トレイルランにハマる・父親になった〜詩的日記2011年

投稿日:2011年12月31日 更新日:



陳麻婆豆腐 名古屋ラシック店 ☆☆

2011/01/02 13:10:00

驚いちゃうな、陳麻婆豆腐さん

初売りバーゲンで栄に行った際、名古屋ラシック店でランチをいただいたら、

(以前も食べたことあるのに)こんなに美味しいものかとびっくり!

麻婆豆腐の美味しさは、辛さなんてムシして食べまくっちゃったほど

食べたいけど辛い! 辛いけど食べたい!

このエビも素晴らしかった、最近色々なところでエビチリ食べたのに、ここのは抜群

チンゲンサイは良い箸休めになってね、麻婆豆腐の辛さを中和してくれました

このプレーンで、シンプルな杏仁豆腐が、最高に美味しかった!

甘さ控えめ、何の飾りもないのに、どーんとした主役級のお味でした

----

2011明けましておめでとうジョギング
2011/01/03 15:26:00

とっても遅れましたが、みなさん明けましておめでとうございます。今年もみなさんに幸せ舞い落ちる年でありますように。さて、年末年始と家やマクドナルドで、アフィリエイト系の文章を書く事に夢中でしたので、たまには外に出ようと、気温8度ぐらいあって太陽も差していたので、走ってきました。猿投の桃がキレイな場所から、猿投神社まで、往復6kmってとこかなぁ。田舎のしなびた雰囲気を走るのは、とっても気持ちがいいものです。向こうに見える猿投山の足元に、猿投神社があります。猿投神社は、このお正月だけ、すごい人になるんだ。今日はギリギリ3が日、車道に車がずらーっと停めてあるぐらい、人手が凄かった。いつも無人の参道なのに、テキ屋まで出てるし。さて、上↑の通り、お正月らしい写真をやっと撮れた。真冬でも、走れば身体が温かく、結構快適なものです。これからは冬でも定期的に走ろうかなぁ。ホームページの修正はだいぶ終わったし。これ↑こそお正月、初詣の象徴ですね。そうそう、昨日は栄のデパートに行って、スーツ用のYシャツを5着、それからTAKEO KIKUCHIのビジネスバッグを買ってきました。奥さんにはロクシタンのシアバターと、モンベルの温かいインナー。ノースフェイスで、マーティンウィング・プロが3割引になっていたけど、かろうじて物欲を抑えた。さぁ、今年も色々活動しますよ。目標をあげるなら、下記3つに絞りましょう。㈰身体を鍛えて、色々なところにトレイルランに行く。㈪アドセンスを大成功させる、目指せ月10万円!㈫夏以降はマイベイビーとの時間を大事にする。あっ、他にも仕事のこととか、写真や小説のこともあるのに、まぁこのぐらいにしておきますか。年末に、昔大好きだった尾崎豊さんの「ロザンナ」の動画を見ていて、涙が出そうになった。いつの日も、原点に返ることを忘れないで、自分のスタンスで走っていきたいものです。お正月らしい決意だなぁ!

----

風味楼 台湾料理 豊田市梅坪
2011/01/03 19:48:00

奥さんが水餃子を食べたいと申すので、豊田市梅坪の「風味楼」さんで、台湾料理をいただいてきました。あれ、確か、昨昼に栄ラシックの陳麻婆豆腐で、美味しい中華を食べたばかりなのに・・・。まぁ、妊娠中の奥さんへの気遣いのため、文句も言わず風味楼へ。おぉ、水餃子は大陸風の生地。でも、中身がキャベツではなく、ニラだったのは減点だなぁ。。。炒飯は普通に美味しいですが、日本で調達できる材料を使って無難に作った感じ。台湾ラーメンは辛過ぎなくて良かったよ。全体的に、無難な台湾料理でした。まぁ、値段も安かったのでこれ以上求めるものもありません。

----

BALLAD 名もなき恋のうた 感想
2011/01/05 20:14:00

徹底した時代考察によって作成された戦国時代モノの映画って聞くから、見ちゃいますよ。確かに武士たちの甲冑、砦の木材の組み方、一番乗りしてきた武士の赤い幌やら、大道具さんが相当命をかけて創ったものっていうことは分かった。ああいうのは僕の小説や写真なんかじゃ届かない、本物の作品だよね。物語自体は安易な方法でのタイムスリップ、ランドクルーザーが戦場に出るのはいいけど、本陣まで攻め上がっていくときの情けない惰性、最後に何故か主人公が鉄砲で撃たれたりと、ちょっとアイディアにロマンス力が足りないように見受けられました。あれなら僕の奈良アートボックスや、狂い咲きのほうがアイディアにロマンがあるって、そんなことばっかり考えていた。なんだか自分のアイディアをもっと小説に書き込みたくなる衝動にかられる、貴重な刺激剤になったよ。徹底した時代考察+本物のアイディアが、最高の戦国時代モノ映画だろうな。忍-SHINOBIを超える戦国時代もの映画に、お目にかかりたいものだ。そうそう、新垣結衣さんの美貌ぶりが、一際目立っていました。

----

Eyes On Me Superfly
2011/01/09 11:51:00

これは最近にちょっとないぐらいに感動した曲。Superflyの「Eyes On Me」。だって、志帆さんの歌声の素晴らしさはもう超一流。外見の可愛らしさもあって、You Tubeでライブ画像を見っぱなし。志帆さんは作詞までしていて、内容がまたキレイ。相手が自分のことを好きなのか確認したくなる悪いクセとか、窓際でガラスに映った自分の姿と会話するとか。ありふれた日常を歌っているのに、それが等身大で実に美しい。Superflyの弾けたアップテンポも大好きだけど、この「Eyes On Me」には聴き惚れてしまったよ。歌声の魅力+曲自体の魅力+ヴォーカリストの魅力、3つの魅力が重なった素晴らしい曲。Superflyの「Eyes On Me」、出逢えて良かった。リンドン、リンドン。

----

ナムチャイ タイ料理 豊田店
2011/01/09 13:18:00

豊田市のタイ料理店、ナムチャイさん目立つ目立つ、この外観を見て、ちょっと驚き豊田市内にこんなお店があるとは知りませんでしたよ対応の良い店員さんに辛さを聞きながら、ランチコースをいただく。上の鶏肉とバジルの辛味炒めは、全く辛くしなかったら、まるで普通の中華料理?みたいになりました辛さも丁度良く、美味しいグリーンカレーでした最近アジア料理にはまっている奥さんも満足の味だとかコースはこんな感じ↑お店の中もタイ風グッズ揃い、なんともタイ情緒のあるお店でしたよ、ナムチャイさんナムチャイ タイ料理 豊田店http://www.namuchai.com/

----

梨杏茶樓 中華 名古屋池下 ☆
2011/01/15 13:51:00

名古屋池下の中華・梨杏茶樓さん

ここは名古屋マリオットアソシアホテル直営の中国料理店なんだとか

ナゴヤセントラルガーデンにあるお店、オープン当初は予約で一杯だったけど、ようやく今行く機会に恵まれましたぁ

ランチの飲茶コースをいただくと、前菜はこんなカワイイ色使いで

かぼちゃ入り蒸し饅頭の黄、青韮入り蒸し餃子の青

色々きのこ入り蒸し餃子、帆立貝柱入り蒸し餃子、牛肉入り蒸し団子

どれも美味しい和風飲茶

五目入り春巻&大根餅

海鮮入り中国粥はちょっと量が少ないが、台湾で食べた美味しいお粥の味がしたぁ!

特製もち米蒸し御飯だって、これは新しい味覚でした

デザート盛り合わせ

全体的に、美味しい中華料理でした

中国料理っていうか、現代風・和風にアレンジされた中華料理だと思った

マリオットの格を損なわないお味&品格でしたよ

----

原点に帰れ
2011/01/16 11:31:00

伸び悩んでいる時は、原点に帰れ、という。今年前半の僕の目標は、原点に帰ることにしようと思った。僕の悩みは出向中の仕事が重すぎて、私生活にまで意識が侵食してきていること小説も写真も一定の成果をあげたけど、これ以上どうやったら進めるのかホームページも、アドセンスも同じくこれ以上の成果を探しているだからBack to Zero, 原点に帰ろうじゃないかずっと前の僕が愛したもの、愛した人たちを振り返ってみようきっとそこに僕らしい姿があるはずなんだきっかけは尾崎豊の「ロザーナ」を聞いたこともう15年も前に、命を燃やすぐらいに夢中になっていた尾崎豊の曲でも大人になってから、あまり聞かなくなって、なんだかファンなのかどうか分からないしなんだか聞くこと自体を封印して、自分から避けていたみたいそれはBOOWYや氷室京介、布袋寅泰、吉川晃司たちの曲も同じいいや、振り返れば、昔に愛した推理小説、学生時代の友人、マラソン、マウンテンバイクも皆そうだ僕は自分の過去を憎んでいるのかと考えると、決してそんなことはないのにもう自分が一人前の大人になって、彼らからインプットをもらわなくても、自分からアウトプットを出せる、そのことの自信が、原点に帰ることを忘れさせていたと思うんだ大きくなった自分、そこでもう一度僕を育ててくれたものごとを振り返れば、きっと次の一歩が見つかる、そんな冒険をしてみようと思った決して後ろ向きなチャレンジじゃない、未来の為に過去を振り返るってことで、早速、昔から封印していたものを紐解くことを始めたよ赤川次郎の三毛猫ホームズの推理は、僕が最初に好きになった推理小説当時の僕はこれに大きな衝撃を受けて、推理小説を読み漁ったっけ森村誠一の青春の証明は、やはり名作だよ主人公の生き様に著者が書こうとした凄み、強い意志、一体それはどこから出てくるものだろう自分が思うように生きられなかった戦後の実体験が、この小説の原動力なのかちょっとやそっとではない原動力の強さに、圧倒された三島由紀夫の金閣寺を読んで、物凄く狂気に溢れた作品だって再認識した歪んだ愛、若僧ならではの歪んだ生き方が、もの凄い完成と日本語で書かれている「そのとき、金閣が現れたのである」なんていう登場のシーンは、そのタイミングに脱帽使われる日本語の豊かさ、それから狂った思考回路の数々名作だなぁ、と改めて納得さて、この写真は段戸湖まで走りに行こうとしたら、途中の山道が凍結していたので断念した際、あたりの山里の雪景色がキレイだったので撮ったものです音楽だって、僕の中ではタブーだった尾崎豊の曲を聴きだしたとりあえずは音楽と推理小説をたどって、昔の自分の原点に帰ろうとする旅その旅の末には、何か未来の僕の進むべき道のヒントになるものはあるのかなぁ?

----

クラッグジャケット モンベル
2011/01/16 14:05:00

モンベルのクラッグジャケットを買ったら、ちょうど良く雪の休日が来たちょい寒いはずが、クラッグジャケットは凄いね、本当にこの1枚だけで雪山トレイルランができるほどの保温力何が良いかって、まずは伸縮性抜群なところソフトシェルならではだけど、動いていて全然邪魔にならない生地の柔らかささて、雪山トレイルランと洒落こんだ僕は、猿投山を走っていましたまだ雪の勢いが弱かった最初は、この通り↑、雪道と歩道がきちっと分けられていてキレイでしたしかーし、東の宮まで登ると、辺りはもう一気に雪風ピューピューの状態にでも僕のモンベルのクラッグジャケットは防風性も大したもの、基本的に雪風でも上半身はビクともしません猿投山山頂まで走ると、辺りは無人&吹雪状態クラグジャケットの撥水性は立派だよ、こんな柔らかいソフトシェルなのに、水を撥ねつけてくれるさすがに雪道のトレイルランはあまり経験がないけど、足元をキュッ、キュッ、と踏み鳴らして走るのは面白いそれから道の凸凹が雪で均されて、なんともスムーズに走れるのにはびっくり御船石は雪風を受けて静かに佇んでいました僕の黒装束トレイルラン格好とは対照的な、お白い姿誰ともすれ違わない猿投山なんてなかなかないよしかしこんなに美しい瞬間を逃すなんて、みんなもったいないなぁ音のない世界、目の前に降りかかってくる雪を払いながら、無心で走る汗もなく、飲み物さえ欲しない雪山トレイルランって、なんだか白い空中を飛んでいるようでこれ↑は、写真ファンとして、構図・主役ともに、とてもステキな一枚になりました↑急な階段を上からみたところ雪山だって、ちゃんと装備さえすれば全然寒くないよ鼻水だけは止まらないけどねーモンベルのクラッグジャケットの性能を試す絶好の機会となりました冬は中間着として、春秋はアウターとして着れると紹介されていたが、本当だねトレイルランにも登山に使える逸品、モンベルさん、すてきなモノつくりをありがとう!

----

トレイルラン 海上の森
2011/01/23 13:42:00

1月の寒空ですが、太陽燦燦の日曜日、海上の森へトレイルランに行きました。豊田市に住んで5年なのに、海上の森を訪れるのは初めて。ちょっとした冒険のつもりで、車を走らせる。あいち海上の森センターに車を停めて、ほぼ無人のトレイルを走ること1時間。これが真冬の大正池です、この通り水はチョロチョロなので、春や夏の写真とは全然違う。おぉ、身近な場所にこんな景色があったとはびっくり。あの上高地の大正池を彷彿させるような光景が、6月ぐらいには見られるとか。楽しみが出来たよ、春になったらまたここを訪れて、大正池を見てみようじゃないか。雪の上をサクサク歩いて、冬ならではの大正池底を進みます。いやぁ、ここ一面に水が張っているなんて、そっちのほうがイメージできないよ。猿投山の雪解け水が、ここを潤わせてくれるのでしょうか。先週お披露目したモンベル・クラッグジャケットがあるから、寒さは全然気にならない。同じくモンベルのシャミースキャップと、シャミースマフラーが僕の走りを守ってくれます。次第に気温も上がってきて、こんな道を心地よく走っていれば、目の前を小鳥さんが先導するように飛んでくれた。光栄な時間、自然との一体感がありました。途中、階段を下っていたら、足を滑らせて尻餅をついちゃいました。結構痛かったなぁ、ひょっとして僕の運動神経ももう鈍ってくれるお年頃?って心配になった。いえいえ、まだまだ若く元気な30代半ばなのにね。そうそう、それにしてもマムシ、ハチ、クマ注意の看板が多かった。冬のトレイルランは、汗もかかず水分補給も少なくていいし、マムシたちも冬眠中だし安心。海上の森はトレイルランに適した場所だなぁ。ほどよいアップダウン、道はほどほど整備されていて、距離も長く取れそう。ステキなトレイルランコースに出逢えて、幸せな一日になりました。何度でも走りに着ちゃうよ、海上の森。

----

なな家 ラーメン 豊田市
2011/01/23 18:59:00

豊田市のジャスコ豊田店近く、なな家さんのラーメン。塩ラーメンをいただくと、まぁキレイにまとまった爽やかなお味。僕はつけ麺を選びました、このお店は技術のある店主がいるようで、ラーメンの種類が豊富。腕はいいのだが、なにしろ愛想の無い店主夫婦?の対応は、ちょっといただけないなぁ。その分、バイトの若い女の方が頑張ってくれていました。味は美味しいと思うのに、ソフトサービスの面で失敗しちゃっているのが惜しいよ、なな家さん。いやいや、ラーメンは美味しければそれでいい?!

----

もりもり寿司 イオン新瑞橋
2011/01/29 14:38:00

また来ちゃいました、金沢の美味しい回転寿司、「もりもり寿司 イオン新瑞橋」さん。美味しいお寿司を食べたい、と奥さんが言うから、そんなの思い当たるのは、もりもり寿司さんしかないでしょ。今年の冬は寒ブリが豊漁なのだとか。これ↑で2巻200円台の寒ブリは嬉しいよね。じわーっと脂が乗っていて、肉厚で最高。寒ブリ3パターン↑も贅沢な楽しみ方でした。エビ好きの奥さんは、エビが止まりません。店内はこんな感じ、2時過ぎに入ったから、ゆっくり食べれました。たたき三兄弟ですが、大人の味に思えた。カニは味さまざまだけど、一番奥のカニは、水のように口の中で溶けてしまった。中トロも素晴らしいのよん、脂の乗り方がなんとも言葉になりませーん。詩的も詩的、詩的日記に相応しい体験でしたよ、もりもり寿司 イオン新瑞橋さん。雪の冬道、わざわざ金沢から美味しい寿司ネタを名古屋まで運んでくれてありがとう。

----

ヘッジホッグシャドウ ノースフェイス
2011/01/30 09:35:00

普段使いのシューズ、基本は街を歩いて、それこそアウトドアでも履けるようなシューズを求めていた。最近はノースフェイスに恋しちゃっているから、探してみればありました、ヘッジホッグという素敵なシューズ。ノースフェイスだからアウトドア対応はもちろん、ほらこの通り、見るからに美しくて街でも履ける。履き心地のテストで、海上の森を歩いてみることにしたら、朝からなんと雪。これは二重の幸せで、ヘッジホッグと一緒に歩く喜びに、雪景色の美しさが重なってくれた。ほらこの写真を見てよ、なんて美しい道なのでしょう。ヘッジホッグシャドウの中でも、僕の足もとに来てくれたのは、ヘッジホッグシャドウGTX XCR ボア。BOAシステムって言ってね、靴紐がなくて、踵のボタンをクルクルと回せば、靴紐がわりのラインが閉まって、足元でしっかりフィット。これは便利だよ、履くときに一々靴紐を結ぶ必要がない仕組み。海上の森・瀬戸大正池まで歩くと、一面の雪景色で、初夏に見られる湖面は痕跡もない。雪道を歩いても、ゴアテックのヘッジホッグは水を寄せ付けず、足元がベチャベチャになることはない。心地よいトレイルウォーク、デジタル一眼レフを抱えながら、素敵な雪化粧の森にレンズを向ける。デザインが洗練されているからシティでも履けるし、ノースフェイスだから機能は万全、歩いても疲れにくく丈夫。これはもう手放せないと思った.主には普段使いのシューズなんだけど、そのままトレイルランだってできる構え。ノースフェイスのヘッジホッグシャドウGTX XCR ボア、愛用してます。

----

ポディウムボトル CAMELBAK
2011/02/06 12:01:00

トレイルランニングする時、私はいつもCAMELBAKのボディウムボトルを手に持っている。背中にノースフェイスSHRIKE MIDあたりを背負っても良いのだが、どうしても背中が気になってね。その点ボディウムボトルなら右手だけの問題で済むよ、まぁちょっと右手の振りがおそろかになるけど。冬だってトレイルラニンング、しかも長距離を走りたいなぁ、と思って段戸湖まで行くと完全凍結!今年は雪に恵まれた冬だからね、まぁそんなのも悪くないとばかり、雪道を走りだす。それがもう走るっていうレベルの積雪じゃなくて、こんな道ばかり、結局は雪道を歩く羽目に。せっかくだから一眼レフを持って、雪の世界の美しい部分を切り取ってみて、冬ならではの楽しい時間。きららの森に雪が重なって、緑色と白色、春から秋には見られない世界が広がるでもやっぱり運動したくて、大多賀峠から寧比曽岳までトレイルランですよ。引き続き雪道ですが、ボディウムボトルを持って駆け抜ける雪道って、これも冬トレイルランならではの光景。モンベルクラグジャケットの胸ポケットに、ボディウムボトルはギリギリ入るサイズなのがありがたく、手に持って走る時もあれば、胸ポケットに入れて走る時もあります。寧比曽岳の山頂に着く頃には程よい汗、冷たい風も吹いていない日なので熱い身体が心地よい。やっぱりボディウムボトルは必要でしょ、スイッチを切り替えるだけで飲めたり閉じたりできるし、ウェストが閉まっているから手に持ちやすい。ランとCAMELBAKのボディウムボトルの相性がよくて、これからも手放せそうにないな。走る時はこまめな水分補給が大事、とりわけ気温が高い日にはね。長く走るコツって、ちょいちょい水を摂って体力を回復しておくことだと思う。ハイドレーションでチューって吸い上げるのも乙なモノですが、こうしてボディウムボトルでグイっと飲む水分の方が気分がいいなぁ。

----

アウトドア冒険計画
2011/02/12 12:29:00

今年はアウトドアの冒険をしよう。暖かくなったら行きたい場所は色々とあるが、ちゃんとブログに書いて宣言し、それを実行しちゃおうじゃないか。㈰伊賀から甲賀をトレイルラン、古の忍者になったつもりで。㈪馬籠から妻籠をトレイルラン、古の旅人になったつもりで。㈫大台ケ原の宮川ダムの奥、透明な水を追ってトレイルラン。㈬長野の霧ヶ峰あたりを早朝トレイルラン。㈭紀伊半島の熊野古道を、世界遺産トレイルラン。㈮上高地の槍ヶ岳まで登山。㈯長野の白馬山を登山。今思いつく限りはざっとこんな感じ、どれも今年中に実現させよう。一眼レフは持って行けない冒険もあるだろうが、DSC-TX5の画像でも十分だ。それにしても、ノースフェイスの2011年新作アウトドアグッズの発表が待ち遠しい。34歳にして、自分が19歳だった頃の原点に帰る感じ。19歳の頃、アメリカの世界遺産を歩きまわった経験が僕のアウトドアベースならば、それから15年!も経った今、熟れた実を収穫するように、走り回ってみたい。お陰様で未来の車や直前割引の宿でアフィリエイト成果が出ていて、活動資金もあるし。この冬はひたすらアフィリエイト系や未来工場のアフィリエイト文章を書いて、サイトを充実させたよ、冬の仕込みはばっちりだ。だから暖かくなる春、僕はフィールドに出て、季節を楽しもうじゃないか。

----

参州楼 足助 洋食 ☆
2011/02/19 13:31:00

足助の洋食・参州楼さん。

おひなさまを見に行ったついで、ランチは足助の有名な参州楼さんで。

白身魚の春巻き、自分では到底つくれないプロのお味で納得、というか、感謝。

奥さんはビーフシチューを頼み、お肉が溶けていると喜んでおりました。

写真がキレイなのは、町の写真を撮るため一眼レフを持っていたからです。

野菜の瑞々しさと、相反するのは、ビーフのじっくり具合。

小さな宿場町の洋食屋さんだから、とあまり期待はしていませんでしたが、

良い意味で裏切られました、とても美味しかったです、足助の参州楼さん。

----

足助 おひなさん
2011/02/19 14:28:00

足助のおひなさんを見に行きましたよ。すぐ近所の足助なのに、普段なかなか行く機会なんてない。でも香嵐渓の紅葉以外にもうひとつ、特別な楽しみがあるとか。それが、足助のおひなさま。三河地方をドライブすると、実はおひなさんってよく目にした。日本大正村とか、岩村町とか。較べれば、足助のおひなさんは、町あげての大イベント、モノだって、江戸時代のものだってあるし、見ごたえ十分です。ランチを参州楼という洋食屋さんでいただき、奥様と二人、満足しました。何のお菓子を買おうかとブラブラと歩くのも楽しいものです。最近はお腹がだいぶ大きくなってきた奥さん(妊娠中なのです)を気遣って、あまり旅行には出ず、周囲のジャスコに遊びに行くぐらいだったけど、やっぱり写真旅行って楽しいものです。冬だって土日は走るようになりました。以前は寒いからって逃げていたけど、春に全力で楽しむためには、冬もなまけてはいけない。今年もまた色々なものを見て、僕のアートの肥やしにできればいいなぁ。

----

幸せな結婚式
2011/02/26 12:00:00

久しぶりに結婚式&二次会に参加した。いやぁ、自分の結婚式がもちろん一番幸せだったけど、それに次ぎ、二番目に幸せな結婚式&二次会だったな。僕が年齢を重ねたからでしょうか、それとも結婚式自体が本当によくプロデュースされていたからでしょうか、結婚式も披露宴も二次会も、どれも幸せ&楽しさを感じて、普段飲まないお酒を楽しんで、我ながら明るい笑顔でいたなぁ。僕の一眼レフ技術を駆使して、色々な写真を撮って、プレゼントする。人の幸せに、輪をかけて幸せを増幅させる、写真はそれを叶えてくれた。思い出すのは、自分の結婚式のこと。家族親戚友人と、関係深い人たちが一同に会してくれて、楽しい時間を過ごしたし、多くのカメラマンから写真撮られて芸能人きどり。あの時間が人生で一番嬉しかった、って今でもそう言いきれるもん。人の幸せに、自分の幸せを重ねて、幸せを噛みしめる。いつになく、ちょっとハイになっていた自分にびっくり。そんな幸せな結婚式でした。

----

コカブ フレンチ 名古屋本山 ☆☆
2011/02/27 13:05:00

名古屋大学付近をドライブしていて、ふと目に入ったフレンチ。

それが、コカブフレンチさんとの出逢いでした。

ミネストローネスープ。

ジャガイモスープが美味しかったー。

美濃ヘルシーポーク。

メイン料理も、腕が立つな、ってにじみ出てくるお味。

昔風プリンが、純朴で美味しい。

コカブフレンチさんは、どうやら本物の美味しいレストランだ。

¥1,500ぐらいからこんな美味しいフレンチをいただけるなんて、

名古屋大学の学生さんたちがうらやましいぐらいですよ!

----

政治と政局
2011/03/01 19:36:00

政治の世界は実にうらやましい。政治という仕事をしなくても、政局でウダウダと権力争いをしていれば、それがメディアや世間の目を引き、あたかも政治家たちが頑張って仕事をしているようにも見える。いいえ、政治家の仕事は政局じゃなく、政治・政策だよ。芸能人きどりで政局争いをしている彼らは、本当の仕事を放棄している。もちろん、その裏では政治もしているのだろうが、全然目に見えてこない、というのが僕の一民衆としての見え方だなぁ。日本の国家予算はどうなるの?日本の借金はちゃんと返せるアテがあるのかな?権力争いに工数をかけている企業なんてありえない。営利・成果を追求する企業方針を、政治の世界にも植え付けたほうがいいんじゃないか。そんな不信感の中に日本の政治はあるのだな。毎日を平和に、モノ豊かに暮らすことができる素晴らしい国・日本。安全だって水だって、タダで手に入れることができる世界的にも稀な国。それが国策の成功結果として与えられたものなのか、日本人の真面目な習慣、企業努力によるものなのか、ただの偶然や、環境資源として残されたものなのか、どこに感謝してよいものか分からないのが、この日本という国だな。

----

ノースフェイス 新作
2011/03/01 20:33:00

うーん、待ち切れないっ!ノースフェイス2011年新作を求めて、家に帰ると必ずサイトチェックする毎日。マーティンウイングの新作はいつ販売されるの?勢いでもうシングルトラックのPSカラーは買ってしまったけど、スピードスタージャケットとか、アイアンマスクジャケットの続作が欲しいし、とにかくアドセンス副業で稼いだお金で、2011年トレイルランへの投資がしたい。アパレルの新作を待ちわびるなんて、今までの人生ではなかったことだなぁ。僕に走り続ける活力と、楽しみを与えてくれるのが、ノースフェイスの2011年新作。今欲しいのは、黒と紫をクールに散りばめたトレイルラングッズさ。走る楽しみに、お洒落さを加えて、今年もノースフェイス2011年新作でRUNしよっと。

----

欲張り誕生日
2011/03/03 13:00:00

今日、なんと僕が34歳の誕生日を迎えたのだと!多くの人たちからありがたいバースデーメッセージをもらい、嬉しいことです。34という数字の実感はないものだが、仕事に、家庭に、趣味に、僕の毎日は充実しているのは感じる。思えば、17歳の2倍もの人生を生きているんだね、僕って。あれから17年、それは多くの経験を積んできて、僕の毎日は今、結実しつつある。だけどもっと良い小説を書こう!もっと素敵な場所をRUNして、もっともっと人生を楽しむ時間に費やそう!なんだか欲張りな年頃になってきた気がします。若い頃はやりつくせなかった楽しみを、今になってようやく取り返す。そんな一年になりそうな予感がするんだ。

----

ルバーブ ガレット ☆
2011/03/05 13:29:00

名古屋・杁中のフレンチ・ルバーブさんのガレット。

おぉ、名古屋でも本格的なガレットが食べれるなんて、嬉しいお店があるものです。

奥さんとふたり、喜びながらルバーブさんへ。

ガレットにも地域ごとに違いがあると思うけど、ここルバーブさんのはブルゴーニュ地方のだとか。

そば粉の香りがはっきりと残るガレットです。

グリーンサラダをいただく僕。

そうそう、ガレットにはシードルがぴったり合います。

定番のガレットコンプレットは、チーズが乗ってていいなぁ。

驚いたのは、クレープがとても美味しかったこと。

そうだよね、ガレットに強いお店なんだから、クレープが美味しくないわけがありません。

名古屋でも本格ガレットに出会えるなんて嬉しいよ、ルバーブさん。

そうそう、この日は、ルバーブのスタッフさんがつい数日前までフランスに研修旅行に行っていた後。

うらやましいな、本場へ修行をしながら芸を磨いているなんて。

----

シングルトラック ノースフェイス
2011/03/06 14:37:00

ノースフェイスのトレイルランニングシューズ・シングルトラック。パープル(PS)カラーが2011年新作として発売されていたのに、一目惚れ!女性モノばっかりステキなカラーがあるのが、今のアウトドア。男性もお洒落にしたいのに、良い色使いって少ないんだよね。。。やっと見つけたクールなパープルのシングルトラック、かなりステキです!ということで、海上の森トレイルランニングに出た僕。三角点の上にのって、シングルトラックPSをポーズ。3月上旬、気温12℃ともなれば、絶好のトレイルラン日和です。汗はさほどかかないから水分補給もほどほどに。そして、クモの巣も、マムシもいないから天敵のない山走り。驚いたよ、シングルトラックの履き心地には!足にぴたっとフィット、自由自在に足を踏み出せるって感覚が抜群。今まで履いていたモントレイルのハードロックも良いトレイルランシューズだけど、たった一日、ノースフェイスのシングルトラックを試したら、違いがはっきり分かったなぁ。物見山の山頂前後は絶好のトレイルランコースじゃないか。今日のシューズにぴったり、ところどころに本物の「シングルトラック」があってね。スピード感のあるトレイルランを楽しめます。何が違うって、シングルトラックだと足の横幅がぴたり、とくる。今までのモントレイル・ハードロックが横幅ゆったり目に作られているって、ようやくわかった。違いが分かるトレイルランナーになれてます、ハイ、わたし。跳ねるようにRUNしたけど、シングルトラックの中には砂も入ってきません。しっかし、目立つパープルがキレイですよ、ノースフェイスさん。山里を走っていると、こんな竹の橋があり、ひやひやしながら渡る。もう梅の季節。それから、花粉がすごく、家に帰ったら目がかゆくて、鼻水がひどくて。走れて嬉しいのに、やっかいな春の名物です。僕のトレイルランファッションはブラック&パープル、と今年は決めたんだ。ベースはブラックだけど、シングルトラックと上着はパープルで合わせよう。走る楽しみだけじゃない、お洒落だって楽しむのが僕らしいと思うから。ノースフェイスのシングルトラックPS、これは何足でも欲しいトレイルランシューズだよ。今買ったこれを履きつぶしても、まだ販売してくれるといいなぁ。こんなに高性能で、お洒落度の高いものは、もう二度と出てこないかも?!あまりにステキなので、僕らしく小説「シングルトラック」に仕立ててみました。忍術とシングルトラックを組み合わせた楽しいお話です。

----

チーム運営
2011/03/10 19:37:00

いや、悪い。今の僕は、自分自身がなんとか仕事を進めていくためのレベルアップが最優先。その次に、自分の元会社のレベルアップに力を注がせていただく。だから、チームメンバーへそう労力をかけられるわけじゃない。期待に添えなかったらゴメンね。チームリーダーを冠しているのに、チームメンバーを指導して成長させる意思が、今の僕にはないんだ。だから上司に何を求められても、叶えられないよ。恩人たる上司に対して、口には出せないけど、これが僕の本心だから。まずは、自分自身が独り立ちできることを!次に、元会社がしっかり期待値以上の仕事ができることを!それから、今のチームのレベルアップを願うよ。こんなチームリーダーを持ったことを、チームメンバーに恨まれても仕方ない。いびつな形でチームを率いるポジションに就いたこと、これも運命だと笑い飛ばしてもいいのかな。

----

東北・関東大震災に思うこと
2011/03/11 21:08:00

詩的にはならない、詩的日記。どういう風に言葉にしたためようか、迷いに迷う案件だ。東北・関東大震災という、もの凄い災害が日本に降りかかってきた。多くの人が苦しむ中、僕の住む愛知県ではほぼ何も影響がない。テレビに映される深刻な画像に釘付け、でも自分は変わらず幸せなまま。何よりも、今の僕にできることは何だろうって、これは悩むよ。せいぜい出来る限りの節電と、遠出をしないことでインフラに無用な混乱を加速させないこと。まぁ僕にはこのぐらいしかできないのが、悲しいことだね。幸いにも東北の親戚、関東の家族たちには大きな被害はなかった。しかし昨年訪れたあの福島の美しい田園風景、子供の頃に釣りをした海原、高校生の頃に一人旅した松島・岩手など、あの光景が全壊したなんて、惨状は心に突き刺さる。高校生3年に、阪神淡路大震災が起きた。あの時はボランティアで神戸に行って、幾ばくか、直接の手伝いができたけど、今の会社生活を考えると、僕が直接できることはあまりない。今を精いっぱい生きよう。平和を享受できる今の生活の幸せを噛みしめること。被災地の一刻も早い復旧を祈る、なんて他人行儀な言葉は、迂闊すぎて口にできないよ。こういう惨事に、何か世に明るい兆しを示してあげられる存在になりたいものだな。

----

海上の森 猿投山
2011/03/13 13:10:00

世の中は大震災で苦しんでいるのに、僕はトレイルランを楽しんでいていいのだろうか。そんな葛藤はあれど、僕にできるのは精一杯生きること、だからやはり走り出しました。海上の森〜物見山〜猿投山へ、どうやらルート表示も皆無と聞くコース、ちゃんとたどりつけるかも不明だけど、まぁそれも冒険だと。物見山からは人気のないトレイル、ランには丁度いい感じだね。まぁ迷わないなぁ、と安心して走っていたら、ありました、いくつかの分かれ道。本当に案内表示がないから、勘に任せて道を選んだら、ほら失敗。藪の中を走って、なんとかトレイルに復帰。目印の巨大な電線柱の足元も通り過ぎ、ペースよく走っていたら、いつの間にか猿投山の中腹にいました。物見山から猿投山頂まで、1時間20分ばかり。お気に入りのノースフェイス・シングルトラックが、相変わらず素晴らしいグリップ力。山道をランしていても、足元の安定感は抜群。3月は花粉の季節、ちょっと体裁怪しいけど、サングラスで目を、マフラーで鼻をガードして走れば大丈夫。クラッグジャケットは風を遮ってくれるし、トレイルランのアイテムが僕を守ってくれる。去年からのトレーニングで、本当に僕の身体も強くなった。長くランできるし、登り坂だって気合い入れて駆け上がれる。帰り道はちょうど1時間で、海上の森駐車場まで着いたけど、これもまた途中で道を見失ったから、結局往復ともに正しい道は分からなかったなぁ。ある意味、大冒険になった、往複10kmぐらいの海上の森〜猿投山でした。

----

シャープ プラズマクラスター 空気清浄機
2011/03/18 19:19:00

良い空気はタダじゃないんだと知った。シャープの空気清浄機・プラズマクラスターをかけていたら部屋の中にイオンのバリアが張られた感じ、カビ臭さやダニの匂い、漂っているウイルスや雑菌もこれで退治っ!加湿機能もあるから、冬は肌の潤いも守ってくれるし。プラズマクラスターを回していると、ちょっと冷たい空気が流れてくるから冬は肌寒さを感じる時もあってね、僕は数時間の外出中にかけておくことにしている。目に見えないものは無料だという意識が強い日本人、でもまぁ、空気清浄機でもシャープのプラズマクラスターを使ってみたら固定観念変わるって。いらなくても生きていけるけど、あったら毎日に潤いが、小さな幸せが重なる。こういうモノ創りはいいよね、シャープさん!何かで一線を引いて、そこに結界を作ろうとする気持ち、分かるでしょう?部屋の中の清潔を保つアイテムは幾つかあれど、その重要なひとつはプラズマクラスター。この空気清浄機を定期的に使っていれば、心の安定が得られるような気がするんだ。優しい空気が、シャープのプラズマクラスターから僕の元へ。

----

プレーゴ ラシック ☆☆
2011/03/19 14:50:00

名古屋・栄のラシックの中にあるイタリアン、プレーゴさん。

2006年に訪れて以来、早5年も経つのでしょうか、

再度お味を確かめにお邪魔させていただきました。

この一等地で、ランチ¥1,500なんて無謀なサービス精神。。。

前菜も二人分それぞれ違うメニューが出てくるなど、ニクい技。

ホタテとエビのクリームソースパスタは、今まで数多く食べたパスタのなかでもベストクラス。

マルゲリータもいいですねぇ〜。

現代の洗練系イタリアン、かなりの名店だと思いますよ、プレーゴさん!

----

マーティンウィングプロ
2011/03/20 14:50:00

ノースフェイスのマーティンウィングプロ、2011年版。去年も欲しかった一品だけど、2011年バージョンが出ると聞いてガマン。売り出しと同時に、ノースフェイス@名古屋ファッションワン店で買ってしまう、我が物欲の凄まじさよ。当たり前ながら、翌日は早速、マーティンウィングプロを背負ってトレイルランです。寧比曽岳なら、往復11kmばかり、しかもマイコースの中では一番お気に入りだからね、しっかりテストできると思って。マーティンウィングプロ2011の特徴は、このお腹に巻きつけるサイドポケット。これが、なんとも安定感を加速させてくれています。走っていて、背負った感が全くないのに驚き。背中のハイドレーションも全然気にならず、両手をしっかり振って走れる。Marting Wing PRO 2011の真価ってものは、実際に走ったら体感できたよ。段戸湖から寧比曽岳は、片道5.5km。山の稜線を縦走するような道が多く、なんとも気持ちよいトレイルランコース。花粉がキツイが、寒くも暑くもないトレイルランシーズン。ノースフェイスさんの2011年新作を味わいながら、思い切りRUN。今まではCAMELBAKのボディウムボトルを手に持って走っていた。こうしてマーティンウィングプロで両手自由にしてみると、一層、トレイルランが楽しく。行きは75分、帰りは60分で寧比曽岳までを往復。人気もない道ですから、音楽かけて軽快にトレイルを独り占め。ますますトレイルランにはまる切欠になっちゃうのか、マーティンウィングプロよ。今年はマーティンウィングプロと一緒に、色々なところをRUNしましょう。写真にして、どこまで伝わっているかな。まぁ、興味がある方は是非とも一度、自分の身体に背負ってみて、できれば一度走ってみて。ノースフェイスさん、2011年のマーティンウィングプロも良品廉価で素晴らしいですよ!その技に応えるため、僕も小説「服部半蔵専用マーティンウィング」を書いてみました。

----

勘八牧場 東広瀬
2011/04/03 15:50:00

以前から、勘八牧場という場所があるとは聞いていた。この日は、小説「忍術マーティンウィング」の写真を仕上げ、花粉フワフワだけど良い天気だったので、勘八牧場⇔東広瀬城跡を走ることにした。驚いたよ、勘八牧場は豊田市街からすぐの場所なのに、立派な牧場!もう牛さんはいなく、畑になっているけど、その風情は牧場以外のナニモノでもないのですから。桜並木が満開になったとき、ここはずいぶんと美しい風景になりますよ?来週にでももう一度訪れて見ようかなと思ったぐらいの素敵な場所です、勘八牧場。シングルトラックとお揃いのパープルのウルトラウィック・ジップアップ。ようやくパープルのコーディネートが完成した。これは今年の僕のランニングの制服。広瀬までは往復5km程度、坂ばかりだけど、丁度良いRUNコースですよ。見えるのは力石インター、足助と名古屋方面をつなぐ猿投グリーンロード。ちょっと走っていると、春の息吹に出会い、つい足を止める。もう4月、長かった冬ももう終わりだね。勘八峡はいつも車で通過してばっかりだったけど、勘八牧場も僕のランニングコースになるか?足助までの道を走ってみたくなった。なんだかもう日焼けしそうな感じ、花粉の次は日焼けがRUNの天敵か。力石の一角、学童集合所がお地蔵さんなんて、ステキです。勘八牧場⇔東広瀬城跡はトレイルランコースっていうか、普通の車道でした。

----

豊田市 桜
2011/04/08 07:00:00

豊田市の桜名所を、今年は振り返ってみよう。春の桜を、豊田市内に追って5年目の今年、僕は誰よりも豊田市の桜を知っているようだ。まずはこの水無瀬川沿いの公園、誰も通行人がいない桜ロードをゆっくり楽しめる。水源公園の桜のトンネルが有名だけど、贅沢な桜という意味では水無瀬川は抜群。平日、出勤の前の朝、水無瀬川の桜写真を撮ろうと一眼レフを持ち歩く僕、朝からなんて詩的な時間を楽しめたのでしょうか!会社帰りに寄った、松平郷の桜も良かったし、藤岡の金剛寺も桜名所だった。稲武の瑞龍寺のしだれ桜だって、1週間遅れの桜満開・豊田の名所だよ。ちょっとドライブすれば設楽の福田寺しだれ桜に、八橋のウバヒガン桜もある。愛知県緑化センターのユキナヤギ+桜の道もステキだし、猿投の桃も色鮮やかに、小原の四季桜には独特の趣きがある。そういう意味で、豊田市には桜名所が点在しているよ。今年は新たな豊田市の桜スポットを見つけることができた。この↑↓写真は、勘八牧場の桜写真だけど、ここもまた牧場の風情に溢れた桜名所。豊田市をちょっと離れれば、岡崎城や奥山田のしだれ桜っていう桜スポットもあるし。わたし、京都の桜を追いかけて、何度も旅をしたけど、いやいやどうして、豊田市の桜も悪くない。数ある豊田市の桜名所を、ひとつひとつ訪れてみてくださいな、きっとそこには田舎風(失礼!)の桜の楽しみ方があるから。人混みなく桜をじっくり楽しめるのは、ユニークな桜の愛で方だとさ。

----

岡崎城 桜
2011/04/09 16:11:00

岡崎城が、愛知県の桜名所だと聞いて、久しぶりに訪れてみた。きっと車渋滞が激しいから、愛知環状鉄道に乗って、中岡崎駅から歩く。岡崎八丁味噌や奥殿陣屋が有名だけど、岡崎城は桜の名所。お城と桜がベストマッチなのは知っていたけど、岡崎城はそれだけじゃなく、池から川からお堀から屋台まで、桜に必要なアイテムが皆そろっている。気がついたのは、岡崎城に来る花見客は、若者が多いってこと。派手な格好して、若者がいらしていますよ、この桜パラダイス・岡崎城へ。さすがは神君・徳川家康公の生誕地。絵の撮り所が多くて、ついついシャッターの数も増えちゃうじゃないか。ウワサ通りの愛知県の桜の名所、岡崎城。菜の花の黄色とかぶせてもキレイだし、城の風情もある。ちょっとしたテーマパークのような楽しさ、岡崎城の桜。

----

大和郡山城 桜
2011/04/10 21:50:00

今年も桜の季節は有休を取得!それは日本人たるもの、増してや、日本の美を愛でることに夢中の僕、次の日本の桜を求めて、去年は京都へ、今年は奈良へ。まずは奈良の桜名所、大和郡山城へ行ってみた。戦国武将・筒井順慶の居城として知っていた大和郡山城。お城と桜って、どうしてこうも和風の美を増幅してくれるのでしょう!ここ↑の塀と桜が、大和郡山城最高の桜どころでした。温かな春の陽気、大和郡山市の町並みや、近くのイオンモールを歩いて、すっかり満足。それからちょいと足を伸ばして、帯解寺という安産の神様のお寺へ。もちろん、願うのは我がベイビーの無事な誕生さぁ。これは奥さんも喜んでくれまして。それから奈良市内の日航ホテルにチェックインして、ホテルライフを楽しむ。たまには良いですね、ステキなホテルも。これは直前割引のホテルの写真をバシバシ撮るための投資です。妊娠中の奥さんに配慮し控えめな活動、それでも奈良の桜名所・大和郡山城を楽しめました!

----

奈良公園 桜
2011/04/11 16:22:00

奈良の桜名所を探す旅、2日目。奈良公園の桜を求めて、どこともなく奈良公園を歩く。去年までは京都の桜を求めて旅したけど、より古い姿の桜を求めて、今年は奈良へ。二月堂まで坂を上れば、キレイな桜ショットが撮れたよ。古い建築物と桜って、相性ばっちり。こんな道、桜を愛でながら歩くって、幸せなことね。奈良アートボックスの世界に浸り、僕は満足。この時季の鹿さんは、こんな毛並み。東大寺横の道、奈良の大仏の大きさを噛み締めて。運慶の阿吽像、ISO3200で撮れば、こんなにキレイに映るんだな。それからだいぶドライブして、奈良のはるか郊外、又兵衛桜へ。まだ満開とはいえない又兵衛桜だけど、その存在が圧巻で。それから今回の奈良旅行のラスト、室生寺を周る。伝運慶の十二神将の仏像を見たら、おや、以外。奈良に幾度も旅した僕、この旅行で仏像を見るのはこの室生寺が最初で最後だったから。いよいよ、奈良も全部見尽くしてしまったね、僕。

----

設楽 福田寺のしだれ桜
2011/04/16 16:51:00

愛知県、桜満開のシーズンが終わりそう。水槽に満面に張った水が零れ落ちる寸前、そんな感じがする。明日は吉野山へ行くのに、この期に及んでまた桜が欲しく、愛知県の桜名所ドライブへ。設楽町の福田寺は、古いしだれ桜で有名。↓の巨木のことだよ、お地蔵さんの赤色がアクセントになっているでしょう。桜満開なのに、東京ほど人でごった返すことがなく、写真をゆっくり撮れる。田舎ならではの贅沢な春の桜満喫方法だね。八橋のウバヒガン桜も素敵な古木、両手いっぱいに桜の実を広げて。稲武町の瑞龍寺のしだれ桜もようやく拝むことができました。近くのどんぐりの里で、奥さんが大好きなパンを買って、楽しいドライブ。日本人は本当に桜が好きなんだな、どこにでもある桜の名所。愛知県の桜名所は数あれど、僕はもう大半を制覇してしまったようだよ。

----

吉野山の桜写真
2011/04/17 16:34:00

日本一番の桜名所といえば・・・奈良の吉野山でしょう。今年は是非とも行きたいと計画していたら、奥さんのお姉さん夫婦も同行したい、と。旅は道連れが多い方がいいから、桜満開の季節、吉野山へ桜旅行です。愛知から4時間、この日ばかりは渋滞を覚悟してドライブすると、やはり吉野山付近になってどうにもならない渋滞、すぐに車を諦めて電車に切り替え。この咄嗟の判断が成功して、最短時間で吉野山の中千本まで着いたし、この通り、下千本と中千本が満開、上千本も8分咲き、というベストな吉野山の桜!まさに一目千本、吉野山に咲く千本の桜を、一目で見渡せる季節でしたよ。吉野くず、は初めて食べましたが、どうも僕には合わない食感のようです。奈良のわらび餅も、くず餅も好きなのですが。身重の奥さんの手を引き、中千本から下千本へとゆっくり歩いて観光。これでも吉野山の桜は、危機的な状況にあると聞く。このままでは桜が絶えてしまう、といった状況らしいが、それでも初めて訪れた吉野山の一目千本は見事だったよ。東海から近畿にかけて、いくつのもの桜名所を見てきました。吉野山が最高かなぁ?と思っていたけど、個人的には京都の醍醐寺と平野神社が最高。豊臣秀吉の酔狂が吉野山の桜を育てたというね。戦国武将が桜を愛でる、その心は美しいものだと思う。

----

BOOWY再結成
2011/04/20 22:03:00

僕は夢をみた。BOOWYが再結成している夢を。あの氷室京介と布袋寅泰、僕の青年時代を支えてくれた二人のヒーローたちが、再び同じステージでBEATを刻んでいる夢だよ。2011年3月の東日本大震災、こんな壮絶な自然災害を前にして、何事にもまぁ暗くなりつつある頃、BOOWY再結成の噂をニュースで見た。日頃低血圧な僕でさえ、血が沸騰するほどの衝撃っ!たまらず詩的日記を書き綴ってしまっているほどに。久しぶりに高校の同級生、BOOWYファン友達にメールしてしまったほど。BOOWYが再結成するなら、万難跳ね除けてライブに行きたい。行かなかったら、一生後悔するだろう。ところで、いつでも夢とは儚いもの。BOOWYが再結成しないことだってあるだろう。でも僕は決めたのさ。僕は、僕の小説で、BOOWYを再結成させよう、って。BOOWYへの感謝、憧れ、愛情、そんなものを織り込んで、僕は詩的にBOOWYを再結成させよう。それが今の僕にできる、最高の愛のカタチ。ちょっとまだ物語を書くには時間が必要だけど、僕はこんな夢を見たんだ、夢を見ているんだ。〜P.S. そう空想している間に、COMPLEX再結成が決定!

----

グリグリエ 瀬戸 ビストロ ☆☆
2011/04/23 12:01:00

瀬戸市のビストロ・グリグリエさん。

初めて伺ったら、その新しい建物自体に、まずは相当のこだわりを感じる。

1,500円のランチをオーダーし、グリグリエさんのMagicをお手並み拝見。

前菜の大きさ、手の込んだ料理、お皿自体のステキさに感動モノ。

写真にしても、アートとして目に写るほど、美しいものです。

レアなお肉なんて、日本の文化にはないなぁ、そのフレンチな味が新鮮。

チキンも美味しければ、下のカレー味のライスがたまりません。

量が多く、見た目も楽しく、飽きさせない味のようです。

メインの牛肉を食べた奥さんは絶賛していましたよ、そのオージーな味に?!

ナプキンが可愛らしくてステキで。

プリンも味付けはっきりの美味しさでした。

ちょっとしたお疲れ様会だったから、奥さんが僕の為にこんなのを頼んでくれました。

奥さんありがとう、それと準備してくれたグリグリエさんありがとう!

全般的に美味しいビストロ、瀬戸のグリグリエさん。

ボリュームたっぷり、見栄えがして、食べていて楽しいお料理でしたよ。

----

沈まぬ太陽 感想
2011/04/23 22:07:00

映画「沈まぬ太陽」を見た。山崎豊子さん原作の、日本航空をモデルとしたフィクションね。最近は仕事上で、日本航空さんとお付き合いがあるから見てみたけど。何を感じたかって、サラリーマンの運命の儚さ。沈まぬ太陽の主人公のような異動・仕事をさせられるサラリーマンなんて珍しくないはず。僕はというと、むしろ厳しいぐらい一杯の仕事を与えられるポジションにありついてきたけど、僕だって、いつどこかで、ああいう不遇のアサイメントをさせられてもおかしくはない。まぁ、僕は仕事に興味は示していないから、とにかく自分の芸を極めること、それと家族の幸せを祈る、この2つだけを優先していこうと思った。会社に何も求めない、会社に何を求めない。僕にあるのは僕のやりたいことを、どこまでできるかだよね。映画「沈まぬ太陽」の感想、とても考えさせてくれる物語でした。

----

ウルトラウィック ノースフェイス
2011/04/24 14:35:00

ノースフェイスのウルトラウィック・ジップアップを買った。今までは日焼けがキライだから、ロングスリーブにしていたのに、C3fitパフォーマンスロングスリーブがあるから、ハーフスリーブを選んだ。さすがはノースフェイスのウルトラウィックジップアップ、軽さと吸汗速乾性を備えたワザ。カラーにパープルがあるところが、かなり気に入ってね。シングルトラックとお揃いのパープル&ブラック ノースフェイスがマイスタイルです。最近は桜めぐりに夢中で、RUNをサボり中。勘八牧場を訪れたら、あっという間に新緑の景色に変わっていたことに驚き。葉桜をこんなに美しいと思ったときはなかったよ。ほぼ無人の牧場、小鳥さんたちのさえずりがパラダイス。そこから自慢のシングルトラック&マーティンウィングで、長丁場のトレイルランへ。久しぶりだから、今日はどこまでも走ろうと。勘八峡⇔千鳥寺⇔元山中⇔大島⇔白鷺温泉、往復なんと20km!初めて走る東海自然歩道だから、新鮮で良いね。千鳥寺の霊園に迷い込んだ僕、花咲く季節はどこを走っても楽しい。田園風景の中、山里をRUNすることって、なんて贅沢な楽しみだろう。そこにノースフェイスのトレイルラングッズがいてくれるし、他に望むものもない。ウルトラウィックジップアップの襟元は、陽射しを遮ってくれる。4月後半、もう日焼け止めを塗って走る季節だからね。あちこちに花が咲いているから、足を止めてサイバーショットDSC-TX5を向ける時間が多い!最近のお気に入りトレイルラングッズは、アミノバイタルのゼリー飲料。ほんと、驚くぐらいに素早いエネルギーチャージ。この日は1個しか持って行かなかったけど、10kmに1つあるとご機嫌だな!ゴールの白鷺温泉に着いたのは出発から1時間30分後。しかし、この勘八牧場からのコースは人気がないようで、誰ともすれ違わなかった。春の陽気に誘われて、自然がグングンと勢いを伸ばしている。僕も久しぶりのトレイルランを忘れて、気持ちよく走っていたら、15kmを超えた頃からエネルギーきれ、足も相当疲れちゃった。C3fitサポートロングタイツを使っていても、足のフラつきは治らないほど。ちょっとご機嫌で飛ばし過ぎましたね、音楽聴いて走るとペースが上がる。往復3時間ちょっと、勘八牧場に帰ってきた頃には疲れもピーク。しかし、鮮やかな葉桜の新緑に目が覚める!ノースフェイスのウルトラウィックジップアップでなら、早春から早冬まで走れるな。実はブラックカラーも持っている僕、ウルトラウィックジップアップのファンです。このトレイルランコーディネートは当分、僕の定番になりそうだ。今年は色々なトレイルランコースを、このウルトラウィックジップアップで走りたいなぁ。

----

妊娠7か月目
2011/04/28 18:58:00

ウチの子が至って順調に育っている。まだ性別も分からないし、エコー写真でも想像しているような人の形は見えないけど、奥さんのお腹が順調に大きくなってきている。皮もすっかり固くなり、赤ちゃんを守るモード。眠る前に奥さんのお腹に手をやり、胎動を感じる瞬間は幸せだなぁ。生命を感じる動き方をするんだよ。誕生が待ち遠しいけど、今はゆっくり大きくなって欲しい。もし男の子だったら僕が名前も考えないといけない。これがまだ全くのノーアイディア。あれこれ考える時間も幸せなものです。あと3か月、順調な妊娠ライフが幸せ&楽しみ♪

----

COMPLEX再結成
2011/04/28 22:51:00

COMPLEX再結成と聞いて、嬉しかったなぁ。最近も布袋寅泰さんと吉川晃司さんのGOOD SAVAGEでのギターバトルをYou Tubeで見ていて、到底20年前の映像や音とは思えないほどカッコいいな!と思っていたところだったんだ。トレイルラン中もCOMPLEXの曲聴いているし、錆びつかない楽曲ばかりだから。あの二人が、解けた靴紐を結び直してくれるのか。BOOWY再結成という叶えられなかった夢の代役とは思っていないが、どうも気分的に重なってしまうものはあるね。ライブに行きたいけど、ちょうど子供が生まれる日前後だから諦めました。きっとDVDにはなると思うから、それを心待ちにしているよ。あの頃はまだ布袋も28、吉川が25くらいの年齢だったんだな。僕が同じ年齢で創った小説とかと比較すると、自分の作品が恥ずかしく思えてくる。
脂が乗り切った50歳前後の二人が、どんなプレイを見せてくれるのか、たった一回きりの再結成を、リアルタイムで感じられるのは幸せなことです。夢のある再結成に感謝。1990を、BE MY BABYを、PRETTY DOLLをもう一度聴けるなんて。

----

ノースフェイス トレイルラン
2011/05/01 14:57:00

ノースフェイスと、トレイルラン。この二つのキーワードを重ねることが、僕は大好き。色々なアウトドアギアを試したけど、ノースフェイスのギアは抜群の高性能!アウトドアスポーツ、ってワクワクさせてくれるデザイン・カラーも素敵。ノースフェイスのギアを身に付けていると、僕は本気で冒険に出ているんだ、って思える。高性能+デザイン+冒険心、この3つが僕がノースフェイスを愛してやまない理由。他のブランドと較べてノースフェイスはちょっと割高なんだけどね、お金に換えられない魅力があるから、値段も気にせず買ってしまう僕は、すでにノースフェイスの虜♪平坦な道を走ることよりも、アップダウンがあって、変わっていく自然の景色を楽しめるトレイルランニングが僕のお気に入り。そのトレイルランの分野に、あのノースフェイスが力を入れてくれていて、シングルトラックとか、マーティンウィングとか、素晴らしいギアがある。あっという間に夢中になりました、僕。ノースフェイスのトレイルランギアを買い揃える度、週末のトレイルランが楽しみになって。週末のトレイルランが楽しいから、また次のノースフェイスのギアを買って。ついにはノースフェイスのトレイルランギアを題材に、「忍術シングルトラック」「服部半蔵専用マーティンウィング」「信長インパルスプル」っていう創作小説まで書いてしまったほど、ノースフェイスのファンです、僕って。ノースフェイスとトレイルラン、この2つのキーワードが重なった場所に、僕は美を見つけている。まだまだこの重なりには詩的なもの、美しいものがあると思うから、ノースフェイスのギアを買う旅、トレイルランに出る旅、どちらも楽しませてもらうよ。

----

熊野古道 中辺路
2011/05/02 15:20:00

毎回、長期連休には冒険をする私です。ずっと行きたかった熊野古道・中辺路へ行くことにしたよ。今回ばかりは、妊娠中の奥さんは家で良い子にお留守番。愛知から5時間かけて熊野本宮大社の駐車場に到着、そのままオヤスミ。翌朝は6時のバスで牛馬童子像まで行って、熊野本宮大社まで25kmのウォーク。一眼レフで撮りたかったので、トレイルランはしませんでした。一言で語れば、この熊野古道・中辺路には、本当に古からの道が残っている。上の石畳が代表的なものだけど、美しい林が続き、見所が点在する。中辺路を代表するのが、この牛馬童子像。早朝の光を浴びて、この近辺の林も、それから牛馬童子像もキラキラ☆していました。長丁場のトレイルウォークなので、モンベルのアルペンポール・アンチショックを両手に。あまり高低差はないはずなのに、やっぱり急な上り下りがあってね、距離も長いので、しんどい。お陰で25kmも問題なく歩き切れたよ。行きのバスで話しかけてきた二人が、「滝尻から熊野本宮大社までの40kmもトレイルランできるよ」と、挑戦的なことをおっしゃっていた。ハーフマラソン以上走ったことがない僕には刺激的な言葉だったけど、なんだか熊野古道を歩いていて、いっそ本当に40kmの長距離トレイルランがしたくなった。これは今まで見た学校の中で、一番美しい校庭を持つ学校でした。思わず惚れ惚れ、これって、熊野古道の美しさ?(ドーピングに良く似た)スポーツ用ゼリー・アミノバイタルを幾つも飲んで、なんとか歩き切る。朝7時半に牛馬童子像口バス停出発、15時に熊野本宮大社へ到着。25km、8時間30分の熊野古道・中辺路の旅でした。美しい場面に幾つも出会えて、無心で一日歩けたから、すっきりした。あと半年の厳しい出向会社生活も、なんだか乗り切れるパワーをもらえました。昔から熊野本宮大社に参拝した後の定番、だという湯の峰温泉というところへ行き、長旅の疲れを癒すべく、風情ある温泉に浸かってリラックス。今日は歩いた、歩いた。でも、昔の人のように一日30〜40kmを歩くことは、僕にもできるんじゃないか?朝のバスで言われた40kmのトレイルランを走りきることを、僕の今年のトレイルランの最終目標にしたら頑張れるんじゃないかな。そんなことばかり考えて、温泉に入った後、明日の目的地・丸山千枚田へ向かう。明日も懲りなく、熊野古道でも伊勢路と言われている松本峠や馬越峠を歩きます。僕の長期連休の冒険は、まだ続くのです。

----

インパルスプル
2011/05/03 08:15:00

ノースフェイスのインパルスプルが、すっかり気に入っている。トレイルランに出るとき、わずか70kgのインパルスプルって、軽量の極み、理想的な薄手ジャケットなんだよね。このディープパープル(DP)のカラーもすっかり気に入ってしまった。熊野古道・中辺路の早朝は寒かったから、インパルスプルを羽織って移動。いざ歩き出し、陽も上がってくると、僕はインパルスプルを小さく丸めて荷物の中にしまう。風のある場所で休憩するときは、インパルスプルを取り出して風を防ぐ。(丸めるとこんなに小さくなるインパルスプル)いいかな、インパルスプルって、羽織ってもまるで重さを感じないよ。そのくせ防風性・撥水性があって、デザインもシンプルでクールだ。価格だって、ノースフェイスってどうしても高めの設定が多いけど、このインパルスプルは1万円を切る設定にしてくれている。僕の中であまりに定番になりそうな一着だったから、「信長インパルスプル」という物語にもしてみました。今まで知ってるノースフェイスの作品の中でも、抜群にステキです。トレイルラン、登山、それから旅行にも持ち出したいウインドブレイカー。生地が薄いから、なんだか色によっては中が透けて見えるけど、紫のインパルスプルなら、透けることもありません。ノースフェイスのインパルスプル、僕の大事なお友達。

----

熊野古道 松本峠
2011/05/03 18:10:00

熊野古道を冒険する旅、2日目。前夜から丸山千枚田の展望台に泊まり込んでいた僕、早朝4時半からゴソゴソ動き出し、朝もやに霞む丸山千枚田の写真を撮る。三脚を取り出し、周りのカメラマンさんたちと競うようにレンズを向ける僕はちょっとしたカメラマン気どりさぁ。それから熊野古道・伊勢路の名所を回るべく、最初は松本峠へ。この日は創作小説「信長インパルスプル」の写真を撮る舞台を探す目的もあったけど、松本峠は文句なしの石畳階段が残っていて、満足度の高い写真が創れた。それから馬越峠へも行ってみたけど、石畳は残っているものの、人が多過ぎてインパルスプルの写真は撮れない。でもまぁ、松本峠という素敵な場所に巡り合えたから、目的は達せたよ。紀北町の古里という場所の、きいながしま古里温泉に入ってリラックス。温泉上がりのポカポカに春風が心地よく、思わず近くの日陰にアウトドアチェアーを出して、創作小説「信長インパルスプル」を完成させた。それから5時間かけて家に帰ったけど、さすがはGW連休、25kmの渋滞でグッタリ。熊野古道は案外近く、そして素敵な場所がいくつもありました。これから僕の行動範囲の一つにさせてもらうよ、次は中辺路40kmを一気にトレイルランするぞ!

----

石窯ピッツァ ムーン 多治見
2011/05/04 14:22:00

石窯ピッツァ・ムーンmoonさん。多治見市の市之倉さかづき美術館敷地内にあるイタリアン。お洒落な美術館敷地内の一角、外観からいってもう、美味しそう。瀬戸ものの器を楽しみながら、前菜をいただく。石窯ピッツァというだけあって、美味しいピッツァ。ほどよい薄焼き具合で、食べやすく。なんというか、小洒落た感じが出ているお料理です。美術館っていう場所にぴったり?!お店のサービスも頑張っていました。食べ終わったら、美術館をプラプラ。陶器を見て、お気に入りになりそうなものを探して。最後はイタリアンもピッツァも、陶器も関係ありませんが、あまりにキュートな車並びだったので、写真にしちゃった。

----

アルパインポール アンチショック
2011/05/05 12:42:00

モンベルのアルパインポール・アンチショック。ありがたい存在だよ、長距離トレイルラン・トレイルウォークで僕の足腰の疲れを半減させてくれる。25kmぐらい歩いたり走ったりすれば、最後の頃はもう膝の疲れはかなりのもの。それがアルパインポール・アンチショックを使うと、疲れが50%カットできると僕は感じたんだから!ポールにも色々あるけど、僕が重要と思っているのは膝への負担をいかに軽減させるか。最軽量ではないにせよ、アルパインポール・アンチショックは275g/1本の軽量もできているし、なによりポール自体の独自の構造で、ショックを吸収してくれるんだから。僕はこのアルパインポール・アンチショックを片手づつに持って、熊野古道・中辺路25kmを完歩したよ、東海自然歩道で25kmのトレイルランも完走したよ。びよ〜ん、と手ごたえのあるアンチショック具合が、このポールの魅力。アルパインポール・アンチショックは僕の走行距離を2倍にしてくれる。だって、疲れを半減させてくれるのだから、倍の距離を走れる。それって僕が人生でトレイルランを楽しむ時間を2倍にしてくれる、ということか。僕の3本目・4本目の足が、モンベルのアルパインポール・アンチショック。モンベルだから1本の価格も5,300円と廉価だし、とてもリーズナブルな買い物です。

----

白岩の里⇔定光寺 トレイルラン
2011/05/05 15:54:00

白岩の里から定光寺までの往復25kmばかりをトレイルランしちゃいます。GW連休に熊野古道・中辺路で25kmを歩いてきたけど、なんだか走り足りなくて。ただし、こんな長距離を走ったことがないから、秘密兵器としてモンベルのアルパインポール・アンチショックを帯同。シングルトラックにマーティンウィング、僕の知り得る範囲のトレイルラングッズの最高峰を集結して、この世紀の戦いに挑む。白岩の里と定光寺の間はずっと平坦なトレイルばかりだ。ちょっとばかりの峠はあるが、走っても踏破できるレベルのもの、トレイルランをするにしたら、絶好のコースなんです。ただし、小さな羽虫がイヤってほどまとわりついてくるのが問題。歩いていても振り払えないぐらい、走れば気にはならないけど。マーティンウィングプロのアミノバイタルやらオニギリやらを目いっぱい詰めて走って、エネルギー補給しながら片道12.8kmを走る走る。アルパインポール・アンチショックのお陰だけど、足に少しの疲れを残しただけで2時間後には定光寺に着いていました。定光寺の境内で休んだ後、帰りの道も2時間少しで順調に走り切ることができました。途中、リスの姿を見かけて、かわいー♪と思った。しかし、このコースは小さな羽虫がイヤだから、冬の季節しか走れないと思うよ。この日は人生最長の25kmのトレイルランをしたけど、足にも身体にも疲労はさほど残っていなかった。それもこれも、アルパインポール・アンチショックや、他のノースフェイス製品のお陰。仲間たちに守られて、楽しいトレイルランができて、僕は幸せ者だなぁ。自信がついたから、近いうちに熊野古道・中辺路の40kmをトレイルランしたい。我ながら、新しい世界へようこそ。

----

なつ井 そば 豊田市 ☆
2011/05/05 19:49:00

豊田市の上品系蕎麦屋さん、「なつ井」さん。

ここは透き通った蕎麦が美味しいお店なんです。

お店の外観、内装までなんとも高級感があり、実際にお品書きを見ると高めの設定。

その分美味しいのは折り紙つきですが、量が少ないのはちょっと困る。。。

お金があって、量も少々でよく、品のあるお店で蕎麦を味わい方向け。

豊田市で数少ない、「本物」のお店だと思います。

天ぷらだって素人には到底できない揚げ方。

上品で美味しいお蕎麦屋さん、それが蕎麦処「なつ井」さん。

----

安部なつみ Toshi 微風
2011/05/08 14:46:00

最初から衝撃的だったよ、安部なつみとToshiが一緒に歌っている。全然違う分野に思えたの二人、まさかの共演、ただのインパクト狙いか?と疑って曲を聴いていたら、その内容の美しさに魂を飛ばしてしまった。Toshiが高音ボイスでコーラスしているパートの美しさ。安部なつみもすっかり歌が上手になっていて、艶があります。こんなに素敵な共演もないよね、ってレベルの曲。曲は安部なつみの「微風」、これも名曲だと思うが、もはや曲の出来は問題ではない。歌手として魅力的な安部なつみ。X JAPANで輝いて、宗教問題で光を失い、そして復活したToshi。まさかの共演、それが美しい結果になっていることに、心から驚き、そして感動した。人生どこに人気のピークがあろうとも、美しいものを創り上げるのにピークなんてない。大きな勇気を貰えた一曲、安部なつみとToshiの微風でした。

----

吉川晃司 Can't stop the silence
2011/05/08 14:51:00

Complex再結成の嬉しい知らせを受けてから、ますますComplexの曲を聴く機会が増えた。19901108の、1990で吉川晃司が歌い終わってフェイドアウトしていくラストシーンも、GOOD SAVAGEの布袋寅泰・吉川晃司ギターバトルもカッコいいけど、心に響く一曲が、吉川晃司がソロで歌っているCan't stop the silence。元々この曲は、吉川晃司の声帯に合うメロディで、とても渋い。出だしの「凍りつく〜」を吉川晃司の低音ボイスで歌われた日には、もうやられたーって感じ。24歳の吉川晃司が、布袋寅泰のギターやコーラスで歌っていた時も良かったけど、40歳を越えてアコースティックで歌ったCan't stop the silenceは最高の詩的。昔の自分の作品を、年を超えて、別の角度で魅力たっぷりに歌い上げる。カッコいいよ、ステキだよ、渋いよ、Coolだよ、あらゆる言葉で愛でてあげたい一曲。吉川晃司のCan't stop the silence、ううむ、このクラスの詩的楽曲には滅多に出会えない。

----

すみれ ららぽーと磐田 ラーメン ☆☆
2011/05/09 13:19:00

ららぽーと磐田に入っている、札幌味噌ラーメンの「すみれ」さん。

美味しいなぁ、抜群に美味しいなぁ!

「すみれ」のスープを飲んだら、最近も色々とラーメン屋を回っている僕も驚きの美味しさ。

札幌独特の黄色麺も美味しく、まさに札幌ラーメン全開です。

この日は、ららぽーと磐田に遊びに来て、フードコートに「すみれ」を見つけちゃった。

1杯900円は高いなーって思っていたけど、味が満足なので、ちっとも高くありませんね。

----

牛角 天白原店 焼肉
2011/05/14 17:10:00

たまに肉を食べないと、心の中の狼が牙を失う。ということで、牛角・天白原店で焼肉を。元気の良い店員さんに励まされ、美味しい焼肉、焼肉♪別に割引クーポンも何もないけど、Tポイントもたまるし、何より元々安いよ。すごーい教育された店員さん、若い子たちが頑張る姿を見ると、なんだかますます美味しく焼ける焼肉。ほどほどにお腹を満たし、奥さんに肉も食べさせて身体つくり。おぉ、肉を食べたら、身体中から溢れる精気、これは焼肉パワーだなぁ。定期的に訪れて、美味しい焼肉をいただきたいものです、牛角 天白原店さん。

----

平勝寺⇔寧比曽岳 トレイルラン
2011/05/15 15:23:00

山里をトレイルランすることは楽しい。新しいコースを求めて、東海自然歩道のどこをRUNしようかなーと探していて、平勝寺と寧比曽岳、片道11.2kmに目を付けた。寧比曽岳には何度も行っているよ、段戸湖からも、大多賀峠からも。足助方面から登るのは初めて、しかも片道11.2kmとは本格的に鍛え中の僕には丁度良い距離。スタートの平勝寺は、山里の小さなお寺だけど、空海が開いたとされ、重要文化財の仏像もあるお寺。走り出した直後は田園風景が美しく、でもすぐに山道に入る。そこからが長かったよ、随分と整備されたトレイルロード、この上なく走りやすいけど、誰ともすれ違わない道が永遠と続く。このコースもまた、道の風情がひんぱんに変わっていくから、RUNしていて楽しい。金蔵連峠を越える頃から、いよいよ標高1,000mらしい山の表情を見せ始める。長距離だからモンベルのアルパインポール・アンチショックを持って走る。いつか熊野古道・中辺路40kmを走破する目標があるから、その準備にね。先週に定光寺〜白岩の里25kmを走ったばかりなのに、続けて22kmを走ろうとする僕はちょっとやり過ぎかなぁ。20kmを越えるトレイルラン、しかも標高差もある道だから、アルパインポール・アンチショックで疲労を軽減していかないと辛い。金蔵連峠までが1時間、寧比曽岳まではさらに1時間30分。寧比曽岳の頂上で休んでいると、僕の格好を見た若いご夫婦が興味津々そうに色々聞いてくる。「アルパインポール・アンチショックがあると疲れが半減するからお勧めですよ」と伝えてみました。距離11.2km、2時間半、標高差500mをトレイルランしても、僕の体は結構元気。これはいけるぞ、と実感しながら帰りも同じ道を引き返す。ずっと下りだから余裕だろう、と思いきや、途中から疲労蓄積が見え隠れしてペースダウン。下りは、金蔵連峠までが45分、平勝寺までが60分、最後は結構疲れ気味。それでもSalyuのbe thereっていう曲の美しさに励まされながら、なんとか22.4kmを走り切る。三河の東海自然歩道を、ノースフェイスのシングルトラックでトレイルランする旅はまた続く。真夏になるとマムシやら暑さやら天敵が出現してくるけど、負けずに挑戦したいな。平勝寺と寧比曽岳の往復コースは、歩くと半日がかり、途中にお店もない。ストイックな人でなければ、段戸湖から寧比曽岳への美しいコースがお勧めです。

----

そば工房すもも 豊田市 ☆
2011/05/15 18:32:00

豊田市美里地区にある信州そば屋さん、「そば工房すもも」さん。

注文したのはもちろんざる蕎麦、奥さんが天ぷら好きなので、天ぷら+ざる蕎麦で。

美味しいです、信州の北の方で修行されたのだな、って分かる味だと思いました。

不揃いの太さ細さが、(悪い意味で言っているのではなくて)手作りって感じさせてくれた。

温かいたぬきそばもいただきましたが、こちらもそば・つゆ共に美味しい。

普通の店構えなので、油断していましたが、美味しいおそば屋さんでしたよ、そば工房すももさん!

----

猿投山 トレイルラン
2011/05/21 13:05:00

猿投山でトレイルラン。僕の週末RUNの定番コースですが、改めて一周してみると、やはり名コースだと分かった。猿投山の登山者駐車場は、今日も朝からいっぱい。歩く人・走る人、老若男女、みんな猿投山が心地よいんでしょう。走り出せば、深い木々が暑い日差しを遮ってくれるし、水の流れと緑が気温を下げてくれている。歩きやすく、走りやすい、それが猿投山だと思っているよ。上は、復元された水車。駐車場から東の宮までの登り道は、決して楽ではないよ。走るにはタフすぎるし、歩いていてもゼイゼイします。600m級の低山とあなどるとダメみたいです、猿投山。東の宮まで着けば、ほとんど高さのピークには来ている。ここから山頂までがトレイルランを楽しめる場、一息ついて、本気で走る準備。RUNの途中に、鳥さん誘致の木箱を見つけて、立ち止まる僕。これはいけませんね!元々、カエル岩という名前だったんだけど、誰か悪いヤツが目と鼻を落書き。山頂までの道に、猿投山トレイルランの醍醐味が詰まっているから、疲れていても止まりません!1時間もしないぐらいで猿投山山頂へ。ここから下れば雲興寺、ちょっと距離があるけど、そのコースも幾度も走ったな。瀬戸・海上の森へと抜けるコースもあり、何度も楽しめます。山頂から東の宮まで戻り、そこから西の宮までの自然観察路へと道を外れる。あなたも猿投山をトレイルランするなら覚えておいて!この自然観察路が、猿投山でベストなトレイルランコースです。凹凸が少なく、足元は柔らかい葉っぱの積み重ね、RUNしててこんな気持ちいい道はない。メインロードを外れているから、行きかう人も少なく、遠慮なくRUNできる道ね。御船石の上に座って、景色を眺めながら呼吸を整える。西の宮は、いつ来ても人気がなく、いやぁ、こっちの道の方が美は多いのに。見上げれば、巨木たちが頭を揺らしているよ。僕はこの涼しい森で、2008年の真夏に小説「奈良アートボックス」を書き上げた。そんな思い出の場所を走る。山中のトレイルは終わり、あとは車道を走るけど、ほとんど車は行きかわない。相変わらず深い森が厳しい日差しを防いでくれるから、気持ちいい走りができる。猿投山の清涼な水の流れ、数ある滝も楽しめるのが猿投山だから。走っていて、退屈しなくて良いなぁ。苔が多い道を一息に駆け上がる、贅沢な気がして、密かに笑ってしまったり。サワガニだっています、ヘビだって見かけたよ、猿投山。噂ではクマも?!これは菊石という、猿投山の名物。ちょっと見てとれる通り、非常に珍しい模様になった、貴重な石なんです。寄り道しっぱなしですが、ノースフェイスのシングルトラックを履いた僕は走ります。マーティンウィングプロをまとえば、両手を自由、思う存分に走れる。東の宮を外れてからは会わなかったけど、猿投山にはトレイルランニングを楽しんでいる人が多い。きっと、トヨタ系企業の駅伝ランナーさんたちなんでしょうけど。みんなマジメに早いんだ、猿投山の登り道を駆け上がっている。だいぶ下ってくると、初夏の緑がいよいよ眩しく。広沢天神、シークレットな雰囲気バリバリ。古来より日本では、こうしたありのままの自然を信仰していたんだなぁ、と感じさせる場所。山を下り、民家を通り、猿投神社へと走る途中、見かけた薬師如来の出来が素晴らしかった。左の解説に書いてあったけど、名のある像なのだとか。スタートから2時間半、10kmぐらい走り、猿投神社へ到着。この日は5月後半にして、30℃もある暑い日。随分と汗をかいたなぁ、疲れも全身にいきわたり、心地よい感じで猿投神社を歩く。トレイルランをするなら、猿投山はおすすめ。程よくきつく、景色は飽きず、道は整備され、直射日光は少ない。あなたもどーぞ、この楽しみを経験されてみてください。僕のトレイルランの定番コース、猿投山。

----

つちや 蕎麦 豊田市 ☆
2011/05/21 13:26:00

豊田市の手打ち蕎麦「つちや」さん。

お昼に行ったら、順番待ちができるほどの人気店。

それはつまり美味しいからですよ、美味しいから。

つちやさんの信州そばは、のどごしがとても良いです。

量も多く、わさびが美味しい。

個人的に、豊田市でナンバー1のお気に入りおそばやさんです!

奥さんも頼んだ天ぷらが美味しい、と満足気でした。

美味しく、安価で、量も多い、なんとバランスの取れたおそばなのでしょうか。

お薦めします、つちやさん。

----

KISAKU 中津川 ☆
2011/05/28 13:46:00

中津川の洋食亭・KISAKUさん。

栗の町で何を食べようか迷ったけど、ホームページがステキなKISAKUさんを。

中津川駅から車で5分もかからず、いかにも洋食亭、という造りのお店。

ちこりのある前菜、カメラがブレブレですごく後悔。

驚いたのは、ピッツァの生地の出来具合が素晴らしいこと!

薪釜で焼いたピッツァの歯ごたえ最高!

でも味つけ・トッピングが純朴すぎるのは、洋食亭の道を進んでいるから?

パスタも美味しいのに、洗練されていない道を進むから、もったいない気がする。

全般的に、中津川の雰囲気のまま、ナチュラルに美味しい。

洋食って、こんな感じだよね、そこでは洗練されたものを求めることは筋違い。

いいや、素材といい、味付けといい、洋食亭としては十分楽しませていただきました。

----

満天星一休 森の水鏡 ☆☆
2011/05/28 15:39:00

中津川・満天星一休さんの「森の水鏡」。

「まんてんぼし」ではなく、「どうだん」と読みます。

栗の入った和菓子としては、本当に最高傑作だと思っているんだ。

大体、見かけから美しいよね。

瑞々しい水の膜に包まれて、栗という月が宇宙に舞っている。

お菓子もキレイなら、この苗木店の佇まいもキレイ。

友達に紹介されて知った森の水鏡、今じゃウチの奥さんのお気に入りに。

色々買って食べてみましたよ、どれも美味しい中津川の銘菓です。

中津川に栗の美味しいものは数あれど、

満天星一休さんの「森の水鏡」が最高峰だと、僕は知っているよ。

----

任期 残り半年
2011/05/31 22:23:00

出向の任期も、残りあと半年となりました。1年目は、ただ夢中で目の前の仕事を片付けた。2年目は、何故か仕事を任されるようになって、期待に応えようと頑張った。3年目は、周りに目が届くようになったから、正直、仕事環境もアラとか、人の判断の過ちに目がつくようになってきた。だから困ったことに、文句を言いたくなる心が出てきたんだよ。でもね、僕は構わず自分の芸を極めることに集中しよう。自分が仕事をできること、それから自分の本来の居場所がちゃんと仕事をすること。今の職場の後輩を育成しようだとか、自分が楽をしたいとか、には興味はない。やり残しているのは、自分なりにワガママに仕事を進めることだ。あと幾つかやり遂げないといけない仕事があるから、その仕事に対しては、自分らしい道をドーン、と遠慮なく進んで、自分のやりたいように、仕事を完結させたいものだ。文句言いたくなる心を抑えて、そうだ、自分のやりたいことをしよう。

----

民主党 政局争い
2011/06/02 22:26:00

どんな言葉で罵ったら、民主党は政局争いを止めてくれるかな?菅総理も鳩山前総理も、結局相当のグダグダ振りだったから、民主党自体に政権を担う力がないと断言できる。今更別人を総理に立てても、本当の問題解決にはならないじゃないか。それなのに、あたかも菅総理個人を追求すれば、事態が改善できるかのように、民主党の政局争いが続いているなぁ。大震災対応はもちろん、超円高は続き、関税廃止の外交は進まず、規模が小さいけど民衆の興味度が高い高速無料化とか、脱原子力発電のことに力を注ぐ。いやいや、本当に解決しなくちゃいけないこと、もっともっと大きなことをやってよ。日本企業がグローバル経済の中で生き残り続けられる環境の整備。借金まみれの日本の国家予算の根本的解決。急務なのは大震災からの復興。どうしてそんな基本的な問題に目を向けずに、くだらない民主党内の政局争いに走れるのか。まるで美意識・当事者意識が欠如しているのだな。政局争いの度に、「こんなのなら、俺が政治家になったほうがマシ」と思うのは、きっと僕だけじゃないですよね?どうして政治ってこうなっちゃうんだろう。。。

----

シェルラン 多治見 フレンチ ☆☆
2011/06/04 13:02:00

多治見市のフレンチ、シェルランさん。

うぅむ、良いレベルのフランス料理屋さんだなぁ。

落ち着きのある店内で、ランチコースをいただく。

カツオ+ばってんナス。

アスパラソバージュが瑞々しく、ソラマメのムースが大好き。

パンは柔らかく、手作りの素朴感が出ていてステキ。

タケノコのペペロンチーノ、油っぽい感じはなく、素材を引き立てる味付けね。

生ウニのトマトクリームソースもレベル高い。

ミルクの葛きりが良い口ざわり、美味しいデザートでした。

全般的に安価で質が高く、文句なく美味しいランチでしたよ、シェルランさん!

----

康拉家 豊田市 ラーメン
2011/06/04 21:20:00

豊田市で「挙母らうめん」を名乗っていらっしゃる、康拉家さん。味噌ラーメンが美味しいと伺い、迷わず注文。しかし、地産地消、素材をみんな地元で集めているのに感心。札幌味噌ラーメンをイメージしていたけど、いいや、これは別物だ。新しい豊田市名物ラーメンにトライしようという心意気を感じた。チャッチャ醤油は、これもなんとも例えようがない新しい味。味噌かと思いきや、醤油であり、チャッチャっていう意味は不明だけど。野菜が多く美味しく、なんだか未知の味でしたよ、康拉家さん。康拉家 挙母らうめん

----

馬籠 妻籠 トレイルラン
2011/06/05 13:53:00

今年のトレイルラン冒険の目標のひとつ、馬籠⇔妻籠間の往復15.4kmをRUNしました。中山道を走るなんて、最高の贅沢だと思ってね。予想というか、期待していた通り、旧中山道の石畳情緒が残っているトレイルです。石畳が下って、曲がって、そして折り返して。美しい道なのですが、走るには足首を痛めそうで、気を使いますね、石畳さん。しかし、この馬籠⇔妻籠間は外国人に人気がある道だ。白人の姿を沢山見たよ、まぁ、僕も外国人と同じ興味関心を抱いてここを走っているけど。男滝には驚いたなぁ、その水量、流れる角度、美しい滝でした。女滝の上部分、新緑との重なり具合が美しくて。この馬籠⇔妻籠では、日本がいかに水に恵まれた国なのかを痛感した。世界で行われている水戦争とは無縁なのが日本、こんなキレイな水場があちこちに。中山道の旅人を気取って、でも現代のトレイルランを楽しむ休日、いいですねぇ。妻籠の手前、大妻籠という集落がまた特別。昔へとタイムスリップした感覚に襲われながら走ることの、また贅沢なこと。民宿の浴衣なのでしょうが、ぱっと見てアートかと思ったじゃないか。昔の駕籠ですね、思わず走る足を止めてカメラを向ける。1時間15分で妻籠へ到着、まぁ、馬籠から下り道だから、楽しいRUNでしたよ。妻籠は控えめで、落ち着いて、時間がさらにゆっくりな感じがする場所です。この日の妻籠ではマラソンイベントがあった。いいね、この町並みを走るなんて最高に気持ち良いでしょう。梅雨の季節、水量・水質豊かな中山道、あじさいも咲いていました。今日のRUNがデビューとなった、ノースフェイスのプロランナーズハットも良かった。黒+紫のノースフェイスファッションで、今年はあちこち走ります。15kmぐらいのランなら、もう僕の身体は慣れているようで、だいぶスムーズ。いつ40kmの中辺路を走りきるか、タイミングを伺っている。この日は気温も20℃ぐらいの曇りの日、消耗も少なく、梅雨の合間の最高の一日。冬は厚い雪に閉ざされる雪国でしょう、県宝・藤原家は薪がたっぷり、あと屋根に置いている石。往復3時間半ぐらい、馬籠⇔妻籠の中山道を堪能できて、楽しいRUNとなりました。しかーし、景色がステキすぎて、こんなに写真の多いトレイルラン日記になっちゃった。。。

----

プロランナーズハット
2011/06/12 14:10:00

プロランナーズハット、そいつはノースフェイスのトレイルラン専用ハット。大体、名前にプロランナーっていうフレーズが入っているだけで、買いたくなるじゃないか。2011年のノースフェイス新商品、あの鏑木 毅さんと共同開発したトレイルラングッズだという。ついにトレイルランは、専用のハットまで出しましたか!どんどんメジャースポーツになっていくトレイルランに期待です。梅雨の合間、段戸湖一帯は小鳥のさえずりに溢れている。曇りの涼しい朝、瑞々しい森を走り抜けるのは全身ノースフェイスの僕。僕はいつも変わらないなぁ、走って、写真撮って、仕事のウサを忘れて、物語のヒントを求めて。そんな週末、この日も10km以上走ることで一日を目一杯生きる。顔にクモの巣がかかるイヤーな感じを振り払いつつ、野鳥さんの声を求めて走ります。プロランナーズハットには、アゴ紐はないけど、走っていてちゃんとフィットしてくれる。それから、つばの前衛部分に芯が入っているから、ブレることはないなぁ。段戸湖から寧比曽岳まで、お気に入りの10kmトレイルランコースを走ることにしました。この日は太陽燦燦ではなかったけど、プロランナーズハットのつばが、僕を日差しから守ってくれる。どこまで走っても、いつでも鳥の声が聞こえるのが、段戸湖近辺の魅力。風通しも良いプロランナーズハット、軽くてご機嫌。尾根沿いに走れるなんて、このコース最大の魅力です。ノースフェイスのプロランナーズハット、春から秋まで、ずっと僕のトレイルランの友達ですから。

----

プリウスコンセプト 納車
2011/06/15 23:53:00

プリウスコンセプトは、ドライバーたちの一番の欲求を満たす。一部のカーファンを除いて、車に求められているのは安全・快適に移動すること。しかもそれが安く叶えば、それに越したことはない。そこでプリウスコンセプトだよ、お客さん!オリジナルのプリウスで、プリウスが高級感もある車であることは認知された。チープな感じがしないプリウス、燃費の良さは誰もがご存じの通り。(ドアを閉める時の薄べったい音以外)ほとんど文句のないハイブリッドカー、もう万能かと思っていたら、まさかの更なる小型車への派生・プリウスコンセプトですよ。快適さはプリウス並み、燃費の良さはまさかのプリウス以上、車体価格はプリウス以下!普通に車に乗る人たちのニーズを丸ごと叶えてしまうプリウス、あのプリウスα納車待ちの期間を更に超えてしまうような事件になるかもしれない。プリウスコンセプトの納車待ちを、なんとか改善して圧縮してもらいたい。トヨタに求めるものはプリウスコンセプト納車改善。半年待ち、1年待ちといった悪夢を、プリウスコンセプトにも見たくないから。プリウスコンセプトの唯一の弱点は、鬼のような納車待ちの空白期間だろうよ。

----

まるは食堂 エビフライ ☆☆
2011/06/18 14:46:00

まるは食堂のエビフライ、有名な名古屋メシ、名古屋の名物でしょう。

名古屋・栄のラシックの中に入っている、まるは食堂。

こんなに立派なサイズのエビフライを食べさせてくれるのは、ここしかないから。

エビ好きの奥さんも出産間際。

ベイビー同伴ではレストランには来れないだろうから、今のうちに食べたいものを食べさせる。

どこのお店で頼むよりも大きなエビフライ、¥1,380のセットなのに2本も。

あれは5年前、知多半島のまるは食堂本店でコレをいただいてから、ずっとファンです。

タルタルソースが美味しいんだなぁ、これが。

こんな食事、自分で作ったらいくらコストがかかるか分からないな、

いや、自分じゃできないよ、こんなレベル。

エビフライを平らげて、奥様も満足なご様子。

美味しくいただきましたよ、まるは食堂さん。

名古屋メシを不思議なタベモノと思っているあなたも、是非一度は試してみて。

----

ランニング 豊田スタジアム
2011/06/19 16:13:00

暑い時期の定番ラン、豊田スタジアム付近をランニング。矢作川沿いのランニングコースを走っていると、川辺のスペースでBBQをしている人がいっぱい!みんな楽しそうに、思い思いの時間を過ごしているよ。この日の豊田スタジアムはサッカーU22のゲームがあって、青いユニフォームの人がいっぱい。なんだか走る張り合いがあって、スピードを上げて走りぬきました。そのまま岡崎方面へ走り続けると、梅雨のせいか、とめどなく汗が流れて、心地よいRUNだなぁ。道は平凡、ただずっと長く走り続けられるのがトレイルランと全然違うなぁ、変化を好む僕には凸凹のあるトレイルランが合っているのかも。ノースフェイスのインパルスプルを着て走ったら、その軽さに驚いちゃうよ。何も特別なこともない、10kmぐらいの豊田スタジアム近辺ランニングでした。

----

トレイルラン 岩屋堂
2011/06/26 11:21:00

ちょっとまとまった距離を走ろうと、雲興寺⇔岩屋堂⇔白岩の里 往復15kmコースを計画。梅雨の合間の気温の高い日、33℃+湿度85%だろうね、久しぶりの真夏日とムシムシの天候に、走り出してもペースが上がらない。これは僕の体力が、引き続きハードな仕事に消耗しているから?それとも1年ぶりの猛暑に、身体が付いていっていないから?随分心を痛めながら考えていたが、まぁ、両方なのでしょう。50分ぐらいで岩屋堂についたけど、どうやら白岩の里まで往復する体力がなかった。初めてじゃないかなぁ、予定をギブアップしたのは。ここは無理せず、岩屋堂をゴールにして、付近を走ってみることにした。子供たちが川辺で水遊びしている岩屋堂、6月の紫陽花も紫に、僕のラン・ファッションとも合う。敗戦を認め、瀬戸大滝でガックリする僕。いつの間にかこんなに痩せ衰えてしまったのか。ストレスから解放され、また在りし日のように全力で走れる日が来るまで、あと半年か。出向が終わって、元会社に戻れば、心と身体のゆとりを取り戻すことができるだろうよ。太陽の光を燦燦と浴びて、若い緑色に光っていた草。暑苦しい森の中でも、はっと目をひくほどに、美しい場面だった。この日は初めて「アミノバイタルプロ」を飲み、長距離を走れるようにアンチショック アルパインポールまで持ってきたのに、結局10km程度のランにしてしまったので、心残りは大きかった。ちょっと身体を休めよう、僕は。「ば・馬鹿な、この俺が負けるなんて・・・」雲興寺を後にして、僕はリベンジを誓う。そんな負け戦トレイルラン、岩屋堂までの往復10kmぐらいでした。

----

Googleページランク3
2011/06/29 23:45:00

Googleページランクがようやく3に戻った。一時はケンボックスだって、詩的日記だって、ページランク4まで行ったことがあったのに。アドセンスの成果は、ここのところ3〜5万円程度。Visitで1,500、Page Viewで2,500。最低ラインを突破するレベルは保っているが、さらに上のステージへとブレイクスルーする糸口が見えていない。基本に返り、リンクの充実やサイトコンテンツの見直し、SEO対策をしている僕。ここはあれだな、思い切ったブレイクスルーの方法を考え抜いて、さっさとアドセンス5−10万円平均のレベルに持っていきたいものだ。新しいネタを! もっと爆発的ヒットにつながる材料を求めて、僕のHP創りの旅は続くのだ。

----

レジョイエ 名古屋 イタリアン ☆☆
2011/07/01 11:52:00

名古屋・今池のイタリアン、レジョイエさん。

名古屋でも抜群に評価の高いイタリアン、それはそれは期待して伺う。

平日しかランチの予約取れないよ!

この日は、今年の電力需要確保のため、会社が木金休みになったため、

憧れのレジョイエさんへ行く事ができたのです。

平日ならではの¥2,300ランチコースをいただく。

前菜の野菜(特にトマト!)が瑞々しく、それからレモンのバブルがお洒落。

さすがのお味、期待してわざわざ来店した甲斐があるお味です。

ウチの奥さんは今月出産だから、夫婦二人でレストランに行けるのもあとわずか。

記念になればいいと思って、レジョイエのようなイタリアンを選んでのランチ。

このパスタは素人じゃできません、味付けといい、レジョイエさんならではの一流の味。

ベストだったのが、この桜海老をつかったパスタ。

重ねる素材の使い方に脱帽、東京の一流イタリアンでいただいたような感動が。

デザートもね、パイナップル味にしているところなんかニクい。

全般的に、名古屋では他にないほどの洗練された味、最高峰のイタリアンです。

まるで現代風・東京イタリアンの一流店のような感じ。

味はいいのですが、この日はヒューマンサービスがおろそかになっていたので、ちょいと減点。

しかし、名古屋に一流イタリアンがあって嬉しい出会いでした!

----

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ 名古屋 ☆☆☆
2011/07/08 14:55:00

木金が休みになった今年の夏でしかできないことを!

なんと奥さんが、あのラ・ベットラ・ダ・オチアイ名古屋のランチを予約してくれた。

東京じゃぁ予約困難、いくら並んでも相当の根気がなくちゃ席につけない超一流店と聞く。

奥さんとイタリアンランチをめぐる旅を12年も続けているが、

これからは赤ちゃんができるから、もう当分はレストランにいけない。

最後の記念として、最高のイタリアンを食べることになった。

アンティパストミストは、どれも美味しかったなぁ。

雑なつくりなんてひとつもなくて、それぞれの味を楽しませてもらった。

カルパッチョは、バルサミコスソースとの相性が素晴らしい。

エビとルーコラのスパゲティのうち、パスタの湯で加減・塩加減にびっくり!

今まで食べた中で最高の味で、パスタだけで十分すぎるぐらいに美味しい。

エビやトマトまであるんだから、それはそれは美味しいパスタですよ。

このフェットチーネもモッツァレアチーズとからまっていて、どこかイタリアの田舎くさく、

でも東京の洗練されたイタリアンの味にも思える。

金目鯛をサフラン味のタマネギで。

皮のパリパリ具合とか、ちょっとレモンをかけちゃったりしたら、ホント美味しい味でした。

子羊の香草グリル、お肉はもちろん、レモンやらジャガイモまで一流・・・。

脇役にまで手を抜かないのが落合クオリティなのか。

ティラミスは、¥400とお値打ち。味は普通に美味しい。

文句なしの3つ星評価!

僕が3つ星をつけたお店なんて、この6年ばかりで3つしかないよ。

全てがおいしく、僕の期待値をはるかに超えていました。

それから、なんとこの日は落合シェフご本人がラ・ベットラ・ダ・オチアイ名古屋店にいらっしゃって、

ところどころお客様の前でご挨拶されていました。

びっくりしたなぁ、まさかあの落合シェフにお逢いできるなんて!

更に自慢ですが、帰りのタイミングで落合シェフが出口近くにいらしたから、

お願いして3人での写真を撮らせてもらいました。

光栄だなぁ、当面はいけなくなるイタリアン、今まで12年もイタリアンを求める旅。

その最後に、日本のイタリアンの第一人者にお逢いできて、写真まで撮れた。

最高の思い出になりました、素晴らしいイタリアンの味をありがとう。

----

菅直人の美しい退陣劇
2011/07/13 15:29:00

敬称をつける気にもならない。最大の皮肉を込めて、菅直人の美しい退陣劇を空想しよう。㈰「俺様は内閣総理大臣だ!」と強硬なまでの姿勢を示して、 与野党をまとめ、震災復興案を可決・実施させる。㈪日本のモノ作り環境に優位性がなく、 企業が海外に逃げてしまうことに危機を示し、 円高の是正・自由貿易協定・法人税の引き下げを実行。㈫国会で、議員の不祥事・政局争いを取り上げることを禁止。 純粋に政治政策のことだけを議論する場に。あぁ、この3つだけをやってくれれば、優れた内閣総理大臣として後世に名前を残すこともできるのに、実に何ひとつもしそうにない。日本のトップなんだから、日本のトップの仕事をしなくては存在価値がないのに、見ている限り、素人目にもトップの仕事をしているとは思えない。菅直人の美しい退陣劇。この3点をやりとげた後、「急な政治改革で迷惑をかけた」と言って突然の退陣表明。スポーツマンが、金メダルを獲ったピーク時に、引退表明する。それと同じことを政治家の世界でやろうとする美しい心が、菅直人にはないものか。(否、あるはずがない)

----

中国バブル崩壊
2011/07/13 20:30:00

今は栄華を誇る中国経済も、避けられないのが中国バブル崩壊。おごれる人も久しからず。平家物語にも書かれた、人類の凸凹の必然性。歴代の中国王朝にだって、盛者必衰の理はくっきりと示されている。そこで僕は空想を描く。中国バブル崩壊が来たら、中国共産党も崩壊するのではないか。貧富の差拡大・一党独裁の矛盾に、中国民が無関心でいられるのも中国経済がバブルを迎えているからこそ。唯一のメリットをかき消されたら、不満しか残らないだろう。秋の夕陽はつるべ落とし、紅い国旗も急降下するのか。経済不況に続くのは、政治混乱。その時の世界経済の混迷ぶりは、想像するだけで恐ろしいな。GDP世界2位の国が急沈下、世界の工場の破たん。供ずれして、世界レベルでの長期的な経済低成長が見込まれるだろう。空想がいつ現実になるのか分からないが、いつか中国バブル崩壊は来る。それとも人間は、もう上昇→降下のリズムを見切っている??盛者必衰の理から逃れる夢の術を手に入れたのでしょうか? 

----

ミニベビーベッド
2011/07/13 23:24:00

まだ主役が不在のミニベビーベッド。もう準備は出来ているからね、君の誕生を待っているよ。臨月を迎えた奥さんのお腹には、2,400gになって、いつ産まれてきてもおかしくないマイベイビーが。ミニベビーベッドだけじゃなくて、お洋服やらバスグッズやら、温度計からチャイルドシートまで、みーんな揃えています。まぁ急がず、まだしばらくはママのお腹の中で育ってくれればいいけど、パパもママも主役の登場を待ち切れません!出産予定日の7月27日まで、あと2週間。
むくんで辛そうな奥さんのふくらはきをマッサージしつつ、日毎に大きくなっていく奥さんのお腹をさすりつつ、待望のその日を待ち焦がれています。

----

GTXライナーハット
2011/07/16 22:09:00

ノースフェイスのGTXライナーハット。野山をトレッキングするとき、いたく気に入っているハット。つばが広いから、安定的に日差しを遮ることができる。ゴアテックの防水加工だから、雨の時だってカッパいらずで、視界も確保できる。ペラペラの薄い生地じゃないから、強い風が吹いても揺れないし、そのくせ重すぎることはなく、僕たちの動きを邪魔しない。柄がお洒落だよね。ハンズトゥース(千鳥格子)を使っているけど、ギンガムチェックの設定もある。夏の霧ヶ峰、一眼レフで早朝の写真を撮っている時に大活躍してくれた。山登りにも強い味方だろうし、街中でかぶっていても奇妙ではないデザインだよ。ちょっとトレイルランニングに持って行くにはかさばるし、重い感じ。ノースフェイスのGTXライナーハット、実用的かつお洒落だから良い作品だよ。

----

COMPLEX 日本一心
2011/07/30 23:12:00

その場にいたかった。娘が産まれた直後だからやむなしだけど。COMPLEX再結成、日本一心をキーワードにした東京ドームライブ。その動画をYou Tubeで見たとき、涙線がゆるんで目の前が滲んだ。BE MY BABYのイントロで、西と東から歩み寄る布袋寅泰と吉川晃司。中央でがっちり握手した瞬間が、21年ぶりのCOMPLEX再結成。始めのギターリフ、歌い出しのフレーズに痺れた。とにかく二人の存在感がキラキラと輝いて目に映った。21年前と較べれば大人しい動きの吉川晃司、ただ、身体の底から沸々と湧き上がっているような情熱を感じた。ギターに専念している布袋寅泰は、ボーカルのスター性を食っちゃうようなオーラ。GOOD SAVAGEのギターバトルが再びが見れたから、もう満足。吉川が語る通り、他の曲はスピードが特に早いわけじゃないのにGOOD SAVAGEだけは二人がMAXスピードで飛ばしている感じ。布袋が煽ってバトルを仕掛け、吉川がそれに応える、なんて嬉しい場面だろうね。結局何が心に響いたって、布袋寅泰と吉川晃司が一緒のステージで仲良くしているところ。僕にとってはもう17年間も二人は僕のヒーローであり続けてくれていた。まさかあの二人が再び交錯するなんて、夢物語の世界。同じくYou Tubeで吉川晃司が大震災後にボランティアとして活動していたのを見た。このチャリティーライブに賭ける彼の熱い心を知って、同志としては心が震えた。もう二度とCOMPLEXは再結成しないかもしれないと思っている。今回のきっかけは不幸の津波だったから、幸せが続けば二人が手を携える必要もなくなる?突発事故で急に再結成したCOMPLEX、21年も前の音楽なのに、今聞いても瑞々しい。自分が生きている間に一度は直接、目に耳にしかったなぁ。勇気をいただきました、熱い気持ちをいただきました。最高に感動した出来事、COMPLEX再結成。

----

夏休みの日記
2011/08/13 23:33:00

今年の夏休みは、9連休なのさ。でも、やることといったら、レイナと奥さんの面倒を見る事だけ♪それは楽しい主夫生活の始まりだとさ。はや3日経ったが、3時間おきの授乳の合間をぬって、掃除洗濯炊事。猛暑の外に出かけることもなく家事に勤しむ僕だけど、たまには外をRUN。いつも車で通り過ぎる場所を、自分の足で走ってみると、新鮮な発見があります。家の周りの緑の豊かさを再認識。用水路の向こうの夕日が美しく、そのまま水の流れに沿って走り続ける。踏み切りに電車が頭を出した瞬間、これだけで写真に主役が生まれたのですよ。夕闇に、夕日を受けてキラリとする線路、暗く編集してみると、いよいよ怪しい魅力のある一枚に化けてくれました。夏祭りをしていたので、RUN姿の僕なのに遠慮なくウロウロして雰囲気を楽しんだ。家の面倒を見るのが最優先の夏休みだけど、「東京〜ソウル格安航空券比較」という新しいアフィリエイトページを3日がかりで創ってみた。今年の夏休みは冒険日記が書けないけど、幾つか創作をしてみようじゃないか。

----

猿投 加納
2011/08/26 18:45:00

楽しみはそこら中に転がっている。レイナを落ち着けて寝かせたら、「これで3時間は自由だっ」とばかり家から猿投の加納地区を目指してRUN開始。夕方6時前からなら、太陽の熱烈ビームを受けずに走れるし、夏のRUNはなんといっても汗がいっぱいかけるから心地よい。8月後半、首を垂れる稲穂は収穫間際のゴールド色。猿投の桃や梨も収穫時期、走っていると甘い匂いがする。田舎や山里を走ることが気に入っている僕。何故って、日本人の古き良き暮らしぶりを肌で感じられるから。自動車で走り去っては分からないけど、自分の足で走れば見えるものがある。猿投の桃畑は前々から好きだったのでちょくちょく猿投地域は走っていたけど、改めて加納小学校や猿投中学校から弘誓院あたりを走ると、その一帯にある穏やかな空気は、夏の夕方と相まって、それはキレイ。一足早く稲穂を刈り始めた稲田。かかしが金色の稲海で泳ぐように。弘誓院は小さいながらも文化の香りが詰まったお寺でした。COMPLEX再結成ライブをウォークマンで聞きながらだと、走りが一層進む。トレイルランニングでは、移りゆく自然の姿を楽しみながらRUN。里ランニングでは、先人たちの暮らしを感じながらRUN。近くに素敵なランニングコースを見つけましたよ、猿投の加納地区。そうだ、楽しいことは、案外すぐ近くにある。

----

Salyu 青空 感想
2011/09/09 17:02:00
Salyuの「青空」はご機嫌な曲。いつもの小林武史さんじゃなくて、ミスチルの桜井さんが作詞作曲だから今までとは雰囲気の違う曲だけど、これが新鮮でたまらない。コード運びとか、メロディも歌詞も至ってシンプル、ストレート。サビは「あなたが好き、あなたが」だからね。夏の夕方、僕は近所を走りながらこのSalyuの「青空」を聴く。「あなたを足さないとね わたしは空っぽだってこと」あたりが胸にすーっと入ってくる。あぁ、Salyuの歌声は軽やかに僕の心を満たしてくれるよ。今は、「あなたを足さないとね」の「あなた」は娘のレイナのことを思いつく。大好きな人への素直なラブソング、Salyuがあの歌声で歌ってくれるとより素敵。走っていて、心地よく、もっともっと走れちゃう気分にさせてくれるんだ。Salyu x Salyu のなんだかデジタルな実験ミュージックよりも、この「青空」のように爽やかに歌ってくれるSalyuが、たまらなく好きだよ。あなたが好き、あなたが。

----

ジオメッシュ ロゴ クルー
2011/09/16 15:55:00

ノースフェイスのジオメッシュ ロゴ クルー、ショートスリーブ。Tシャツかな?と思ったら、その軽さとドライ感にはビックリ!ですよ。もっぱら、春から秋までトレイルランをするとき、僕の愛用・御用達。色はメタリックシルバー、ちょっと前まではブラックかパープルを好んでいたけど、山の中で黒紫いでたちの男が走っていたら、それは恐いわな。。。なので、明るい色を取り入れることで平和に。といっても、ブルーやレッド、イエローでポップにはなりたくないお年頃なんです。メッシュ地のウェアは、雲を着ているように、上半身を邪魔せず、そして通気性に優れ。そのくせ汗を吸ってくれるって、なんだか矛盾した二つが重なっているようだ。猿投山トレイルランで試して、ご機嫌な性能を感じたり。ノースフェイス好きの僕には、胸にドーンと書かれたノースフェイスの印も悪い感じじゃありません。好きなアウトドアブランドに囲まれてRUNするときの幸せよ。S/Sジオメッシュ ロゴ クルー、どこでも一緒に走りたくなる仲間だなぁ。

----

マキシフレッシュ ランナーズキャップ
2011/09/23 17:57:00

ノースフェイスのマキシフレッシュ・ランナーズキャップ、これまた傑作。ランニングやトレイルランにご機嫌なキャップを探していて、プロランナーズハットや、V3ライトキャップも試したけど、どうもしっくりこない。全身ノースフェイスで走るのが僕のRUNのモチベーションアップ↑方法、他にどんなキャップがあるのかなぁ、とゴールドウィンのサイトをぐるぐるとチェック。そうしたらマキシフレッシュ・ランナーズキャップというランナー向けのキャップがあり、先日買ったジオメッシュロゴクルーと同じカラー(メタリックシルバー)があるから、これは買いだと。森の道に栗が落ちているから、秋がやってきたのでしょう。愛知緑化センターの昭和の森から走り始めて、目指すは東広瀬城跡までの往復10km。メタリックシルバーのマキシフレッシュ・ランナーズキャップとジオメッシュロゴクルー。RUNとトレイルランが入り混じったコース、試しに駆け抜けてみよう。でもねーさすがに不人気コース、誰も通っていないみたいでクモの巣が激しい。もう走るどころではなくて、手に木を持ってクモの巣を除けながら歩く。1時間もかかって西広瀬〜東広瀬城へ到着、今年鍛えた成果か疲れはない。はっ、としたのは畦道に彼岸花が朱色を飾っていたこと。ついでに広瀬の広住寺まで走ってみれば、彼岸花があちこちに。僕がレイナの面倒を見ている間にも、秋は着実に訪れていたのだ。大きな栗の実が成っていたり、稲穂はもう刈り取られ、干されている。夏のRUNと較べれば汗は出ていない。そんな感傷に浸っている間に太陽が落ちていて、帰りの山道はすっかり真っ暗。50分ほど闇の中を走って元の緑化センターに戻る。仕事の不満を抱えながらの今日のRUN、なんだか心も落ち着くことができた。マキシフレッシュ・ランナーズキャップはぴったりと僕の頭に張り付いてくれていた。軽くて、乾きが早くて、フィットしてくれるところが良いね!これから僕のRUNの定番にさせてもらうよ、マキシフレッシュ・ランナーズキャップさん。

----

仕事の不満
2011/09/24 19:27:00

まさか、この3年間目指してきた成果が、対価に繋がらない?とある業務を他社へ移管することが目的で出向してきて、業務としては移管が完遂したのに、まさかのまさか、最後の最後になってそれは業務委託じゃなくて無償サービスの一環だなんて考え、フェイクというか、不条理というか、仕事の不満としては最高のもの。僕だって自分の進むべき道は自分でデザインする。だから無償サービスを唱える上司に不快感を示したりもした。仕事の不満なんて、自分が本気になって動けばきっと解決できるから。トップへの直訴をして、自分の帰り先を自分の希望通りに確保できた。自分の考え方を紙に落として対価の提案をして、とにかく自分がやりたいように。最後の結論がどう転ぶにせよ、自分が抱えた仕事の不満をひとつひとつ消し込んでいく。この3年、サラリーマン人生最高の仕事をしようと張り切ってきたからかな、自分の仕事の成果が認められなくなりそうになった時、仕事の不満が溢れだした。でもそれを自分なりの方法で押し留める対策を打てたことで、だいぶ満足。

----

仕事で怒る
2011/10/07 14:00:00

折角、双方で折り合いのつけられるレベルで提案・企画をまとめたのに。しかもそれが僕のこの3年間の仕事の集大成、最終評価そのものなのに。その評価を一方的に値切られた時、今までの仕事生活で最高に腹が立った。後にも先にもないだろうが、2回も口論してしまったのは、僕にはない心の乱れ。どうしても腹が立って、どうにも納得できなくて、いくらか小細工して策略を練る。会社間、とくにお金を払う側と払われる側間では、かくも不条理なことがあるのか。性善説で対応してきたが、いざという時には性悪説に掌を翻される。まぁ、それが普通の会社間のやりとりなのだろう。少なくも残りの30数年間、最高の味方になってあげようと恩義を感じていたのに、今回の一連のことがあって、その気持ちはなくなり、いつか復讐してやろうとしか感じない。きっと取り返してやる、そのうち逆転してやる、そんな憎しみの心に変わる。仕事で怒る、それもこんな強い感情を持つのは、もう二度とないでしょう。仕事は評価だよね、自分が自分の仕事に対して掲げた評価を切り下げられる、それがこんなに痛いものだとは、今まで知る由もなかった。もっと割り切って、所詮は慣れ合いの仲間じゃなく、自分の城は自分で守るもの。イヤな考え方だが、それも致し方のない、生き残るための術なのだろうか。

----

猿投神社 ランニング
2011/10/16 14:38:00

彼岸花の紅色が、田んぼの縁から消えている。自宅から猿投神社までの10kmランニング、走り出してすぐに気が付いた。先々週に同じ場所を走ったとき、田畑には彼岸花が鮮やかに。僕の時間は後にも先にも移っていなかったのに、自然の時間は確実だ。カメラを持ってランニングするのは、そんな季節の移ろいを記録したいから。秋らしく、彩りが際立っていたものにカメラを向けてみようじゃないか。走るだけだとなんかモノたりなくて、ついつい美を探したくなる。おや珍しい、台風後を春の訪れを勘違いした桜が咲いている。猿投の加納町はランしていて心地よい場所、落ち着いた町の佇まいが気に入っています。秋といえば柿、もう少しであちこちでゴールド色に実った柿で賑やかになります片道5kmちょっと、自宅から猿投神社までのランニング、最近鍛えているから疲れはない。ついにここまでスムーズに走るまで肺を鍛えれたよ。田園風景の中を、音楽を聴きながら走っていると、一週間の心の疲れが失せる。お金はかからないけど、贅沢な楽しみ方をしていると、僕は知っているよ。ランニング用ウォークマンでは、今も昔も布袋寅泰が、氷室京介が、吉川晃司が、僕の走りを助けてくれています。最近じゃ、Salyuが大のお気に入り。すすき+斜陽、キラキラと眩しい落日ゴールド。遊び心でのランニング+写真、2時間半ぐらいかけて猿投神社までの往復10km。汗はかかず、夕刻にはもう肌寒いくらいで、摂る水の量は多くはいらない。夏の勢いは途絶え、秋の充実感が見えてくる、猿投神社ランニングでした。

----

平戸橋公園 ランニング
2011/10/29 16:24:00

週末に近所を走ること、ここしばらくの習慣。いつも同じ場所を走っていても、冒険心がなくてつまらないから、ちょいと珍しく平戸橋公園あたりを走ってみようと。クルマにも気をつけないといけないからね、ペースは遅いし、走りはつまらないけど、やっぱり初めての場所を走るときの冒険感が、僕のリフレッシュには大切。ちょっと足を伸ばして杜若高校の近くまで、どうも校庭を見ていると寂寥感で胸が一杯。たまには自分の母校の校庭を訪れてみたくなる。大人になった僕でも、心の中はいつでもあの頃のまま。早く今の仕事を卒業して、モノ書き生活に没頭したいなぁ、って走りながら思っていた。平戸橋公園のダムそばを走り、赤い橋を渡り、次は見知らぬ場所へ。ずっと気になっていたけど、馬場瀬古墳群というものがあると聞いて、高い丘を登る。ようやく森の中を駆け抜けれる道だよ、走っていたらネコが僕をみていた。まさか太古の古墳がこんな場所にあるとは、猿投神社といい、豊田市(挙母)の歴史は深い。走った距離としては大したことはないが、いつも車で通り過ぎる近所を、自分の足でじっくり見れるRUNの時間も貴重だなぁ。

----

ミルコクロコップ 引退
2011/10/30 20:42:00

ミルコクロコップの引退発言と、K-1 WGP南京大会の延期が重なって、いよいよK-1の時代が崩壊した確かな音を聞いた心地がした。僕にとっては1995年から2005年前後まで、随分なファンぶりだったK-1。K-1だけじゃなく、PRIDEだってDRAMだって、総合格闘技の美を愛したのに。ノックアウトやタップアウトの瞬間に見る、はっきりとした力と技。とりわけ、ミルコクロコップの左ハイによってマットに沈んでいく選手たちの姿には、ミルコとの力の差が歴然、偽物が入り込む余地がなく、一瞬の壮絶な勝敗分けのシーンが美しいと感じていた。あのミルコクロコップがUFCでは連戦連敗、いや、シウバだって、ノゲイラだって、それこそヒョードルだって、勝利を続けられなかった。今更の平家物語、盛者必衰の理に驚くこともないのに、驚きっぱなし。それでもう僕が愛したK-1とPRIDEは消滅してしまいました。永続するかと信じていたのに、時代の流れは逡巡する間もなく、はっきりと結論を出す。ひとときの夢を見せてくれたことに感謝をしているよ。またどこかで、ふとたまに、立ち技や総合格闘技の美を目にする時もあるだろう。ミルコクロコップの引退と、K-1の崩壊は2011年に。

----

弘誓院 加納町
2011/11/06 16:13:00

あっちの山では紅葉真っ盛だけど、レイナのお守でお出かけはできませぬ。とはいえ週末のマインドコントロールのため、音楽を聴きながらのRUNは欠かせない。いつもの猿投の里・豊田市加納町を走るコース、肌寒さも感じる季節ね。あっという間に、彼岸花も栗の実も去っていって、色の乏しい冬へ突入だよ。毎週走った成果が出てきていて、いくら走っても身体は弱音を吐かない感じ。来年からはもっと冒険して、中辺路38kmRUNはもちろん、他でも好きに走りたいな。今はその練習だから、真新しさはなくても、継続的な訓練を積むのみね。豊田市北部の小原地区には、春と秋に咲く四季桜がある。ちらほらと、豊田市内あちこちに四季桜がみられるけど、走っていて、川沿いに見つけた四季桜は、色薄い秋の景色に映えていた。いつものように弘誓院まで走って、折り返す。この里山にもあと少しで紅葉が訪れることでしょう。若い頃は、走っても季節なんて目に入ってこなかったけど、去年や今年から、やけに季節感を大事に思えるのは、僕が大人になった証拠。

----

猿投山 赤猿峠
2011/11/13 17:24:00

迷いましたよ、猿投山の赤猿峠。久しぶりに、まとまったトレイルランをしようと、猿投神社〜猿投山頂〜赤猿峠〜物見山を計画。スタートが2時半と遅くなったのが、僕のリスクマネージメントの弱さだなぁ。まぁ普通に早めに歩いて猿投山頂まで、何度も通いなれたトレイルですから。赤い物体に興味津々、写真を撮ろうと寄り道、手にトゲが刺さって、ちと痛い。11月中旬、猿投山の山頂付近はイエローの色づきあり、そんな中をRUNすることの楽しさよ。夕闇まで時間がないと知っていながら、赤猿峠を目指した僕が甘かったのさ。海上の森方向へと走り出したら、まだ解けていない迷路コースを攻略することで夢中に。鉄塔を過ぎて、案内通りにちょいペースあげて走った僕。物見山を目指したはずが、二度目の迷子、瀬戸・東山路町に下りてしまいました。あー失敗ですよ、でも時間も4時過ぎだったので、急いで猿投山頂へ戻ろうとする。が、すでに時遅し。猿投山頂付近で、あたりはすっかりブラックアウト、よく知っている道だから走れたけど、遭難級の真っ暗道、しかもライトなしの僕、これはダメでした。真っ暗の道を、忍者のように駆け抜ける。地元だから生きて帰れたけど、ヤバかったなぁ、相当に疲労しつつ、なんとか生還できました。恐るべし猿投山、まだまだ解けない謎があったのか。

----

八柱神社 豊田市舞木町
2011/11/20 15:45:00

さて、今週末も豊田市舞木町・八柱神社付近をRUN。もう何回走っていることだろうか、そろそろ同じような写真スポットばかりになってきたから、趣向を変えてのカメラ構図を意識して。弘誓院の紅葉はまだ先で、秋晴れの空と、黄色の対比が美しいと思った。今週末は何かをガッツリ書く気合はあったのに、結局レイナのお世話と、来週の仕事の段取りを考えることで、気もそぞろ、創作活動は手に付かない。別に他人のせいにしているわけじゃないけど、11月末の卒業をするまでは、しばしの我慢だ。風の強い午後、スローめに走って、Salyuの音楽でリラックスしつつ、心の鋭気を養う。青空を切り分ける電線がアートに見えて。風に流されて、僕の進路を指差してくれるススキの穂。自宅から弘誓院の往復10km、最近の「いつものコース」。八柱神社なんて名前は数あるけど、豊田市舞木町のそれは平凡そのもの。大事に遺してくれている先人たちに感謝しつつ、僕は走り去っていったのでした。

----

愛知県緑化センター 紅葉
2011/12/04 14:48:00

今週のRUNは、紅葉を見がてら愛知県緑化センターへ。風が強く、モンベルのソフトシェルで体温キープしながら、4kmぐらいを走る。心身ともに出向疲れで病んでいるから、ほどほどにね。今年の秋は堪能する間がなく終わってしまった感じ。せめて愛知県緑化センターの紅葉で、色づく自然を目にできて良かった。良いお天気で、親子連れのカワイイ姿があちこちに。ウチだって、?年後には、家族でお散歩に来れるだろうよ。香嵐渓にも京都にも行かない秋なんて・・・僕には秋じゃなかったな。来年からは、やりたいことができる年になればいい。走っていても、全然ペースがつかめなく、僕の体のツケは大きい。せめて音楽がないと心も身体も奮い立たせられないって、ランナーとしては今の僕は最悪のところにいるのだろう。来年、35歳をスタートに、身体のキレを取り戻したいものだ。なんだかRUNというより、デジカメでの写真がメインになったお散歩のようでした。そうそう、この節目からJog Noteをつけることにしたから、どのぐらい走ったか、レコードを残そうと思うんだ。愛知県緑化センターの紅葉RUN、軽いご挨拶みたいな運動でした。あぁ、これから、ぜんぶ、これからだ。

----

葛西臨海公園 ランニング
kenbox
RUN
2011/12/20 11:14:00

西葛西の荒川堤防沿いから、葛西臨海公園まで。昔、西葛西に住んでいた頃に何度も走ったり、マウンテンバイクで通った道。久しぶりにその葛西臨海公園までの堤防沿いの道をRUNする。平日の昼間だというのに歩いている人や、走っている人が多い。さすがは都会、さすがは信号のない真っ直ぐな道、人気がある。2kmも走ると、冬の太陽がSUNSUNと照らしている海面へ尽き当たる。その葛西臨海公園の西端から更に走り、公園の中へ。昔にマウンテンバイクを走らせ、本を読んだり、小説を書いたりした木蔭のベンチ、広場の芝生。旧友たちを懐かしみ、リラックスした気分で走りぬけるのは光栄なことだ。ちょっと立ち止まって、今は何をしようかと考えると、この数年で蓄えた知識や経験を活かして、新しいものを創作したい、というピュアな願望しかないからね、前向きでクリエイティブな自分がいる。葛西臨海公園内を走り続ける僕は、海岸沿いの風にも負けず、大きな観覧車だとか、水族館にはそのうちレイナと一緒に来たいなぁ、とか考えつつ、鳥獣園にあるベンチ、ここで一番多くの時間を過ごした思い出の場所へ。あまり人気が多くなくて静かだから、落ち着いて小説が書けた。話は変わって葛西臨海公園のランニング事情だが、結構人気があるようで、老若男女それぞれ多くのランナーがいた。都会だけに、若いランナーはお洒落なウェアを着た方が多い。道は狭くないし、走れるコースも多々あるから、走っていて楽しい。最近は、色々な場所を、車やマウンテンバイクではなく、自分の足で走り抜けてみたい、という欲求が強くなっている。60歳までとして、あと25年間もあるから、日本中、世界中の色々な場所をRUNして、その景色を味わってみたいよ。思い出の葛西臨海公園、荒川沿いから葛西臨海公園周遊、往復でざっと6kmのRUNでした。

----

皇居 ランニング
kenbox
RUN
2011/12/27 15:18:00

皇居を一周するランニングが、東京では人気と聞いた。丸の内に勤めていた頃はそんなこと思いつきもしなかったけど、東京を離れて暮らす今、逆に新鮮でね、皇居ランニングを計画。大手町駅から歩いて大手門付近、反時計回りに走り出せばいいのかな?と周りを見渡すと、12月の平日、中途半端な3時という時間帯なのに若い男女が走る姿が数多く見られるから、想定してはいたけど、驚き。いつも通り、観光目的の外国人の方がいらっしゃる。歴史ある江戸城と、近代的な大手町のオフィスビルが重なる場所だからね、ちょっとした見どころだと思うよ。関東地方に住んでいたけど、皇居の周りの地理は意識もしなかった。大手町から竹橋、九段下から半蔵門、国会議事堂から桜田門、そしてまた丸の内・大手町まで帰ってくる、一周5km足らずの皇居コース。登り下りもさほどなく、初心者でも走りやすいコースで、都心なのに信号もなく、ずっと走っていられるし、ライバルのランナーも多いから、なんだかやる気もでるコースだし、これは楽しい。お洒落なランニンズウェアを着ている人が特別に多いな、それから妙に早いランナーも多かった。僕はというと、まぁ早く走るのはいいが、途中で停まっては写真を撮る「RUN写」だからさっき追い抜いた人に、写真中に追い抜かれ、またしばらくの後に追い抜かしたり。皇居には美しい橋や門が多い、皇居ランニングで見つけたこと。堀が深くて広い江戸城を攻めるのは兵が幾ら多くても容易ではない。その防衛力は、現代だって、皇居の防犯力として健在だ。皇居付近で一番高い丘になっているのが半蔵門付近、あの忍者・服部半蔵が住んでいたのがこの半蔵門付近らしいのだが、江戸城の守護の大切な役割を果たした服部家が住んだのが丘の上、というのは、きっと何かしらの意味があるのだろう。今はその意味に思い当たる節はなかったが、なんかそんなことを考えつつ走っていた。坂を下って、桜田門から城内に入るのは面白いよ、皇居ランニングの醍醐味。結構あっさり、30分で一周できてしまったので、今度は反対回りに走って、ついでに九段下の千鳥ヶ淵からインド大使館〜武道館のコースでもうちょっと走ってみた。冬なのでさほど汗はかかず、そのまま大手町から電車に乗って家まで帰る。見どころが多く、楽しいランニングコースでした、皇居一周RUN。最近、皇居ランナーのマナー違反とかモラルが新聞に取り沙汰されているけど、僕が見た限りではみなさん常識を持った走りをしていました。歩く人も多い道だから、それは横一列で走ったらマズイよね、あれは。







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.