イケア新潟オープン計画、Mini IKEAとミニ・コストコが同居?

投稿日:2020年7月2日 更新日:



新潟市は、80万人もの人口があり、政令指定都市にもなっている都会だ。

イケア新潟のオープンを阻むものなんて、何もないだろうよ。

日本海沿いでは新潟市より大きな街なんてない、

新潟市にできなければイケアは日本海側には出店できるものか。

 

イケア新潟オープン

 

ところが太極的なビジネスは、数字から成果を読み解かなければならない。

20ある政令指定都市を人口順に並べてみて、

そこにイケアとコストコが近郊にあるかないかを書いていく。

 

人口コストコイケア
神奈川県横浜市374万人
大阪府大阪市274万人
愛知県名古屋市232万人
北海道札幌市197万人×断念
福岡県福岡市159万人
神奈川県川崎市153万人
兵庫県神戸市152万人
京都府京都市146万人
埼玉県さいたま市130万人
広島県広島市119万人×計画中
宮城県仙台市109万人
千葉県千葉市 98万人
福岡県北九州市 94万人
大阪府堺市 82万人
新潟県新潟市 79万人×ない×ない
静岡県浜松市 79万人×ない
熊本県熊本市 73万人×ない
神奈川県相模原市 72万人
岡山県岡山市 72万人×ない×ない
静岡県静岡市 69万人×ない×計画中

 

この単純作業をした結果をじっと見ていると、数字が語りかけてくるものがあった。

そうだ、イケア新潟のオープンプランを数字とマル・バツが予言してくれる。

 

  • イケアが出店計画していない政令指定都市で、人口が最も多いのが新潟市
  • コストコも新潟に出店していない、一方で浜松や熊本には出店している

 

 

どうしてだろう?

新潟がすっ飛ばされているように見えるね、イケアからもコストコからも。

ほんの概略になるが、新潟市のあらましを抜粋してみよう。

 

  • 新潟市単独人口は、 79万人
  • 新潟県全体人口は、222万人
  • 平均年収は366万円(全国平均:442万円)と、全国で下から5番以内
  • 第3次産業(小売・サービス業)の比率が8割と高い、農林水産業は1%程度と低い
  • 新潟県は南北に長く、隣接県の大都市と新潟市は距離が離れている(新潟市は地域での単独大都市の典型)

 

つまり、もしもイケア新潟をオープンさせるのならば、新潟県内の需要でイケア新潟を十分に儲けさせなければならない

「イケア越後」とでも越後国の愛国心をくすぐる奇手を取ったとしても、なかなかできることでもない。

 

他の地域独立系大都市で言えば、

  • 宮城県仙台市は、イケアもコストコも出店している
  • 熊本県熊本市は、ミニ・イケアは撤退済み、コストコは2021年に出店する
  • 岡山県岡山市は、イケアもコストコも出店していない

 

静岡県の二大都市・浜松市と静岡市は、東海道沿いに中小の都市が並んでいて、

かつ浜松市と静岡市の距離は80kmと、双方で補い合える関係だから、地域独立系大都市とは言えない。

 

新潟市は採算計画ギリギリライン上なのだろう。

単独人口100万人は越えず、でも70万人は切らず。

籠城している新潟市で、他県からの援軍は土日に少々くるだろうが、

平日は買い物客がIKEA新潟までくることが見込めない。

 

行け!行け!どんどん!とショッピングモールがオープンしていた時期ならまだしも、

2020年からの新型コロナウイルスで、数年間分は景気後退すると言われている2021年以降に、

IKEA新潟がオープンする理由は見当たらない。

 

時代は変化してしまったよ、IKEAは原宿にミニ・イケアを作るなど、郊外大型店から都心小型店へシフト。

コストコはまだチャンスがあるかもしれないが、まだコストコ新潟のオープンは風に聞こえてこない。

 

起死回生のオープン作戦はひとつ、新潟市の同じ敷地内に、

ミニ・イケア と、ミニ・コストコを並立させて、相乗効果で集客力を高めること。

 

駐車場や土地整備を共同実施したら、コスト改善が図れるのかもしれない。

夢のようなイケア・コストコ両立策だが、大型店を捨てて小型~中型店に転換すれば、

イケア新潟・コストコ新潟は現実のものになるのかもしれない。

 







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.