ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

一時帰国中の日本の食べ物での楽しみ話をメモしておこう

投稿日:2019年8月30日 更新日:




日本の食べ物での楽しみ話をメモしておこう。

こんなの日本生活に戻ったら、感じることもないだろうから。

アメリカ出発時は、ANA機内食の日本のお茶に喜ぶレベル。

日本到着して、空港で食べたマグロ3点盛りの美味しさ、しみじみと味わった。

 

サガミのネギトロ丼・蕎麦、ブロンコビリーのサラダバー、しゃぶしゃぶ。

丸亀製麺のぶっかけうどん、松屋の牛丼、オリジンのお総菜、コンビニのおにぎり。

どれも嬉しい時間だった、日本ってなんて優しく・素晴らしい食文化なのだと

 

帰任生活セットアップの合間、日本再発見の味旅をしました。

ららぽーと東郷のオープン工事が進んでいた、あと1年か。

 

ららぽーと東郷は工事中、オープンしたらどんなレストランが入るのか?

日本で暴食して2-3kgは太る覚悟だったのが、賞味1kgしか増えなかった。

以前みたいに暴食する意欲が減少していたのかな。

少年の頃から脳にプログラムされている「今食べれるうちに食べておかないとダメだ」

という訳の分からない思想が変容しているとしたら、僕にとってはありがたいこと。

食事に金をかけないと、人相や性格に貧しさが出てしまうと聞く。

十分な収入がある今、ちゃんと良い食事を取って、普通な生活を送ろうね。

いつか日本に帰任したら、こんなに豊かな食生活に戻れるのだと思うと、

明るい展望が見えてきたような気がする。

アメリカにも美味しいものはあったけど、

旅行中のSubway以外ほぼ日本食で過ごすつもり。

ごく普通の日本の食べ物に、異様に感動してしまった自分のお話。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.