ケンボックス

詩的日記を、高品質写真で。

現代日本はフラットにシフト、個性の強いものは消え、富裕が分かれる

投稿日:2019年7月20日 更新日:




 

時代がフラットに変わっていくことを感じる。

 

セブンイレブンの24時間営業、吉本興業の雇用契約の無、ジャニーズ事務所の圧力。

次はNHKの受信料のことであって欲しい。

善悪を超えて個性の強い象徴的なものは、時代の前に消え去るのが現代日本。

飛び抜けた何かは社会に抹殺される、というアレね。

 

その先にあるものは何だろう。

フラットな社会、ただし富裕の差がはっきり分かれる。

現代はその方向にシフトしていること、間違いないと思った。

 

ブログはPHP7.1モジュール版にして、画像圧縮し、サイトスピードを高める。

明らかにPVは増えたが、過去の未来の車や奈良の大仏のような、爆発的PVが足りない。

 

お店オープンに見切りを付けて、新たな分野に乗り出す覚悟が必要だ。

それもあと1ヶ月、再び単身赴任になってから考えることか。

 

 

真夏の暑さ、といっても必ず20時台の日が落ちた時なのだが、

ベテランズパークを1時間半みっちり走って、大量の汗を流す。

1回で0.8kgは落ちて、昨日時点ではついに63kg台まで絞ることができた。

 

今夏の目標は62kg台のキープだから、まだ遠い目標だとしても、

吉川晃司さんのSAMURAI ROCKやロミオの嘆きあたりの音楽が、僕のRUNを後押ししてくれるさ。

 

ちゃんと走った後、身体がきしむのを感じて、その夜は早く寝てしまう。

翌朝も身体にしびれが残るようになったのは年齢のせいか、それが悲しい。

アメリカでも20kmほどのロングトレイルをRUNする企画を諦めていないのに。

 


 

2019年7月13日

すれ違いの会社生活は、精神衛生上最良の日々

 

24名もの到着パーティー、久しぶりだったが緊張もせず、何事もなく仕事を終割らせる。

やりきった感、もう余裕でこなせる感。

ある意味、既に興味をなくしてしまった分野の仕事なのかもしれない。

仕事を変える潮時がもう来ている、と感じた出来事だったような。

 

すれ違いの会社生活は、精神衛生上最良の日々。

もうWV宿泊には出たくない気持ち。

淡々と一人オフィスで作業をして、給料貰えればそれに勝るものはないか。

今の仕事に感動とか自分の成長とかそういう真面目なものよりも、自分の心の平静を求めることへと移ってきている。

 

すれ違いの会社生活は、精神衛生上最良の日々

体重を減らすため、暑い日のサンセット時にベテランズパークを走るのが恒例に。

一回で0.8kgは減るが、走り終わった夜にペリエとか飲んで体重はまた復活。

とにかく63kg台まで落とそう。

 

写真とドローンの熱が低下中。

一人になる9月以降にまた再燃するといいな。

それまでにブログの更新を終え、一定の収益を出せるようにし、基礎を築き上げてしまいたい。

また冒険の日々を始めるのだ。

今は準備、時が来たら再びの活躍を自分に課してみるよ。

 







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved.