北野天満宮の紅葉写真、史跡御土居もみじ苑は京都の秋撮影名所

世に自分が知らないことは多々あって、あの北野天満宮が京都でも指折りの紅葉の名所だという。

正しく言うと、北野天満宮の裏にある史跡御土居もみじ苑のことらしい。

鶯橋近く、足元いっぱいの落ち葉、このシーンの美しさを僕は忘れない。

天神川に枝垂れかかる紅葉、水景ともみじは相性が良い。

史跡御土居もみじ苑は自然豊かで、寺院や何かの建築物とのコラボではなく、純粋に木々を見る場所。

もちろんついでに北野天満宮によって学業?の成功を祈る。

牛さんは健在。

紫の高貴な色がチラチラしていた。

豊臣秀吉が築いた土塁である御土居、そこが今は紅葉の名所に。

ライトアップ時に来たら、何か特別な仕掛けとかあってより美しいのかもしれない。

京都市内には珍しく、純粋に紅葉の木々を愛でる場所。

史跡御土居もみじ苑、この落ち葉の通りは通れないけど、出会えただけで嬉しい一時でした。

2010年4月撮影

北野天満宮の写真

北野天満宮の写真

これは北野天満宮の写真、学問の神様・菅原道真公を祭る合格祈願の名所。

北野天満宮の写真

確か中学生の時の修学旅行で、少年の僕はここを訪れているはず。

記憶があるはずもなく、思い出せるかな?と期待をしながら北野天満宮の参道を歩く。

牛・牛・牛。

こんなに色々な牛さんが祭られている姿を見るなんて、なかなかありませんよ。

テカテカに光った牛の像は、みんなに触られまくって肌ツルツルだったし。

それにありがたみは感じるよ、効き目がありそうな北野天満宮の愛されキャラ。

梅の季節でもなく、受験も終わっているのに、たくさんの若者が拝殿に並んでいた。

「牛の絵馬」って言葉、矛盾してない?

北野天満宮の写真

京都へ修学旅行に来るなら、北野天満宮で合格祈願でしょ。

特に学生さんたちにとって、身に迫った必要性というか、欲しいものを感じさせてくれる場所は、学問の神様のいる北野天満宮。

これほど広い天満宮、菅原道真公のありがたさを感じるもん。

ところで、残念ながら、僕の20年前の記憶は蘇りませんでした・・・。

本当に昔の僕はここに来たのかなぁ。

自分自身のミステリーは解けることがありませんでした、それもまた一興。

2014年3月31日

偶然、自転車で通り過ぎた一本の道。

北野天満宮からすぐ、僕にとってはただの通り道だったが、左右の風情ある建物にインパクトを受けて頭に残った。

上七軒の夜景写真

後で調べて分かったのだが、それは「上七軒」という花街だった。

上七軒の夜景写真

そんな出逢いの上七軒、その時の記憶は忘れられず、夜に通ってみると華やかな雰囲気。

狙って行った場所ではなかったから、本物の芸妓がいるお茶屋さんもあるの?と想像が膨らんだ。

僕にとってはあの上七軒こそが本物の花街、もっと南の市街地にある花街は現代色に染まってしまった、というイメージがあって、何年経っても忘れることができなかった。

上七軒の夜景写真

今回の京都・桜写真旅の目的の一つとして、上七軒の夜景を撮ってみようと明確にリストアップした。

桜の夜景写真も撮るが、上七軒の夜の風情にもカメラを向ける、三脚まで構えて本気撮影モードで。

上七軒の夜景写真

舞妓さんや着物を着たお店の方を隠し撮りするつもりはなく、ただ風情を写真に残したかった。

明かりが多いわけでもなく、生活の中に溶け込んだと言うか、小規模になりつつある花街だが、その分なんとも言えない雰囲気を得た。

上七軒の夜景写真

五花街のひとつ、上七軒。

京都駅から離れているので、観光客の姿もほぼなく、生活の中の花街。

僕にとっては「本物の花街」、「実生活の中にある花街」、こんな場所は他にはないよ。




  • この記事を書いた人

ケンボックス

大好き → お城・戦国歴史・和風・夜景・カメラ・ランニング / 1977 / 愛知 /