伏見十石舟の桜満開・写真撮影スポット、酒蔵の濠川水路を和船と撮る京都の春名所

桜・和船・水堀の3点が連なった時に、和風の美が完成形に近づくということは知っていた。

それの京都版、水運と酒蔵の伏見に、「伏見十石舟(ふしみじっこくぶね)」があるのを見つけた。

桜満開の夜22時、弁天橋下の船着場に行くとカメラマン数人が元気そうに、楽しそうに、撮影している。

だいぶ暗い場所なのに、皆さんが生き生きとしている様を見て、それから自分のカメラを構えてみると、そのシーンの本物ぶりに驚いた。

三脚を立ててスローシャッター、車のヘッドライトが当たって桜が白く見えた。

水路の中央に固定されている和船が主役、あれが周りの雰囲気を一気に和風に変えている。

それから1時間以上、僕は写真を撮りまくっていた、その日は朝から撮影活動しているのに、疲れは忘れて。

翌朝は8時から弁天橋下で撮り始めて、濠川水路沿いをうろうろ歩いて撮影場所を探す。

伏見であい橋で場所取りを1時間ほどして、10時前に試走してきた船で上の写真を撮影。

この一瞬が、今年の春のピーク中のピークとすぐに感じた、こんな幸せなシーンは他で存在しない。

それからは30分おきに伏見十石舟がやってくる、あれこれ試しながら歓喜の撮影タイム。

やはり望遠レンズは必要だな、標準50mmレンズしか持ってきていないから、望遠域が弱い。

伏見十石舟の桜写真

とは言えども、最高画質の50mm F1.2 GMレンズでの動画撮影は最高だった。

菜の花を前ボケに入れたり。

大袈裟ではなく、水路の両端を満開の桜が縁取っていて、その中央を伏見十石舟が進む。

そういえばモーターで動く伏見十石舟には興醒めだが、まぁ手漕ぎでは難しいし仕方ないか。

京都・伏見というブランドが、この光景の美しさを増幅しているよ、和船&京都!

あの伏見十石舟の最前列から撮った動画はどんな感じなのだろう?美しくないはずがないよね。

緑の柳、ピンクの桜、白のシロヤナギ、3つの春色が揃っている。

進んでくる、寄ってくる、伏見十石舟の姿を、桜と桜の合間に入れて撮ろう。

月桂冠などのある伏見酒造の裏にある水路、当時は重要な水運だったのだろう、今は伏見十石舟で。

忘れ難き、美しいシーンの重なりは、桜満開の伏見十石舟、なんという世界観なのでしょう。

「伏見十石舟」動画を、YouTubeにあげました!

2010年撮影

京都・伏見は酒蔵が並ぶことで有名なところ。

伏見酒蔵の写真

お酒飲みではありませんが、どんなところなのか気になったので伏見を散策。

僕でも知っている月桂冠や黄桜など、有名な日本酒の酒蔵が並ぶ、レトロな雰囲気。

伏見酒蔵の写真

地下水に恵まれ、京・大阪を結ぶ港町だった伏見は、水の美しさに溢れている。

酒蔵の木造建築物との相性が良い、写真に撮っても映えるのが酒蔵の木肌。

飲めもしないのに、本当に美味しい酒を求めて、酒蔵をウロウロして買ってしまった。

あの坂本竜馬が暗殺された舞台で有名な寺田屋が今も残っている。

伏見の船着場そばの旅館で、竜馬たち幕末の倒幕派志士は何を語っていたのだろう。

伏見酒蔵の写真

そんな場所が今もあり、伏見の不思議さというか、ユニークさは他の京都にはないな。

水に恵まれた場所で、酒を片手に、倒幕の大志を語る。

なんだか大きな志がここ伏見には残っている気がしていたよ。