ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

ドローン空撮写真、アメリカケンタッキー州ルイビル

投稿日:2019年10月5日 更新日:




 

初めから分かっていたこと。

ルイビルの高層ビル群をサンセット時にドローンからの空撮写真で撮れば、

どれだけ美しいものになるかなんて、初めから分かりきっていたこと。

 

ルイビル写真ドローン

 

ライトアップされるダウンタウン、その間にはオハイオ川の太い流れ、

空は開けていて、脇役としてクラーク・メモリアル橋がかかっている。

 

環境が揃っているから、どう転んでも失敗作がない。

ニューヨークのブルックリン橋、シンシナティのジョンAローブリング吊橋と同じ構成要素かな。

 

ルイビル写真ドローン

 

風が弱く、空に雲がほとんどない秋晴れの日、

それってドローンを飛ばすのに好条件なのだが、

ルイビルからオハイオ川を隔てたインディアナ州側の

リバー・ウォーク・アンド・パークの河川敷からドローンを飛ばす。

 

ここは本当にギリギリなのだが、ドローン禁止地区との境目になっていて、

少しでもルイビル側に進めるとアラートがかかるが、上空や西側に飛ばすことができる。

 

ルイビル写真ドローン

 

一眼レフでのルイビル夜景写真の撮影スポットだったこの場所。

ドローン動画で映すと、まさに事前想像通りの佳作を得ることができた。

できればもっともっと辺りが暗くなって、ルイビルの高層ビル群が輝くまで

ドローンを飛ばしていたかったけど、ランディングのことを考えてほどほどで切り上げる。

 

珍しいのか、お兄さんたちが寄ってきて、どこまで飛ぶんだ?

とかランディングできるのか?とか僕を試すように聞いてくる。

実際にランディングしてみせると、遠くから拍手も飛ぶ。

 

ルイビル写真ドローン

 

ルイビルの夜景をドローンで撮影。

イメージした美しい景色が、そのイメージ通りにMavic 2 Proに映し出された。

 

写真も良いが、動画で見るとそれはもう美しい世界だったな。

動画編集はまた追い追いということで。

 







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.