名古屋城の桜写真、西南隅櫓・本丸御殿・宵祭り・大天守の武者返し石垣の画像

投稿日:2021年3月26日 更新日:



名古屋城の桜写真を撮りに来た春の日、3月26日と早めだが、十分な桜が僕を迎えてくれた。

名古屋城の桜写真

だが、上の名古屋城画像に何かが足りない、主役級の何かが。

そう、2体の金鯱が大天守の屋根から外されて、地上に降りていた。珍しいことだ。

そりかえる石垣「武者返し」、これは忍びでも登れない角度だ。20mmの広角レンズで撮影。

空堀にかかる桜、美しいシーンだった。

裏の名城公園から撮った水堀と桜、平日の朝は駐車禁止なのを忘れて危ないところだった。

西南隅櫓の立ち姿は美しいと思う、人力で水堀を泳いであの櫓に生きて辿り着けるものか。

石垣に品格。

この日はお城Vlog撮影の旅、桜とお城の相性を信じて。

2021年1月5日

戦国時代好き、和風好きの私、何を躊躇していたのだ、ここしばらく名古屋城の写真を撮っていなかった。

名古屋城の写真

改めて名古屋城と向き合うと、三河の小さな山城なんかとは明らかに違う。

脅威の石垣、何層にも連なる天守、あれと同じものが戦国時代に実在していたわけはないが、

どっちにしろ、誰が落城させられるものか。

名古屋城の写真

水堀も幅が広過ぎてこんなの泳ぐのも一苦労、そこから石垣に取り付いて登っていたら守兵に間違いなくやられる。

恐るべし、名古屋城の防衛システム。

新調したカメラSONY α7Cの動画を試すのもこの日も目的だった。

静止画(写真)も実に良いよ、小型軽量カメラとはいえフルサイズ画質。

名古屋城の写真

西南隅櫓単体だけでも美しいのに、奥にそびえる名古屋城天守。

このアングルがやはり名古屋城一番の写真撮影スポットね、西南隅櫓&名古屋城。

外観も美しき本丸御殿、当時のこんな建物が作れたのだろうか。

前田慶次郎利益殿とお会いすることができた、傾奇者の彼を撮った写真は家宝にしておこう。

本丸御殿に入ったら、その金ピカ具合に圧倒された。

史実か空想の世界か分からないぐらい、もう徹底された独特の世界。

名古屋城の写真

α7Cの良い動画撮影試しの場となってくれた名古屋城本丸御殿。

天井や飾りまでに手を入れてあって、歩いていてもう自分がお殿様気分。

名古屋城の写真

天守閣には耐震工事中のため登ることができなかったが、本丸御殿のおかげで来た甲斐を感じることができた。

加藤清正の石垣が伝わっていたし、築城名人として清正公の像もあった。

重要文化財である西南隅櫓に登ることができた、櫓内の薄暗さにリアルな戦国時代を感じた。

西南隅櫓から見る名古屋駅の高層ビル群、なんともミスマッチな景色。

空堀の広さは小さな城のものとはまるで異なる、攻め手にとっての死地。

愛知県というか、尾張を代表する戦国時代名スポットだね、名古屋城は。

またいつか、コロナ禍が終わって各種イベントが再開された時にでも訪れたいね。


2015年4月4日

名古屋城の桜満開写真、愛知県の桜名所を観光旅行撮影

 

桜を撮って随分と経つ。

その華やかさは永遠のテーマ、けど今日は「桜と城」を撮ろうと桜満開の名古屋城へ。

名古屋城_桜画像1.jpg

思い切ったアレンジが試したくて、減光して長秒露光、空とお堀が流れるようになりました。

名古屋城_桜画像2.jpg

威風堂々とした名古屋城、露出をアンダーにして迫力を強調。

名古屋城_桜画像3.jpg

堀にかかる桜を逆行で撮る、その明暗差が目を引いた。

名古屋城_桜画像4.jpg

名古屋城内からの写真も良いが、外堀を入れて撮る一枚が素晴らしい。

名古屋城_桜画像5.jpg

名古屋城は桜名所でもある、やゃ奇抜に撮る名古屋城の写真、贅沢なフォトウォークでした。

名古屋城の桜満開名所

数多く桜の風景を撮ってきたが、名古屋城の桜写真に何を求める?

名古屋城の桜満開名所

和の文化、桜を愛でてきた先人たち、桜に合うものは何か、それはお城ではないか。

名古屋城の桜満開名所

仮説をもとに訪れた名古屋城、天守閣やお堀に桜を絡めると、味わい深い写真になった。

名古屋城の桜満開名所

桜+城=日本の代表!みたいな写真に仕上がる、これは良いモノだ。

名古屋城の桜満開名所

今は観光用の名古屋城、本来の軍事目的だった頃、名古屋城にも桜はあったの?

名古屋城の桜満開名所

もし当時も桜に囲まれていた名古屋城だったら、

この桜が咲く季節だけは戦はできないな、美に戦意が削がれるから。

名古屋城の桜満開名所

名古屋市にも多くの桜名所はあれど、名古屋城はその名所の最高峰。

名古屋城の桜満開名所

桜と名古屋城の相性は良く、撮ろうとした写真が撮れて僕は満足だった。

 


名古屋城宵祭り・盆踊りの夜景写真

名古屋城宵祭り・盆踊りの夜景写真

盆踊りの舞台と、名古屋城が一緒に見れる、これが名古屋城宵祭りの最高潮でしょう。

名古屋城宵祭り・盆踊りの夜景写真

三脚を立てて撮った名古屋城は、一層凛々しく見えた。

名古屋城宵祭り・盆踊りの夜景写真

本丸御殿への道、等間隔に並んだ提灯が美しい。

名古屋城宵祭り・盆踊りの夜景写真

金のシャチホコが悪いものから天守閣を防いでいる、思えば素敵なアクセントだ。

名古屋城宵祭り・盆踊りの夜景写真

名古屋城に見守られての盆踊り大会、夏の夜の趣き深いイベントですね。


2010年撮影

尾張徳川家ゆかりの庭園があると聞いたら、行くしかないじゃないか。

近くのイタリアンレストラン「サンタキアラ」でお食事後に、徳川園を散歩。

徳川園の写真

ここ徳川園は、大名が見るような日本庭園をイメージして造営されたもの、オリジナルは第二次世界大戦の戦火で失われたが、現代に蘇ってきた。

徳川園の写真

池の周りを回遊しながら美しいものを探して歩く僕。

まるで尾張藩主のような気分でね。

徳川園の写真

デジタル一眼レフ二年目だから、ちょっとやそっとの美では満足できない。

京都や奈良の庭園を幾つも周って養ってきた感覚をフル活用。

美しい庭園で、池だけではなく林も滝も、花も鳥も散りばめられている。

だが、一番の目玉っていう存在はなかったな。

まぁ、そんなキングを創るのは日本庭園からすれば邪道なのでしょうけど。

全体調和を重視する日本庭園に主役はいらないか、ここを見て歩く大名が主役ってことか。

新しい望遠レンズ「AF-S VR Zoom NIKKOR ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)」を新調したばかりだから、重いのにメッセンジャーバッグに忍ばせていた。

梅の木に鳥が遊んでいる景色を見たら、たまらなくレンズ交換して望遠レンズで試し撮り。

こんなに身近に感じられる鳥の姿に満足。

徳川園では森林浴ができるし、滝まで流れているじゃないか。

すごいよね、個人宅(大名だけど)に日本の四季の美しさ、自然の姿を囲ってしまうなんて。

それは、自分の足で自然界に出て感じる四季の魅力には叶わないけど。

自分の庭にこんな美しきものがあったら、僕は毎日でも散歩する。

徳川園の写真

美しいものを創り上げる、そんな素敵な心意気を感じた徳川園でした。

住所は「名古屋市東区徳川町」なんだよね、徳川美術館も隣接しているし、徳川家の実力を見せられた感じ。

 

日泰寺の写真

ピッツァリア「サルバトーレ」、ケーキが美味しい「シェ・シバタ」、素敵なお店が並ぶ覚王山。

名古屋市内でも有数のお洒落ゾーンだ。

そんな覚王山にある日泰寺へ足を伸ばしてみると、とても広い敷地。

日泰寺の写真

ここまで広いお寺は、京都や奈良でもなかなかないよ。

びっくりなのは、そのシンプルさで、門から真正面の本堂まで、途中を遮るものは何もない。

1万人ぐらい集結できるんじゃないか?ってぐらいの、大広場がありました。

地価高いだろうに・・・と余計な心配をする僕。

本堂に入ると、日泰寺のユニークさが分かった。ここは、タイのお寺。

「日泰寺」は「日本にあるタイの寺」の意味だったのか。

何か異風だな、と感じていたけど、文字も仏様も和様ではない。

日本とタイの友好の証しとして建立された、特別なお寺でした。

これほど立派な五重塔があるとは、それも驚きでした。

覚王山駅を出て、日泰寺までの参道は、道幅も広く、距離もある立派なものだった。

格式を示すための参道、日泰寺は風格を備えた名刹ということ。

日泰寺の写真

お洒落な覚王山の守護寺として、日泰寺がある。

なんと心地よいバランスなのだろう、覚王山には日泰寺、親日国でもあるタイ国との友情。







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2021 All Rights Reserved.