電子パスポート申請方法、e旅券・デジタルPassport手続きとは?

投稿日:



2030年に実現するな、電子パスポート申請は。

いわゆる電子化モノで、一番最後まで残るのがパスポートの電子化

 

今時、紙の冊子を携帯して国境を越えて、出入国のハンコをページに押される仕組みは、流行らない。

「パスポートに押された入国スタンプの数が、人生の豊かさを示す」

なんて詩的?なことを言うビジネスマンもいたけど、

そんな海外スタンプラリーが通用したのも今や昔のストーリー。

 

電子パスポート申請方法

 

<電子化されたパスポートと、入国審査の手続き>

  • 彼女は、基本の個人情報と写真が記載されたトップページの印刷物を、e旅券の控えとして持参して、入国審査ブースへと歩き進む
  • 入国審査官は、彼女e旅券控えにあるバーコードをスキャンして個人情報を確認する
  • 彼女は、別紙になった電子ビザ控えも、入国審査官に提出すると、同様に入国審査官は、電子ビザ控えのバーコードをスキャンした
  • 入国審査官は、国の出入国システムに彼女の入国記録をインプットすると、彼女の入国を許可した

 

あなたは「そんな夢みたいな電子パスポートの世界が来るわけがない」って言うかもしれない。

でも世の中は少しずつ電子パスポートの方向へと進み始めている。

 

私は「電子パスポート」のことを話しているのであって、アメリカのESTAのような「電子登録」のことを言っているわけじゃない。

IC旅券(2006年開始)というパスポート内にICチップを埋め込む方式になったのも一端だし、

日本人の日本出入国で自動化ゲート(2009年開始)のような、指紋照合による簡素化手続きが行われたこともそう。

 

決定的な変化は、2020年にインドネシア国が「電子ビザ発給」に踏み切ったことではないかな。

アメリカのESTA、カナダのETAのような電子渡航認証ではなく、インドネシアの方は本格的な電子ビザだ。

 

それまではインドネシア大使館の窓口まで出向いて、パスポート原本や必要書類を現物で申請していたものが、

電子申請方法に変わり、ビザ発給まで電子化された。

インドネシア電子ビザの控えだけを持ち、

パスポートの査証欄にはビザシールやビザスタンプが押されることなく、インドネシア入国ができる。

 

e旅券・デジタルPassport手続き

 

観光や商用ビザだけではなく、就労ビザや留学ビザまでが、電子申請化されたことが重要だ。

こうした電子ビザ発給が続いていくと、紙のパスポートは意味を持たなくなる。

各国が電子パスポート化に足なみを揃えるには、多額のコストと、技術と、時間がかかるとは言え、

もう方向性はパスポートの電子化に舵が切られていくことだろう。

あれだ、航空券が紙のクーポン券から、eチケットに全面切替されていったことに追随する。

 

もっとも、パスポートとビザと出入国のデータが、1つに統合することは100年後の話であって、当面はその3つが分離独立する形式を取っていくだろう。

何故って、各国パスポートデータに、違う国がもつビザデータを上書きするのは、データ改竄の可能性がある。

 

偽造パスポート、偽造ビザのリスクが生じることになるから、ずっと先の技術の進歩を受けてそれは現実化するだろう。

脱はんこ活動、ペーパーレスが進んでいる現代、いつかは電子パスポート申請へと世の中が切り替わるけど、

その具体的な方法というか、展望は2030年前に見えてくるのではないかな。

 

電子パスポート、e旅券、デジタルPassport、名前は何でも良いけど、

とにかく電子化される出入国手続き・ビザの未来を追っていくよ。







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.