ケンボックス

詩的日記を、高品質写真で。

比叡山延暦寺の写真、三千院・曼殊院は京都観光名所まとめ

投稿日:2010年10月2日 更新日:




比叡山延暦寺の写真

比叡山延暦寺を焼き討ちした織田信長のことを知っている。

天皇や大名以上に比叡山延暦寺が影響力を持っていたことが、その原因とは聞いていた。

どんな場所なのか関心があり、滋賀と京都の境目、比叡山延暦寺を目指してドライブウェイを走る。

比叡山延暦寺の写真

東塔の宝物館は素晴らしかった。

素晴らしい仏像が幾つも見れて、さすがに比叡山延暦寺だって、納得していた。

根本中堂の薄暗い本堂に入って、その広さ・大きさに驚いた。

ここに数百人の僧が入って、読経したらどれだけのパワーが生まれるのだろう。

写真に撮ると、東塔だってなんだか地味に見える。

ここは修行の場所だからかな、瀟洒な飾りなんてあるわけがない。

森深くの木造建築物だから、体が冷えるような風が吹きつける。

厳しい自然環境の中で、僧たちは何を探して修行するのか。

僕には理解できていない世界。

比叡山延暦寺の写真

西塔の釈迦堂にも足を延ばすと、よりピュアな修業の場っていうイメージ。

比叡山延暦寺の写真

何も甘美な誘いがない場所。大福の中に餡子が入っていない感じ。

ただ読経をするだけの世界があって、欲望に迷えないよね、こんな場所では。

横川の横川中堂だってそう。

こんな辺鄙な場所で何を求めて籠るのか、常人ではできないこと。

たまに訪れれば季節の移ろいで、自然は美しく感じる。

でもこれが日常では、精神の安定を図るのが逆に難しいのではないかな?

比叡山延暦寺の写真

安土桃山時代の比叡山延暦寺が、政権を無視して肥大化した状況が理解できなかった。

だって、今も昔も変わらない比叡山延暦寺だろうから。

比叡山延暦寺の写真

ここに住んでいて権力に溺れることはないだろうし、何も欲しくはならないだろうに。

比叡山ドライブウェイを降りていくと、琵琶湖と大津市が見えてきた。

色々と空想をしながら、憧れだった比叡山延暦寺を後にした。

 


 

三千院の写真

有名な小石仏、可愛らしい表情のキャラクターを見つけると、誰もが写真を撮っていた

苔の中に住む小さな優しさ、そのラブリィな存在にはカメラを向けずにはいられない

三千院の写真

京都のあらゆる文化を覗いてみたいと思っている

京都市内のお寺や神社は一通り回ったから、次は郊外の名刹へ

北の大原地区は昔の別荘地だろうから、興味があった

ベストシーズンが紅葉だと知っていても、新緑の美しさも格別だろうと信じて

京都も少し郊外に出るだけで、普通の田舎風景になるんだな

三千院の参道からして、どうも京都市内の大寺院とは雰囲気が違う

宇治や長谷寺のような郊外型のんびりムード

腰をおろして、三千院の庭園を眺める

新緑の眩しさに目を覆いたくなるほど、5月半ばの緑は活き活きとした光を放っている

三千院の写真

修行のお寺という感じはなくて、典型的な別荘寺院だなぁ、ここ三千院は

歩けば至るところにモミジがあるのが分かるし、しかもその数が際立って多い

紅葉の季節の美しさは、想像だけも事足りるほど、約束された美だろう

新緑の葉も、足もとの苔絨毯、春満開に咲いている数々の花

三千院の写真

美が陳列されている三千院で、先人たちは何を想って暮らしていたのか

鎌倉時代以降の不動明王が多く残る三千院、修行よりも美の研鑽のイメージが強い

多くの春モミジからの木漏れ日、緑濃い苔と重なって、三千院は輝いている

昔は京都市内から1日かければ、歩いてここまで移動できただろう

三千院の写真

京都から一番近い本格的な山の中、もはや華やかな都とは別世界だよね

しかし文化だけは京都一流のものがこの三千院に反映されていると思うよ

三千院の写真

宝物館には仏像や絵画の不動明王がいくつもあった

背景のかるら炎が、炎の鳥になっている不動明王は初めて見た

三千院の写真

三千院門跡ははっと見返すぐらいの美しさ

大原の山中に潜む美の存在、それが三千院だって

次はここで秋の紅葉を、燃えるように見る機会に恵まれるかな

 


 

曼殊院は写真禁止

曼殊院を歩いて感じたこと、ここ曼殊院は趣味人の住まいだ

曼殊院内は写真禁止だから、カメラには写らないのがもったいなく

黄不動の掛け軸があったり、狩野探幽の襖絵があったり、枯山水の庭園があったり

曼殊院は写真禁止

ここ洛北までくると、もう人里離れた別荘の雰囲気

曼殊院は写真禁止

曼殊院の美しい写真を撮ろうと思ったら、外の塀と苔の緑色がベストだった

紅葉の季節も美しいのだろうな

曼殊院は写真禁止

日本の美は、趣味人の別荘にある

 







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved.