ケンボックス

詩的日記を、高品質写真で。

春日大社・万燈籠の写真撮影スポットまとめ、奈良の伝統行事

投稿日:2013年8月15日 更新日:




 

8月15日・お盆の夜、春日大社万燈籠という行事があると聞いた。

春日大社・万燈籠の写真

奈良・春日大社の境内にある3,000の釣燈籠と石灯籠に明かりが灯り、幻想的な空間になるという。

春日大社・万燈籠の写真

それは魅力的な提案だよね。

釣燈籠が幾つも重なり合っているシーンなんて、古都・奈良に相応しい美しい絵。

聞くだけで日本らしいお祭り・伝統行事だとすぐに分かり、カメラマンとしては訪れてみたい気持ちで一杯になった。

春日大社・万燈籠の写真

奈良公園を歩き春日大社へ入ると暗闇の森に包まれる。

参道を飾る無数の明かり、中元の夜だけに行われる春日大社万燈籠への序章。

春日大社・万燈籠の写真

伝統文化であり、夏の夜の楽しみでもある。

多くの人が浴衣を着たり団扇で涼を取りながら歩いているよ。

春日大社の本殿に入ると、それはもう期待していた以上の場面が迎えてくれた。

春日大社・万燈籠の写真

無数の釣燈籠、春日大社のカラー・朱色と重なった光景は、美しいとしか表現ができない。

春日大社・万燈籠の写真

釣燈籠だけでは心は動かないかもしれないけど、朱色の柱や建物と合わさって美が増幅。

春日大社・万燈籠の写真

残念ながら三脚使用禁止だったから、写真に撮るのは苦労した。

釣燈籠の灯りを引き立てるために他のライトも控え目にしているから、辺りは薄暗い。

ISO感度を6400まで上げたり、身体を柱に寄り掛かったりして、なんとかブレを防ぐ。

こんな時、NIKON D800の性能は抜群で、ISO6400であることを感じさせないぐらいでしょう。

他のカメラマンさんたちも必死に良い写真を撮ろうと工夫している様が、共感できたなぁ。

美しいものを美しく撮ろうとするのは本能だ。

この環境下で見事な写真が撮れれば、そのカメラマンの技術と装備と準備が優れているということ。

春日大社・万燈籠の写真

中元の夜、燈籠を灯して祖先の冥福を祈願する、

その心根の優しさが燈籠の美に顕れていると思った、春日大社の万燈籠の写真。

 


 

2009年撮影

春日大社の燈籠写真、奈良公園観光の一眼レフ撮影スポット

春日大社画像

3,000基もの燈籠があるらしいね、ここ春日大社には

春日大社画像

朱色の境内は数多くの寺院にあれど、春日大社がすべてのベースだという気がする

朱色の総本山は奈良の春日大社っていうイメージが止まらないのだ

春日大社画像

砂利の線には、神がかり的なものを感じない?

ホウキか何かで付けただろう線なのに、結界が張られたかのように思える

春日大社画像

奈良公園をわざわざずっと歩いてくる価値があるなぁ

奈良公園の緑と、春日大社の朱、奈良を代表する二色かな

豊かな緑に囲まれ、春日山のふもとにある春日大社だから、古代から神域にある場所

えんむすびの神様でもあるようだ

なんてカワイイ鹿みくじさんでしょ

こんなにみんなに愛されるなんて、春日大社さんも幸せだなぁ

 







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved.