか。

ケンタッキー州のレッドリバーゴージ、ナチュラルブリッジ一帯は紅葉の名所。

待っていた、この季節を。計っていた、この時間帯を。

ナチュラルブリッジ_レッドリバー_9.jpg

色合いに圧倒される。しかしシンプルなのね、大地の色を感じる。

黄色も赤も使わないで描く紅葉、これも個性。

ナチュラルブリッジ_レッドリバー_7.jpg

夏はスカイリフトで楽々にナチュラブルブリッジ頂上まで上がってこれるが、この時期は山登りのみ。

大勢の方が紅葉を楽しむために登ってきていた、その分の価値があるナチュラルブリッジの紅葉。

ナチュラルブリッジ_レッドリバー_10.jpg

D850の実質デビュー戦でもあったが、パソコンのディスプレイで拡大表示したら、その精密な画質に驚いた。

28mm f/1.4Eのレンズと合わせて、ひとつ先の次元に行ってしまった画質、これからが楽しみだ。

ナチュラルブリッジ_レッドリバー_8.jpg

右奥に小さくとらえたナチュラルブリッジ、あの橋の上からレッドリバー峡谷の紅葉を一望できる。

ナチュラルブリッジ_レッドリバー_12.jpg

サンセットが焼けてくれたが、今ひとつ。

三脚を背負い登ってきた真剣撮影の僕、夕方の寒さにも負けず真っ暗になるまで一人残って必死で撮っていた。

ナチュラルブリッジ_レッドリバー_11.jpg

暗闇で30秒の長秒露光をする、左の灯りは車のヘッドライト、右上の空にはTwilightが若干残る。

秋を感じる季節のお約束、レッドリバー・ナチュラルブリッジでの紅葉写真撮影。

 


2016年11月12日

ナチュラルブリッジの紅葉写真撮影 ケンタッキー州の秋の名所

 

ナチュラルブリッジ(ケンタッキー州)を、本気の写真撮影してきた。

計っていた紅葉の季節、朝方は0℃まで下がって空気が澄んでいる日、夕暮れ時を狙って。

ナチュラルブリッジ_ケンタッキー6.jpg

真夏に来た時とは森の色が見事に異なるナチュラルブリッジ、青緑から赤橙へ。

ナチュラルブリッジ_ケンタッキー4.jpg

「ナチュラルブリッジ」と呼ばれる天然の石橋は世界中にある、ケンタッキー州レキシントン郊外のはナチュラルブリッジ州立公園。

ナチュラルブリッジ_ケンタッキー1.jpg

ズームアップすると↑の写真のようになる、柵なんてないよ、自己責任で楽しむまでだ、安全な場所ではありますが。

ナチュラルブリッジ_ケンタッキー5.jpg

三脚とNDフィルターまで背負って登ってきたナチュラルブリッジ、極まった自然環境の瞬間に写真撮影できるのは光栄なこと。

ナチュラルブリッジ_ケンタッキー2.jpg

スーパームーンの2日前だから、あるいはナチュラルブリッジが天に近いからか、月が鮮明に撮れた。星空もキレイだった。

ナチュラルブリッジ_ケンタッキー3.jpg

太陽が落ちる角度は主役の背でも対面でもなかったから、順光も逆行も得られず残念だったかな。

ナチュラルブリッジ_ケンタッキー7.jpg

ケンタッキー州・ナチュラルブリッジで本気撮りした思い出、良い写真を残せて満足な時間だった。

 


2016年8月29日

ナチュラルブリッジ州立公園は、ケンタッキー州の猿投山?

 

ナチュラルブリッジ州立公園が気に入りました。

レキシントンからちょうど1時間、ほぼずっとフリーウェイで快適に行ける場所。

「ケンタッキー州の猿投山」と名付けてみたけど、出身地がバレバレだね。

ナチュラルブリッジ州立公園2.jpg

下の駐車場からハイキングすること30分ばかり、夏の暑さもあって結構な汗が出た。

ケンタッキー州は平地ばかりと思っていたけど、山と深い森、やはり猿投山をイメージ。

ナチュラルブリッジ州立公園1.jpg

そのNatural Bridgeまで登ってくると、最後の関門が上の狭い通路。多くは語らないが、全アメリカ人が通れる幅ではない。

ナチュラルブリッジ州立公園5.jpg

天然の橋らしい角度、ここを今度は黄昏時、200mmぐらいのレンズで本気撮りしようと誓った。

ナチュラルブリッジ州立公園4.jpg

リフトまで作っちゃって、Natural Bridge State Resort Parkは名前の通りリゾートなのね。

ナチュラルブリッジ州立公園6.jpg

良く言えばヨセミテ国立公園のハーフドームのミニ版かなぁ。

ナチュラルブリッジ州立公園7.jpg

バランスロックというお名前、絶妙なバランスで岩が成立しているが、いつ崩壊してもおかしくないバランス。

ナチュラルブリッジ州立公園8.jpg

本当に猿投山をトレッキングした感じ、それなりにドラマがあって、良い運動量で。距離も近いし、トレーニングに最良。

ナチュラルブリッジ州立公園3.jpg

この先も付き合ってもらうことになりそうなナチュラルブリッジ州立公園との初対面でした。

 







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.