ケンボックス

詩的日記を、高品質写真で。

ディケーター夜景撮影写真 アメリカ・アラバマ州 川の都市

投稿日:2019年3月15日 更新日:





テネシー川の船着き場として、1850年頃に北アラバマ州での要所だった町・ディケーター。

ディケーター_アラバマ州
旧州立銀行
ディケーター_アラバマ州
Bank Street
ディケーター_アラバマ州
First United Methodist Church
ディケーター_アラバマ州


古い町並みと、夜景撮影は相性が良い。
撮っていて得られる恍惚感ったらたまらない。

ディケーター_アラバマ州


海のないアラバマ州北部で、サンセットをどう美しく撮ればいいの?
僕にとっては永遠のテーマに近いその問題。

ディケーター_アラバマ州


とあるヨットハーバー、テネシー川を海に見立てて撮るディケーターの夕陽撮影。

ディケーター_アラバマ州


知っていたけど、答えはこれしかないよね。
ディケーターでは、テネシー川が海。
ガンターズビルでも同じでしたが。

ディケーター_アラバマ州


まとめて「水景」と呼んで、ディケーターで写真を撮ろう。

ディケーター_アラバマ州


「川の都市」というニックネームを持つディケーター。
海の都市、水景の都市。


2018年3月4日

ディケーターハーバーの夕陽写真 アラバマ州・テネシー川

グーグルマップを見てロケハンする、今日の夕陽時はどこで撮ろうか、西に開けた水辺を探す。

ディケーターとテネシー川、おっと、水上を走る72号線の途中にディケーターハーバーがあり、西は川の流れも太い。

ディケーター_アラバマ州_写真3.jpg

狙いは絞り込まれた、ディケーターからのサンセットを本気撮りした光栄な時間。

ディケーター_アラバマ州_写真4.jpg

「川の都市」と呼ばれるディケーター、交通の要所だったのだろう。
水の恩恵は写真だけではない。

ディケーター_アラバマ州_写真1.jpg

古い町並み、煉瓦が写真に映える、バンクストリートをローアングルで撮影。

ディケーター_アラバマ州_写真2.jpg

旧州立銀行の佇まい、ディケーターで出逢った見どころたち。


2018年3月4日

フローレンス・アラバマ州の写真 テネシー川とオニールハーバー

メンフィスを出てアラバマ州へ抜ける道中、フローレンスという町に立ち寄った。

特有の文化が根付いている町、という印象を受けたからブログに残しておこう。

フローレンス_アラバマ州3.jpg

テネシー川にかかるオニール橋、この一帯のオニールハーバー・マクファーランドパークがいいの。

フローレンス市民の憩いの場、文字通り、実態もその通り。

フローレンス_アラバマ州4.jpg

のんびりしている、平和である、苦しゅうない。

イタリアのフローレンスの観光地とは大違いで、アラバマのフローレンスは何もない時間を楽しむ場。

フローレンス_アラバマ州2.jpg

ベンチに座って、川の流れをずっと眺めていたい。

もしくはサンライズとサンセット時に一眼レフと三脚を駆使して、このテネシー川の色を本気写真撮影したい。

フローレンス_アラバマ州5.jpg

ここフローレンスもまた、南北戦争によって大きく傷ついたと聞く。

こんな平穏な町が、幾度も戦禍を被ったとは。

フローレンス_アラバマ州1.jpg

フランク・ロイド・ライト・ローゼンバウム・ハウスという変わった形の家、80年近く前の建造物。

天気が良かったのもあるのだろうが、フローレンスには爽やかな空気が流れていた。







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved.