日間賀島の写真撮影、冬の海も美しく、東港サンライズビーチ〜北港タコ壺〜西港フェリー係留柱

日間賀島、ずっと憧れていた場所でした。

名前がヒマっぽくて平和だし、離島へフェリーで行くと聞くとワクワクが止まらない。

家族で行くのではなく、新カメラα7IVテストも兼ねて平日有休時に一人訪問になったのは予想外。

まぁ存分にカメラ&写真&動画にのめり込めたから、それも良しとしよう。

日間賀島の写真

真冬の海なのに、もう真夏みたいな日間賀島の海写真。

快晴にC-PLフィルターを効かせて、その透明な海の色を表現する、船の位置を計算しながら。

日間賀島の写真

日間賀島東港でフェリーを降りて、まずその東港のローカルぶりが気に入って散々撮った。

東港〜サンライズビーチが最も素晴らしい日間賀島だと感じたな、

よく調べてこなかった&撮影に夢中で、

白い監視台も恋人ブランコ(ハイジのブランコ)もスルーしてしまったのが悔やまれるけど。

日間賀島の写真

名物のタコさんにご挨拶、季節柄タコの干物も見れないし、別にフグもタコも食べなかった。

帽子を忘れたのが痛かった、南の島の日差しは冬でもなかなかのもの。

師崎港からフェリー内では写真撮影が止まらない、海の色と、キラキラした太陽で。

東港から右回りでぐるっと歩く、楽しいフォトウォークだ。

北港にあったたくさんの蛸壺がフォトジェニック、色々なパターンがありました。

日間賀島の写真

三河湾、伊勢湾、あっちは伊勢志摩かな、その先は太平洋。

α7IVと、レンズは単焦点レンズ1本(SEL50F12GM)のみ、もう最高画質に酔いしれる。

北港に積まれていた漁師ロープ、右のバイクと奥の青い海が港感を演出。

それにしても、こんな小さなサイズの写真でも高画質が分かるな、

前に愛用したNIKON D850/58mm1.4Gにも勝るとも劣らない、そして色の出方にSONYを感じる。

西港にお迎えのフェリーが入ってくる、手前にビット(係留柱)を入れつつ、全体を一枚の写真に。

夜間用の赤い灯台、昼間は存在感を消していますが。

フェリーの後ろで、かき分ける波飛沫を撮っていた、向こうは名古屋港か。

2時間少々で一周した日間賀島、冬の海を愛でた質の高い写真旅になりました。

日間賀島の写真

羽豆岬展望台から撮った日間賀島全体像、西港が正面にドーンと見えている、美しい海と島。

「日間賀島の冬の海色」動画を、YouTubeにあげました!