一眼レフカメラ・アドセンスで副業稼ぎ〜詩的日記2009

投稿日:2009年12月31日 更新日:



年始ご挨拶
2009/01/01 21:17:00

今年も詩的な一年になりますように。何もいりません。毎日が平凡ではなく、刺激のあるものでありますように。インスピレーションによって、新しいアートがどんどん開けますように。それだけが私の祈り。とか言って、欲を見せてみようか。今年は、5作ぐらい小説がかけますように。アウトドアを満喫できますように。ホームページが平均で1,000 visit/dayになりますように。詩的な友達ができますように。自分を周囲の人たちが健康でありますように。仕事もそこそこやり遂げられますように。

----

論文完成しました
2009/01/05 18:28:04

この冬休みに私がとりかかっていたもの

今昔物語集についての論文が完成したよ!

よく身体を休めた冬休みだった

よく頭を使って考えて、考えた冬休みだった

「やり切った感」があって嬉しいなぁ

これでデスクワークが一通り落ち着いた

今年は走るぞ! 冒険するぞ!!

明日から、またいつも生活が始まります

----

新しい自分のこと
2009/01/08 22:46:00

1月から新しい仕事に加えて、一緒に仕事をする人たちが入れ替わった。新人なのに、いきなり主役だ。懐かしい感覚。分からないことでも、夢中でやっている自分は辛くても幸せだ。なんかずっと昔の、ベテランになる前の自分の姿を思い出す。自分がやらないといけない、という意識がある。それだとどんな辛い仕事も苦にはならずに、できるんだね。僕の冒険が確かに始まっている。それでもまだ歩き出したばかり。成長できることを信じて、ただ進むだけだ。

----

スタートダッシュの私
2009/01/11 22:10:00

仕事のスタートダッシュはいい形で切れているこんなの初めてだけど、仕事をやらなくちゃいけないっていう感覚が強くて、自主的に休日の家で書類を作っていた日曜日は会社のスポーツイベントにも参加したし、なんか自分が変わったみたいこんな仕事があと1年以上も続くのだから、それは成長できそうだなそう考えれば、苦も苦ではなくなる人間関係もやっと自由にできるようになってきたから、いらないストレスを感じなくていいしやっぱりこれは一大転機だかけがえのない経験になりそうだから、まっすぐに向かってゆこう

----

デジタル一眼レフ始めました。
2009/01/17 17:11:00

興味が沸いたので、デジタル一眼レフを始めました。昔から写真には興味があったけど、コンパクトなデジカメ止まりだったなぁ。もっとアートな、もっと詩的な表現を、って考えるとやっぱり一眼レフにたどり着いて。NIKONのD90を買ったので、これからアウトドア系の写真に目覚めてみよう。今年はますますアクティブに活動できそうだな。早速、試し撮りで公園へお散歩さ。何が違うって、上みたいにアップの写真はデジカメではムリだったもん。それからシャッターを切る音がステキ。あれに惚れてしまいそう。写真も勉強して、小説と写真を両立できるように自分の幅を広げてゆこう。春が、夏が待ちきれないよ。

----

仕事に夢中
2009/01/23 22:45:00

戸惑いながらも、仕事の手を休めるヒマがないいや、何も考えることなく夢中に生きるときって、なんて幸せなんだろうとは思うよ豪快に酔っ払って寝る夜、仕事だらけに追われてすごす昼、今日こなす仕事のことばかり考えて走らせる車通勤の朝、どれでもあっという間に過ぎるから幸せな時間でしょここしばらくの仕事はそんな内容でしたもう開き直ったっていうか、自分は自分らしい仕事しかできないって割り切って、じたばたせずに、自分を積み重ねてゆくばかりやっぱりそうすれば若干1ヶ月の経験でも、仕事はそれなりにできてゆくからいかに自信を持って、堂々とやればいいんだ、って思わされた勉強になるよ、これをあと1年も続けさせてもらえるならば、僕は必ず成長して帰ってくることができるだろう立ち止まることなく、一気に仕事に突っ走ってゆきたいちょっと辛いときもあるけど、それが今のあるべき姿だから

----

虎玄 豊田市 ☆☆
2009/01/24 20:11:00

これは美味しかった!
豊田市の「虎玄」で、坦々麺をいただいた

ただ辛いだけの坦々麺ではなく、まるで台北で食べたもののように、胡麻の良い風味が出ている

ウマ辛いって言葉は、この虎玄の坦々麺にぴったりだね!

それから、麻婆豆腐もウマ辛くて素敵な味!

いい汗かきながらいただきました

すっかり満足して帰りました

また行きたいと思わせてくれるお店でしたよ

----

ナビィとかまど
2009/01/25 19:56:00

名古屋・栄のラシックに、「ナビィとかまど」という沖縄料理の店が入っている沖縄の旅情に誘われ、入ってソーキそばとゴーヤチャンプルを頼むいつもながら、沖縄は独自の文化があって楽しそうだなぁまだ沖縄に行ったことがなくて、是非とも訪れたい場所ですニコンのD90を持ちながら、沖縄に行ってみたいそんなことを考えながら、美味しい沖縄料理をいただきました

----

卒業テスト〜東京
2009/01/28 21:06:00

今日は何の日、大事な日。もう何年もやってきた通信教育の卒業口頭試験。朝5時半起きではるばる東京まで行ったのに、試験は15分で終了だもんなぁ。卒業論文の細かな矛盾点やミスをつかれて、テンション落ちて、せっかく内容や他のあらゆることにも対応できるように勉強していったのに、あっけなく「真剣に取り組んだことが分かるし、なるほどと思った点もあったから及第」って最後に言われて終わりだもんなぁ。もっとちゃんと口頭テストして欲しかった。なんだかなぁ。拍子抜けだし、つまらなかった。まぁ、合格ならば文句はないけど。それでその学校にももう二度と行くことはないでしょう。久しぶりに大手町から皇居を散歩して、皇居の写真を撮った。懐かしい街並みを有楽町まで歩いて、ビックカメラやNIKONショップを眺めて家路に着いた。おめでとう、僕。でもテストがつまらなくて残念でした。そんな僕の一日冒険。

----

足助町の写真
2009/01/30 17:18:00

今朝はいい天気だったから、自慢のD90を首からぶら下げて散歩近くの平戸橋公園で川を眺める。朝練の高校生が走る赤い橋を歩いて。なんだかカメラが楽しくなってきたので、足助まで車を走らせる底冷えの足助町を歩いて、ディープな足助の美を探してみる猪が肉屋の前に置かれていた なんとも生々しいさすがに写真は遠慮しましたよそれからカメラをシュークリームに合わせてみるなんとも美しく撮れるから、僕はすっかりご機嫌でカメラを持って歩くのって詩的お気に入りのNorth Faceのダウンコートと、サングラスとD90なんだか冬にも活発に動けそうで、週末が楽しみだよ

----

豊川稲荷 写真
2009/01/31 17:23:00

一眼レフを持ったら、旅行がますます楽しくなった3年前に行った豊川稲荷だけど、改めて写真を撮りに訪れる。何も変わらない風景なのに、撮れる写真の質はだいぶ違うなぁ。でも、カメラを向ける先は基本的に3年前と一緒。自分の感性って、変わらないというか進歩しないというか。。。1日1枚も傑作が撮れればそれで満足ですね。上のお参りの人々とロウソクの火は、面白いと思うよ。1月なのに14℃もある温かい日でした

----

大きな傘に守られて・・・
2009/02/05 22:42:00

大きな仕事のひとつを終わらせた。総勢50人もの説明会。1月いっぱいかけて準備してきた大物。当日に感じたこと。上司、先輩の大きな傘に守られてこなした感覚。僕なんて、あの人と、この人を結び付けて仕事をさせるためのコーディネーター。僕が仕事をしているなんて思い上がった感覚は持たないようにしよう。オイスターバーでご馳走になって、バスにのって帰る。思い描いていたのは、もっともっと仕事を頑張ろうってこと。仲間たちの大きな傘に守られて、僕は生きているんだな。

----

僕の週末
2009/02/08 19:14:00

金曜の夜は早めに寝て。土曜の朝から猛ダッシュ。多治見の永保寺や、猿投神社をカメラに収める。「食から」でランチをしたら、トヨタ会館と豊田市美術館で取材をした。帰ったら映画「未来予想図」を見て、ピュアな恋愛物語の世界に入っていたよ。日曜日の朝は10kmぐらいジョギングしていい汗かいた。図書館で本を借りて、たこ焼きとかチョコレート食べた。最近、嬉しい人からも久しぶりのメールも来たし。なんて幸せな毎日。それが僕のいつもの週末です。

----

岡崎市 写真
2009/02/14 17:29:00

春一番が吹いた翌日だから、18℃もある春の陽気。イタリアンを味わいに、岡崎の「ハーベスト」を訪れる。ピッツァのレベルは十分美味しかったよ。それから3年ぶりに岡崎の八丁味噌倉に行って、3年前とは全然レベルが違う写真を撮った。ついでに奥殿陣屋へ足を伸ばし、より本物の写真品質を求めてD90を向ける。なんだか良い一日になったよ。明日も温かいようだし、またお出かけして一眼レフの腕を磨こう。今年はたくさん山に登って、森に入って、美しいシーンをカメラに収めたい。

----

馬籠宿 妻籠宿 写真
2009/02/15 17:48:00

今日も16℃と随分温かい。3年ぶりに馬籠宿・妻籠宿を訪ねたよ。今日もD90を持って、日本の美を探して。陽の馬籠と、陰の妻籠。どちらにも美はある、ファインダーを覗きたくなる場面はある。僕がイメージしていたのは、雪に包まれた南木曽の風景。古い町並みにある日本の美は大好き。でもそろそろ次を探しに行こうかな。次はそう、冬の厳しい自然下にある美を求めて冬山に登ろうか。

----

くるまや 中津川
2009/02/15 20:08:00

馬籠へ行く途中、中津川市の蕎麦屋「くるまや」に寄った昼時だったから、すごい数の順番待ちの人国産そば粉を自家製粉しているのが分かるような素朴さ、手作り感が伝わってくる田舎風そばだね、洗練されていない純粋なタイプの蕎麦味はなかなか良かったですよ、すごく良いとは思わなかったけど、期待は裏切らないざるそばを一杯すすりこみたい、って思う「くるまや」の蕎麦でした

----

仕事 goes on
2009/02/20 20:54:00

仕事は上手くいっている。上手くいっている?いや、「俺はもっと上手くできるはずだ」って思ってばかり。なんとか仕事はこなしているようでも、もどかしい。色々珍しい経験をしたよ。人事・経理・法務がからむ会議、部長懇談会、上からの政治力。どれもこれも、普段なら一生経験しないような話。史上最高に一週間が過ぎるのを早く感じています。夢中で仕事して、時間を忘れて頑張って、それで一日が終わることの幸せ。辛いだとか、苦しいだとか、そんなことは言っていられません。あと1ヶ月は全力ダッシュのままですね。4月の新しい体制まで、走り続けよう。

----

段戸湖 写真
2009/02/22 17:51:00

一眼レフを持った時から、ずっと撮りたかった。自然環境が厳しければ厳しいほど、そこには美しい自然がある。冬の雪山に入りたかったけど、まだまだカメラ初心者の僕、今は行くにはもったいない。だからまずは近所の寒いところでガマンだよ。段戸湖まで車を走らせたら、そこには氷結の美があったね。もっと上手くなって、ISO感度もシャッタスピードもマスターしたら、もっと凄い冬山に行こう。今週はトヨタ博物館に行ったり、家で漬物を作ったり。写真をもっともっとアートのレベルまで高めて、小説と融合させたいな。満ち足りた毎日、幸せな週末。

----

ナチュラーレ 名古屋 八事 ☆☆
2009/02/22 20:21:00

名古屋・八事にあるイタリアン"ナチュラーレ"

久しぶりに美味しいイタリアンを食べました

土日はランチでも¥3,500からだから、店側の自信を伺えるね

有機野菜にこだわったコンセプトなんでしょうね、

確かに野菜の美味しさは群を抜いていました

写真にして、これだけ美しい

繊細で、丁寧で、日本人らしい現代風イタリアン

愛知県に来て、このハイ・クラスのイタリアンは初めて

わざわざ訪れた価値のある、詩的な刺激になりましたよ

----

K-1 MAX 2009 JAPAN GP
2009/02/23 18:53:17

やったね、小比類巻太信。
改名して、これで優勝して、新しいスタートが切れるはず。
小比類巻の不安定ぶりを見てきたから、なんか嬉しかった。

まずは褒めると、アンディ・オロゴン戦3Rで見せた、コンビネーションのスピードの速さに驚いた。
山本優弥との優勝決定戦でも何回か、天才的なスピードを見たよ。
さすがは元K-1MAXの顔、魔裟斗とツートップを張っただけのことはあるね。

でもすっきりしない。
優勝したけど、山本優弥との最終ラウンドにダウンを奪われたり、小比類巻の抜けのある部分が目に付く。
決して抜群な感じで、優勝したのじゃない。
他の選手たちよりも強かったから優勝したのだろうが、今日は運良く彼の天才的なところが上手く集中したみたい。

トーナメントの優勝には運も必要だけど、今日の小比類巻には運があった。

一か八かの大勝負、標準化された努力の積み上げっていうより、一瞬の天才的なきらめきを、小比類巻から感じる。

魔裟斗の戦い方には一寸の穴もない。
積み上げられた技術と精神に固められた、無欠のチャンピオン。

小比類巻は一気に爆発して、一気に崩れ落ちるタイプ。
奇才型チャンピオンでしょう。

しかし世界には通用しないだろうな。
魔裟斗やアンディ・サワーの完成系チャンピオンとは比較すべきもない。

その分野のチャンピオンたちが拳を交えるK-1の戦いには、美があるよ。
今日のJAPAN GPも、新しいファイターたちが集う詩的な戦いだった。

でも、どれだけ魔裟斗がいるポジションが高みにあるのか、それを再認識するK-1 MAX 2009 JAPAN GPだったよ。

----

ビッグスマイル オムライス
2009/02/28 19:57:00

美味しいもの。豊田市・ビッグスマイルのオムライスかな。このデミグラソースは、素人じゃできません!使用前。ナイフいれまーす。開花。さてさて、美味しかったですよ、ビッグスマイルさん。店の雰囲気は木の温もりがあっていい感じ。音楽はずっとビートルズで、よほどのビートルズ好きとご主人とお見受けします。こちらも美味しいハンバーグです。なかなか素敵な時間を過ごさせていただきました。ナイスです、ビッグスマイルのオムライス。

----

飯高観音
2009/03/01 17:56:00

さてさて、今週末も行ってきました、カメラ旅行。明智の大正村は、他所の小京都と較べれば大したことはないけど、結構いい写真が撮れたよ。飯高観音は、彩り豊かで、静かなお寺。予想以上に素敵な場所。岩村町は、なまこ壁の品格にうっとり。カステーラが美味しかった。シャッターを切る数を重ねて、まずは慣れてみる。そうしたら次はカメラの技術を向上させようじゃないか。夢は広がっていく。小説と写真の融合。もっと僕らしいアートを、近いうちに実現させたい。

----

三島由紀夫 金閣寺
2009/03/01 19:17:00

子供の頃から憧れていた金閣寺に火をつけなければならなかった若僧の気持ちを思うと、その歪んだ愛のカタチに涙が出そうになります。若僧にとって、愛の象徴は金閣寺だった。同時に、憎しみの象徴も金閣寺になっていた。地方の寺の住職である父親から「金閣寺ほど美しく、素晴らしいものはない」と幼い頃から盲目的に吹き込まれ続けてきた若僧だから、金閣寺で修業をするということは夢が叶う出来事だったのだろう。でも、日常の出来事は夢の世界とはかけ離れた、低俗なことばかり。金閣寺さえあれば常に幸せだ、と信じ込まされていた若僧の心が次第に廃れてゆき、いつしか金閣寺の夢物語に限界を感じていったのも分かる気がする。——わたしをいつの日か迎えに来てくれる、白馬の王子様なんかいないんだ。そう分かったとき、彼女は現実をわきまえる大人の女性になった。——この僕を救ってくれる金閣寺なんて幻想だったんだ。そう知ったとき、次に進むためにも若僧にはやらなくてはいけないことがあった。金閣寺への放火は、吹き込まれてきた幻想を否定するための必死の行為。罪悪感なんて彼にとっては二の次。自分をすっぽり包んでいたまやかしを打ち破らなくてはどうにも明日を生きることができないのだから、やらなくてはいけないことじゃないか。この愛はもう終わりにしないといけない。だから若僧は金閣寺に放火した。あの憎たらしい存在を拒否するため。自分を押し留めるあの敵を崩壊させるため。幻想に火を付けたことでようやく若僧は自分の気持ちに整理がつき、次の愛に進むことができたのだろうな。それは歪んだ愛でした。人が愛を壊すとき、その行為は時として乱暴なものになる。若僧の放火は社会的には許されない破壊行為だが、彼個人にとっては愛の終焉のためのやむない営みだったのだから。ただ、愛の対象が人ではなく金閣寺だったというだけのこと。異性や人への愛ではないので、分かりづらいかと思いますが、歪んだ愛の表現がこの三島由紀夫の金閣寺という作品にはあります。

----

32nd Birthday
2009/03/03 18:47:00

32才になりました。なんだかこの誕生日は平凡のくせに特別で、年をとったという意識はないのに、やりたいことが一杯頭に浮かぶ。今年はイベントが盛りだくさんだよ。・一眼レフで写真を一杯撮る・アウトドア、山登りを楽しむぞ・小説と写真の融合アートを実現しよう・小説の応募を再開してみようか・ホームページとブログのアクセスアップ・9月にはやっと大学卒業だ・仕事は全て引き受けて、貴重な経験を重ねておこう・今年こそ、子供を授かりたいなう〜ん、どれも大事で、楽しみ。実りある一年になりそうだよ。だから今年は走り続けるのみ。

----

恋愛のフルコース
2009/03/03 19:13:20

結ばれるだけが恋じゃないさ。

うまくいきっぱなしのままじゃ、恋の一部しか味わってないさ。

失恋もまた恋。もちろん、結ばれるのは恋の醍醐味だけど。

出逢い結ばれ、傷つけ合って別れ、それからいくらか時間をあけた後で

また結ばれるのなんか最高だね。

激しく愛し合った最初の頃の真っ直ぐな思い出だけじゃなくて、

別れの辛さ、相手がいなくなった後の喪失感、

やはりあの人だったという強い後悔。

そこら辺を知ったうえでもう一度出逢いたい。

そうして再会した後は、愛に深みが出ると思うんだ。

そういうのが、恋愛のフルコースなのかなぁ。

世の中にはお互いが初恋で、

長年付き合ってそのまま結婚したという二人がいる。

お互いが運命の人だったと気付きながらも、

もう二度とは結ばれることのない二人がいる。

恋に恋したままの空想恋愛中の人とか、

出逢いは軽いナンパでも最後までゴールインする人たちとか、

お互い憎まれ口を叩き合いながらも常に惹かれあっている二人とか。

どれが良いかなんて答えが出せるはずもないね。

どれもうらやましくて、どれも退屈でイヤだ。

だって、当人同士にしか分からないのが人の愛のカタチだから。

愛し合うだけでもヤダ。失恋だけでもヤダ。

より深く愛し合いたい。それには恋愛のフルコースがいいって思う。

美しいことも、悲しいことも、どれも味わって、

恋愛のフルコースを味わってみたい。

贅沢な夢。ひとつの理想の愛のカタチ。

----

愛のあるセックス
2009/03/03 19:15:00

愛のあるセックスのためなら、金も仕事も生活も、犠牲にしよう。だって、人間唯一の救いだから。人の生き様で、最高のものは、愛のあるセックスだと思っているから。この薄い肌一枚を通して、愛する人と抱き締め合う時間は夢のよう。何物にも代え難い、生きていながらの夢、一生がそこに凝縮している。それが永遠に続けばいいけど、命あるものには必ず終りがある。時として人は愛に狂い、代理愛人のようになることもある。愛のあるセックスは、一生は続かないんだ。だから夢がそこにあるうちに、愛のあるセックスを数多く。そうだ、愛のあるセックスは、時を待たず、儚く散ってしまう満開の桜のよう。ためらわず、愛のあるセックスに走る瞬間は本物。愛のあるセックスならば、狂ったセックスマシーンにもなろう。

----

嬉しい誤算
2009/03/06 18:50:46

嬉しい誤算。今日、大学の卒業決定通知が届いていた。

Oh, God !!
すっかりあと2単位足りなくて卒業は9月まで持ち越しだと思っていたのに。

2000年から始めて、9年もかかりました。
ようやく大学卒業の資格を得ることができました。

ここ3年間の長期休暇は、勉強合宿して頑張ったもん。
えらかったな、僕。おめでとう。

勉強は続きます。
3年後は、大学院の通信教育をとって、さらに勉強したい。

ついにこの日が来たよ、憧れた学士をゲットだ。
学歴コンプレックスを解消した、記念日だね。

----

川売 梅
2009/03/07 18:00:00

3年ぶりに訪れました、川売の梅。花粉症がとっても辛かったけど、川売を歩くとまるで桃源郷。梅の花が満開で、ちょっとしたパラダイスだよ。D90を首からぶら下げて、今日も快晴のお散歩日和。ちょっと写真に慣れてきたら、次はもっと良いレンズが欲しくなる。まだまだ技術なんて伴ってないのに、交換レンズ買っちゃおうかなぁ。そう考えてウダウダしている時間が、とっても幸せ。

----

タイ料理 サバァイ
2009/03/08 19:53:00

豊田市梅坪のタイ料理・サバァイ日本の家庭的な味も取り入れつつ、緑カレーの心地よい辛さ豊田市はトヨタがあるから、世界中の人たちが集まってる各国料理が食べれるのは、とっても嬉しいことだねタイ風やきそば"パッタイ"も、なかなか美味しかったです!

----

平戸橋公園
2009/03/14 18:10:00

とうとう買いました、交換レンズキットレンズの"AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR"じゃ我慢できず、"AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR"を買ってしまった初撮りはどこで?朝は雨だったから、夕方から近所の平戸橋公園を散歩16mm広角レンズの威力ってすごいなぁ〜明日は本格的な試し撮り旅行ですから〜一眼レフに心躍らせる、最近の週末

----

コラッジョ 名古屋 星が丘 ☆☆☆
2009/03/14 20:24:00

名古屋・星が丘のイタリアン、コラッジョ

ようやく出逢えたよ、ミドルクラスで、とびっきりのイタリアン

前菜からカキやチキンで、とっても手が込んでいる

パンもフォカッチャも満足です

ランチにニョッキを出してくれるイタリアンなんて久しぶり!
ニョッキの数は少ないけど、美味しいです

具材にこだわりあるんじゃないかな

イカもミニキャベツも美味しかったよ

ドルチェも文句なしのお味で

これで2,100円のランチコースですもん

お得感があるのに、味は一流 何も文句がない

ミドルクラスのイタリアンの中じゃ、抜群じゃないかな

料理も、店の雰囲気も、トイレのキレイも、

どれも完成されたひとつのアートだと思った

何度でも行きたくなる

そんなイタリアンの名店、コラッジョでした

----

郡上八幡 写真
2009/03/15 18:20:00

デジタル一眼レフを買ってから、毎週末が楽しみでたまらないNikon 16-85mmレンズに替えて、初撮影はどこにしようか以前にも訪れたことがある、岐阜のあの素敵なふたつの町にした郡上八幡の水のせせらぎを撮ろうと思った肉桂玉をほおばりながら歩く郡上八幡の清潔さが楽しくてそれから美濃のうだつを見に、車を南下させる以前撮った写真と全然レベルが違うよ!やっぱりデジタル一眼レフの効果は抜群で、なんだか嬉しい気分になった天気も良かったし、レンズの具合も良かったしこんな幸せな毎日が続いていることに感謝。

----

大学卒業祝い
2009/03/16 18:51:31

嬉しいことがあった

両親に通信教育の大学を卒業できたよ、と伝えたら

僕の大学卒業祝いを、両親が送ってきた

中にはお祝いの大金と、温かい手紙

「嬉しい春のニュースが届きました
どうやってこの嬉しさを伝えようかと考えましたが
お祝いを包みますので、旅行の足しにでもしてください」

どうやら本当に喜んでくれているみたい
それが伝わってきて、僕まで嬉しくなっていたよ

だからお返しを送ったよ

郡上八幡で買ってきた最中と肉桂玉

3年後には大学院も通信教育で受ける、って
写真も同封して手紙を送ってあげました、両親はメール見れないし

そうだよな、社会人しながら通信教育で大学の資格とったって
結構大きなことだよな

なんだか自分以上に両親が喜んでくれていて、僕も嬉しかったよ

----

六華苑 写真
2009/03/21 18:25:00

週末になると身体がうずく、いい天気を見るとカメラを持ち出さずにはいられない今日は桑名市の六華苑や多度大社までドライブして、洋館を撮った構図は決まる、だいぶD90もつかいこなせてきた次はもっと違う場面でカメラを操れるようになろうかな夜空の星を、波打ち際のしぶきを、燃え盛る炎をそれから!僕は本来は小説家なのだから、写真ばっかりじゃなくて、小説も書かないとねデジタル一眼レフの楽しさに最近なまけていたが、次のアート活動をしよう尊敬する布袋寅泰さんが言っていたよ「芸術こそ我が命。創造こそわが人生。」そうだ、僕の次の夢は、小説と写真の融合それに向かって、走り続けるのみ

----

旬仙 豊田市 ☆
2009/03/24 19:38:00

豊田市の和食ランチといえば、旬仙でしょう

見るからにもヘルシーで、四季の素材がいただける

これで¥1,050だというのだから、ちょっと驚いちゃうよね

ミドル・エイジの奥様たちに大人気で、ランチの時間帯は

彼女たちの賑やかな声で一杯

赤味噌の味噌汁も美味しく、値ごろ感は抜群

美味しい和食ランチといえば、豊田の旬仙

何度でも行きたいな

----

じゅんちゃん ラーメン 豊田梅坪 ☆
2009/03/28 20:14:00

豊田梅坪のじゅんちゃんは、美味しいラーメン店

愛知に居ながらにして、本格的な札幌みそラーメンが食べれるもん

この味噌みそラーメンが美味しいんだなぁ〜

味噌スープが絶妙だし、太麺がからんで美味しい

こっちの「純ラーメン」は、醤油ベースのはずなのに、味噌っぽく感じる不思議な味

さすが豊田の人気ラーメン店

いつ訪れても、がっかりすることはない味ですねぇ

----

K-1 WORLD GP 2009 横浜
2009/03/28 22:55:40

テイシェイラは、手堅すぎてあまり楽しめない。
強いのは分かるよ、デビューから1年でジェロム・レ・バンナに判定勝ちだ。
世界に通用する選手になったのは分かるが、武蔵みたいにつまらないファイターにはなって欲しくないな。
期待しているから、アグレッシブに攻撃してよ、って言いたくなっちゃう。

それにしても、アーツの強さにはびっくりした。
エロールのバネのある動きが、いつかアーツをKOするんじゃないかな、って思っていたけど
終わってみればアーツの圧勝じゃないか
どうやったら、あれだけの闘志を持続できるのか・・・
長く続けている人には、それだけのものがあるのですね

シュルトは、まぁ、どうでもいいや

前田慶次郎にも驚いたなぁ!
さすがは傾奇者、あんな派手な髪型なのに、メルヴィンをワンパンチでKOした所を見て、
目が点になっちゃったよ
ありえないでしょう、サキまで封じ込めてのKー1ヘビー級王者だってね
K−1じゃ、無名に近い方だったのに、まさかの王冠ゲットだ
期待しているよ、王者になって急に強くなった例が、シュルトやレミーだから、
前田慶次郎も、王者の貫禄で、一息に強くなって欲しい

待ちに待っていました、レミーVSアリスター
僕がK−1/総合で、美しいと感じていた二人の勝負なんて、贅沢すぎて笑っちゃう
結果は、なんだかレミーの攻撃に生彩がなくて、それってヒザを痛めていたかららしいけど
もっとアグレッシブなファイトを期待していたから、不満気味です
アリスターがあの筋肉美で、強引に距離を縮めていく姿は美しかった
それだけで、僕の心は震えたもん

僕にとってK−1や格闘技に見る美は、↓こんな破壊の美です
暴力を見て血が騒ぐのではなく、美しいものを見て、心を震わせています

----

阿寺の七滝 写真
2009/03/29 18:31:00

金曜日は9時に寝たら、土曜は朝6時に目が覚めたいい出だしだ、一日を有効活用できる豊川ICまで向かうと、朝からちょっと渋滞してるそうだよ、高速¥1,000円の初日だもんねまず最初は"阿寺の七滝"に着いて、朝9時の無人の滝だから、自由に撮影どう?あなたは、どっちの滝の色が好き?D90のスローシャッターに夢中になり、何枚も何枚も試したシャッタスピードと絞りの関係、ISOの大切さ、ホワイトバランスとか1時間ちょっとは夢中でカメラを構えていたみたいこういう無心の時間が、何よりもクリアイティブで得がたいものでしょそれから鳳来寺山の石段を登って、鳳来寺東照宮を訪れる疲れたから湯谷温泉の「うめの湯」に浸かり、これからの創作活動のことずっと考えてたもっと動こう!もっと自分の活動をアピールしていこう!そんなことを思いつつ、土曜日のクリエイティブタイムは終わったのでした

----

レミーとアリスターの美醜
2009/03/29 23:34:08

K-1ストライカーの美、レミー・ボンヤスキー
総合格闘技ストライカーの美、アリスター・オーフレイム
この二人が戦うと聞いて、私の心は震えた

両者とも、クリンチやディフェンシィブな中途半端な戦いはしないし、
どちらかと言えばアグレッシブで、かつ美しい攻撃をしてくれるから、
私の好きな詩的ファイターだった

美しく破壊してよ!どっちが勝ってもいいから、KOではっきり破壊してよ!

K-1WGP2009横浜のメイン試合、レミーとアリスターがグローブを合わせた時に、
私の興奮は頂点に達していたみたい。

ステロイドの作られ筋肉?と言われても、アリスターがあの美しくビルドアップされた肉体で、総合格闘技のスタイルのまま、レミーの前へとすり足で出ていく姿は、美しかった。

ただ、試合結果は残念だったよ。
結果、ダウンはあったものの、もっと決定的な攻撃で決着はつかなかったから。

アリスターが大ぶりなパンチで近寄っていく。
レミーは得意のディフェンスでそれを吸収しつつ、攻撃を返すが、
アリスターの筋肉がそれを吸収してしまっているような。

詩的ノックアウトなら、最後のレミーが奪ったダウンが致命傷になれば、
言う事なしだったけど。

まぁ、判定勝利だったからわずかに美を逃したけど、それなりに良い試合だったでしょ。

最後に醜があったな。
判定後、レミーがアリスターへ、オスカー賞のトロフィーを返そうとした時、
アリスターのセコンドが、トロフィーを跳ね返したもん。

あれは醜かった。
アリスター本人が、笑って受け取ったら、そこで美は完結していたのに、
つまらない幕切れとなった。

それが残念で、とっても残念で。

レミーとアリスター戦に見る美醜でした。

----

奥山田 しだれ桜
2009/03/30 23:00:00

最近の仕事はどーよ?僕は、割戻と予算の件で最大のピンチを迎えたものの、結局はなんとかなったみたい1月から続いた年間の仕事のピークを無事終えましただからなのかな、今日は残業時間を減らすために早上がりして、岡崎の奥山田のしだれ桜を見に行ってきましたそれから、松平郷と高月院へどちらも劣らぬ桜の美しさ、心和む時間でした一眼レフを持って、桜を追いかける、なんとも幸せな冒険だなぁ

----

京都 桜写真
2009/04/04 23:21:00

この週末で京都に行ってきたよ桜が咲く時期だと思うと、居ても立ってもいられなくなった一眼レフで京都の桜を撮りたいと、心も身体もうずいて京都には何度も行っていたから、今回は行ったことがない場所をセレクト初日はあいにくの雨だったけど、清水寺から高台院、八坂神社と祇園白川を歩いた桜はまだ満開じゃないし、残念なのは雨だったことそれでも写真は映える、風情のある京都の桜ですね何が驚くって、寺や公園だけじゃなく、街中にも京都らしい専門店がたくさんあって、街中に日本の美が溢れているってこと一年ぐらい京都に住んで、隅々まで京都を見てみたいなぁ雨の京都、春にしては寒かったけど、初日から京都にどっぷり漬かった感じ

----

京都 桜名所 写真
2009/04/05 23:52:00

二日目は、待望の青空二条城、大覚寺、常寂光寺、天龍寺、嵐山と周った二条城に行ったのは、もう17年ぐらいぶりかな、中学生の時に板垣君とふざけて歩いた記憶がある大覚寺は気に入ったよ、あんなに大きなスケールの別荘、避暑地ってないし、そこに詩的があるのだからね桜に魅かれて、嵐山は多くの人々で一杯みんなが楽しそうで、天気もいいし、幸せな空気が漂っているいっぱい写真をとって、美味しいものも食べて、桜も満喫、身体は疲れたけど、心は満たされたなぁそんな京都の桜旅行でした

----

豊田市 桜
2009/04/07 22:51:00

週末は京都の桜を見に行っていて、愛知に帰ると近所の桜が見ごろを迎えていたこの週末まで待ったら散ってしまうなと分かっていたから、朝早起きして、出勤前に近所の桜にカメラを向けるほら、水無瀬川の桜が、水源公園の桜が、こんなに可憐に咲いてくれている早朝のカメラも悪くないいい一日になりそうな、そんな心持ちにさせてくれる、朝のアート活動でした

----

猿投 桃
2009/04/11 23:23:00

たった一週間で、もう桜は逃げちゃった土曜日の朝、早く起きて緑化センターの桜を見に行くと、もう桜という渡り鳥は別のところに飛んで行ってしまったみたい猿投の桃の花はどうかな?と思って行ってみると、いいや、桃は満開じゃないか26℃もある、暑い春の日最近カメラに夢中で、久しぶりにRUNをしたら、身体が全然ついていかないGWには御嶽山に登りたいから、これから毎週トレーニングだNIKEの新しい運動用サングラスを買って、それがまたRUNに楽しみを追加してくれる愛知牧場のソフトクリームも、ジェラートも美味しかった30℃近くまで気温が上がるところもあったみたい冬から夏へ、はっきりと線を引いてくれた一日でしたこれから夏です、アクティブに行こう!

----

トスカーナ 美濃加茂 ☆
2009/04/12 17:49:00

日本のイタリアンレストランって、どうも勘違いしている

僕がイタリアを旅行したときに立ち寄ったイタリアンレストランは、どこもとても気さくで、大雑把なものだったから

日本のイタリアンの繊細で、美しくて、高級な感じも好きだけど、たまには本場イタリアンのような、ゆる〜い味が食べたくなっていた

偶然立ち寄ったここ美濃加茂のイタリアンレストラン「トスカーナ」は、イタリア人オーナーが本場イタリアのカラーを全開に出していて、本当にテキトーなイタリアを体現しているじゃないか!

好きだよ、こういうイタリアン
なかなかないよ、こういう本物のイタリア

ピッツァコースが一人¥1,300なのに、お二人様コース¥2,600だと、ピッツァにパスタ二品がついて、しかもどれも量が凄い、男性でもお腹いっぱい

料金設定もおかしいでしょ、ピッツァコースを倍にしたら、追加なしにパスタが二品もついちゃった
自由だなぁ、平和だなぁ

イタリアンの二つ星にエントリーさせていただきました

味が二つ星じゃないよ、本場のイタリアンって、大雑把な味だから、繊細な日本式イタリアンになじんだ舌では、あまり美味しくは感じない

それでも本場のイタリアンを忠実に体現しているこの「トスカーナ」が好きで、とても印象的で、二つ星にランクインさせていただきました

----

下呂 桜写真
2009/04/12 18:33:00

桜の週末、ウキウキ気分で下呂温泉方向に車を走らせるだって桜の週末だから、下呂の苗代桜という古い桜の大木が昨日・一昨日と満開を迎えていて、夜はライトアップされて、それはそれは美しいと聞いたから一眼レフを持って、初めての夜の撮影に出かけようと夢中だったお昼は美濃加茂のイタリアン・トスカーナで、お菓子に養老軒のふるーつ大福なんて買って、どれもおいしくてご機嫌桜満開の下呂路、ドライブしていて気持ちが良かった日本はどこにでも桜が咲くのだな、わざわざ植えなくても、わざわざ出かけて見に行かなくとも、地方に行けば日本はどこでも桜だらけ、それが日本の美下呂温泉合掌村を見て、それから温泉に入って、ちょうど夕焼け前のいい時間になった苗代桜の写真なら、真っ暗な夜よりも、夕闇とライトアップが重なるわずかな時間の方が美しいと思ったから、夕方6時に苗代桜までルンルンで車を走らせると・・・道路から見る苗代桜は、すっかり花びらを散らせていたえっ、今日一日で9割方の花びらがいなくなっているじゃないか!これじゃぁ、撮る意味なんてないよ!すごくがっかりしてそこまま帰路についたあ〜きまぐれな自然が相手だとはいえ、たった一日で、わずか一日でマックスからミニマム、季節を逃してしまうとは来年、必ずリベンジだそんな僕の、桜の終末

----

神戸屋 豊田
2009/04/18 19:22:00

豊田の神戸屋本店でランチ今日も初夏の天気で、朝方は緑化センターで詩を書いていたら、青虫が出てきたのにビビって、でも夏を感じたここ神戸屋さんのハンバーグは美味しくて、牛肉もたまらなく美味しいお腹一杯って、単純に幸せ家では、このハンバーグは作れないなぁ神戸屋さんオリジナルの味がする

----

彦根城 写真
2009/04/19 23:36:00

仏像マニアの僕だから、今度は滋賀県の仏像の旅に出てみた向源寺の国宝・十一面観音菩薩立像仏像ガイドブックのトップを飾るような有名な仏像感想は・・・素晴らしいの一言得たものがあったんだ、微妙な動きで魅せる美学、美学、美学あれを僕が小説や写真で表現しようとすると、なかなか出来るものじゃないいや、そうは言っても感性を刺激されたから、いつかどこかで僕なりに表現してみよう彦根城が素敵だったなぁ、桜満開の季節にいつかまた訪れたい玄宮園の日本の美、ひこにゃん音頭が楽しいし、たねや彦根分福茶屋のつぶら餅、合わせて彦根城の魅力がぎっしり天気も良く、満足な週末になりました、心落ち着かせてくれる貴重な時間、一緒に行ってくれた人とマイ・カメラNIKON-D90にありがとう

----

仕事のストレスとかプレッシャーとか
2009/04/25 16:09:54

この4月の仕事が一番きつかった
3月末に新しい制度をつくったでしょう、そうしたら特に細部の運用をどうすればいいの?っていう質問がいっぱい、いっぱい届いて

何が厳しいって、その細部の内容を上司に噛み砕いて説明して、理解してもらって、判断してもらうプロセスに困った
上司がどうこうじゃなくて、自分の中でその問題を改めて認識して、昔からのやり方を踏襲するのではなく、どうするのが本来の姿なのかを考えて、今後の案を作成する、そのプロセスに困った

だって上司に提案しても、過去を知らない人だから新規で考えるとおかしい点がいっぱい出てくるのでしょう、それを指摘されると僕は上手く答えられず、どうしようと考える間に現場からは催促、なんとかしてよの声、本当に苦悩の月だったよ

夢にまで出てきそうな悩み、通勤ドライブ中じゃそのことを考えっぱなし
きつかったなぁ、本当に心が折れそうになったし、こんなに悩みに悩んだのって仕事では初めてのこと

それが今週でだいぶすっきりして、迷いがなくなった
プレッシャーが人を育てる?ストレスを克服して人は大きくなる?
そうなんだろうけど、こんなことあまり続けたくない

そのうちに笑って話せるようになるのかな、辛かったこの一か月を

----

平等院鳳凰堂 写真
2009/04/26 23:07:00

仏像のスタンダード、すべての基準となるもの平安貴族が好んだだろう温和な表情、極楽浄土ってイメージ平凡っていうよりも、ある分野の仏像の最高傑作それが宇治の平等院鳳凰堂の、定朝の阿弥陀如来像平等院は一昨年に来たことがあったけど、あいにくの平成大改修中で、阿弥陀如来像に逢えなかったんだそれからずっと悔しかったけど、藤の花の季節ということもあり、もう一度宇治を訪れたあいにくの雨、それでも仏像のひとつの完成系に逢えて、僕は感激だったよ抹茶の町、源氏物語の舞台、宇治ってそんなところ抹茶アイスを食べて、宇治抹茶をお土産に買って、宇治上神社や源氏物語ミュージーアムをそぞろ歩き何度訪れても京都には心奪われる僕の探している日本の美って、主に京都に住んでいるヤツみたいです

----

らうめん将也 豊田市
2009/04/29 18:25:00

豊田市上豊田の「らうめん将也」にて、野菜味噌ラーメンをいただく感じたのは、王道だということテクニックやアートに走っているというよりも、ラーメンは食事だと、とっても当たり前なことに忠実麺はおいしく、野菜炒めもたっぷりで、味噌スープも納得お腹を満たすために、またここに寄りたい「うまいラーメン屋」って感じね、「らうめん将也」さんは。

----

御嶽山 登山
2009/05/01 17:50:00

冒険心がうずいて、春の雪山を歩こうと色々思うとこあって、御嶽山を選んだよここは3年前に登山した経験があって、その時の失敗を取り戻すため様子は、ホームページの「御嶽山」にたくさんの写真入りで乗せていますしかし、身体はボロボロ、雪焼けで肌はヒリヒリフルサイズの冒険をしてきたな、と素直に思える一日でしたカメラマンと物書きのセルフコラボ、写真と小説の融合この春一番の大冒険さぁ!

----

アロマフレスカ 名古屋 ☆☆
2009/05/02 18:16:00

東京麻布十番のイタリアン「アロマフレスカ」が、名古屋栄にお店を出している

東京にいた頃、さすがに高くて行けなかったイタリアン

名古屋なら予約も取れるし、念願かなってようやく訪れる

フォカッチャが美味しいと思った

良い店はパンから楽しみが始まるもん

メヒカリと筍のフリット、塩をつけて食べると絶妙でした

三河鳥にもトマトにも、すっかり満足されられて

サフランのパスタなんて初めてだよ、なんかパスタの種類としては美味しくないけど、この料理自体はとっても美味しかった

タリアテッレは定番だから、文句つけようがありません

もちろんデザートも素晴らしく、トータルで納得のイタリアンランチでした
写真は¥3,500のランチ2人分ですよ

この手の洗練イタリアンの最高峰でしょ
気配りと素材・味付け、いずれも最高の仕事をしていますね

しかし、僕のランキングでは☆☆でした
☆☆☆には一歩とどかない

それって何だろう、自分でも不思議
価格とのバランス?お得感?
それもあるけど、二号店ではできない冒険心かなぁ?

いえいえ、名古屋最高のイタリアンで間違いないです

----

シェ・シバタ 覚王山 ☆
2009/05/03 18:59:00

シェ・シバタ chez-shibata は、多治見に本店のあるケーキ屋さん

3年前に多治見本店にも行ったけど、名古屋市覚王山にも店が出たから、あの美味しいケーキを食べに訪れたよ

ショーケースを見るだけで分かる、クオリティーの高さ

アート系ケーキショップでは、かなり上位ランクですね

バター塩キャラメルのエクレアも、モンブランも、複雑に味が交差した精巧なものでした

名古屋の美味しいケーキ屋のチョイスが増えて、嬉しいです

----

飛騨高山中華そば やよい ☆
2009/05/04 15:30:00

飛騨高山中華そば「やよい」の、中華そば

醤油味のスープが美味しくて、出てきたら僕は麺も食べずに、一気にスープをすする

それから細麺も良い具合で、全体的に満足の高山ラーメン

水どころだからでしょう、高山のラーメンが美味しいのは

----

飛騨高山 写真
2009/05/04 18:00:00

高山は二度、訪れたことがあったでも、GWの高速渋滞にいじめられたとはいえ、初めてじっくり歩く高山の古い町並みには、惚れ惚れしたなぁ三之町町並だけじゃないよ、ふとした道にも小京都の風情が灯る僕のカメラはフル活用ですよん、あっちを撮って、こっちを撮ってやよいの飛騨高山中華そばを食べ、吉ぽうの飛騨牛めし丼を食べる食も楽しみで、日本酒や赤かぶをお土産に買って帰ったよ楽しかったなぁ、高山の古い町並みって。

----

吉ぽう 高山 ☆☆
2009/05/04 18:30:00

高山市にある、「味処吉ぽう」の飛騨牛めし丼

飛騨牛の柔らかさには驚いてしまう

このためにわざわざ車を飛ばして高山まで来る甲斐がありました

人気のお店だから、吉ぽうさんは夕方にもなれば、店の外で行列が出来ていた

並んでも食べたい、そんな美味しい飛騨牛めし丼

----

ドルチェ・ヴィータ 豊田市 ☆☆
2009/05/09 21:10:00

豊田市のドルチェ・ヴィータ

ここは、マイランキングで豊田市で一番美味しいイタリアン・ピッツァの店

何がいいって、普段使いのベスト・イタリアンになってくれるところ

洗練しすぎてるイタリアンでもなく、鈍くさい味でもない

普段使いに絶妙な、ミドルクラスっていうか、普通の美味しいイタリアン

土日のランチは、ここのマルゲリータを食べないと収まりつかないな

もちもち系の、しっかりした生地は食べ応え感抜群です

もう何回とランチに訪れただろう

何しろ普段使いのベスト・イタリアンだから、これからもずっと食べちゃいます、ドルチェ・ヴィータのピッツァ

----

牧之原 写真
2009/05/10 23:34:00

最近色々行っているから、行く場所がなくなってきているでも探せばあるもので、お茶の産地・静岡県の牧之原へ牧之原へ近付くと、東名高速の脇はもう新緑の茶畑色に染まっているここら辺を通るたびに気になっていた、降りてみたかったお茶を味わい、お茶菓子を食べ、お茶を買い、お茶を撮るんー、これって牧之原の正しい楽しみ方だよねーそれから風に乗って御前崎までドライブだよカツオとシラスで有名な漁港まで行ったり帰りがけの浜名湖のサンセットは美しかったいい季節だな、夕方になると暑くもなく寒くもなくまるで天国、幸せな休日の牧之原お茶ドライブでした

----

ラ・ティーナ 岡崎 ☆☆
2009/05/16 21:58:00

岡崎の田園地帯に、小さなイタリアンレストランがあります

個人の家を改装した、たった十数席しかない、シェフこだわりのお店

予約必須だから、張り切って予約して向かいましたよ

ほら、前菜を見てもう分かったよ

こだわりのお店、シェフが隅々まで気を配って創ったアート・レストラン

あさりのトマトソースベース、パスタの硬さが絶妙でしたよ

そら豆とペンネ、クリームベースのソースもペンネも最高です

デザートがパンナコッタとティラミスという二大デザートスターだもんな!

全体的に、¥1,450に似合わないぐらいに美味しいし、お得感がすっごくある

こういう風な、何もかもに情熱を注ぎ込んだお店は大好きなので、すっかり好きになりましたよ、岡崎のラ・ティーナさん

----

安曇野 写真
2009/05/23 23:11:00

長野が近いことに気がついた高速千円の恩恵だよね、豊田市から2時間ちょいで長野の松本市や安曇野に着くそう考えたら、美味しいおそばを食べたくて、わさびの安曇野を訪れたくて、中央高速を走ることにした南アルプスの残雪が美しく、僕は先月登った御嶽山を思い出しつつ、また山に登りたいって思ったよ安曇野の田園風景が、初夏の今は特に美しく、緑が眩しい心地よい風に乗って安曇野の大王わさび農園「そば処 大王」で、ざるそば大盛りを頼むわさびだけで口に入れても、まぁ辛いんだけど、味を感じるぐらいに美味しいそばの味にも満足して、これから美味しいそばが食べたかったら2時間割いて長野に来ればいいなぁ、って思ったそれから穂高温泉の足湯に入って、安曇野をドライブしてはソフトクリームやパン屋さんを訪ねたりした野沢菜が美味しくて、おやきが美味しくて、なんか美味しいものを食べてばっかり大きなモンベルの店舗があり、欲しかったツバの広いサハラハットを買ったそれから松本市内へ車を向かわせて、松本城の写真を撮りまくり松本PARCOをブラブラして、あとはゆっくり中央道を帰りました楽しい一日になったよ長野県も素敵だな、愛知にいると東は三河や長野、南は静岡、西は三重も京都も奈良も、北は岐阜と、遊べる場所が一杯ある長野をとっても身近に感じたから、また長野を訪ねて中央道を走りたいな

----

ハーフマラソンを走る?!
2009/05/24 23:53:33

急遽、ハーフマラソンを走ることになった

付き合いだよ、仕事みたいなもの
知らない仲間の輪に入ることが、イヤでイヤでイヤで、
でも逃げられないから、走るなら本気で走ろうって思った

だから週末は長めに走って、準備のつもりだけどバテバテ、当日大丈夫かなぁ

夕方、四谷の千枚田を見に行った

5月末の夕暮れ時、田園風景と夕闇が重なる時は格別に美しい

その最高峰になると思って四谷千枚田で写真を撮るために

着いて気付くと、落日の方向が山陰になるからあまり絵にはならない
せっかくだから様々に写真を撮って、カメラマン気分

リラックスできる、静かな時間でした

----

山中湖ハーフマラソン
2009/05/31 21:29:00

人生初めてのハーフマラソン、山中湖で行われたハーフマラソンを走ってきましたよ結果は1時間57分43秒、どうやら3540人中1890位らしい辛かった、とにかく辛かった最初は1kmを6分切るペースで考えていたら、はしゃいじゃって、最初は5分から4分47秒のペースになった「これでいけるぞ?」と思っていたら、7km付近の登り坂でダウン辛すぎて立ち止まって、歩いて呼吸を整えるそうしている間にも、後ろから壮年ランナーや仮装ランナーに抜かされるのが悔しいあとは1km6分のペースを守って走ったが、13kmぐらいが一番辛かった心肺は大丈夫でも、全身から力が抜けて、股関節が痛くて、本当に永遠と思うかのような長い長い距離ライバルたちには抜かれていくし、思ったより自分って早くないしラスト3kmぐらいでスパートかけようと思ったけど、身体が言うことを利かないよ、スパートっていうレベルじゃないよなんとか2時間は切る!っていう目的に変更して、最後頑張ってなんとか2時間を切ったのでよしとしよう思いがけない経験になった、僕ってもうあまり素晴らしいランナーじゃなかった、自分を知る貴重なひと時だったのかなぁでももう走りたくないです、ハーフであれだけ辛いのにフルマラソンってどういうこと?!天候は曇り時々雨、爽やかな風の吹く、山中湖でした温泉に入って帰りましたが、車は渋滞激混み、参加したパーティーは初顔ばかりで、かなり苦痛な時間だったけど、ハーフマラソンは楽しい経験になりました〜

----

いざさ寿司
2009/06/06 21:30:00

奈良といえば、柿の葉寿司中谷本舗の「いざさ寿司」というブランドのものをいただきましたが、さすがのお味ですご飯に染み込んだ柿の葉の香りが、美味しさを引き立てるなぁ

----

わらび餅 千寿庵吉宗 ☆
2009/06/06 21:41:00

奈良公園近く「千寿庵吉宗」のわらび餅は絶品!

大体が、お店の外観から美味しさが伺えるほど、クラシックな店構えですから

この柔らかさは初めてのことで、こし餡が練りこまれた、水ようかん風

クラシックな和菓子の中では、最近にないヒットだったよ!

----

大和三山 どら焼き
2009/06/06 21:52:00

ディズニーランドのマーク入りのお菓子かと思ったら、奈良らしい「大和三山」っていう、どら焼きでした奈良の天平庵さんも面白いことするなぁ、ディズニー風の和菓子なんて(ウソです)味は餡子しっとり、美味しいどら焼きです

----

東大寺 写真
2009/06/07 20:04:00

奈良を訪れてしまいました。今回はちょっとビジネスの香りがあって、最近あまりに奈良の大仏様関連でアクセスと稼ぎが多いものだから、デジタル一眼レフでの写真に差し替えたいって思って、それでまた奈良の東大寺への週末旅行ですよ。奈良の大仏の大きさを写真に収めたら、奈良公園や興福寺・春日大社を歩いて、柿の葉寿司とかわらび餅とかも味わっちゃって。歩き疲れたけど、一度行ったことがある場所なのに一眼レフで撮る写真はとても新鮮で、心地よい奈良の一日だったよ。JR奈良駅隣りのスーパーホテルLOHASに泊まったけど、素晴らしかったなぁ、無駄を省いて料金を低減しているのに、スタッフの対応・部屋・温泉・朝食・料金すべてにおいて文句のつけようがない。夜はフラフラと東大寺戒壇院や大仏殿・興福寺を歩いて、夜景をカメラに収めるのも心地よかった。二日目は新薬師寺のバサラに逢って、秋篠寺の伎芸天に逢って、僕の小説「奈良アートボックス」のイメージを高めつつ、西大寺と薬師寺に寄って、最後は長谷寺の登廊で写真をバチバチと撮って終わり。何がしたかった、って、僕が日本の美を感じた奈良の写真を一眼レフで撮ったものに更新したかったのと、「奈良アートボックス」に小説と写真の融合を与えるための写真の材料が欲しかった。それと最初に行った奈良の大仏様ビジネスの拡大ね。なんだか新鮮味の薄い旅ではありましたが、いずれも目的が果たせて満足だったよ。奈良はやっぱり、日本の美に溢れた素敵な場所だなぁ。

----

仕事の悩み
2009/06/14 20:03:45

仕事の悩みって、今は一番困っているのは残業ができないこと。
不況になって一般的には仕事がない世の中だけど、僕の仕事としてはその不況の変化対応で山ほどやることがあるのに、全社的な残業禁止令で、僕まで残業ができない。

やらなくちゃいけないことは、山ほど上から降ってくるのに、それに対応している十分な時間がない。
自然と仕事のスピードが落ちて行って、上から「あれどうなった?」って言われても着手できていないことが多く、自分でも歯がゆいほどに、自分の仕事のスピードが鈍っている。

そのくせ上司に決裁をもらおうと行っても、十分な検討のための追加材料を求められるだけだし、残業ができないなら完全な情報でなくても見切りで決裁してもらえればいいのに、そこら辺の仕事の進め方は変わっていない。
そうだな、会議の時間も相変わらず長いし、なかなか仕事が進展しないよ。

詩的日記に愚痴は美しくないけど、こんな悩み、不況の今でしか考えられないはずだから、ついつい書きたくなっちゃった。

----

レッドクリフ パート2 感想
2009/06/14 20:35:00

奥さんが映画の無料券を当ててくれたので、レッドクリフ パート2を見に行きました。中学生の時に三国志マニアになってから、大人になっても三国志が大好きで、自分でも夏侯覇や太史慈を主役にして小説書いちゃうぐらいの入れ具合だからね、三国志の赤壁の戦いが映画になるなんて、バリバリ期待しちゃっていました。レッドクリフ パート㈵が面白くて、続編も前半ぐらいまでは史実に近いお話で面白かった。まぁ後半は大衆向けの映画だからそうなると思うけど、君主の孫権や周喩が曹操の本陣まで斬り込んでいくところが違和感バリバリだった。一番面白かったのは周喩と趙雲が背中を合わせて、敵兵を斬り倒しているシーン。まぁ、自分なりに三国志を勝手にいじっている僕が言うのも変だけど、「それはないっしょ」って言いたくなるぐらい、そこら辺は驚いたかな。甘寧もどきの「甘興」っていう将軍を中村獅堂が演じていたけど、僕の次の三国小説ネタが「甘寧」なのに、あまり目立たずに戦死しちゃって残念でした。全体的にはスケールの大きな中国風映画で、オーバーアクション含め、中国を舞台にした現代映画らしくて、僕は好きでした。批判的なことばっかり書いちゃったけど、小僑が松明に照らされて曹操本陣に乗り込むシーンは美しかったし、火計で燃え上がっていく曹操船団が(残酷シーンなのに)なんか鮮やかだった。感化されて、自分でも赤壁の戦いを小説にしたいとすら、思ったもん。純粋に嬉しいな、自分が好きな三国志が映画化されたのは。

----

よなき屋 東郷町 ☆
2009/06/14 23:25:00

愛知県の東郷町にあるラーメン屋「よなき屋」

ちょっと遅めの時間だったのに、順番待ちになるぐらいの人気店

納得の細麺、醤油味ベースの中華そばは美味しかったなぁ

味噌味にしても満足の味、まぁ個人的には中華そばの方が好き

自前で作っているギョーザは、キャベツじゃなくてタマネギを使っているそうで、甘くてスムーズで美味しかったよ

全般的に満足なラーメン屋さんだな、美味しい味をありがとう、「よなき屋」さん!

----

土岐アウトレットセール
2009/06/20 19:37:50

まぁ良く行く所ではあるんですけど、土岐アウトレットがセールだったので行ってみた。

相変わらずの人気で、静岡とか北陸とか、色々な土地のナンバーの車があるし、広い駐車場が一杯になるぐらいの人出だった。

(失礼ながら)他には何も変わり立てて目立ったものがない土岐市で、あの土岐アウトレットモールだけが多くの人たちに求められ、必要とされ、愛され、何度も訪れられている。

かくいう私も、ティンバーランドやコールマン、ナイキやフェニックス、それからニコンのお店のため、土岐アウトレットモールへ何度行ったか数えられないぐらい。

今回はフェニックスのアウトドア用パンツをゲットしたよ。
何が詩的かって、あの求められ様、愛され様。
色々な分野のものごとがありますが、継続して多くの方から求められる、そういうものって美しいし、詩的じゃありませんか。

----

プントミーノ 美濃市
2009/06/27 20:39:00

美濃市のイタリアン、「プントミーノ」でランチをいただきました田んぼや山川に囲まれて、まるで天国の住人のようなお店どれも美味しい。素材を活かしたスローフードなのでしょう、アンティパストミストも、ハムベーコンのトマトソースパスタも美味しかったそれでも何かが足りないと感じたよきっとそれはアイディア、キレイなうわべだけじゃなくて、なんかもっと泥臭い人の本音が見たいと思った僕の、僕だけの、こだわりなのでしょう美味しいイタリアンをいただきましたよ、プントミーノさん!

----

あじさいロード 岐阜県関市板取
2009/06/27 21:40:00

梅雨の季節の美しいもの?やっぱりあじさいかなぁ、この季節の花ってあじさいだよねということで、岐阜県関市板取のあじさいロードをドライブですちょうどの季節でね、あじさいは見頃を迎えていましたもっと道一杯にびっしりかと思ったけど、よく考えたらそんな訳ないかでも見事なあじさい満開で、季節を楽しめましたお昼は美濃市のイタリアン「プントミーノ」でいただきましたあとは郡上八幡までドライブして、名物「金の弩標 最中」を買って帰りましたイマイチ冒険心がくすぐられなかったけど、まぁいいかー

----

浅く広い愛のカタチ
2009/06/28 13:26:34

人って、結局は社会的な生き物で、異性一人を愛すること以外に、身の周りの人々を愛すること、それが人間の世の中に溢れている愛のカタチなのでしょうね。

愛のカタチのうち、異性一人を愛するのは、深く狭い愛のカタチ。
周囲の多くの人たちを愛するのが、浅く広い愛のカタチ。

わかりにくくはあるが、大きな野球場で多くのファンたちと一緒に自分の好きな野球チームを応援するのも、快楽やひまつぶしというよりも、愛の行為なのでしょう。

一見愛がないように見えるけど、気にいった人たちや自分に関わり合いを持ってくれた人たちと同じ時間を過ごす、それは結構かけがえのないことで、縁という仲が取り持ってくれた、二度とは帰ってこない大事な時間。

どうも愛のカタチって限定された時間・相手との間で交わされるものかと思いきや、ありふれた広場でも積み重ねられているものだったりして。

社会的な愛のカタチは、そこら辺に転がっていた。
見えなかったのは、僕の愛のレーダーのパワーが弱くて、人の愛のカタチを素通りさせていたからだったね。

浅く広い愛のカタチなら、あなたの周りにも無数にある。

----

マーティンホルムの死に、詩を。
2009/06/28 13:52:00

マーティン・ホルムが亡くなったと耳にしました。北欧のムエタイ王と賛美されたあの打撃を、いつかまたK-1の舞台で見たいと願っていただけに、早すぎる死にたまらない悲哀を感じています。このブログを見てくれるあなたです、マーティン・ホルムの名前が忘れられなくて覗いてくれたのでしょう。わたしの、あなたの脳裏には、マーティン・ホルムの美しいラッシュやノックアウトが残像としてずっと残っている。彼のアグレッシブなファイトスタイルが忘れられなくて、まだまだ見たくて、そういう思いで数年を過ごしていたと思います。それって、マーティン・ホルムにとっては光栄なことだよね。自分の好きだった格闘技のことで、数多くのファンたちが自分のファイトを愛してくれた。それって、僕たち格闘技ファンにとっても幸せなことだよね。自分の好きだったマーティン・ホルムのことを、いつまでも愛している。多くの物事が通り過ぎる人生の中、忘れられない一点が、マーティン・ホルムのこと。人生の長短はあれど、精一杯生きて戦って、宝物のようなファイトを残してくれたマーティン・ホルムは、(薬物とか事件とかあったにせよ)、充実した生き様だったと思ってあげようよ。そして僕たちはいつまでも彼のラッシュとノックアウトを忘れず、マーティン・ホルムの名前も決して忘れない。同時期に亡くなったマイケルジャクソンのように、伝説に残るK-1ファイターが逝ってしまいました。マーティン・ホルムの死に、詩を。

----

守ってあげたい 鬼束ちひろ
2009/06/28 13:56:00

自分が一番好きな歌を、自分でカバーして世間に出す。鬼束ちひろさんは、一番好きな歌・ユーミンの「守ってあげたい」を、カバーして歌っている。本来比較しても意味ないものだが、鬼束ちひろさんの「守ってあげたい」の美しさに惚れ惚れする。神がかり的で、狂気を歌っている彼女が、「守ってあげたい」のようなピュアな曲を?と思っていたが、その心がこもった歌いぶりに、一度聞いただけで心が震えた。愛しているから守ってあげたい、初めて言葉を交わした日のその瞳を忘れないで。この曲を繰り返し聞いていて、鬼束ちひろさんが自分の曲で伝えようとしていることも、結局はその二言に集約されるんだ、って僕はそう感じたよ。カバー曲ってバカにしていたけど、ちょっとしたチェンジ・マインドで美しく聴こえてきた。

----

神戸 写真
2009/07/06 22:49:00

神戸を訪れるのは14年ぶり、実にあの阪神大震災以来のこと高校卒業直後、18才の時に阪神大震災のボランティアで神戸を訪れたのはよく覚えている街中がひどい状況になっていて、人生で始めて見た被災地、あんなに混乱した人々の生活を見て驚いたもんそれからもうだいぶの時間が流れて、大人になって再び神戸を訪れる震災の爪あとに心揺れることなど全くなく、現代の神戸を楽しむ旅になったポートタワーやモザイクのある、神戸ハーバーランドを昼間も夜も歩いたよ神戸の異人館巡りは楽しかったな、写真映えのするステキな場所神戸元町中華街の食べ歩きも面白かったなぁこの14年ですっかり神戸は復活して、僕もすっかり大人になった何一つとして、あの頃と重なるイメージがなくて、遠い昔話となった阪神大震災ボランティアのこと、もうこだわらなくてもいいと思った今は今の僕を、神戸は今の神戸を生きている時は巡り、僕も次をめくっていかなくちゃいけないんだ

----

ミスのケジメ
2009/07/17 21:51:47

仕事でミスをした。
些細なことが、巡り巡って大きな問題になりかねない。
まぁ、よくあることだよね。

被害拡大を防ぐために、僕はミスのケジメをつけようと精力的に動き回ったよ。
常識外のパイプを使って、当人たちに謝りにいって、次のアクションの時には完全な体制で臨む。
ミスは痛かったし、このフォローに大変な時間と労力を費やしたが、ちゃんとケジメは取る行動ができたと思う。

詩的に思ったのは、自分自身の行動力のこと。
まぁ、今回のことも自分で完結できてはいないけど、それにしても、若い頃はミスすると上司や先輩にフォローしてもらうだけだったのに、今回の頃は主に自分で上手にフォローアップができた。

ミスのケジメを自分で取れたということ、それがなんだか嬉しくてこの詩的日記に書くよ。

----

魔裟斗の継続力
2009/07/18 21:51:32

よ〜く考えてみた。

僕も魔裟斗のファイトスタイルはオーソドックスすぎて、地味だと思う。
分かりやすいKO決着のイメージよりも、人気を支えるための判定勝利疑惑。
そんなマイナスイメージを、誰も持つことがあると思うけど。

継続は力なり、と言うね。
チャンピオンがチャンピオンのままで継続できている例って少ない。
引き合いに出して悪いけど、KIDは復帰2戦とも惨敗、ミルコもヴァンダレイ・シウバもUFCに行った途端に冴えなくなった。
あのヒョードルだって、本当に強い相手と継続的に戦っているわけじゃないから、本当のチャンピオンだって、僕は納得していないもん。

ナンバー1じゃなくとも、一線級を維持し続けるってことは、困難なこと。
それができているのって、アンディ・サワーや、ピーター・アーツら、本当に数限られたチャンピオンたちだけだろう。

魔裟斗もその中に入ると思う。
(まぁ、一時魔裟斗もダルダルな相手とばかりやってたけど)
惜しむらくは、魔裟斗は引退が早過ぎることで、魔裟斗の継続はもっと継続できると思うこと。
それは置いておくとして、魔裟斗がK-1MAXのスタートから今まで、チャンピオン級で居続けたことは素晴らしいよね。

世界1位だろうが、2位だろうが、そんな数字は枝葉の話。
例え彼が判定勝利のキングだろうと、チャンピオン級を最初から最後まで継続し続けた魔裟斗に、拍手を送ろうと思うんだよ。

----

電子レンジでピッツァ!
2009/07/19 20:40:05

イタリアンレストランでピッツァを食べて、もう何十枚になるのか

趣味が高じて、家でピッツァを焼こうと電子レンジを買いました

Toshiba 石窯オーブン カロリエ ER-F400

6万円もしたけど、350℃の熱でピッツァを焼けるもん

ということで、こんな↓のできました♪

感動的だったよ、ピッツァ生地を発酵させて、焼いて

店で食べるよりずっと美味しく感じたもん

これからピッツァ焼き名人になろう

デジタル一眼レフカメラに続く、今年からの趣味です

----

ラシエット・ドゥ・シバタ ☆
2009/07/26 20:22:00

名古屋・久屋大通のイタリアン「ラシエット・ドゥ・シバタ」

多治見の有名なパティスリー「シェ・シバタ」系のイタリアン

ワクワクして向かう名古屋までの道、それは楽しい時間

でもごめんなさい、パスタの写真がブレていますので先にデザートから

シェ・シバタのケーキは美味しいから、イタリアンにも期待しまくり

パンも前菜のホタテも美味しいのに、どうも個性を感じない

パスタも美味しいけど、どうも満足できない

だって僕はもっと自分を叩き込んだイタリアンを期待しているから

オシャレにまとめているけど、クセがなくてキレイな味

それが僕の求めているものとは合わなくて、ラシエット・ドゥ・シバタを後にしました

人それぞれ求めるものがあるけど、僕はイタリアンにもっともっと泥臭い、個性だらけの味を求めています

だからあなたやお店スタッフの感覚とあわないのは許してくださいませ

(それから私の愚かなブレブレの写真もお許しくださいませ)

----

週末徒然
2009/07/26 20:56:39

気持ち、長い週末になった

金曜日午後を休んで、目医者さんへ
その午後半日だけでもゆっくり休めたよ

夜、調子に乗って飲んだビールで倒れ、8時に就寝
そうしたら土曜の朝は5時おきで、せっかくだからと冒険に出るつもりで、
大台ケ原山宮川ダム登山口を歩きに行った

この美しい水の色、それだけで癒される

それから伊勢神宮や夫婦岩の写真を撮りにいった。

日曜日は名古屋・栄でショッピング、豊田市の花火は開始ギリギリに大雨で中止

趣味で初めた電子レンジでピッツァは美味しいよ、だいぶ発酵させる分量とか、味付けが上手になったし

最近抱えている仕事のストレスも軽減されるような、そんな楽しい週末でした

----

福みつ 浜松 ☆☆
2009/08/02 23:21:00

静岡県浜松市の餃子専門店「福みつ」

美味しい浜松餃子をいただいて、僕はシルクロードの終着点へと旅していた

ユーラシアからアジアを経て、日本で東の果てを迎える小麦粉の旅

中国の餃子が、和様化した最終の姿、それが福みつの餃子かなぁ

たっぷりのキャベツ、程よい堅さの餃子の皮

全体的にとっても上品で、こんなに品のある餃子は初めて

クセのある中国大陸からの餃子が、和様化して柔らかな浜松餃子となった

そんなロマン溢れる物語を福みつの浜松餃子に感じていたよ

----

若鯱屋 カレーうどん ☆☆
2009/08/09 21:50:00

若鯱屋のカレーうどんは美味しいなぁ

専用の麺を使って、ちょい辛スープの、プロならではのお味

ちょっと高めの値段設定が気にはなるけど、

奥深いカレーの味が、たまらずお気に入りです

----

中国地方 写真
2009/08/15 21:14:00

この日本には、まだ僕が知らない日本の美がある。夏の連休は、中国地方とか山陽・四国を回って、日本の美を探しに出よう。そう思って、ドライブ旅行を考えていたよ。後楽園と倉敷で1日。厳島神社と錦帯橋と広島で1日高松と金刀比羅宮で1日。ゆっくり見たいから3泊4日にして、でも高速千円の週末は鬼のような渋滞になると思ったから、行きは高速割引ないけど、平日に出発です。各地の美味しいもの食べて、有名なところを見物して、気ままにカメラで写真を撮る。シンプルなことに、大きな幸せはあるもので、すっかりリフレッシュだ。知らないものがまだまだ一杯あるんだね!日本各地にはその土地の名産品がたくさんあって、そこにどっぷり浸かっていくと損なしに楽しいもん。それから。日本は美しい国だけど、どこも似たような美意識でホント、統一されているなぁ。サービス業のみなさんは過剰サービス、地方都市にはチェーン店がたくさんあって、みんな似たような商品を売買している感じ。それは美点でもあるけど、ユニークさが欠ける日本人の損点でもあるのか。そんなことを痛感した、中国地方・四国のドライブだったよ。帰り道は四国から7時間もかけて、淡路島を通って帰った。淡路島の北端、神戸や大阪の景色を見ることができる淡路島ハイウェイオアシスは素晴らしかったなぁ。夜景は見れませんでしたが、どれだけ素晴らしい夜景になるのでしょうか。日本の美を探して旅に出ていましたが、もうそろそろお腹が満ちてきました。次は海外もいいかも。沖縄や北海道、もっと文化の違うところに旅に行きたいって思うようにもなりました。日本で住むからには、日本を知る。日本の美を探した僕の旅も、転換期に差し掛かっているのかな。

----

こんな週末。
2009/08/23 22:58:09

詩的日記だと言う。

詩的を気取って毎日を過ごす、自己満足だろうけど、それは楽しいものです。

この週末は、土曜日に日本昭和村でソバ打ちとか、ゴーカートに乗ったり

暑い夏の日に、昭和の風景

なんだかハマっているような気がしたんだよ

日曜日は午前中に久しぶりにドタキャンを喰らったりした

だからいつもの草原の木陰で小説を書いたり、40分ぐらいRUNしたら気分も爽快だったなぁ

ホームページのアフィリエイトをGoogle Adsenseに1本化して、思い切った広告の整理をしたよ

まだまだ月2万円ぐらいしか稼げない趣味のホームページだけど、これからはもっとアピールして、アクセス数も広告収入も稼ぎたいなぁ

なんだかまだまだやらないといけないことが沢山

これからだっ! 私はまだまだこれからだっ!!

----

上司の人事異動
2009/08/25 23:23:06

困ったことがある

尊敬すべき上司が、来年から海外転勤だと

あと1年は教えを乞おうと思っていたのが、丸崩れ

正直困った、だいぶ悲しい

・・・でも

その人事異動がきっかけか、僕の仕事に今まで以上にやりがいができた

上司に認められるような仕事をしよう

来年一杯かけて成長する気だったのに、上司がいるうちに、年内に成長を見てもらわないといけない

そう考えると、今までになかったモチベーションが出てくる

歓迎できないのに、士気が上がる

彼の異動は嬉しくないが、彼が望む道だとしたら嬉しいと思う

なんだ、この早すぎる転勤は

予定していたものが崩れる、瓦解のスピードはとても早いものだ

----

Mystery of my life
2009/09/05 10:41:00

だから、ようやく仕事が落ち着いてきた。
時間に追われる悪夢のような仕事状態じゃなくて、ある程度考えることができるぐらいのスピード。
まだまだやらなくちゃいけないことは貯まっているけど、まずは一息。

それはまぁ、頼りにしている上司の海外転勤という痛手はあれど。
ここ3週間ぐらい、我ながらスムーズに仕事が運ぶようになってきた。
情報の集め方、資料のまとめ方、提案力、展開のメール。

今の任務も1年期間延長になったし、まだまだ僕は向上しよう。
見えてきたのは、提案型の自分。
ちゃんとジャッジできる考え方を確立した、素敵な自分。

ホームページの広告で、グーグルアドセンスが月3万稼いでくれるようになった。
その資源をアートのために費やして、もっともっと色々な経験ができるといいな。

職場後輩たちとお話をして、パーティーをするようにしたよ。
そういう風に、人間関係でもっと自分が主役に、もっとみんなと楽しめるんじゃないかなぁ。

上司に、素敵な生ハムやシャンパンのお店を教えてもらった。
お洒落なお酒の飲み方だね、そんな新しいものも吸収したりして。

あとは、僕っていう人間のことが分からない。
ある所では、人間のネットワークも弱くて、テンションも低く、人気がない。
ある所では、どんな人たちともネットワークがあって、テンションは低いけど、抜群の人気があって、人と人との鎹になれそうだよ。
どちらが本当の自分?
本気を出せば、僕は次第にどんな人たちともネットワークを持つ、素敵な人間力を放てるんじゃないかな。
まぁ、その謎は今に始まったことじゃないけど、Mystery of my life.

----

ピッツェリア・ブル ☆☆
2009/09/12 13:57:00

安城に美味しいイタリアン・ピッツァの店があります

「ピッツェリア・ブル」

東京のイタリアン名店「イゾラ」系列なので、行ってみました

凄く混んでいたので、時間の関係上、テイクアウトのピッツァにしたけど、味は文句なしの一流!

家庭じゃどうしてもできないお味に満足ですよ

土日は結構並ぶから、今度は平日にゆっくりランチしたいなぁ〜

もう一度行きたい、って思わせてくれるピッツェリアの名店です

----

青山テルマ 名古屋ライブ
2009/09/23 23:10:00

誘われて、青山テルマさんの名古屋のライブに行った。彼女の曲は数曲しか知らなかったけど、プロらしい魅せ方に圧倒されて、楽しんできたよ。歌が上手いのはもちろん、MCも上手、展開も見事だし、何から何までこだわりを持って準備していたのが伝わってきた。輝いていたなぁ。小説家にはできないステージでの主役ぶりに、嫉妬しそうでしたよ。青山テルマさんを見ながら、僕は次の小説の構想を創っていたよ。そう、不動明王と、遠慮がちな人とのこと。最近、会社を辞める人がいて、僕がさよならパーティーを開こうとみんなに声かけていたら、当の本人から「やっぱり自分は辞める立場なので、参加できない」と意味不明な遠慮をしてきた。それはその人らしい遠慮の仕方だったから、その行動も僕は受け入れてあげた。遠慮をとっぱらえば、もっと美しい世界がある。そのことを、次の小説に書こうと思っているんだ。ライブの後は、金山の地鶏坊主という店で、名古屋名物の名古屋コーチンの焼き鳥とか、つくねを一杯いただいた。なんだかうらやましさから、意外なインスピーレーションをもらったなぁ。青山テルマさんの名古屋のライブ、ホント、素敵だったよ。

----

アリスター ステロイド?
2009/09/27 18:18:00

K-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL FINAL16僕の一番の興味は、アリスター・オーフレイム192cm、100kgオーバーのピーターと並んでも、195cm、115kgのアリスターの身体は一回り以上大きく見えたドーピング、ステロイドを疑われているにせよ、アリスターが肩の筋肉を揺らしてピーターに向かっていく姿は、ホント、勇ましかった自転車をハンマーで叩き壊すMCも好きだよ破壊こそ格闘技の基本、アリスターはそれに忠実だから今回は3Rちゃんとスタミナも持ったし、アーツに判定勝ちしたぐらいだから、K-1ルールでも一発屋じゃないでしょ(繰り返した投げ技は反則とって欲しかったけど)谷川EPは「アリスターは優勝候補の一人」と言ってたけど、ホントにそうだよねWGP決勝の相手は、テイシェイラアリスターの破壊パワーは、空手のチャンピオンにも通用するのかな個人的にヒョードルと一番戦って欲しいファイターは、アリスターその前に、年内はK-1の舞台で、思い切り破壊をして欲しいなぁ

----

マ・メゾン カフェ
2009/10/03 14:14:00

ちょっと疲れていたので、星が丘「マ・メゾン」のカフェへパイナップル+タピオカ入りのフレッシュジュースと、グレープフルーツのタルトもうそれだけで、元気を貰った気がしたよ自然の恵みを美味しく提供してくれてありがとう、カフェ・マ・メゾンさん

----

仕事で身体を壊すなんてね
2009/10/04 16:56:35

社会人になって初めてじゃないかな、仕事の影響で身体を壊した

このぐらい色々な負荷が重なると、この僕でもギブアップすることを知ったよ
幸い金曜日の昼だったからそのまま土日と休んで元気になったけど
まぁ人生で二度とは仕事でダウンしたりしませんよ

週末は星が丘のマ・メゾンで、タルトやスムージィーをいただいた
秋だからアンジェリーナのモンブランを食べたけど、モンブランの中ではベストだね!

再来週のマラソンに向けてNIKEのランニングシューズを新調したり

そういえば先月のGoogleアドセンスの稼ぎは840ドル!
最高で1日67ドルも来たからね!
ついに家賃を稼いでくれた僕の副業に感謝です!

----

京都 寺社 写真
2009/10/11 23:38:00

ここ数年、京都を訪れること、もう数えきれない。奈良も大好きだけど、僕はやっぱり京都の寺院の美に魅せられて、ついついデジタル一眼レフを片手に京都まで伊勢湾岸道〜新名神高速を走ってしまうもん。紅葉もまだなのに!桜も咲いていない季節なのに!今回はお目当ての仏像があるってことでもないのに!初日は比叡山延暦寺を尋ね、二日目は曼殊院から、上賀茂神社・下鴨神社、平安神宮と銀閣寺で。いいえ、本当の目的は「十三や」で本つげ櫛を買うことです。自分用に、高くてしっかりした本つげ櫛を買って、椿油を含ませながら大切に使う。その心も美しいって、だからかなり興味があって本つげ櫛を買ってみたよ。あとのお土産は、茄子と大根のお漬け物。京都に来る度に、色々なお漬け物を買って、家でしみじみ味わう。そんなささやかな楽しみが、僕には最高の贅沢で。まだ訪れていないお寺が、京都と奈良にある限り、僕は西へと車を走らせ続けるのでしょうね。

----

大先輩の思いやり
2009/10/14 22:34:00

ここ1か月、仕事で心身ともにへたばって、ちょっとしんどかった。
そうしたら、はるか上の大先輩が気遣ってくれて、宴席を設けてくれました。

まぁ酔ったその大先輩たちの愚痴を聞くような形にはなりましたが、僕という人選が当初は周囲の反対を喰らっていたけど、今となっては最高の人選となって、その時に反対していた人たちからは大感謝されているって聞いた。

それは嬉しいよね。
何がモチベーションになるかって、お金でもなくて、結局は上司の評価とか、先輩の一言だとか、そういうヒューマンの部分だもん。
そうそう、僕でしかできない仕事を今しているのだから、それを評価されることが、最高に嬉しいこと。

会が終わっての帰り道、僕は心のつっかえが若干和らいでいる気持ちがした。
それは美味しかったお蕎麦のせい?
いいえ、やっぱり人は人の誠意を感じ取って、それを餌に盛り上がっていくもの。

感謝の気持ち、それがあれば仕事も前に進むなぁ。

----

長浜 写真
2009/10/17 20:33:00

どうも心身の健康が戻らない。金曜日の帰りがけ、僕は最近のストレスの原因が、職場の先輩の強引な仕事の進め方にあることに気がついて、どうも収まらない気持ちでいたよ。まぁ週末はそんなことを考えていても仕方ないし。滋賀の長浜という城下町が素敵だと聞いて、秋のドライブを楽しんできたよ。近畿・東海で、未知の日本の美がまだまだあるのだと、なんだか嬉しい発見になった。愛知県はやっぱりいいですね。車で普通に行ける距離に京都・奈良があって、僕の求める日本の美を身近に感じることができるのだから。明日は10kmを走るマラソン大会。早く寝て、体調を整えておこう。

----

かもしかハーフマラソン
2009/10/18 22:30:00

先々週から続く体調悪化。全然走る練習もしていないくせに、遠慮して断れなかった菰野町かもしかハーフマラソン。ここ2カ月ぶりか、土曜日の朝にジョグしたら、数百メートルで足を止めてしまうほど、心臓というか身体の幹が弱っている。でも僕は走れると思い込んで、10kmランを続行しようとスタートに立った。結果はびっくりするぐらいの惨敗。最初の500mでもう力尽きて歩いてしまったし、それからも500mおきに止まっては歩き、史上最悪のマラソンペース。一緒に参加していた人ほとんど全員に抜かれ、本当に屈辱の10kmで1時間12分のタイム。10kmだったら50分を切るぐらいのタイムで走れるはずなのに、全然お話になりません。もう自分が情けなくて、ダメダメで、本当に気が付いたよ、僕ももう本当に30歳台なんだと、もう若くはないんだと。屈辱のタイムと、それからメンバーたちと温泉に入ったりしたけど、それが最高につまらなく思えて、忘れ難い惨敗の一日となったよ。時間は有限。僕は僕のしたいことをするために、自分の時間を使おう。付き合いでこんな行事に参加するのはもう止めた。ランするのはいいけど、自分が納得できるレベルを保つにはかなりの時間と労力をかけないといけないね。それより今は自分のやりたいことを、小説と写真のケンボックスにもっと光を注ぐべく、僕は活動していこうじゃないか。自分のやりたいことに貪欲に。惨敗の菰野町かもしかハーフマラソンで思い知らされた、自分の進むべき道だよ。

----

五箇山 写真
2009/10/25 21:57:00

紅葉シーズン到来!ちょっと早いんだけど、待ちきれなくて紅葉しているところをめがけてドライブしちゃったよ白川郷は何回も行ってるけど、同じく世界遺産登録されている五箇山を目指して途中、ひるがの高原を過ぎたあたりから、紅葉の色が眩しく白川郷と較べて随分静かな集落ですね、より本当に人が住んでいる雰囲気がしますしかしなんとも人里離れた集落だこと!まるで交通の便を考えない、本当に平家の落武者たちの隠れ家に思えますよそれから富山市に泊まって、翌日はトロッコ列車で黒部峡谷へ噂には聞いていた通り、随分と山奥深いところにある峡谷ですね紅葉にはまだ2週間ほど早いといったところか、でも色づき始めも素敵いくらか写真を撮って、満足ですよ今年の紅葉シーズンが始まりました桜の写真もウズウズするけど、11月はずっと紅葉写真めぐりができて、週末が待ち遠しいよ

----

ダノイ 名古屋 ☆☆
2009/11/01 14:21:00

奥さんの誕生日だったので、お祝いに名古屋・栄のダノイでランチ

それは美味しい、美味しいランチとなりました!
こういうアンティパストは大好き
生ハムも、キッシュも、カルパッチョも、色々入っていて、全部美味しいんだからねー

カキなんて普段食べないのに、美味しくてこれは食べちゃいました

白身魚のメインデイッシュ+ソースが最高!
添えてあるニンジンも格別に美味しかった

三河のチキン、最高の味付け

デザートでちょっと失速?したけど、十分に美味しいランチコースでした!

----

茶臼山 紅葉
2009/11/01 22:08:00

土曜日はドライブしがてら、「道の駅いなぶ」で焼きたてパンを買う。焼き上がりの時間になると行列ができるぐらい、ここのパンは本当に美味しい。りんごやくるみを使った季節感のあるパンを買っちゃった。大井平公園の紅葉は、まさに始まったところ。それでも結構多くの人たちが歩いていたなぁ、さすがは紅葉の名所だ。茶臼山では山頂の紅葉が終わり、次第に山裾へと紅葉が移っていた。紅葉ってそれぞれ。10月終わりに紅葉が来ていたから、茶臼山って随分紅葉が早いな、って思ったら、なんとそこではもう山頂の紅葉が終わっている。季節は僕の常識なんてお構いなしに、自分の進むべき道へ、道へと。帰り道は別の道の駅で、地元採りの野菜を買って帰った。香嵐渓が紅葉で燃え上がる日は近い。日曜日は、奥さんの誕生日だったので、名古屋栄のイタリアンレストラン「ダノイ」へ。文句なしの美味しいランチに満足。週末に自然も都会も楽しんでしまう、愛知県ならではの楽しみだよ。以前に住んでいた東京じゃ、なかなかできないことだと、改めて思うもん。

----

金沢 写真
2009/11/08 23:10:00

北陸へ、今度は越前から。先々週は越中に飛び込んで富山と黒部峡谷を楽しんだが、今回は西の越前・福井から加賀・金沢まで旅する計画を立てた。福井を訪れるのはまったく初めてのこと。滋賀から北上すると豊かな山間を抜けて、いきなり一番行きたかった永平寺へ。多くの雲水たちが行を積んでいるお寺だけに、それはナチュラルな美しさがあった。それから越前の支配者であった朝倉家一乗谷遺跡へ。夕方までに東尋坊の夕陽を見ることにも間に合ったよ。三国温泉の「ジェラート・カルナ」で食べた三国の塩ジェラートも美味しかった。夕ご飯は地元の名物にしようと、福井市街まで行って「ヨーロッパ軒総本店」のソースカツ丼をいただく。福井っ子のソウルフード?確かに味はユニーク、他にはないものでしたよ。二日目は加賀・金沢に入って、兼六園で日本庭園の美を鑑賞。それからひがし茶屋街を歩いて、和モダンのグッズを見ていたら、僕もクラシックなのが好きだから、矢がすり柄の手拭いを買っちゃった。近海町市場で美味しい海鮮丼を食べて、長町武家屋敷跡を歩いて、金沢を満喫。帰りは3時間半ぐらいで金沢から愛知まで帰ってこれた。思ったより近いね、金沢も。これで北陸はだいぶ行ったので、ますます旅行するところがなくなってきました。いえいえ、東海周辺を回って、だいぶ日本の美が分かったし、嬉しい悲鳴なのです。

----

京都紅葉写真 一眼レフ
2009/11/21 21:47:00

京都の秋、紅葉の季節。

ネットで色付きの具合を調べまくり、いつ行こうか、もう散ってしまうのではないかと、はらはらする僕。

12月初めに宿をとっていたけど、逃すのは一生の後悔と前倒しで京都入りですよ。

今年から初めたデジタル一眼レフの総決算、京都の紅葉を撮りたくてね。

紅葉の見頃を迎えて大混雑の京都、まずは嵐山の紅葉でしょ。

ついに念願の常寂光寺をデジタル一眼レフに収めて大満足!

なんか3年前よりは紅葉の色付きが弱い印象で、まだピーク時じゃなかったのかな。

野宮神社から嵐山を歩いて、和風小物を探したり、みたらし団子を食べたり。

秋の夕闇は早くやってくるから、それだけでもう夕暮れ間じか。

あきらめて京都駅に戻り、京都ラーメン「宝屋」を食べたり、大好きなお漬け物をたくさん買い込んだり、

京都駅のクリスマスツリーを見たり。

やっぱり僕は京都が大好きみたい。

常寂光寺の紅葉を撮り、お漬け物を食べて、京都観光を満喫。

楽しい一日目となりました。

----

宝屋 京都ラーメン ☆
2009/11/21 23:42:00

京都ラーメン「宝屋」は、なんとも優しいお味

豚骨+しょうゆのスープで、麺は細くてね

お腹空いていたからかな? スープを全部飲み干しちゃった

いいや、優しく美味しい味だったから、スープまで完食だったのですよ

京都らしい品格とか、センスを感じたなぁ

京都駅のラーメン小路にある京都ラーメン 「宝屋」さん、

とっても美味しいラーメンでした

----

ラーメン東大 京都店
2009/11/22 12:50:00

京都駅に店が出ました、徳島の「ラーメン東大」!有名なラーメン店って聞いていたから、それは暖簾をくぐるでしょうコクがかなり濃い、独特の味豚骨スープ、豚バラ肉、それから生卵を加えるのが普通らしいけど、生卵は入れませんでしたなんともユニークな、濃い味のラーメン東大ですよ

----

東福寺 紅葉写真
2009/11/22 23:00:00

京都紅葉散策の二日目、天気は晴れで、夕方から雨が来るらしい。
最初に東福寺の紅葉渓谷を見に行ったら、そこがあまりにも素晴らし過ぎて、なんか前日の常寂光寺のインパクトを超えてしまった。あぁ、僕の京都紅葉名所ナンバー1は、東福寺に変わりましたよ。
東福寺で随分時間を取っていたようで、京都駅に戻って、京らしい和風柄の手拭を買ったり、こりずにまた京都駅ビルで「東大ラーメン」を食べたり。
一息入れたら、南禅寺から永観堂をまわって、ふたたびの紅葉三昧ですよ。歩き疲れたけど、紅葉をいっぱい楽しんで、写真をいっぱい撮って、せっかく京都まで来たんだからね。
永観堂を離れる時から雨が降ってきました。車で愛知に帰ったけど、四日市で渋滞したのに2時間45分で着いたからなぁ、京都は本当に近い。今年は結局3回も京都に行っちゃったけど、きっと来年もいっぱい行きます。
日本の美は、京都・奈良にあること、僕はこの足と目で探し当てています。

----

楓 Superfly 秦基博
2009/11/28 18:00:00

Superflyと秦基博がコラボした「楓」が、最近とても感動した一曲。元はスピッツの名曲だから、曲自体の素晴らしさを繰り返すまでもないね。
男性・女性それぞれの実力派ボーカルが、一発録りとはいえ、共演するんだもん。びっくりするぐらいの品質だよ。
この二人に「僕のままで、どこまで届くだろう?」って言われても、あなた方ならどこまでも届きますよ、と言ってあげたくなっちゃうぐらい。
二人のソロパートは、それぞれ伸びやかに歌っているのが心地いい。追いかけ合うパートでも、二人の息は合ってるもん。
コラボレーションで、原曲の良さを引き出している、典型的な一曲だね。

----

リラックス週末
2009/11/29 22:09:00

仕事が山ほど溜まっていた。会社の仕事じゃなくて、プライベートの仕事ね、写真の整理とかブログの更新とか。困ったもので、会社の仕事に追われ、自宅でも仕事したり心配したりしていて、本来やるべき僕のやりたいことが進んでいなかった。11月の紅葉の季節、毎週末のようにどこかに泊まりがけで出かけていったから、ちっとも週末の時間をゆっくり取れなかったしね。やっと更新しました、紅葉写真。先週は岐阜県の養老の滝、それから愛知県の小原の四季桜の写真を撮ってきたんだよ。先々週の京都の紅葉写真もやっとホームページにアップできた。今年の素敵な秋の思い出を、押し花のように、kenboxに収納してスッキリ。これで永遠の思い出になってくれるような気がして、なんとも満足です。土曜日はストレス解消のために、雲興寺から岩屋堂までトレイルランしてきた。まぁ、一眼レフを持ってだからランというより、ウォークか。色彩を愛でて、落ち葉を踏みしめての山道ウォークは、本当に格別。往復3時間のリラックスタイムで、身体中に爽やかな空気を取り入れた気がしたよ。日曜日はPiano Pianoというイタリアンでランチしてきたけど、どうも塩にこだわりのある料理人さんがやっているらしく、僕にはちょっと塩が濃すぎた。何かすごく辛いスパイスを間違って僕が噛んでしまったようで、僕のイタリアン史上で最高に失敗した体験になった。しばらく本を読んでいなかったから、図書館で大量に歴史小説や推理小説を借りてきました。最近は歴史シミュレーションゲーム「信長の野望・天道」をやっていてね、戦国時代に夢中です。その関係で、黒田官兵衛とか鍋島直茂とか、その辺りの本を読んでいます。冬は鍋ですよ。奥さんの料理を手伝って、鍋物で温まる。僕の趣味のひとつ、家庭菜園で収穫した「はつか大根」の可愛いこと、可愛いこと。可愛さ余って、鍋に入れて食べたら、最高の美味しさだったよ。一息入れた週末、心に落ち着きが戻ったみたい。

----

元気になる農場レストラン「モクモク」 ☆
2009/12/05 14:13:00

おっしゃれーな内外のお店が並ぶ名古屋駅高島屋のレストラン街。

中でもとびっきりの異彩を放っているのが、元気になる農場レストラン「モクモク」。

だって、ナチュラルフードだらけのレストランで、バイキング式なんだもん。
有名な三重県伊賀の「もくもくファーム」がやっているお店だから、行列待ちで結構時間かかったしね。

バイキングでも、これほど種類の多いのは滅多になくて、しかもどれも僕好みの素朴な食材を和食テイストに仕上げているから、欲張って随分取ってしまいました。

ポテトも、ソーセージも、クリームシチューも、生の人参も、ご飯も、どれも格別の味。

久しぶりに食後に歩くのがつらくなるほど、食べてしまいました。

僕も若くはないのだな、もっと食べれると思ったのに、結構限界が近かった。

それはさておき、どんなレストランよりも満足できましたよ、元気になる農場レストラン「モクモク」さん。

----

手羽先 風来坊 世界の山ちゃん
2009/12/05 15:32:00

名古屋名物「手羽先」の二大ブランド、「風来坊」と「世界の山ちゃん」。どちらも美味しいことには違いはないが、食べ比べしてみるとやっと違いが分かった。
風来坊は、大人の味ね。使っている鳥の部分もコンパクトにまとまっているし、食べるとまぁ胡椒の味が強いんだけど、それでもまぁ普通に食べれるような味で。
世界の山ちゃんは、派手な味だね。胡椒のパンチが強いよ、ビールなしには食べれないよ、つまみとしては最高だし、麻薬?のようにあなたの心を鷲掴みにするワイルドな味。交互に食べながらビール(風のキリン・フリー)を飲んでいたら、もう止まらない、止まらない。あっという間に、手羽先もビールも完食でしたよ。

どちらも美味しいから、○×は付けられないけど、あなたにも味わってほしい、名古屋の美味しいもの、「風来坊」と「世界の山ちゃん」の手羽先。

----

K-1 WGP2009決勝 詩的コメント
2009/12/05 23:16:00

アリスターが膝でテイシェイラを倒した時、僕の時間も止まってしまった。K-1でもMMAでも、驚きのKOって数あれど、その中でも抜群だったよ、あのアリスターの一撃は。テイシェイラの実力はまだ見えない部分があるけど、それでもいきなり一発KOはないだろう。全てを破壊してしまうアリスターの打撃、もはや暴力を超えて芸術だと思った。だが、それにも増してバダ・ハリのあの本物ぶりはないよね!ルスランを倒したスピードにはあまり驚かなかった。だって、分かっているもん、その恐るべきスピードは。確かに身体が一回り大きくなったのが分かって、パワーを感じたな。準決勝、アリスターとバダ・ハリが再び相まみえる。まさかアリスターの肉体が崩れ落ちるとは、なんだか悪夢かって思ったよ。僕の偏ったアリスター好きを打ち砕くほど、バダ・ハリのパンチのスピードは際立っていたし、あのステロイド?のアリスターの筋肉鎧を破壊してしまうなんて、やっぱりハンパない男だよ、バダ・ハリは。決勝戦は盛り上がったなぁ。開始1分で、僕はバダ・ハリの優勝を確信した。何故って、セーム・シュルトの目の色がびびっていたから。まぁ、いつもセーム・シュルトの目って、弱気な色だけどね。バダ・ハリがダウンを繰り返した時、テレビを見ていたほぼ全員がバダ・ハリを応援しただろう。ある意味すごいよ、セーム・シュルトは。3試合連続で1ラウンドKOというパーフェクトな勝ち方をしたのに、優勝が決まったときのドン引き空気は大したもの。決して認められないのがセーム・シュルト。例えばジェロム・レ・バンナは優勝経験がないのに「無冠の帝王」としてリスペクトされる。史上最多の4回目のGP優勝をしても、まぁ、セーム・シュルトは認められない。だからすごいんだよね、認められるべきなのに、決して認められない、ってこと。何事でも100%か0%を継続するためには、天才的な才能を必要とする。セーム・シュルトが人気ゼロってわけじゃないと思うけど、人気がなくて認められないままチャンピオンを続けていること、そこにはすごい力があるんだよ。継続は力なり、って。All or nothingの、「Nothing」をまっしぐらのセーム・シュルト、彼ほどの悪役は今後のK-1には現れないかもしれないね。僕たちは、数年後にセーム・シュルトの凄さを噛みしめるのだろう。

----

心休まる週末を。
2009/12/06 22:02:00

仕事の件で、モチベーションがあがらなくなっていた。
こんなの、いつもあることじゃないよ。自分の仲間たちが正当な評価をされないこと。しかもその評価をしているのが、今の自分の周囲で、周囲の人たちは自分の仲間たちを正当に評価できていない、ということ。
評価あっての仕事。以前にも自分の身に降りかかってきたことがあるが、正当な評価されない人たちは本当に心にストレスを抱えなくてはならなくなる。
恐ろしい、人の評価にからむ物ごとは本当に恐ろしい。
さて、週末は名古屋駅高島屋のレストラン街にある、元気になる農場レストラン「モクモク」でランチ・バイキング、ナチュラルフードを一杯お腹に入れて大満足。それから、風来坊と世界の山ちゃんの手羽先を両方買って、家で食べ比べですよ。雨の日だったから、名古屋まで行く道がとても混んでいてね。夜はK-1 2009WGP決勝戦を見て興奮していた。
日曜日はいい天気になっていた。会社の行事も土日にあったけど、精神的にまいっていたから、とても行く気になれなくて、家で溜まっていた写真関係の作業をしたり、まとめて一気に戦国時代の小説を読んだり。
最近は自宅でピッツァつくりもしている。最近の電子レンジは窯がわりにもなって最高だよ。それで心が安らかになったわけじゃないけど、まぁ幾分かは収まった。12月14日に大きな仕事のターニングポイントがあるから、それまでは当分、浮かない日々が続きそうだ。

----

虎玄 二代目
2009/12/13 18:09:00

あの山之手の坦々麺の名店「虎玄」が、二号店を出した、と。そう聞いたら行くしかないと思った。つけ麺専門の「二代目 虎玄」、濃厚つけ麺をいただく。魚介類の風味で仕上げた、なんとも美味しい味でした。太麺、柔らかいチャーシュー、記憶に残る味です。山之手の店長さんがいらっしゃって、若手の仕事ぶりをじっと見ていました。後輩のご指導、お疲れ様ですね。

----

5月のミュゲット
2009/12/20 19:45:00

愛知県みよし市、黒笹駅近くにある、ケーキ屋さん「5月のミュゲット」キレイな住宅街に、広い駐車場にオシャレな外観の建物だなぁ〜って思ったら、そこが、「5月のミュゲット」さんでした。和ロース(Kazuロール)は、生クリームも柔らかい触感&味で、一番人気です!モンブランも美味しかった。中津川の栗を使った、こだわりの一品だとか。美味しいものをありがとう、みよし市の「5月のミュゲット」さん!

----

猿投山の雪
2009/12/20 21:58:00

奥さんの軽自動車の車検だったから、土曜日の朝、外に出たら、一面銀世界。
チャンス!と思って、早々に車検手続きを終わらすと、一眼レフを持って猿投山までドライブ&ウォークですよ。それは美しい場面を写真に収められて、すっきり&すっかり満足。
2時間後にはもう雪解け真っ最中、美が去るのは放たれた矢のスピードだね。
それから忘年会用の「寄せ書きぬいぐるみ」を買いに街に出て、帰りに「未来亭」のラーメンを食べたら、想像以上の美味しさだったよ。
車検ついてでにタイヤ交換したり、色々整備してもらったから、軽自動車がバリバリ走ることに驚き。やっぱりメンテナンスするとしないでは、全然変わってくるねぇ。
日曜日は、三好の「5月のミュゲット」というケーキ屋さんにお出かけした。やっぱりモノ作りはいいねぇ、こだわれる仕事ってうらやましいもん。
それから夜は、忘年会のネタを考えるのに何時間も何時間もかけていた。今年は仕方ないんだけど、仕事のことを家庭に持ち込むことが多い。一年を締めくくるイベントだし、何故か僕が幹事になったから、ここはきっちりいいネタを考えないとね。
毎日を生きる。色々ある方が刺激的で、幸せなんだけど、いい加減ゆっくりした週末が過ごせないものか。まぁ、ゆとりある生活なんて、いつまでも無理なんでしょうね。

----

仕事納め
2009/12/25 23:16:00

一年の仕事が終わりました。私の業界は、今年が過去・未来で最大の変換期でした。しかもそこに、近年最悪の経済不況が重なったものだから、状況はひどいものだった。多くの仲間たちが辞めさせられた上に、経営陣は責任を取らず。
そんな中で、特別なミッションを抱えて出向中の私は、ひたすら仕事をした。年間で1日しか有休を取らなかったのは、過去に例がない。違う会社文化の中で、本当にストレスフルな一年で、でも荒波にもまれて力がついた。
企画力、提案力、文章作成力、論理的思考など、身に付けたものは多い。週末まで仕事のことで頭を悩ませる日々も多かったし、こんなに周囲への影響度合いが強い仕事を担当させてもらったのも初めてのこと。
来年に向けては人の入れ替えがあり、なんと私がチームリーダー格になれという。仕事は拒まず何でもやるけど、前途不安なことがいくつかある。
最終日、机の引っ越しをしていて、いよいよ今年が終わるんだ、と実感した。異動になってしまう素晴らしい上司を見送り、なんとも言えない寂寥感もあった。
あと一年、僕のチャンレンジは残っている。思いがけず、来年は今年と同じチャレンジではない。担当者から、チームリーダーへと役割が変わって、その上でのもう一年だ。上司も変わるし、新たな境地を得られると思うけど、今年並みに苦労するだろう。
今年は、苦労を実力へと昇華させられた一年だと思う。来年も、苦を惜しまず、実を取ろうじゃないか。きっとその後が楽になるのだから。

----

夢桜 川江美奈子 ジュスカグランペール
2009/12/26 18:14:00

ジュスカグランペールが、「Sakura AID」という吉野の桜を守るチャリティーのために作った楽曲、「夢桜」。そこに川江美奈子さんが歌詞を書いて、吉野山で一緒に演奏している画像がある。
原曲も素晴らしいヴァイオリンとギターの音色。ヴァイオリンのメロディラインを追って楽しんでいたら、そこに川江美奈子さんのテンダーボイスと洗練された歌詞が加わってきて、美しさを一層増幅している。
もう堪らないって思ったね、拍手を贈りたくなる美の共演、吉野の桜を夢見るような恍惚の時間。
アーティストとして、最高の舞台じゃないかな。創造と共演、僕は見ていて物凄く羨ましかったよ。こんな形で、美を想像・保存する何か助力となりたいもん。

----

名古屋マリオットホテル ランチバイキング ☆
2009/12/27 16:39:00

名古屋一のホテルなのに、ランチバイキングが¥2,500って安いよね。

試しにいただいてみると、満足できる内容でした。

品数も多いし、味も美味しい。

目移りしちゃうって、このことですよ。

野菜スティックにかけるソースで悩んだり、うどんを頼んでは、シーフードカレーも一口もらったり。

一番美味しかったのは、豚丼。

どのお店でも出せないような、コクのあるたれと、いい豚肉。

それから、キムチがすごく美味しくて、何回も取りにいった。

お腹がMAX状態になって、名古屋駅回りを歩けば、かなーり苦しいじゃないか。

凄いクオリティーとボリュームでしたよ、名古屋マリオットホテルのランチバイキング。

----

冬休みの宿題
2009/12/27 20:18:00

この冬休みには宿題が出ている。次の小説の構想、「狂い咲き」を完成させること。楽しみながらの宿題だから、ちっとも苦になりませんけどね。
早速頑張ろう、と朝からコメダ珈琲店に入ってノートパソコンを開くと、周りのうるさい声は気にならないけど、まぁ、タバコを吸っている人が多くて困るよ。でもやっぱり効率は上がって、いい調子であらすじを書くことができた。
名古屋のマリオットホテルで美味しいビュッフェランチを食べた。年末とあってか、名古屋へ向かう道の車が少ない。
いつも僕は考えている。何が僕にできるだろう、何を書けばネット上でヒットするだろう、グーグルアドセンスにガンガンヒットするだろう。それを考えて考えて、本屋でも色々情報を見ていたが、やっぱり自分にできることじゃなくて、自分がしたいことをやるのが一番みたいだ。
だから、僕は書きたいと感じた物語を、詩的に書きあげることが一番の幸せなんだよ。出来れば多くの人とコラボレーションして、楽しくやっていきたいし、貴重な体験を積んでみよう。
まずはこの冬休みの宿題、「狂い咲き」を書き上げることから始めよう。

----

とんこつ名人 かつみ屋
2009/12/29 16:35:00

中京大学近くにある、とんこつラーメン「かつみ屋」。とんこつスープのどろどろさ、独特の細麺へのこだわり、どちらも個性的。「俺はこれを作る!」という意志は感じたなぁ。とんこつ名人







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.