ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

ららぽーと沼津 2019年10月オープンで東海道沿いの商圏制覇へ

投稿日:2019年3月2日 更新日:




ららぽーと沼津のオープンは、計画的に進められたららぽーとの東海道制覇戦略。

ざっくり言えば、東京~名古屋~大阪の東海道沿いには、日本の人口5割、経済の7割が集中している。

収益最大化を目指す企業ならば、リターンが見込まれるところに、原資をつぎ込むのが定石。

イオンモールに圧されて後発の立場にあるららぽーとは、シェア獲得の好機を東海道に一点集中した。

それって、スマートな考え方。
ららぽーとの新規オープンペースがまた素晴らしい。

無理なく、定期的に。
これなら、1年前にオープンさせた時に得たノウハウを次に活かして
品質向上やコスト低減を叶えることができるのだろう。

ららぽーと沼津オープン
ららぽーと沼津オープンの空想図、実際とは異なりますが
ららぽーと海老名2015年10月
ららぽーと湘南平塚2016年10月
ららぽーと名古屋みなとアクルス2018年9月
ららぽーと沼津2019年秋
ららぽーと門真2019年?
ららぽーと東郷2020年秋


 気になるのはオープンが9-10月に集中していること。
真夏のオープンを避けているのは、秋の行楽シーズンを当て込んでいるから?
それは真夏にはあまり外出したくはないのが人情。

1年のサイクルも考えて、1年に1回、季節も同じく、同じららぽーとをつくるのだから、
年が経つにつれ、効率もあがると推測される。


ららぽーと沼津のオープンに舞い上がっている僕だが、
全体を見渡してみると、ららぽーと沼津オープンは、ららぽーとにとっては道の途中。

更に1年後にららぽーと東郷のオープンが控え、未定のららぽーと門真もある。
狙いが東海道沿いでの知名度ゲットだとすれば、ららぽーと沼津は静岡県東部の要。

要所を抑えるオセロゲームのようだが、ららぽーとが沼津を選んだのは正解だろう。
ららぽーと沼津のオープンは、東海道制覇の大きな一石。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.