コストコ山口県オープンは山口市?宇部・下関・岩国・周南?

投稿日:2020年7月2日 更新日:



もしも山口県にコストコがオープンするのなら、まさか下関市にというわけにはいかないだろう。

人口数で言えば圧倒的トップの下関市だが、関門海峡を挟みつつも、福岡市・北九州市が近過ぎる。

それは山口県全体に言えることだね、福岡県という巨星に南接し、東の陸路続きはあの広島県だ。

北と西は海だから、お隣さんにもった偉大な強者たちから逃げる術のない山口県。

その上、山口県内は10万人オーバーの6つのメジャーな都市が群雄割拠していて、絶対的に飛び抜けたエース格がいない。

そのことも、コストコ山口県のオープンには逆に不利な影響を与えている。

何せ、10km以内に50万人商圏が必要なのが、コストコジャパンのオープン条件なのだから。

山口県134万人(県全体)
下関市25万人
山口市19万人
宇部市16万人
周南市13万人
岩国市12万人
防府市11万人

結論から言っていくと、もうムリなのよ、両方を挟んでいる隣人が強過ぎるし、更には距離が近過ぎる。

どうにもならない地理上の不利を抱えている山口県に、コストコがオープンする可能性なんてあるものか。

誰だって分かっていること、すっかり分かり切ってしまっていること。

山口市→コストコ広島170km
山口市→コストコ福岡110km

何せ、広島コストコ→神戸コストコ間の280kmに、他のコストコはオープンしていない。

その間には、岡山市・倉敷市・福山市・姫路市まであるのに、そのどこにもコストコ中国地方倉庫店2号店は開業せず。

奇しくも、広島コストコ→福岡コストコ間も同じ280km。

岡山市・倉敷市を合わせると110万人規模になるのに、コストコは素通り。

それなのに、人口数が中途半端な(失礼)山口県にコストコがオープンするものか。

せいぜい、コストコフェアかミニ・コストコ(もう宇部市にあるけど)ができたら儲け物だ。

「広島・福岡の中間点(=山口)にオープンさせるメリットがない」の一言で方が付く山口県コストコの宿命。


岩国錦帯橋の写真、2009年撮影

錦帯橋の写真

川沿いを走っていて、錦帯橋の登場を今か今かと待ちわびていました。

ようやく橋の姿が見えてくると、運転中ということも忘れて見ようとしたほど。

起伏を持つ木造の橋、なんとも歌舞いた姿の橋こそ、岩国の錦帯橋。

錦帯橋の美しさを感じたいなら、まぁ、錦帯橋自体を歩いても意味はないねぇ。

やっぱり錦帯橋全体を見渡せる場所でなくちゃ。

錦帯橋の写真

橋の上から、遠くの岩国城を映すアイディアもあります。

それから、橋下から橋ごしに岩国城を映すアイディアもあるんです。

錦帯橋の写真

やっぱり全体を映して眺める方が、より魅力的で。

錦帯橋の写真

日中の強烈な陽が落ちて、少し落ち着いた夕方の時間

錦帯橋の写真

岩国錦帯橋を歩いて、木造建築物の優しさに触れる。







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.