元興寺の写真・奈良町観光の撮影スポット、帯解寺の桜

投稿日:2012年7月31日 更新日:



元興寺の写真

歴史を紐解けば、古都奈良の前、日本最古の都・飛鳥から移ってきたのが元興寺

平城京が出来た頃、都作りのためには歴史あるお寺が求められていたのでしょう

法興寺・飛鳥寺が名前を変えて、この奈良の平城京に生まれたのが元興寺

西暦600年頃から、法興寺→飛鳥寺→元興寺と名を変え土地を変え、今に至るお寺

そうした背景を聞くと、この元興寺(がんごうじ)が一層ありがたい存在に思えてくる、どれだけ歴史の厚いお寺なのか

元興寺の写真

今は広くない境内だが、当時は東大寺に次ぐ格付けの大寺院、平安文化の中心を担っていた

元興寺の写真

赤く見える部分の瓦はなんと飛鳥時代のもの、日本最古の瓦がまさか現役とは・・・

してはいけないのだろうが、飛鳥時代の瓦と聞くとビニールか何かでカバーするなり、さらにあの上に屋根でも作って保護したくなる

四天王に踏まれる鬼なのか?なんだかありがたく感じるなぁ

元興寺の写真

仏壇に潜む美を、カメラは見逃したりはしない

この元興寺にも国宝・重要文化財の仏像がある、なにしろ歴史ある名刹だから

元興寺の写真

暑い夏の日、僕は元興寺の境内に座って、奈良町の風を感じていたな

町家の佇まいの残る奈良町(ならまち)に、元興寺はひっそりと美をたたえている

588年に飛鳥の土地で起工されてから、もう何年の月日が流れていることだろう

 


 

帯解寺の桜写真、奈良観光の一眼レフ撮影スポット

帯解寺の桜写真

帯解寺(おびとけでら)は子授けや安産祈願のお寺、妊娠中の妻と一緒にご利益をいただきに。

帯解寺の桜写真

桜の名所でもあるらしく、キレイな色の桜が、境内を飾ってくれています。

こんな絵馬がある、全国から子供を求める声・安産を願う声ばかり。

こうなるとなんだかありがたさ満点で、思わず手を合わせて願いたくなる。

どれだけのお願いされて、どれだけ叶えてきたんでしょうね、帯解寺さん。

帯解寺の桜写真

小さなお寺なのに、すがりたい気持ちで帯解寺を訪れる気持ちは分かる。

僕たち夫婦も長年、神仏なんでもいいからすがりたい想いだったから。

帯解寺の桜写真

この絵が一番心に残った、ここは身分や年齢、その他状況に左右されず、

ただひたすら我が子のことだけを願うお寺。

帯解寺の桜写真

参拝されている人を見ると、すぐに目的が分かる。

妊娠中の女性が多いよ、ウチの奥さんもお腹ですぐにそれと分かるけど。

願わくば、子供を願う他の人たちにも幸せあれ。

僕たち夫婦は、ありがたいことになんとか授かれたけど。

子供を求める気持ちが、お寺まで造ってしまった、それが帯解寺。

このニッチマーケットで、でもしっかり願いを受け止めてくださいね、帯解寺さん。

 







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.