K-1/DREAMと主任昇格・出向準備〜2008年詩的日記

投稿日:2008年12月31日 更新日:



勉強合宿
2008/01/01 17:40:16

あけましておめでとうございます!

・・・という気分でもなく、この10日間の連休はすべて勉強にあてています

西洋史・経済学・体育講義・心理学・文化人類学・法学・哲学

さぁこれでレポートはすべて終わり。長らく続けてきた大学級の勉強も終了です

がんばれ。こんな素敵な連休ってないよ

あぁ、勉強し過ぎて疲れた! 休みが欲しい!!

----

自己意識
2008/01/02 21:10:00

現実の自分と、理想の自分を照らし合わせる。不満はない? いいや、理想どおりではないはずだよ。そういう自分自身への内的葛藤が大事で、これがないと人は成長できない。悩む時期には自分のヒーローを作って、一歩でも近付こうと擬似体験みたいなことをするだろう。それは理想の自分へと近付く努力の一歩目だってさ。今はもう、僕はヒーローに学ぶことはないと思っている。昔はべったりお世話になったけどね。だから、僕はもう自分の道を進んでゆく段階なんだ。

----

高説
2008/01/02 21:38:00

自分のありがままの姿を異性と分かち合う。これは融合。親密性。貴重なもの。でもそれには条件があるってさ。自分という存在を確立していること。自分が定まってなかったら、恋愛の相手の世界に引きずりこまれて自分を見失ってしまう。だから、若いときの恋ってうまくいかないのかな。なんてありがたい高説。恐れ入った。

----

色々な人
2008/01/05 23:19:00

年賀状と年賀メール。普段連絡をとらない人たちからもいっぱい連絡がきた。幸せなことですね。二転三転して僕の行き方はまだまだ定まっていないけど、その途中で知り合った大切な人たち。その人たちとつながっていたい、という意識が年々強くなってくる。そして、これから出会う人、今出会っている人、これから別れる人たちと「一期一会」の心で向き合いたいと強く願うんだ。

----

子供を叱る
2008/01/06 00:02:00

図書館で大きな無駄話をしていた数人の男子高校生に注意をした。不思議。見て見ぬ振りはできなかった。周りに迷惑だから。近所の子供が悪いことをしていたら、注意するのがムラ社会の大人のすること。それってなかなかいい文化さ。都会にいても見て見ぬ振りはしないでおこう。ちゃんと常識をもって接しよう。自分の行動に自分を見直した。

----

急進主義
2008/01/09 23:55:00

人は物事を変えたくはないのだろうか?もっと楽に、もっと便利に、もっとためになることが目の前にあるのに、そうしたいとグチを言うだけで、いざ行動になると行動をしてくれない。何が問題なのか、急進主義の僕には分からない。保守主義の意見が僕には伝わらないよ。布袋さんの歌詞に勇気付けられて帰ったさ。「怖くなんかないさ! 男だろう?!女だろう?!」 - "Get Your Gun"-そうだ、行動することって、怖くなんかないさ!!!

----

七里庵 名古屋 ☆
2008/01/13 20:03:00

名古屋「七里庵」の鴨そば。

品格の感じられるおいしいお蕎麦で満足でした。

最近はインスタントの鴨そばばかりを食べていて、
工場の味と、手作りの味の違いをはっきり感じた。

うまいものもインスピレーションをもたらしてくれるなぁ。

----

僕の弱いところ
2008/01/16 00:25:00

昔に愛し合った人と、久しぶりに連絡が取れた。今は結婚して幸せだと言う、その言葉が本当に嬉しかった。そうしたら僕の夢はクレイジーだよ。夢の中で僕はその人に早速再会して、その旦那さんと何故かがっちり握手をしていた。もちろんその旦那さんって実際に会ったこともない人。どうしてこんな夢を見るのだろう。大事な過去はどうしても切り離せられない。僕のもっとも弱い部分が夢にまで出てしまった。いかんともしがたい、この己よ。B'zの稲葉さんが歌ったよ。「Crazy in my mind. 時々感じてる」おう、その通りだよ!

----

氷解そしてまた凍結
2008/01/23 00:08:00

嬉しかった。数年間の不和が氷解だと聞いて、社員旅行中の札幌から旭川までいくバスの中で、僕はとっても幸せだったよ。でも残念ながらそれはまた凍結してしまった。いいえ、きっともうちょっとの時間で解決できる。動き出しているものがとっても嬉しかった。

----

93才の軽い足取り
2008/01/27 09:42:00

僕が子供の頃から、祖母はあまり変わらないように見える。今年でなんと93才になるおばあちゃんがまるで普通の人のような健全な歩きをしていた。とても幸せそうに笑っている顔を見て、僕も幸せな気分になったよ。再会は約束できないと言ったおばあちゃん。自分のことはきっと自分が一番分かっているのだろう。もう僕ごときでは理解できない領域にいる人。またお会いできる気がする。いらっしゃらなくなる日が想像できないよ。

----

親の還暦パーティー
2008/01/27 09:51:00

親孝行もしたい。兄弟を集めて父親の還暦パーティーをもうけてみた。まだまだ元気で、僕たち子供がいなかった頃とは違う人生の楽しみを見つけているみたい。だからあんまり心配はしてないけど、たまに会うのは嬉しいことだ。姪っ子たちが育ってきている。可愛らしい姿は本当に宝物だよね。命をつなげる喜びに満ち溢れ、育つものと去りゆくもの。盛者必衰の理、若葉マークと紅葉マークを思い浮かべたよ。

----

旧知の人たち
2008/01/28 12:53:00

よく知った場所へ帰ってゆくような感じ。なんとも言えぬ心地良さに甘え、揺られ、落ち着きを得る。ふと見れば、昔の自分と今の自分の間には成長という大きなへだたりがあるじゃないか。たまに会うから良いのだ、もう継続は叶わない人たちなのだから。そこに僕の悔いは残っていないのだから。

----

パチスロの運
2008/01/29 12:33:00

なんでも機械に動かされるだけじゃない。パチスロも連チャンとかオバケの出し方には、不思議とその人の個性が反映されるもの。そこが楽しみかもしれないけど、やっぱり僕にはできないなぁ。パチスロはどうしても実力よりも機械の流れに影響されているようにしか見えなくて、ギャンブルに近寄ろうとしないよ。

----

未知の知識たち
2008/01/30 09:54:00

江戸時代の洒落が今もみんなの心底にあるってことね。時代をすっ飛ばして、笑いのセンスって共通しているもの。ローマ・ギリシアの文化がヨーロッパを、そして世界の色を染めたというのはよく分かったよ。普通に暮らしていたら絶対にすれ違わないだろうことに触れる。別に何に出会いたいという望みはなくて、知らないものにインスピレーションを得たいだけ。それが目的ではじめた勉強のこと、まったく無駄とは思わない。自分をもっと高めたいよ。

----

モチベーションって大事
2008/02/07 15:12:00

2年もお預けになっていた昇進がやっと決まった。今更上がっても正直、嬉しくない。逆に、「なんでこんなに時間がかかったのか!俺はもっと前から役不足の中を仕事していた!」という不満のほうが強い。でもこれで最低限のところはクリアした。あとはのんびり、マイペースで仕事してゆけばいいかな。タイトルは少なくともモチベーションアップにはつながるな。仕事にはモチベーションって大事。

----

リヤカーマン
2008/02/17 14:58:00

リヤカーマンこと、永瀬さんの冒険を見て心を動かされた。無駄なことさえ、冒険の後では愛おしく思える。有意義な時間だったと感じることができる。冒険の後ってそんな感じ。時間が過ぎた後ではもっと強く、無駄な時間の貴重さって感じるものだよね。今年の夏は僕も冒険に出よう。そう自分に誓った。

----

カメラなし携帯
2008/02/20 22:55:29

仕事場のセキュリティーが高すぎて、カメラ付きケータイが持ち込めないんです。

当面異動がないことが分かったので、お気に入りだったケータイだったけど、カメラなしに買えちゃいました。

これがふつーのデザインで、お気に入りってことじゃないけど、久々に見る職場の机の上の自分のケータイってカワイイ。

小さなことだけど、仲間ができた気がして嬉しいよ。

----

心の底に、悪い夢が
2008/02/22 15:17:00

最近、本当に恐ろしい夢を見る。自分が壊れる夢。金縛り。失敗する夢。こんなの今まで見たことがない。何も不足なものはなくて、幸せだらけの人生のはずなのに。何かが僕の心の奥底で不満としてくすぶっているのか。身体が悲鳴をあげている?これは分からない自分の謎なんだ。

----

不思議・・・UFC
2008/03/04 22:25:00

UFCでダンヘンが、シウバに負ける。
ヴァンダレイが、チャックに負ける。

PRIDEの時は1試合1試合が心に響いた。
海を隔てているからかな、今はUFCの勝敗に心をときめかすことがない。

なんてさみしいことになってしまったのか。
戦極とDREAMの旗揚げで、また心は輝くのだろうか。
格闘技にある美をまた見つけることができるのだろうか。

----

意識が変わる
2008/03/04 23:22:00

「私はリーダーとして、部下を教育することに特化します」昇格式でそう言ってのけた。もう自分自身で仕事をしてはダメだ。やり方を下に教えて、下を教育するのだ、俺が仕事できることはもう証明されている。部下ができたことを意識して、なんだか仕事の意識が変わってきた。My changes.....

----

死ぬならミルコの左ハイで。
2008/03/05 18:38:30

自分が死ぬ時には、ミルコの美しい左ハイキックをくらって死にたい。

おバカな妄想?いいや、これはなんて詩的な空想だろう。

あなたも覚えているでしょう。

アレキサンダーやドス・カラスJr.を切り捨てたPRIDE時代のミルコ・クロコップの左ハイキックの切れ味を。

普通に死んでも面白くなくない?

だったら、ミルコの全力の一撃を脳天にくらって、ある意味最高のアートによって死を迎えたい。

全盛期のミルコのノックアウトシーンを見るたびに、僕はそんなことばかり考えていた。

ミルコの左ハイに並ぶものって何か想像できるかな?

えっ、俺はボブ・チャンチンのロシアンフックで死にたいって?

そうだね、レミー・ボンヤスキーのフライハイはなかなかそれに近いよ。

アレクセイ・イグナショフのヒザだって凄かった。

少なくても曙のタックルや、武蔵のディフェンスで醜く死にたくはないぞー。

PRIDE無差別級GP優勝後のミルコ・クロコップは、詩的を創造できずにいる。

肉体の限界とか、引退の時期とか、僕はそんなこと思いたくないよ。

あの頃の美しさを、どうかもう一度。

人間が輝く時期って短いから、ミルコにはまだ頑張って欲しいと願う。

5年後には無理でしょう、でも今なら、まだ今なら。

PRIDE武士道で、敵をバッタバッタ、となぎ倒していったミルコの美しい姿が忘れられない。

死ぬ時はミルコ・クロコップの左ハイをくらって死にたい。

それだけで僕は、美しい天国に飛んでゆけそうな気がするんだよ。

----

良いものは横展する心
2008/03/12 21:04:00

我ながら大きな提案をした。職場環境に役立つもの。それも大きな事務所のたくさんの人々の役に立つもの。インストールは大変だったが、この影響がどんなに広がってゆくのか、楽しみである。良いものは自分のところだけじゃなくて、周りに展開してほしい。そう頼まれたことへの僕の返歌。善意100%の仕事はどう評価されるのかな。

----

ステーキのあさくま 日進本店
2008/03/15 20:19:00

今日はステーキを食べに「ステーキのあさくま本店」へ。本店が愛知の日進市にあるなんて知らなかったなぁ。店の中もいい感じのつくり。ここから全国に広まっていったのだから本物なのは証明済みってこと。関東の実家のほうにもあって、まさか愛知で本店に出会えるとは思わなかったよ。

----

DREAM.1感想
2008/03/15 22:20:28

テレビで見ていて、PRIDE色を強く感じたよ。

ブラックマンバのねばり強さに拍手。
ヨアキムハンセンもアルバレスも強さは本物。

青木とカルバンの一戦は続きが楽しみですね。
ミルコの強さはさすが。

全体的に妥当な感じで、これからのDREAMを期待するよ。

----

手直しと見直し
2008/03/27 15:52:00

何度手直ししても、見直すたびに自分のHPが恥ずかしくなる。もっとセンスよく、もっと詩的に、もっと稼げるHPにしたい。それで毎回updateするよ。いつの間にか1000人も見てくれるHPにはなったけど、まだまだ目標は遠い。今年中に1500人HITできるHPにしたい。もっと小説も書いてゆきたい。自己満足だけじゃなくて他人の役に立つHPにもしてゆきたい。欲は留まることなく、自己もまた向上止むことなく。

----

未知の、インスピレーション
2008/03/29 15:46:00

手配してあげたフランス人から、湯布院旅行のお土産をもらった。ギリシア人と楽しく英会話できた。セントルシア人の対応にだいぶムカついた。ベルギー人はいいヤツが多いな。そういう普段にない世界に一歩足を踏み入れると面倒ではあるけれど楽しいものが転がっている。インスピレーションを受けるためならばあえて自らリスクへの道を選んでみるか?いいえ、無駄な時間を費やすよりは自分の範疇だけに留めておくのが普通の道だろうよ。その狭間でいつも迷うが、やっぱり芸術家を自称するわたしだから、未知のものにインスピレーションを求めてゆきたい。

----

アリスターオーフレイムのハンマー
2008/04/05 18:39:03

アリスター・オーフレイムのハンマー。
あのハンマーは「破壊」の象徴。

ストライカーである(グラウンドも結構巧いけど)アリスターがあれを持って入場していたPRIDEのリングで、私は背筋に快感が走るのを感じていたよ。

「ダッチ・サイクロン」の異名の通り、全てを破壊して試合を終わらせるのが、アリスターの戦い方。

格闘技の基本は破壊だ!クラッシュだ!ストライクだ!
ハンマーを振りかざして壁をぶち壊せ!!
ヒザを、拳を振り回して相手を撃ち砕け!!

あのハンマーは、アリスターの破壊と美の精神を体現しているのだよ。

相手を破壊して勝利した後、高々とハンマーを掲げるアリスターの姿は実に美しかった。

最近はあの詩的なシーンが見れなくなっているね。
ようやくこの前のDREAM.6でハンマーを持っている破壊神を見た。

私は声を高らかに、あのハンマーの復活をうったえたい!

あなたが思う格闘技の美しい印があれば、私に教えてください。

破壊と美の印。
あれこそが格闘技のシンプルな美。

----

K-1MAX 2008 Final16
2008/04/09 22:19:44

アンディサワー選手の総合力の強さには驚くよ。
一発のあるザンビディスをうまく交わして最後はKOですか。
身体の芯の強さなのかな、荒動物を押さえ込む業師のイメージだった。

佐藤嘉洋も強かった。ムラットの強さをまた上手く封じ込めた感じで、なんていうのかな、専門家から見るとテクニックでおさえているってことになるような気がした。

ブアカーオとクラウスの戦いは王者のそれ。勝敗はないよ。

魔裟斗は口先だけじゃなくて実現しちゃうんだからなぁ。
強さにプラスしてカリスマと言うが、本当だから納得。
メインを張る器。いや、決して偽者じゃないよ。

----

人を生き動かすもの
2008/04/12 18:37:00

マックス・ウェイバーさんは言った。人の生き動かすものは利害だ、と。しかし人はそれだけではなく、理念という心の強い根元によって生きる軌道を修正してゆき、その軌道に沿って利害が人を走らせる、と。つまり、利害よりも強いものが理念なのだよ。お金などの欲望が人を安易な道に走らせる。それを防止する術は?理念が、心の根幹がその欲望を防止することができる唯一のもの。なるほど、と思う。納得、と思う。人はまだまだ捨てたものじゃないって、希望を持っていたいから。

----

精一杯の一日
2008/04/13 18:18:00

今日はテストの日。法学・社会学・健康体育と精一杯やったよ。それでランチに小龍包と「くくる」のたこ焼き。夕方は桃の花が咲く猿投山のふもとをランニング。夜からはK-1を見なくちゃ。こういう精一杯の日が、僕の血肉を支えてくれている。毎日がこんな日だったらいい。

----

K-1 2008 Yokohama
2008/04/13 22:18:50

セームシュルトは身体がデカ過ぎて詩的打ち合いにならないよ。どーしてもつまらん。ハントはまたK-1のリングにも上がって欲しい。

バダ・ハリ。。。本当に凄い。派手なくせに強い。嫉妬したくなるほどの逸材よ。面白すぎるK-1ファイターだね。

テイシェイラはまだ実力を全部見てないから、もっと見たいよ。

武蔵選手も頑張ってました。KOを出せるようになったら本物でしょ。

勝つも負けるもKOで終わる勝負って美しいよ。
そんなものを求めてわたしはK-1を見る。

----

新人研修の先生役
2008/04/16 00:01:00

今年の新入社員への先生役を務めた。僕の心は昔と変わってないよ、自分が新入社員として入社したあの無力な頃と変わりはない、偉そうにはしていない。それは技術も経験も覚えて、すっかり大人になったけど。他人を見て、我が身を見直す。今一度、スタートの気分を取り戻そう。今一度、自分に教育を与えなおそう。普段こんなことを考えることはないだろう、だから新鮮な気持ちはいつでも大事。

----

10年ぶりのアメリカ
2008/04/17 09:43:00

今、10年ぶりにアメリカへ行く道の途中。この歳月はあまりに大きかった、僕の人生は形が決まったよ。懐かしさを覚えるアメリカへ。僕はきっと感じるだろうな、昔の僕とは別人だということを。

----

アメリカ人の言葉つかい
2008/04/19 13:06:00

僕には美しく感じられなかった。"Good" "Great" "Perfect" "Best" "I'm proud of" というお世辞を繰り返し、言葉に満足した気になる人たち。本質はどうなのよ?アメリカ一流のやり方に賛同できずしらける僕はつまらない男。会話は合わせるけど心で首をひねっている。文化の違いは近いしても、同調はできないよ。

----

書きたい欲求
2008/04/20 13:01:00

物語を書きたい欲求があがってきた。小説なんていつでも書けるわけじゃない。何かを通して自分の心に強いものがこみ上げてくるときがある。何かにインスピレーションを受けて心がうずく。アメリカ流の盛り上がり方になじむこともできるけど、僕が今求めているものとはやっぱり違うよ。僕は僕で、田んぼの脇で風を受けながら、静寂の中でアートを描きたい。そんなありのままの自分を言葉にしたくて僕はペンを取るだろう。今こそ書いてみたい。構想はずっと前からあった。満たされた心の物語、「知足の人」。"わたしはただ、今自分が満ち足りているのを知っている"

----

レキシントン、ブルーグラスの町
2008/04/21 13:09:00

新緑の季節にすっかり惚れた。レキシントンの空港に降り立つと、白や紫のキンモクセイが花咲き、芝生の青が鮮やかに、風は4月の涼しさで、鳥たちがあちころでさえずる天国のような場所。CAMRYを走らせるとケンタッキーの馬たちがブルーグラスの丘で草を食み、絵本から飛び出したようなレンガの家の美しい光景。どこもかしこも美しく、広大な土地に美しいレキシントン。

----

アメリカ旅行の思い出
2008/04/23 18:26:00

普段ではありえないほど、たくさんの人たちにお会いできた。旅が終わるとそれが素敵な思い出に変わってずっと僕の心に残ってくれる。どのことも、僕にインスピレーションを与えてくれ、まもなく詩的な物語に姿を変えることだろう。Hello, America! Bye, America!!12年ぶりの、懐かしい、新しいアメリカ旅行でした。マリオットのあの人が、レキシントンの花と鳥が、成長した英会話が、Eチケットもホーソンもみんな忘れられないよ。日常と非日常は交わっている。これからの毎日を大切に生きよう。

----

今日の詩的な出来事
2008/04/27 23:09:00

なんて詩的なことに、田んぼの脇にタケノコ(にしては大人になりかけ過ぎてるが)を見つけたよ!素敵な発見。こんな詩的って滅多にないよ!

----

K-1オランダ2008
2008/04/29 22:14:50

レミー・ボンヤスキーの美しい、詩的な攻撃。
受けるメルヴィン・マヌーフも正面から向かってゆくファイターだから、上手くかみあって、K-1らしいファイト。
決め手もちゃんとノックアウトでしょ。
勝敗どうでもよく、K-1というか格闘技の醍醐味。
これにやられて、K-1見始めてもう12年になるのか。

----

パラグライダー練習
2008/05/04 22:14:00

去年10月以来のパラグライダー練習。なかなかいい天気で、まずは丘の上からの練習。これがやっぱり素人に戻っている。左右の手はバラバラだし、うまく胸から出るライズアップできない。着地も風向きに正対して降りれないし。みなさんの温かいフォローのおかげで練習できたよ。久しぶりの上空はびっくりしたよ、着地もトラウマがあって怖い。それでも勇気を振り絞って高度からの半年振りのフライト。飛び出した後は正直、怖さが優先したがなんとか着地もできた。楽しむ余裕よりもなんとかこなすだけが精一杯。それでもこれから頑張って楽しんでゆこうと思う。

----

ENDLESS STORY 伊藤由奈
2008/05/07 18:57:00

ちょっと驚いてしまったので、ここに書くよ。徳永英明さんがカバーする「ENDLESS STORY」を聞いていて、だいぶ興味が出てきたから、オリジナルの伊藤由奈さんの歌声をたどってみた。そうしたらどうだろう。前から耳にしていた曲だよ、それがなんとも鮮やかに僕の心に入ってくる。サビの部分の美しい盛り上がり方なんて、聴いていて涙が出そう。知っていた曲が、もう一度盛り上がる時がある。それも今回は、なんていう溢れ出しぶりだろう。こんな詩的な瞬間、言葉に残さずにはいられないよ。

----

とうとうこの日が・・・
2008/05/13 23:55:00

来た。とうとうこの日が、来た。信頼していた兄貴分たちが丸ごといなくなる。異動や退職によってみんな僕の前から消えていった。これからどうなる?いや、今度からは僕がその兄貴分として活躍する時間だよ。とうとうこんな日が来た。もう下っ端じゃいられない。下の面倒を見ながら頑張ってゆくよ。

----

ライズアップ パラグライダー
2008/05/17 23:13:00

今日はいい天気で、僕はすごく張り切っていた。いい加減に今日こそは、ライズアップの感覚をつかんでやる。だから朝から一人で丘に向かい、ひたすらフロントからのライズアップをやってみて、飛ばずに立ち上げだけ試していたよ。それが上手くいって、2回に1回は正解。なんだか左右のバランスが上手くなった気がした。で、午後は風が強くてクロスの練習をしたけどこれがダメダメ。でも左右のAライザーのラピッドリングのところを片手で持つスタイルにしたら結構うまくいって、ひょっとしてこれで上手くいくか?と思った。フロントもクロスも、ライズアップの感覚が今日一日でだいぶ成長した。で、僕を教えていた先生の一人が調子にのってハーネスもつけずに立ち上げを僕に見せてくれていたら、風にあおられてマンガのように身体ひとつで上空に持ち上げられてしまった!ヤバいと思った。あっという間に20mはもちあげられて、後ろの森の上まで非常にマズい体制のまま吹き飛ばされる。命の危険性を感じて助けに走ったら杉の木の上に僕のキャノピーが、その人の名前を呼んだら返事があって、地面にいたよ。なんとか無事。20mの高さから落ちたという。奇跡的に土が柔らかくて無事だったよ。それから僕のキャノピーを回収したけど、これも奇跡的にどこも破らずにすんだ。すっごい危ないシーンだった。決して僕は油断はしないぞ。それで今日は高度フライトできなかったけど、ライブアップの感覚をレベルアップさせた。次回は飛ぼう!

----

2000 page view
2008/05/20 23:37:00

僕のホームページ "Ken Box" が今日は2000 page view。ようやく来たよ。最近は加速度的だ。もう一日1000を越えるのは当たり前。今年の目標は平均1500なのに、それが今でもう2000。もっと成長してゆきたい。もっと多く見てもらいたい。豊かになれよ、Ken Box。

----

イライラ
2008/05/22 23:37:00

とても気分が悪い、こんな仕事は初めてだ。みんなのために改善をしたら、感情的になった女にわめかれた。今までずっと僕を見てきただろう?悪いことをするか?それを踏まえたうえで僕の行動を見て欲しかったよ。気分が悪すぎて忘れられない一日も詩的かな。なんとかそう割り切って、この峠も越えてしまおう。

----

なんとか回復
2008/05/30 23:41:00

気分の悪い仕事が続いていました。それでもなんとか回復。やっぱり僕はそういう善人だよな。周囲に任されていたら改善のスピードが遅すぎる。だから僕がやらないといけないんだ。これはイヤな仕事じゃないよ。貴重な経験だから、きっと3年後の僕の血肉となっている。そう考えれば何でも楽しく思えるさ。

----

山頭火 ラーメン 名古屋
2008/06/01 10:39:00

山頭火のラーメン。名古屋にもお店があってね。美味しくて、つい味噌も醤油も食べちゃった。どんぶりの中が、ひとつの宇宙だ。

----

Eternity Lyrico
2008/06/02 18:58:00

ピュアで、美しい音楽。特に透き通るような女性のボーカルで歌われると心が揺り起こされる。今日もまたそんな音楽に出会った。Lyricoさんの"Eternity"。彼女の魅力的なヴィジュアル見ながら聞いていると空飛んでるみたい。歌詞も僕の次作小説にアイディア与えてくれる感じだったし。" I know tha you're my destiny......"出会えたことに感謝。

----

最初に相談される
2008/06/05 00:24:00

辞めるのを後輩から一番最初に相談される。なんだか頼りにされてるみたいで嬉しいのに、辞めることが嬉しくない。僕もなかなか人生経験積んできたみたい。辞める人たちを見送って、自分も一度は辞めて、今のポジションにいる。だから大きな心で見守ることもできるのだが、仕事面ではともかく、一人の人間として仲間がいなくなることはイヤなだけだ。また変わってゆくのでしょう。流れは絶えず変化してゆくものだから、何も不思議だったり、不機嫌なことはないよ。

----

そろそろ解決へ
2008/06/06 00:32:00

問題発生から2週間。そろそろ解決へ向かわすぞ。周囲への悪影響を広げてしまうからね。くだらないことも刺激に変えて、それで改善されればいい。この経験も貴重な糧、あまり嬉しくはなかったけど。来週だ、来週に解決してやる。

----

LOVE BRACE 華原朋美
2008/06/10 19:00:00

華原朋美さんのLOVE BRACEを今聞くと、この曲が小室さんとの全盛期に歌われたのじゃなく、まるでブームが終わった後の打ち上げ花火じゃないかな、って思えるよ。タクシーのシートにもたれた時に、今だけは誰も私の存在を知っている人はいないなんて、歌姫の栄光に疲れた様が孤独感溢れる様で歌われている。主役の時期を終えた華原朋美の今の心中が描かれているようだ。恋の記憶は、情熱の残り跡は美しい。これから登ってゆく時に作られた曲なのに、どうしてか哀しいラブソングに聞こえるのは華原朋美さんの人生がダブっているからなのでしょう。10年かけて円熟する曲もあるよね。僕はそのひとつに出逢った気がしたんだよ。

----

音楽に嫉妬
2008/06/11 18:58:23

音楽はいいよね。

目に見える舞台で、パフォーマンスできる。
誰もが分かる、伝わりやすいアート。

徳永英明さんとSalyuさんの「Rainy Blue」
スガシカオさんとSalyuさんの「慕情」
ELTと槙原敬之さんの「Time goes by」

どれもYouTubeで探した忘れがたい音楽。

小説はどうよ。やっぱり広めやすさが狭いなぁ。
まぁいいところもあるんだよ、言葉ひとつでどんな無限大の世界でも表現できる。

とにかく拭い去れない思い、音楽への嫉妬。

----

早引き
2008/06/13 22:25:00

今日は仕事もヒマだったからフレックスをとって川辺の大きな木の下で、小説を書いていた。サッカー少年たちが徐々に集まってくる。暑さが眩しい、とある初夏の一時。こんな日もいいな。何もない日よりも、何かずっと思い出に残る一日を。

----

懐かしい身体感覚
2008/06/14 22:41:00

いい天気だったので、夕方にまた猿投山に走りに行ったNIKEのランニング用ドリンクホルダーも来たしねそれで先週の長丁場の運動の成果が出たのか、随分調子が良かった正直ここ数年、若干の体力の低下は感じているでも今日ばかりはなんか18歳の頃の走りみたいに早かった身体の動きを、身体が制御しきれない感じかなりのハイペースで下り坂を駆け下りたまた来週も走ろう 自分の身体が宝物

----

新たな挑戦
2008/06/15 22:40:00

先週から閃いた何のためにパソコンで作業してきた?アート活動のための資金を生み出すためだなだったら僕にある技を全て出して、一回お金稼ぎをしてみよう何も躊躇する必要はないさそれで今日は涼しい曇り空の下、原っぱでセールスレターを書いていた今回だけはアートは置いておいて、売れればそれでいいしばらくこれで様子を見てみよう案外これで文章に「軽み」が出て、いい小説書けるようになるかもそう無理矢理前向きに考えて、僕はネットビジネスに足を突っ込む

----

珍しいもの
2008/06/21 23:33:00

今日は滅多に僕にない珍しいものが2つ。インディージョンズの映画を見た。昔に見たなぁ。あのドキドキわくわく感を思い出した。大人になったから、映画のダメなところも目に付くなんて、つくづく大人にはなりたくないものだぁ。それから帰りに珍しくエビスビールを買って帰って飲んだ。久しぶりのアルコールだ。たまにはいいかな。珍しいものっていい刺激になる。

----

物理学ねぇ・・・
2008/06/27 00:09:00

文学的な僕には 縁がないと思っていた物理学を勉強している。数式は全く頭に入ってこないのに、何故虹が見えるとか夕焼けの空は赤いのかとか、そういうことだけ理解できるよ。でもね、不思議なことがある。朝、車を走らせていて川沿いの緑を見ながら「太陽光で光合成をして育ってるんだな〜」と考えている僕は物理の子。これからは青い空を見て「今日も空気中の粒子がいっぱいあるから、青いなぁ〜」って思うのだろうか。勉強は刺激だ。

----

洋食亭「松」
2008/06/29 19:46:00

豊田市の洋食亭「松」で、カニクリームコロッケをいただいてきました。タルタルソースは美味しかったぁ。また食べたくなる美味しさでしたよ。あーなんて詩的じゃないことを言ってるんでしょう、贅沢すぎますよね。あーなんて詩的じゃないことを言ってるんでしょう、贅沢すぎますよね。

----

K-1 Japan GP 2008
2008/06/29 22:14:02

あぁ、武蔵はやっぱりつまらない。
攻撃すればまだ伝わるものもあるかもしれないけど、なんか微妙な防御ばかりでちっとも心が伝わりません。もう終わりだなぁ。。。

テイシェイラは素晴らしいよ。1回戦のアグレッシブな動きを見て、彼のこれからをもっと見たくなった。

ジェロムも美しかった。負けようが勝とうが関係ないんだ。アートのK-1だからね。とにかく戦い続けるその姿勢こそがK-1の醍醐味なんだよね。

バダ・ハリはお見事。早い破壊者は僕が大好きなタイプなのにバダ・ハリだけは好きになれないし、美しいとも思えない。不思議だ。彼の普段の態度から美を感じ取れないからだろうか。

中迫選手も素晴らしかったよ。テイシェイラに真っ向勝負をしてゆく姿勢が美しい。

テイシェイラ選手は前回から格段に進化している。
他のどのチャンピオンたちとも違う何かを感じた。
だから次のWGP開幕戦が楽しみだ。彼はどこまで行くのだろう。

----

これが3年間の評価
2008/06/30 22:38:00

今の職場もはや3年。我ながらすっかり中心人物になって、他営業所に大きな影響を与えるぐらいまで自分は大きくなった。一応の評価もついてきた。人間関係もできあがってきたよ。それでいよいよ次の大きな仕事がまわってきそうだ。絶え間なく進歩を求めるアーティストにはウェルカム。それも、かなりの大役。役員から次々と直接話が来た。もう照準は絞られている。スキルも経験も重ねてきた僕には太刀打ちできる仕事。いや、今こそが役不足ってことなのだから。僕は飛ぶだろう。その次の目標に恐れることなく向かってゆく。これが僕のこの3年間の仕事に対する、総合的な評価なのだろう。すっかり大人になった僕の業なら、何も負けやしないさ。

----

純粋に嬉しいこと
2008/07/01 22:49:00

純粋に嬉しいこと。書いた小説の感想を聞いたとき。「代理愛人」や「スローラブで愛して」の感想をメールでもらった。嬉しい。ひたすら嬉しい。僕が今知っている限り最高の愛情を書いた作品だから、それに同感してもらえて、こんなに嬉しいことはない。次作を書こう、っていう励みになるなぁ。

----

アイディアできました
2008/07/05 21:11:00

川面も飛ぶ鳥がたくさん。早朝から滅多に行かない公園でアイディアを練っていたらよく閃いた。小さいダムのある川辺をたくさんの鳥たちが見事に飛んでいた。気分がうまく高まってアイディアがでてくる、でてくる。これで奈良アートボックスの構想が固まった。夕方にランニングしながら更に詰めてゆくと、ほら、早く書きたくなるぐらいのお話になりそう。今回は遠慮なくロマンチックに特化させてもらおう。

----

浜松市 うなぎパイ
2008/07/06 22:08:00

ちょいと用事があり、初めて浜松市へ。駅は大きいね、なんか東海道新幹線が止まる駅前って不思議とどこも似ている。それで魚がし鮨で、大きなお寿司を食べて満足。それから近くのうなぎパイファクトリーに遊びに行った。工場って興奮するなぁ。ラインに見とれてしまったよ。夜のお菓子・うなぎパイって名品でしょ!

----

K-1MAX 2008 Final 8
2008/07/07 23:49:08

サワーとウォーレンは名勝負だった。
あれにKOが入ったら伝説の名勝負になったのになぁ。

佐藤vsブアカーオは意外にも熱かったなぁ。
びっくりした! まさかブアカーオをKOなんて!
驚いてつい声を出してしまった。
これは予想してなかったので、珍しいぐらいにびっくりしたよ。

ザンビディスとクラウスは見ごたえあったなぁ。
どうしてザンビディスのようなすごい男がもっと上のタイトルを取れないのか。
壮絶なパンチの打ち合い。見事な試合だったよ。

魔裟斗は王者の風格がありながら、自分から積極的に攻めてゆく姿勢が好き。
ドラゴも精神力は凄いが、人気ファイターにしては圧倒的に魔裟斗が本物なので太刀打ちできないよ。

今回のK-1MAXでびっくりしたのは、佐藤選手がブアカーオをKOしたところだったよ!

----

for you... 徳永英明
2008/07/09 19:02:00

カバーされて大化けした曲に出逢った。高橋真梨子の「for you...」を徳永英明がVOCALIST2でカバーしている。好きなボーカリストだからひいきに見ているかもしれないが、徳永英明の歌からは深い詩情が溢れていると感じる。VOCALISTのアイディアには成功作も失敗作もあるけど、この「for you...」は格別の成功で、大化けだよ。カバーで歌い継がれる名曲がある。そのひとつに出逢った気がしている。

----

今日の出来事
2008/07/12 21:10:00

今朝は友人と喫茶店でモーニング食べながら情報交換して、午後は図書館で今昔物語の勉強さ。夕方に猿投山を走ったら34度もある日だったから滝のような汗。久しぶりの止まらない汗が気持ち悪くも気持ち良くて、夜はまた勉強とサイトを直して眠りにつきました。ありがちな一日だったなぁ、自分らしくて妙に感心してしまうよ。勉強も論文準備もあるし、小説もアイディアできたから書きたいし、ホームページもリニューアルしたい。パラグライダーもお休みしてるし、夏は山にも登らなくちゃ。贅沢な悩みは続くものだ。

----

K-1 Asia GP 2008 in Taiwan
2008/07/14 23:29:42

あぁ、美しいファイターを一人忘れていた。

ルスラン・カラエフ。

復活してくれてありがとう。
ロシア人らしい破壊の力、でも爽やかな美しさのある攻撃は、セルゲイ・ハリトーノフとは対極にある。

これからまた僕に破壊の美を見せてよ、ルスラン。

----

平和島の町並み
2008/07/19 23:58:00

今日から始まった自己研鑽旅行。車で東名から首都高を通って東京へ。まずは大学ビルの天空庭園で風を受けながら昼寝。それから面白い体験をした。十何人かでエレベーターに乗るんだけど、僕だけが何故か体重計に乗ってる。それで最上階から下るために動き出した時と、一番下から登るときに60kgある僕の体重が5kg増減した。重さは質量と重力をかけたものになるから、エレベーターの動き始めには重力が変わる。そんな物理の面白い実験。それから平和島にいる旧友に会いにいき、肉体労働をされる方行き付けのようなクラシックな食堂へ。何が凄いって店の客層がはまりすぎてて詩的だ。平和島の下町加減は素敵だよ。あとは付き合いで大森のキャバクラに行ったが詩的なことはなかった。初日はこんな感じでした。

----

思い出の外環ドライブ
2008/07/20 21:10:00

二日目は東京の街並みの汚なさが目についた。西葛西の駅前で刺青の男が道端で寝ている。街にはゴミが散乱し、人と車が整理されないまま入り乱れている。昔大好きだった冷やしたぬきうどんはうまかったが、原油高でさすがに量が減っていた。さて、あまり得意ではない首都高ドライブ。葛西から首都高を通って関越道へ。運転はもう大丈夫だな、なんにも問題なかった。外環走ってて思い出すのは、随時昔にこの外環を大好きだった彼女のために必死で走ったこと。本物の恋の思い出のある道路だよ、僕にとっては。実家についてご飯食べて寝た。久しぶりの両親は元気だったよ。家がきれいに改装されていた。いつの間にか快適な実家になっていたよ。

----

1泊6万円のホテル体験
2008/07/21 20:23:00

実家のある駅前が大工事中。昔良く行った店が取り壊しされていた。講義初日だったけど、意外に英語のクラスの先生が真面目というか、容赦ないスピードでやるからみんな困っていた。僕は英語の経験があるから余裕でも、みんなは何時間も予習しないとムリ。生物学は脳死とかのお話で、ちょっと畑違いの僕には辛いが、まぁなんとか。個人的に会ってはいけない人がいるから、コソコソしながら歩いて帰る。とある縁があって、1泊6万円もするホテル西洋銀座に体験宿泊。さすがの凄いサービスに勉強させられたが、自己解決派の僕にはいらないかも。一方で、朝食の美味しさにびっくりした!何でも経験してみるものだ、全てが僕の糧となる。

----

DREAM.5
2008/07/21 23:47:35

アリスターは見事。
打撃の破壊ではなかったけど、あっという間にハントから一本取って、アリスターの大ファンの僕としては嬉しかったよ。

青木と宇野。スゲーよ、あの宇野を完封した青木だよ。宇野逃げも見事だけど、青木の実力に感心。

川尻とアルバレスは凄かったよ。川尻が勝ちそうな感じがあったのに残念。アルバレスはやっぱり根性モノだ。いきならDREAMの顔になったな。

秋山選手と柴田じゃレベルがちょっと違いすぎる。
予想通りの展開だった。秋山選手の実力はチャンピオンクラスなんだからそれなりの相手にして欲しい。

所は打撃の詰めが甘いというより山崎がタフ。

ヨアキム・ハンセンなら優勝して何ら不思議なし。
リザーブマッチからの優勝も納得だよ。
青木もあと一歩、若くして頂点にたどり着くとロクなことないから、あれもあり得る準優勝なのかな。

今回のDREAM.5はオールスター戦だったな。
地上波に流しても堂々と渡り合える素敵なイベントでした!

----

思い出の中学校
2008/07/22 20:36:00

授業は真面目に聞いています。加えて色々なライティングをしていて、こっちもさぼりません。今日は論文について先生と話さないといけないから、僕はビジネスマン風スタイルにきめて、自分なりにプレゼンテーションしたら思っていたよりも話が進み、ちゃんとクリアできた。話は予想外の方向に行ったが、目的は果たせた。ビジネスマンのプレゼン成功!それで夕方から車を走らせて16年ぶりの中学校へ。走る道も懐かしければ、着いた中学校はもう言葉にならない。だって、基本的には何も変わってないし、覚えてないはずが目に入ると思い出すことばかりなんだから。そういえば体育館の入口に紫陽花が咲いていた。あぁ、こんな鉄棒でよく練習したな。物は全て小さく見えるのは、僕か大きくなった証拠。しばらく僕は眺め続けていたよ、思い出深い中学校を。

----

命の重さ
2008/07/23 22:17:00

今日もまた考えさせられた。生物学で、大雑把な質問ではあるが、身体障害がある可能性が高いと分かっていても、子供を産みますか?という仮定をして、周りで話し合った。答えはないけど、賛成と反対がちょうど半々。幸せじゃないかもしれない子供を産むのは親のエゴ?それとも幸せかどうかは親にも決められないこと?命を考えるのがテーマだったから、相応しい議題だし、すごく考えさせられた。新宿へノートパソコンの物色に。人の多さは凄いね〜。親にクリスピークリームドーナツを買って帰った。今日も刺激ある一日だったよ。

----

ひとのいのち
2008/07/24 20:50:00

僕は心身ともに健康そのもの、他の人たちよりも賢ければセンス良く生きているお金に困ることもなければ、良い人たちに囲まれて親に感謝しているよ、こんな恵まれて生まれてこれてこれはこれでハッピーなストーリーでしょ、誰もに自信持って語れるとあることでひとのいのちについて考えることがあったハンデを背負ったいのちは幸せじゃないとはとても決められない自分ひとりで生きることさえ大変なはずなのに、周りの人々へ幸せを分け与えるぐらいの人がいる遺伝子が問題?育て方が問題?少数切捨てとして、大局を守るという考え方ももっともだだから全く答えがでなくて、考えても考えても分からない、解決なんてできないひとのいのちを考えること自体が大事なんだとまとめてしまっていいのかな少なくともより人に優しく、もっと優しく接しようと思ったこんな痛い考え方も滅多にないひとのいのち、ひとのいのち

----

運命鑑定
2008/07/24 22:47:00

今日もまた考えさせられた。身体に障害があって産まれてきても、自分のことで精一杯のはずが、周囲の人まで幸せに包み込む人がいる。遺伝子の遺伝は確実に親から子に伝わるわけじゃなく、何代か後に覚醒遺伝するものだ。だから幸せや命の重さなんて価値を決められないよ。考えること自体が大切なんだな。母親がいきなり知り合いの運命鑑定師を呼んでくれて、占いを全く信じない僕に会わせようとしたから、とりあえず話を聞いておいた。そうしたらびっくりするぐらい言い当てていて、占いへの目が変わった。あれは統計学だ、と考えれば納得だが、悪く言われたことは全く信じない僕でした。意外な出会いにインスピレーションをもらいました。それから思い立って般若心経の本を買ったので、空について考えてゆきたい。

----

懐かしラーメン
2008/07/25 08:11:00

今日はES細胞とかiPS細胞のお話。遺伝子操作によって人は救われる部分があり、でも倫理的には問題ありすぎて解決できない。この分野は常に新技術と倫理の狭間で悩むのだろうな。随時久しぶりにラーメンの名店・青葉に行った。さすがに美味しいね、昔にこの味でラーメンの美味しさを知ったんだ。小学生の時の通学路を歩いたら、やっぱり自分が巨人になったかのように、色んなものは覚えているのに、みんな小さく見える。家では親と珍しく色々しゃべって、それで寝た。さぁ、講義も明日一日で終わりだ。

----

約束の書
2008/07/26 22:55:00

講義最後にはテストもある。英語も生物学も正直余裕だった。それよりもこの一週間で20作も短文のライティングをしたし、やることはやった。般若心経もよく読んだので、「空」「逆逆観」の意味も薄くは分かった。まだ最初だから理解は薄いと思うから長くかけて理解してゆこう。夕方から僕にとっては意味深い場所へ。高校生のときしょっちゅう来てた川辺へ。高校生の通学路を通ってみると、どれも懐かしい場所ばかり。赤い橋の川辺でずっと座っていたよ、なんとあれから13年も経ったと思ったら感慨深いもの。なのに何も変わらないそこの風景。決意の書として、数日前から夢見ている現代版・今昔物語のことを文章にできた。まさかこの場所で書けるなんて!13年目の凄い巡り合わせ。僕は本当にやるぞ!やりたいこと、やらなくちゃいけないことがはっきりしたのだから!さぁ、明日は帰る日だよ。またいつもの暮らしを頑張れそうだ。刺激的な自己研鑽の旅になった。芸術家を自称するなら、刺激と詩的を忘れないようにしたい。

----

3 years
2008/07/31 22:01:00

今の職場環境が、ちょうど3年目。変わるのだろうか。3年1周期があればいい。いつの間にかこの3年で、今の仕事は極めてしまったから自分を向上させるためにも新しいことをしたい。今のままでも楽だからいいかもしれないけど、やっぱり物事みな全て流水のように変わってゆくはずだから。次の仕事はサラリーマン人生の集大成のような、大きなものになる。だから、次への変化が待ち遠しい。

----

私も数々のあなたの作品の1つです
2008/08/07 22:45:34

心に残る名言

「私も数々のあなたの作品の1つです」

タモリさんが人生を通して口にした、その素晴らしい言葉

赤塚不二夫さんのように、死んだときに必要とされていたのがはっきりと分かるような人生を過ごせたなら

長い思いが凝縮された、名言だね

----

去りゆく人
2008/08/08 21:51:00

遠慮がちなロックヴォーカリストが辞めていった。どんな人でも、仲間が去るのは悲しいこと。寂しいこと。僕と出逢わせてくれたことだけでも感謝したい。出逢いも別れも、当然すぎて。

----

大阪Visit
2008/08/11 21:03:00

ちゃんと大阪の街を歩いたのは生まれて初めて。道頓堀を、梅田を、なんばを、心斎橋を。気を悪くする人もいらっしゃるとは思うが、どうもなじめない街だ。東京よりも街がごちゃごちゃしていて、道頓堀ではゴミも多いし屋台が出ていたりして、なんだか台北の街並みのイメージと重なった。物価の安さは驚いたな。"ミックチュジューチュ"は美味しかった。たこ焼きも食べ比べしたし、独特の文化がある街だってことは分かった。写真を撮ろうとしたら自然と食べ物と看板ばかりになったよ。あまり好きにはなれなかったが、唯一・ユニークな街、大阪。

----

味仙 台湾ラーメン
2008/08/13 20:39:00

名古屋名物・味仙の台湾ラーメンを食べてみた。辛っ!!本当に辛いっ!!!ちょっと極端すぎて、味を楽しむってより罰ゲーム。これは名古屋メシでもゲテモン風のやつだね。確かに個性があって、二度とは忘れられませんが!味仙http://www.misen.ne.jp/

----

新ノートパソコン
2008/08/14 22:02:00

なんちゃって作家として、昔から夢があった。旅行に、おでかけにノートパソコンを持って行って、どこでもキーボードで小説を書く。まぁ、今までのノートパソコンでもできたけど、バッテリーがもつ時間が短すぎた。今日、僕に心強い仲間ができた。PanasonicのLet's note Tシリーズ。12インチのモバイルノートパソコンで、バッテリー稼働時間が10時間もある。タフボディーで、僕みたいな作家きどりが外に持ち出すには最適だ。僕はこれを持ってどこでもでかけて、どこでも書斎のように小説を書くよ。僕の大きな夢のはじまりを、まもなく迎えようとしている。「奈良アートボックス」の完成と、このモバイルノートパソコンの仲間入りをきっかけに、僕のケンボックスの世界は一気に広がってゆく。モバイルにインターネットはいらない、気が散ってしまうから。ひたすらワードとメモ帳を使って、このノートパソコンで凄い量の言葉を書こう。僕の"それなりライター"はこのLet's note Tシリーズと共にスタートだ!

----

夏休みの宿題
2008/08/15 21:01:00

夏休みはほとんど山の上で過ごしていた。だって涼しいから。それに休みの間にどうしても書きたい小説があって、それは「奈良アートボックス」と名づけたアイディアだけど、新しいノートパソコンに向かって夢中で書き続けていた。たまには稲穂垂れつつある田んぼでも書いてみたけど、暑くてギブアップした。でも目の前のパソコンにトンボが止まってきたり、小さなイタチに会えたりと、山の森の中にいるよりは出会いがあったり。平地は暑いが、山中の深い森の下では半袖では肌寒いぐらいかな。モバイルノートパソコンが僕の夢を叶えてくれた。どんな季節、どんな場所でも、こうして自由に文章が書けることの喜びったらないよ!

----

あんぷく 豊田市
2008/08/17 00:13:00

豊田市の日本料理屋(でいいのかな?)・あんぷくさん。うどんと、味噌カツをいただきましたが、実に美味しい。オリジナルの手作り感がよく伝わってきたランチでした。

----

内々示
2008/08/20 23:11:12

ついに来た、本当に来た。

人事部出向の内々示。本当の本当に僕が人選されたよ。

予感していたこととは言え、ちょっと驚いた。

でも僕に怖いものなんてない。

だから今日は役員からの内々示を堂々と引き受けて、

それでいて前向きな考えにすぐに切り替えた僕がいた。

新しい物事はいつでもワクワクして受け入れよう。

僕は変わる、この3年間の自分からは卒業だ。

光栄なこと。ついに僕はあの企業の人事部だよ。

こんなチャンスは人生二度とないから、人事部への仕事を通して

自分を向上させ、小説の糧にしよう。

----

戦極 第四陣
2008/08/24 22:23:09

五味vsハン・スーファンは期待が大きかったのか、
あるいはハン・スーファンの実力か。

ヴァレンタイン・オーフレイムと高橋和生はいい勝負だよ。
あのオーフレイムの巨体にはびびったけど、
勝ち負けはともあれ、見事な勝負。

もっと頑張ってくれ、もっと美しい破壊を。
期待してます、戦極!

----

労働組合の人
2008/08/30 22:26:00

今日は労働組合関係の人と話した。熱い意見はある。でも動いてゆかないのは一体誰が悪者なの?トップが動かないから?みんなが平和ボケしてるから?この世のミステリーは組織のこと。組合の人たちはそこそこちゃんとした意見を持っている。そこから僕が何を得て、どう役立てるか、だよね。

----

ミルコvsアリスター
2008/09/03 23:32:46

やったよ、僕にとってはとても嬉しいこのカード。
二人の破壊王同士の戦い、ついにDREAM.6で実現だ。

それはね、PRIDE全盛期に見ていたらもっと盛り上がったと思うし、
今じゃ格闘技自体が人気を失速させてきたから、もう時期外れの対戦カードかもしれない。

でも僕は興奮している。どっちが勝つかは興味ないが、詩的なノックアウトを見たい。
最近にない名カードに、僕の総合格闘技ファン魂は燃えています。

----

目を痛めました
2008/09/05 23:25:00

夜中、目が痛くて痛くて目を覚ました。なんだか右目が開けられないぐらいに痛くて、たまらず珍しく会社を半休して眼科に行ってきた。眼球に傷はついてないから心配はいらなかったが、数年に一回は似たようなことが起きるだろう、とのこと。目の健康の大切さを痛感した。ホント、健康な僕にはなかなか分からないが、健康こそが生活で一番大事なこと。目を失ったらモノを書くにも不都合がありすぎるし、健康第一でやってゆきましょう!

----

アクセス爆発中〜
2008/09/10 21:00:00

最近、僕のホームページ「ケンボックス」のアクセスが爆発中!1,894visitの、7,300Page viewだよ。グーグルの広告収入も、この前まで1日10ドルで驚いていたのに今日なんて30ドル。やっとマトモなアート活動費用になってくれそうだ。ありがとう、ケンボックス、未来の車。アートの励みになります。

----

環境の勉強
2008/09/15 17:14:00

また知らない知識を得た。何て言うか、学んだことのない状態の人って無知でもったいないものだ。ちゃんと専門家から知識を教えてもらうと、こうも違うんだね。空気と水と食物。生活環境の講義だったよ。知識というより人生をより豊かに過ごすために勉強ってあると思う。サーキュレーターで風を循環させよう。お茶には軟水を、コーヒーには硬水を。脂肪を落とすのならダッシュじゃなくてウォーキングでなくちゃ意味がない。思い込みの知識はこうして粉々に砕かれる。ロハスな僕は日々向上するしか人生の満足を得られないようだ。あと少し、でも終わることなく僕の勉強は続いてゆきます!

----

いよいよ、動き出す
2008/09/19 22:32:00

この新しい仕事がいよいよ動き出す。出向の日程は決まったし、来週やっと未来の上司との顔合わせがある。おそらく僕のサラリーマン人生の総決算である、大企業の人事部の仕事。これを見事こなす中で、僕は大きく成長する。大きな壁を目の前にしてびびったりしないさ。ただ今は待ち遠しい。自分の実力で立ち向かえるのか、ワクワクして困難を迎えよう。

----

DREAM.6
2008/09/23 23:42:07

ゲガール・ムサシが汗もかかずにマヌーフをタップアウトさせた。
あれは見事だったなぁ。
勝負が決まった時、思わず僕は武士の居合い切りをイメージしていたよ。

青木も秋山も一方的な強さが目立ったから、もっと経験がある相手とやらせてみたいなぁ!

ようやく勝利の栄光にありつけて、船木が本当に嬉しそうな顔をしていたのが印象的。

下からのKOなんて、ゲガール・ムサシで初めて見た。
ちょっと何が起きたか分からなかったけど、スローで見てやっと理解。
まぐれじゃないんだろうし、KOで勝負のつく決勝戦って詩的だよ。

ハリトーノフも相手との差がありすぎ。
もっと拮抗した試合がみたいな。

ミルコvsアリスターは本当に残念だった!
好勝負を心から期待していたのにノーコンテストとは。
打撃神同士、またいつか決着をつけられる日は来るのかな。
それにしてもアリスターは下腹部とはいえミルコを破壊してくれた。
勝負は一方的にアリスターのペースだったし、見ていて感じたのはどちらのほうが恐ろしい破壊神?
→今日のところはアリスターこそ、より強い破壊の神だった。

全体的に力の差が有りすぎます。
それって、DREAMが人材不足ってことだ。
本当にDREAMがつぶれちゃいそうなことを予感したぐらいさ。

もっと拮抗したマッチメイクを期待したい。
だって、そこにきっと詩的があるから。

----

普段の見逃し
2008/09/24 23:18:00

浄水器をつけた。人以上に健康に気を配っている僕、でも毎日大量に飲んでいる水に盲目だったなんて。普段の見逃しに笑ってしまう感じだね。だから、自分だけの世界じゃいつも狭い範囲をグルグル回っているだけ。色々なところに顔を出してみて、刺激や知識を得てみたい。浄水器、おすすめです。健康にも、水の美味しさ・匂いにもバツグンの効果がありますし。

----

K-1 WGP2008 ソウル
2008/09/27 23:41:16

番狂わせは二度続かない。
「再現なるか?」の淡い期待を完封したバンナの地力に、澤屋敷は完敗でしたね。
これは難しいのですが、バンナは相手を知り、己を知って戦っている気がしました。
それが勝因と考えるのは安直過ぎるかなぁ。

ルスラン・カラエフはいつもいい試合をしてくれる。
今回も素晴らしいK-1ファイトだった。
ディ・ファウストも逃げるどころかアグレッシブで。
勝負を越えて、こういうのがK-1の醍醐味だよね。

ジマーマンはレミーボンヤスキーみたいな動きだと思った。
向かってゆくタイプだし、凄く期待を持てる。
グラウベ、どうした?
あなたは不安定な人だから、また次に抜群の動きを見せてくれるのかな。

へぇー、チェ・ホンマンって本当にパンチできたんだー。
バダ・ハリからダウンを奪ったのは認めるけど、
とにかく戦い方がつまらなすぎて笑えないよ。
ダウンは取られたものの、明らかにバダ・ハリのほうが勝ってた。
軽くなっても変わらないなぁ、ホンマンの守りの戦い方は。

やっったーーー!!
シュルトのいないWGPなんて最高だよ!
ピーターの偉大な仕事に心から敬意を払いたいね!
ちょっとシュルトを見直したのは、ホンマンと違って
身体のサイズだけじゃなくて、ちゃんと技もあるところ。
それでも気弱なところを見せるビビリな戦い方がシュルト。
ますます詩的じゃなくて、負けてもらって僕には嬉しい。

レミーは見事だよ。戦い方が変わってないみたいで好き。

武蔵も頑張ったけど、テイシェイラがいればそれでOK!
倒されない技術がある武蔵より、倒す意志のあるテイシェイラが好き。

全体的になかなか見ごたえのあるK-1 WGPだった。
先日のDREAM.6と較べると選手層の厚さがはっきりしていた。
シュルトがいなければ、優勝者の行方も混沌としていて面白い。
楽しみにまっていますよ、K-1 WGPファイナル!

----

マイホームページスタイル
2008/09/30 20:26:49

ネット歴3年半にして、ようやく自分なりのホームページスタイルにたどり着いたよ。

幾つもサイトを作っては、手直しすること数知れず。

土台はもう確保したから、あとは活躍あるのみ。

長い勉強期間だったけど、ついにトンネルを抜けたようだ。

----

K-1 WORLD MAX 2008 FINAL
2008/10/01 23:39:38

いいえ、小比類巻が弱かったんじゃない。
あれはユーリー・メスが強かったんだ。
僕はユーリーを初めて見たから知らなかったけど、
マヌーフやバダ・ハリと同じジムのツワモノじゃないか。
ようやく結果を出して、これから暴れまわるかな。

城戸のファイトスタイルは魅力的だな。
どんどん向かってゆくし、キックが凄い。
もっと見てみたい、と思わされた戦いだった。
勝ち負けよりもああいう戦う意志に美は宿ると思う。

魔裟斗と佐藤嘉洋の戦いは文句なし!
ダウンを取られた魔裟斗には驚いたが、
そこから巻き返して延長戦まで持ち込んだ魔裟斗の精神力は本物だよ。
佐藤嘉洋のタフさ、精神力の強さも抜群だった。
確かに判定はちょっと魔裟斗よりに傾いているとは思ったが、
あれはあれで納得の勝敗だと思うよ。

キシェンコとサワーは、延長戦でやっと差がついた感じ。
こんなにキシェンコが進化しているなんて思わなかった。
サワーと較べても遜色ないなんてすごい。
サワーに何かあったのだろうか?
経験の差で一気に勝負をつけると思っていたのに。

魔裟斗の優勝こそ文句なしでしょう!!!!
テレビで見ていて、キシェンコとの決勝戦は手に汗握るものだった。
キシェンコというタフな相手と見事に渡り合った。
やっと延長戦までいって、ようやく差がついた感じ。
あのダウンを浴びての勝利はまた世間の賛否両論を集めるだろう。
それでも今夜の魔裟斗の姿こそ、真のチャンピオンだって僕は詩的な心で思ったよ。

魔裟斗、おめでとうございます。ようやく念願が叶いましたね!
詩的な優勝で、とっても素敵でしたよ!
誰が文句いっても、この僕にはあなたが最高の詩的でした!!

----

最高の評価
2008/10/07 19:47:12

仕事の評価に恵まれない歳月だった。

入社してすぐは分からなかったけど、

少し経つと理不尽な評価、年功序列の評価に腹が立っていた。

なかなか昇格できず、悔しい思いをしたのが合計3回。

それが今回の人事異動ですべて解消されたよ。

今のポジションを考えれば最高の評価をいただいた。

悔しさを一蹴できるほどに、ありがたい次の舞台。

僕が僕という人物をプロデュースしてきたことが評価されたんだ。

この最高の評価を胸に、これからのサラリーマン生活も頑張ってゆける。

----

どもりに悩まされる
2008/10/09 19:46:08

もう10年もずっと課題だったどもりのこと。

電話に出るとどもってしまい、最初の一言が上手くゆかない。

イヤでイヤでイヤで、ずいぶん練習したけどコンプレックスを持ち続けてきた。

普段の会話は問題ないのに、電話に出る第一声だけがダメだった。

それももう卒業できるかな。

仕事が変わり、その後も今のような仕事に就き続けることはないだろう。

だからもうオペレーターは終わり。

これからも、この悔しさは忘れないようにしてゆきたいな。

----

論理的書類作成
2008/10/10 19:48:16

ご挨拶に伺って、宿題をいただいた。

多くの人を説得するための書類作成方法って、じっくり本を読んで勉強した。

やけに小難しく考えるんだな、って思ったけど、その後に社内向けの書類を

作っていた時、その論理的な考え方を応用してみたら

なんとも説得力の増す書類が完成されられた。

新しい勉強って大事。今までになかった知識って素晴らしいよ。

未知のものを早速得たような気がした出来事かな。

こんなものがもっともっと、これから僕に降り注いでくれるのかな。

----

白川郷 写真
2008/10/18 22:57:00

秋の白川郷へドライブ。白山スーパー林道の紅葉が凄いと聞いていたから。白川郷へ立ち寄って、お蕎麦を食べることになったけどまぁ秋とは思えない陽射しが、眩しいぐらいに燦燦と。そんな白川郷での散策は楽しかったよ。合掌造りの家が、まだ残っていることの奇跡。どんな贅沢にも勝る、白川郷へのディ・トリップでした!

----

楽しい時間
2008/10/23 20:17:00

昼休みに、職場のみんなとご飯を食べる。女性ばかりだから、女性5人の中に男ひとり、僕がいる。その光景のおかしさに、すっかり慣れたよ。思いつくままに色々なことを談笑していると、幸せを感じたな。社会人になって仕事の力をつけて、人間関係も上手くできるようになって、僕の存在が他人から好かれるようになったから、こんなことができる。十代の時には絶対できなかったことだから。楽しい時間を持てるようになった自分が嬉しかった。それでも、もう異動だから、次はどんな自分になっているのか。1年後に築き上げるものは何だろうか。こんな幸せな時間をまた持てているといいな。つくづくそう思わされた、幸せなランチだった。

----

別れがまたひとつ。
2008/10/24 20:07:00

3年間一緒に仕事をしていたチームメイトが異動で、今日が最後。いつもながら信じられない。続いてきた日々に終わりが来ること自体が信じられない。いなくなったその日から、ようやく線が引かれるのでしょう。そういう僕もあと一週間で別事務所に異動だ。自分でも信じられないのだから、他人が信じられるわけがない。それって大人になって、出会いと別れに慣れてきた証拠とか?感性が鈍っているわけじゃないと信じたいな。

----

マーティン・ホルムを探しています
2008/10/25 18:37:53

K−1は平家物語のように、栄えては滅びてゆくファイターたちの生き様・死に様が描かれる舞台。

強烈なままでずっと戦い永らえているピーター・アーツのような英雄もいれば、

インパクトを残したくせに、K−1のリングから姿を消してしまう人もいて。

私はスウェーデンのマーティン・ホルム選手のことが忘れられない。

ヘビー級にはひとまわりも身体が小さかったのに、アグレッシブなムエタイスタイルで

グラウベを、ノルキヤを撃破していった。

次のK−1スターは、マーティン・ホルムだと思っていたのに。

風の便りで、彼が車を盗んでスウェーデン王女宅に侵入するという事件を起こしたことを聞いた。

記憶に残るK−1ファイターだった彼のこと、再度の登場を待ちわびているのは僕だけかな。

えっ、このまま記憶に留めておいたほうが、がっかりせずにすむからいいって?

それも一理ある考え方だな。

平家物語では、ある武士は戦場で華々しく戦って美しく死に、ある武士は欲望にすがって醜く死ぬ。

現代の平家物語であるK−1のリングを、たくさんの武士たちが通り過ぎて行ったね。

それでも私はマーティン・ホルムのことが忘れられない。

針の穴を通すような正確な打撃でノックアウトを重ねた彼のファイトスタイルが詩的だったから。

----

紅葉前の・・・香嵐渓
2008/10/25 23:04:46

11月は紅葉のシーズン。

観光地の紅葉も、山歩き中の紅葉も、天然の色付きを見るのが好きで。

蕎麦ご膳を食べに行った今日の足助、香嵐渓の紅葉はまだまだ。

また山中を走って、鮮やかな木々の色に出会いたい。

春を待ちわびる心と、紅葉を期待するドキドキって似ている。

----

EMUSICA エムジカ
2008/10/26 20:18:00

ピッツァは素人じゃ作れないからお店で頼もう。パスタは僕でも作れるからお店では頼まないな。・・・と思っていたけど、豊田梅坪のエムジカのパスタは素人ではできない手の込んだ作品で、ステキなランチタイムを過ごすことができました。ありがとう!!エムジカhttp://www.emusica.jp/

----

祈り 今井美樹
2008/10/30 19:05:00

この区切りにぴったりな曲に出逢った。YouTubeから取った今井美樹さんの「祈り」。一緒に夢を見られたあの後輩にこの曲を贈りたい。いつか海で両手を広げて、逢わせて下さい。別れを何て美しく歌い上げた曲だろう。何度聴いたことか、夢中でリピートしていたよ。出逢って、別れて、また出逢って。そこにある詩的な感情はやっぱり格別だよ。この楽曲のタイトルを「祈り」としたのがまた絶妙。ささやかな祈り、でも祈りだから叶わないことも覚悟してのこと。そんなもろい祈りがよく曲に織り込まれていて、聴く度に涙が出そうになる。歌詞を聞き取って、書き出して見たよ。美しい言葉の重ね方に感服するばかり。水の中〜濁流〜海〜岸辺〜涙、のイメージの連なり。夕暮れ時の穏やかな海辺であなたを想ってひとり歩くシーンが見えてきた。今井美樹さんのすごく上手なボーカルがこの「祈り」の曲の美しさを、一段も二段も増しているね。

----

異動前最終日
2008/10/31 23:18:00

忙しい日になった。11月からの異動前最終日、3年間勤めた事務所も今日が最後だった。仕事の引継ぎもそうだけど、最後の最後まで後輩たちに知識を残す。やっぱり僕にとって仕事の喜びは人の役に立つこと、だな。机を片付けて、時間になったら挨拶をして花束をもらう。本当に今日が最後?なかなか自分で意識するのは難しいですね。それからManagerに僕の遺言として問題であろうことを2点伝え遺す。僕の進むべき方向性のアドバイスをもらった。出向なんだから一線を引いた上で仕事をしないとダメだろう。そして教育について、何らかの方法をいずれ打ち出したい。荷物をまとめ、事務所のカギを置いて出る。いよいよ終わりだと感じた。3年3ヶ月お世話になった場所。不慣れな土地に引っ越してきたから不安だったけど、みなさんに温かく迎えていただいて何とかやってこれました。ありがとう。その気持ちを伝えられてよかった。それじゃ僕は行くよ。次の道へ、歩いて行くよ。

----

With Or Without You U2
2008/11/05 19:03:00

最近驚いた曲があって、それはU2の"With Or Without You"もう伝説的な名曲だよね今更何を?と思うかも知れないけど、アレンジの違いだけで随分新鮮僕が聴いたのはSalyuとSuperflyが平安神宮でコラボしたときのものその素晴らしさに、また何度も何度も聞き返してしまったああいう素晴らしいアートを僕もしてみたいそんな想いが沸々と湧き上がってきたあなたがいても、あなたがいなくても、僕は生きてゆけない矛盾する心を、音楽にすれば誰でも共感するね整理できない心もまた、詩的なり

----

新しい仕事って
2008/11/11 23:27:00

先週から新しい仕事についている。これが慣れない、慣れない。だって、今まで営業最前線だった僕が、これからは直接お客さんと接点のない部署。日中やっていることは、書類作成ばっかりなんだから。実務に戻りたい、って心がうずく。でももう僕の仕事はそんなところで留まっているわけにはいかない。割り切って、開き直って新しいところを目指さなくては。電話を取りたい。予約を取りたい。でもそうじゃない。じっくり考えて、もっと大きなところでみんなの役に立たなければ。寂しい仕事の気がしている。周りには古い知り合いもいないし、居場所に迷うし。先週は役員の高級車乗って、色々やり方の違いに戸惑った。先週は別の支店を回って話を聞いてきて勉強になった。先週は歓迎会を開いてくれて、みんなと色々お話できた。すべてが僕の新しい冒険だから。次のアメリカ大統領・オバマ氏のようにChange!あるのみだね。寂しくても乗り切って、つまらなくても次の居場所を獲得しよう。新しい仕事って、ほら、なんだか面白くも思えてくるよ。

----

色々な情報が入ってくる。
2008/11/14 22:49:00

この仕事に接触するようになってから、色々な情報が入ってくる。それこそ部長職にならないと入れないミーティングに参加したり、役員とも頻繁に打ち合わせをしたり。なんか出世したみたいだけど、情報って結局はシンプルなもので、役員だからすんごい仕事してる、ってわけじゃない。答えはもうありきたりな仕事を、それなりにしているだけ。仕事の難しさでいえば、現場のほうがずっと大変。人間の限界ってやっぱりあるんだな。上になったら凄いってことはなくて、そんなのは幻想。色々な情報が入ってくるけど、なんか上役ってそれをスピードや危機感なく、ぼんやりとやっているだけの気がする。僕はそれをスピードあげて、どんどん処理してゆく人になれるかな。

----

雨の車内ライティング
2008/11/16 22:48:00

土日と雨。11月にもなれば、車内にいても深々と冷え込みます。でも僕はライター気取りだから、車の中でノートパソコンを立ち上げる。いつもの公園は紅葉してキレイだったけど、外は寒すぎてムリでした。ipodで音楽を聴きながら、書きかけだった「太史慈」っていうアイディアを完成させてゆく。やっぱり書かなくちゃ。人生何を生きているのか分からなくなっちゃう。冬は外で書けなくてつらいね。喫茶店とかをハシゴして、書く生活がまた来るのかな。早速、春が待ち遠しい。

----

各地訪問
2008/11/19 21:40:00

業務把握のために各地を回った胸が熱くなる思いだよ、色々な方の想いが伝わってくる自分のこれからの仕事の重さを実感してしまうよ頑張ろう、みんなのために、自分のためにまだ見ぬ仕事内容だから怖さはあるが、きっと俺なら大丈夫英雄・曹操になったつもりでやりきれるかな楽しくなってきたような、苦しくなってきたようなまぁ、俺の実力を試す最高の機会ぐらいに考えておこう

----

今年も始まった、フロントガラスが凍る朝
2008/11/20 23:16:45

季節を感じるものは何ですか?

昨日11月19日の朝、今年初めて車のフロントガラスが凍っていました

カッチーン、って真っ白に固まった広いスクリーンに、冬を感じたなぁ

毎年の冬将軍は、このフロントガラスが凍る朝からやってくる

今年の冬は、、、、新しい仕事の冬

厳しい状況を乗り越えた後に、開花の春を迎えたいな

だから12・1・2・3月は我慢と仕事集中の冬になりそうだ

----

紅葉ウィークエンド
2008/11/23 23:04:00

天気も良く、最高の紅葉ウィークエンドだったよ土曜日は足助の香嵐渓に行って、日中の紅葉を楽しんできたさすがは東海随一の紅葉の名所だよ、朝8時前にスタートしたのに、すぐに渋滞にはまって、2時間ぐらいノロノロ運転だったでも香嵐渓は格別目に出来る色彩の多さは他のどの野山よりも抜群だ色って、どうしてこんなにも豊かなんだろう言葉にできないぐらい、それぞれに個性があって最高のパレットだな、足助の香嵐渓って日曜日は土岐市の曽木公園っていうライトアップ紅葉の名所に行った山奥に突然現れる渋滞の列、ってやっぱりそこが曽木公園だったライトアップされる紅葉の中でもユニークな美がある浅い池の水面に、紅葉が映っているんだそれが美しくて、美しくて、美しくて逆の世界に生み出された紅葉の新しい命まぁよくも、そんな素晴らしいアイディアを得たものそして、手作り感満載の公園、地元民の車の誘導、お店もそうだねなにもかもが温かい、曽木公園の温もりを感じたそんなステキな紅葉ウィークエンドを過ごしてパワーをもらったよ!

----

般若心経の教えで
2008/11/25 23:37:00

最近困ったことがある次の仕事への過渡期で実務がなくて、事務所にとっても居辛い今まで目の前の仕事に夢中になっていて、周囲にも求められていて、やりがいも感じて幸せだったそれがこの一ヶ月でこれだよとっても辛い、今まで感じたことがないぐらいにストレスを感じる今日は名古屋への軽い出張だったから、久しぶりに般若心経の本を読んでいたら心が軽くなったいそがしくても、辛くても、無心に仕事ができた今までが最高の幸せ先月までの僕は、周りの人によって生かされていた今はそれがなくても、来月からまた幸せじゃないか今だけはその合間で、あるものを縁だと思って受け止めようだって僕は足りることを知る、知足の人じゃないか無心で今を受け止めて仕事すればいいさそう改めて心に思うようになって、なんだか随分楽になった明日からは活き活きと仕事ができそうだ!

----

ラスト出社
2008/11/28 22:45:00

今日がその会社でのラスト出社だった来週からは新しい出向先での仕事が始まる最後の挨拶を数十人の目の前でやったが、なんと声がかすれた久しぶりの大舞台に、緊張してしまったのかなその昔はあんなの平気だったのに、繰り返してないとまた昔に戻るお昼はみんなでさよならランチだったけど、楽しかったこの1ヶ月、ミッションがあったからみんなの仕事を手伝えずごめんなさい荷物をまとめ、色々な方に挨拶をして会社を出てゆくお世話になりましたって、また数年後に出向から戻ってきますよ不思議と寂しさはなくて、これからの不安と緊張ばかりが目立つそれから次の職場のみなさんとの会に参加した初対面だから遠慮がちな僕みんなのキャラを掴むのに精一杯だよ恐がっていたけど、ごく普通の人たちでしょう大丈夫、きっと大丈夫来週から僕は鬼門に入る新しい自分を作ることがきっとできるのだろうなだからちょっとブルーな気持ちでいても、来週その時間がやってこれば、僕は駆け出すことができるだろうさぁ、「その時」よ、やってこい!

----

愛知県緑化センターの紅葉
2008/11/30 23:17:00

愛知県緑化センターにはまっているこの夏から知り合いになって、毎週のようにでかけているよ先週も今週も緑化センターの中や、隣接している野山のトレイルランニングしてきた見てごらん、この素敵な紅葉をこんな中を走っていると、月曜からの新しい職場のプレッシャーも吹っ飛んでしまうこの素敵な場所があるなら、住民税を払っても文句言えないな僕のお気に入りスポット、愛知県緑化センターの紅葉

----

All By Myself セリーヌ・ディオン
2008/12/02 19:06:00

僕には忘れられない曲セリーヌ・ディオン「All By Myself」あれは僕が19才の時、アメリカの国立公園を大冒険したその時によく聴いていた曲英語の歌詞の意味も分かっていなくて、この曲は「俺は俺だけの力で冒険をやりとげるんだ!」っていう応援ソングだと勝手に思い込んでいた本当は「一人には耐え切れない・・・」っていう意味なのに、すごくポジティブに捉えて、我武者羅な冒険をしていたなぁ一人じゃいられない、って今は心から思う長い時間をかけて、そんな心境にたどりついたよ今はこの曲を聴くたび、あの頃の必死な自分を思い出すどうか、「All By Myself」の中にその頃の思い出がいつまでも生き続けられますように・・・

----

出向開始
2008/12/02 22:21:00

初日は朝起きるのがすんごく辛かったよそのまま起きないでいたーいとムダに思ったぐらいそれでも時間になれば意志と覇気で頑張るさ出向説明場所には30人もいたかな、同じ境遇の人たちさて、いよいよドナドナは出荷先に到着するキレイなオフィス、静かなフロア部150人の前で大きな声で挨拶したら、色々な方に話しかけられて光栄でしたなかなか良い環境で仕事できそうだって思った違いは色々ある、食堂も、昼休み中の仕事禁止も、ネット閲覧制限も自分の新しいメールアドレスのドメインを見て、改めて驚いた仕事は緊張して、また手に汗をかいてしまう初日が終わって、大きくため息をついちゃうし、ストレスも感じたよ二日目は朝の車渋滞のひどさに遅刻するかと思って死にそうだった仕事はちょっとづつ軌道に乗ってきたけど、まだまだだよ英語で会議なんてあって、驚いています英語で自己紹介もしたしそれにしても良い同僚たちが多いな、って感じたね緊張する、緊張しているこんなの今までの自分になかったことちょっと辛いけど、頑張ってマイペースを掴んでゆこう未知の冒険は続くのだ

----

K-1 WGP2008ファイナル
2008/12/07 18:35:34

今年もいよいよこの季節がやってきました!
12月といえば、その年のK-1ワールドグランプリチャンピオンが決まる月。
思えば、こんなことをもう10年以上も楽しみにしている。
11月は静かで、12月は初旬と月末に2大イベントがあるね!

ビックリしたよ、まさかアーツをKOしちゃうなんて、バダ・ハリの本物ぶり!
アーツの表情が弱気に見えたのと対照的なバダ・ハリの生意気な表情。
地上派を見ていてこのまま優勝か?!と興奮していた僕です。

ジマーマンもいいが、テイシェイラの進化ぶり、K-1に対応した距離の取り方が良かったよ!
と思った最後の瞬間、まさかジマーマンにダウンを奪われるとは!
逆転劇だなぁ。テイシェイラのタフさとか、精神力ももっと見たかったけど。
あの底知れないテイシェイラを破るジマーマンこそ本物なのか。

サキとカラエフ。サキのバックハンドブローは見事だったね!
スピードはカラエフが上で、戦い方もカラエフがいいけど、ヘビー級にしては軽いのかな?って思うぐらいサキには効いていなかった。
サキのガードが固かったイメージはないし、残念だ。
カラエフはK-1らしい鮮やかな戦い方をするから好き。

やっぱりボンヤスキーの戦い方はいいね。
バンナとの戦いは名人同士過ぎて差がないなぁ、って感じ。
まぁ、ボンヤスキーはガードをあげてカウンター狙いだからつまらないとも見えるけど、結局ダウンを奪うような結果にしてくれるしね。
ドクターストップはもったいないけど、やむなしだ。

マヌーフの勇気と強さに感激だよ!
随分身体の大きいスロウィンスキー相手に美しいKO!
体重差もあるから恐怖を感じているのだろうに、そこで最高の結果を出してしまうマヌーフの姿に涙が出る。

バダ・ハリとジマーマンはストーリーのある勝負だったなぁ!
ノーモーションからのバダ・ハリの左ストレートの的確さが美しい!
思わず鳥肌が立った、見事な攻略ぶりだったよ。
勢いだけじゃなくて、点を突く正確性もあるんだ。

なんだぁ!あのレミーのKOは!!!
サキのサイドをジャンピングキックで打ち砕くなんて。
あんなパターンでKOしたのは今まで長年のK-1暦でも例がない。
鬼神迫るフライハイだな。
レミーの心の恐ろしさを垣間見たシーンだった。

決勝戦は途中まで最高だったのに・・・。
でもあの判定で正しいと思うし、レミーの勝利に文句はないよ。
未熟な精神力だなぁ。バダ・ハリ神話が崩れていった。
最高の舞台でのあんなことだから、明日からまたネット上で賛否両論、盛り上がりそうです。

通して見て、若いファイターが台頭してきて新しい時代に変わっているのがよく伝わってきて良かった。
それはシュルトがいなかったからだけど、どの勝負も本来のK-1らしくて良かった。
それにしても悔やまれるのはやっぱりバダ・ハリの反則。

レミー・ボンヤスキーさん、3度目の優勝おめでとう!!
あなたのファイトはいつも詩的で、美しいよ。
その戦い方なら、僕はいつまでもあなたのファイトを見続けるでしょう。

----

やればできる。
2008/12/13 19:59:00

なせばなる、なさねばならぬ、なにごとも。そんな言葉の意味が伝わってくるようだ。苦手意識を持って挑んだ最初の1週間は胃が痛くなるような感じだったけど、慣れてきたらごく普通の職場になった。自分の本領を発揮してこれば仕事は少しずつできるようになってきた。フットサルやったり、忘年会に参加してみると同僚たちと少しずつコミュニケーションが取れてきた。事情があって今月は、とある先輩がいるから僕のペースでは進められない。でも来月からはきっといけるよ、きっと僕ならできるよ。仕事のやり方は人それぞれ、僕はやっぱり僕なりでいこう。この2週間、色々なことがありました。物凄い経費削減のお話、コミュニケーション学の講演会、人事的な考え方がなかなかできないこと、英語オンリーの忘年会、スパイみたいに自宅メールから情報送ったり。前任者も、一番の同僚も、上司も1月からいなくなること。なんか色々なことが一気に降ってきた。でも僕ならできるだろう。意味もない自信があるよ。

----

ピッツァリア・チェザリ 名古屋大須 ☆
2008/12/13 20:20:00

名古屋で本格的なピッツァリアを見つけたよ!

大須商店街にある、ピッツァリア・チェザリ。

「真のナポリピッツァ協会」に認定された、というだけあって
生地はパリパリ、フチがモチモチのいい感じ。

自慢ですが、美味しいピッツァを食べなれている僕も満足でした。

嬉しい出逢い。
美味しいピッツァが食べたくなったらピッツァリア・チェザリを訪れよう。

----

大須グルメ
2008/12/13 21:18:00

名古屋・大須にはB級グルメが一杯!李さんの台湾名物屋台のからあげは、台北で食べたパイコーの味が確かにしました!百老亭のギョウザは、確かに唯一無二の味これは個人で好き嫌いがはっきりするなぁ!おにぎりにお肉を巻いた「とんむす」もいいね!天むすを文字っている感じででも味も本物です大須にはディープな世界があって、東京で言うところの秋葉原や上野・浅草・巣鴨まで思い出させるすぐ隣の栄とは大違いだな明らかに歩いている人の世界が違うしそんな大須の旅でした

----

忘年会など
2008/12/21 23:57:00

良くも悪くも刺激のある時間だった大忘年会はドン臭いというか、芸のない僕には辛いだけで知り合いも当然まだいないし、苦痛なだけだったよ仕事面でも困ってしまって、ある人が全く仕事を前向きに捉えてくれなくて、イタズラに時間を重ねるだけさすがの僕ですら怒りたくなったぐらいあー早く来年にならないかなそうしたら自由に羽ばたけるのにもうしばらくの我慢 あと1週間だー愚直に仕事をする愚直に宴会で騒ぐ愚直にグループミーティングをするそこら辺の意味が分かった気がするあとは来年になったら、もっと自分自身を出してゆこう

----

もろきもの〜トヨタショック
2008/12/24 23:00:00

もろきもの、はかなきもの世界中が経済不況に包まれつつあるつい昨年まで戦後最大の好景気などと言っていたのが夢のようこれから数年は続くだろう停滞期の入り口が見えたそれはトヨタショックなんて言葉でメディアに騒がれているねあー 繰り返されているなぁもう昔の昔の、その昔から歌われている言葉盛者必衰の理、おごれる者は久しからず僕らはいつの日も、人間のベーシックな部分に流される小さな生き物よー千年も二千年も経ても、変わらないのが人間だからー

----

アリスターvsバダ・ハリ?
2008/12/27 18:32:42

嬉しいはずが残念だ
アリスターvsバダ・ハリだと。

アグレッシブな二人の戦いだからKO決着になるだろう
だからまぁつまらない試合にはならないと思う

でも詩的じゃないなぁ
バダ・ハリがこんな短期間で復帰するのは認めよう
次の試合で反省の気持ちを証明すればいいさ

でもそのかませ犬的試合に選ばれた相手が、、、アリスター?
それはないよねー!!

アリスターがK-1に挑むのはいいでしょう
でも相手が違う気がする
彼の破壊的ファイトスタイルが活かせる?
なんだか、バダ・ハリの影に終わってしまう予感がするなぁ

僕の大好きなアリスターを、中途半端に使わないでくださーい
彼を主役に立てて、格闘技の破壊美を見せて欲しかった

バダ・ハリの早いパンチキックに対応できるかな?
ヒザを入れられる距離にアリスターが入れる絵が思い浮かばない
接近戦のヒザ一撃で倒す姿を期待したいけど、どうかなぁ

いいファイター同士なのに、この対戦に詩的さを感じられない
願わくば、結果が詩的であることを・・・

----

年末ひと区切り
2008/12/27 20:58:00

今年の仕事が終わったジョブローテーションにあたって、この2ヶ月は大冒険だった来年からまた新しい冒険が始まるとはいえ、まずは一段落頑張ったな、自分だいぶ辛い状況だったのによく耐えたと思うなんだか意味不明の自賛しているけど、まぁ許してください来年からは駆け足で、しかもマイペースで仕事ができるうるさい敵どもは消え去って、僕の道だけが開けているさ年末異動者に対して、Departmentで集まったときも転出者紹介Divisionでは写真撮影 Groupではお別れの挨拶を丁寧にしてなんかほんと地道な仕事ぶりに呆れるやら、感心するやら思い切り深いため息をついて、会社を出た僕来年からも大変でも、自分の道なら恐れずに歩けるさ

----

Dynamite2008感想
kenbox
K-1/DREAM
2008/12/31

12月31日を楽しみにしている。
お祭り騒ぎみたいなマッチメイクだから、あまり考えずに見て楽しめるしね。

ミノワマンの足関節はお見事!
倒れながらのジマーマンのパンチも結構効いちゃうかな?と心配したのに、結局はリアル筋肉マンの経験勝ちで嬉しかったよ。
会場も盛り上がっていたなぁ!
どんな相手にでも向かってゆく、彼の無茶振りが面白くてたまりませーーん!

坂口征夫もいい動きしてたのに、アンディ・オロゴンのアッパーはナイスでした。

K-1甲子園はフェアに頑張って欲しいのに、CM前に「HIROYA優勝へ?!」っていう文字はないよねぇ。
それだけ贔屓しちゃプレッシャーも感じるだろうし。
何が凄かったって、日下部竜也選手の打たれ強さですよ。

佐藤嘉洋はキシェンコとがっつり打ち合っての負けだから、あれって思い残すことないのかなぁ。
でも本人にすれば、きっと何かが出し切れてない試合って感じなんだろうか。

柴田勝頼もマッハに完敗だと思うけど、あれで満足なんだろうか。
年末最後の日に負けて新年を迎えるのは気持ちが悪いだろうな。

中村大介の技は早くて、格闘技を見慣れたはずの僕でも全然追いつかなかった。
所を一蹴してしまって、あれで所はハングリーさがなくなったと言われて叩かれるんだろうな。

アリスター・オーフレイムやった!!!
まず、バダ・ハリと並んで見るとアリスターの筋肉の付き具合が尋常じゃなくて驚いた。
まさかバダ・ハリをKOしちゃうとは思ってもみなかったこと。
スピードが全然違うから相手にならないと思っていたのに、フィニッシュシーンのヒザから左フックの見事なコンビネーションでKOだもんな。
予想外の嬉しい番狂わせ。
バダ・ハリには厳しい復帰戦となったが、かませ犬役かと思ったアリスターの見事な勝利がすごく嬉しかったよ。

川尻が勝ったときの喜びっぷり。あれはよほど武田に勝ちたかったんだ。
そして、厳しい練習をつんできたんだな、って想像させたよ。

ボブ・サップはまぁまぁでしたね。
キン肉万太郎は最後マスクを気にして油断したし。
あれはちょっとふざけすぎて、好感は持てなかったなぁ。

ミルコとチェホンマン、ひどかったなぁ。
やらせプロレスかと思った。
手数はないし、イエローカードも遅いし、最後もなんか納得ゆかず。
プロとは思えないよ、特にチェホンマンはつまらなすぎる。
ミルコのケガは分かるけど、詩的な試合ができないなら出ないほうがいい。

やっぱりムサシが本物で、武蔵が偽者かぁ。
年齢的なピークって本当にあるのかな。
ミルコも、ノゲイラも、ヴァンダレイも。
今日も武蔵なんて思い切りそれを体現していた。
流れ流れてゆくものは、本当に留まることなく、次から次へと主役が変わってゆくね。
武蔵が1RでKOされたのはなんか大きな流れの節目になるよ。

青木やったね!あのアルバレスから一本取るとはお見事!
一本はKOほど詩的ではないけど、青木の一本には興奮した。
あのアルバレスからだもん。それは興奮するよ。

もう桜庭は休ませてあげてください。
田村とのファイトは伝説マッチすぎて、現役とは思えない。
彼らは彼らで別の行き先を探して次に行って欲しいものだ。
それとも二人は生涯現役を目指しているのかな。
それだったら納得だけど。

凄すぎる、マヌーフ!
相手はあのマーク・ハントだよ、無類の打たれ強さの。
ちょっと常識外のKOで、思わず時間が止まってしまった。
なんだか今年のDynamite!は勝負の神様が、とんだ一撃を呼び込むなぁ。
格闘技って、元々実力だけじゃなくて運に左右されることも多いけど、
年末だからか?思いがけない勝敗が出るものだね。

セーム・シュルトは、MMAルールでも脇役扱いでしたね。

やっぱり大晦日は面白いなぁ。
意外な勝敗、はっきりした帰結が多かった。
感じたのは、新旧交代っていうこと。
肉体を使うだけに、格闘技の流れは加速度的だ。
中世の軍記物語のように、そこに見る生き様・死に様が僕を熱くさせるのだろう。
今年で何年目の大晦日の格闘技か。

毎年思います。生まれ変わったら、僕も格闘家になりたい、って。
はぁ。どうしようもない願いだね。

今年のDynamite!は、アリスターとマヌーフのKO勝利が主役でしょう!







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.