ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

アメリカでインフルエンザの恐ろしさにひれ伏した悪夢一週間

投稿日:2019年10月13日 更新日:




インフルエンザの恐ろしさにひれ伏した悪夢の一週間だった。

先週日曜日は朝から晩まで何もできず、寝る→目覚めては辛くて寝る、の繰り返し。

月曜日は日中仕事できたのに、夜からまた体調が降り目に。

火曜日の朝が最悪で、もう人生の終わりすら感じたほど。

ちょうど丸3日間、僕の体の中をアメリカのインフルエンザが突き抜けた。

インフルエンザの恐ろしさにひれ伏した一週間
最初は驚いたホールフーズの陳列術も、今は普段の光景になった

これからは毎年9月終わりにインフルエンザの予防接種をしよう。

我が人生初のインフルエンザ、もう二度とお会いしたくない。

ちゃんと動けて、仕事ができる日々って大事なのね。

一方で仕事ピークは止まらないし、医療緊急対応もあった。

日本を襲った台風19号の影響で、

土曜日は朝から夕方までサポートしていて時間をWasteした。

そんなロクでもない週、自分のことはあまりできなかった。

インフルエンザで水しか飲めなかったこと、

食欲減少の成果で体重が63.5kgまで落ちたのは良かったけど。

インフルエンザの恐ろしさにひれ伏した一週間
Panera + MacBook = これで僕も「意識高い系」の仲間入り

日曜日になり、契約書の仕事もやりたかったけど、プライベートの充実感を欲していた。

パネラブレッドにMac Book Airを持ち込んで、ランチしながらの忍び半蔵。

本気になって進めてみると、忍び半蔵の仕上げスピードはなかなかで、本当に来月中には完成するかも。

ヒットしないブログに諦めを置いて、ちょっと小説の道へと走ろうかな。

気持ちのリセットは早く、もうアメリカでの生活に未練はなくなったし、出張で来たい願望もない。

日本の家に、職場に落ち着いて、ただ日本の生活に再び溶け込みたい。

まずは忍び半蔵をアメリカにいる内に書き上げるところから。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.