ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

海外時差ボケ中の出張なんて克服できるものか、いや無理だな

投稿日:2019年9月7日 更新日:




大嫌いな時差ぼけに乱されながら過ごした1週間が過ぎていった。

朝3時に起きても4時に起きても、自然あるがままと活動を始める。

結局、お夕寝の時間が必要で、ぼーっとした頭で一日を有効活用できず。

海外時差ボケなんて克服できるものか? →いや、無理だな

風邪と時差ボケの特効薬を発明した方は、ノーベル賞確定だ。

「2台ともオイル交換して」と伝えたはずが、1台しか交換されていなかった。

まだまだ何かが足りない僕の英語コミュニケーション。

超小型RX0IIでも、ここまで撮れた

 

僕専用仕様に整えられた部屋で、これからのプランを進めようとしていたら、

急な隣々州への出張が入り、仕事を凄いスピードで片付けつつ、5時間ドライブ。

 

マリオットホテル系列を制覇中だ、今回はレジデンスインで。

ホテルのジムでの筋トレはあまり盛り上がらなかった。

 

海外時差ボケ中の出張を克服

 

出張先の仕事ではパワハラ教育にちょっと冷やっとした。

緊張感ある中、丸1日で全てのタスクをクリアして、今後の目処がついた。

やはり来年はこの街に入り浸りしなくては。

 

帰りは朝5時に起きてしまい、あけぼのドライブで家路についていると、

見事な霧とサンセットの朝写真撮影スポットに遭遇。

いつもと違う選択をしてみるものだ、これも冒険。

 

海外時差ボケ中の出張を克服
ボーリンググリーン空港のセスナ機

まだ残る日本との時差ぼけ、州間の時差、なんだか気持ち悪くなったよ。

帰りはナッシュビル空港とボーリンググリーン空港を冒険して、

ドローンに相応しい農場に遭遇できたのかな、まぁ小さな成果はあった。

 

出張ご褒美に牛丼とマカロニサラダ、家について昼寝してもまだ気持ち悪い。

土曜日の夕方、机にぼーっと座っていても、空虚さだけが部屋に漂う。

 

そうだ、机に座るのは決まった作業の時だけだったね。

サンセット時のウッドデッキに出ると、空気は完全に秋、ウサギが二羽。

 

海外時差ボケ中の出張を克服

明日でアメリカに戻ってちょうど1週間だから、時差ぼけも終わり。

まずは古い写真htmlページをワードプレスに完全移行させて、

貯まったWDWや日本のブログ記事をはき出して、ドローンとRUNに出よう。

仕事も立ち上げ担当大臣として、うるさい意見に惑わされずに突き進む。

家にはN-BOXが届いたようだ、いよいよ来週からは小学校か。

ワイルドなアメリカ生活を無事終えて、安全地帯?の日本に戻れて良かった。

さぁ、明日からが本番だ、計画の遂行あるのみ。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.