コストコ須坂長野インター北に2022年度オープン?信州200万人口で

投稿日:2020年7月2日 更新日:



我が県はメジャーなのに、どうしてコストコが1倉庫店舗もないのか?

地元を愛する習慣があるから、よそ者の、それも海外資本のアメリカ企業を受け付けるはずがない、なんて言い訳はいらない。

冬季オリンピックを開催したのは長野県長野市だよ、1998年のあの時からグローバル信州になっているのだ。

 

そんな鬱憤を晴らしてくれる明るいニュースを見つけた。

須坂長野IC北に計画されている大規模な商業地、

コストコ須坂長野があの場所にオープンしてくれそうだと言うのだ!

 

上信越自動車道のインターチェンジからすぐ、交通の便の良さは言うまでもない。

一角にはイオンモール・ルートインホテルなどがこぞって新規出店し、

川中島の戦いのごとくコストコ・イオンの二強が直接対決をする?

 

コストコ須坂長野

 

全てが一気に開業すると言う見立ては、ちょっと話が飛躍すぎ。

まずはコストコ須坂長野のオープンを切に願いますよ。

2021年春から夏にかけては、コストコは3店舗を新規オープンさせる計画を発表している。

北海道石狩市、熊本県御船町、愛知県名古屋市の3つだ。

 

その計画の後に、願わくばコストコ須坂長野のオープンを実現させて欲しい。

2022年度、もちろん2023年度でもウェルカムだ。

 

長野県 全体人口 203万人
須坂市 単独人口   5万人
長野市 単独人口  36万人
上田市 単独人口  15万人
松本市 単独人口  24万人

須坂市単体で見た人口数は頼りない。

「10km以内に50万人がいること」がコストコ出店の最低条件と言われるから、隣接する長野市・上田市の人口をあてにしている。

信濃ナンバー2人口の松本市は、実は70kmも離れているが、車移動前提の長野県だからそう遠い距離には思えない。

週末だけだろうが幾分かは寄ってくださるさ。

コストコが1店舗オープンすれば、新規で300名の雇用が生まれると聞く。

なんでも須坂長野インター北に、そのイオン・コストコ・ルートインなどが全て出店したら全体で1,000人規模になるとか。

もはや大きな工場を建設したと同等の効果になる須坂長野インター北のプラン、恐るべし。

今、長野市から一番近いコストコ
群馬県前橋コストコ → 140km、1時間45分
富山県射水コストコ → 190km、2時間30分

長野県民の苦しみは、隣県の山梨にも新潟にもコストコがないということ。

前橋も射水も正直遠い。。。

不思議なのは、どうして「コストコ信州」を長野市と松本市の中間点に計画させなかったのか?と言うこと。

他県からわざわざ須坂市までコストコ目掛けてくる人も多くないと思うし、

コストコ須坂長野は長野県内の内需だけでやっていかないといけないはずなのに。

地元からの協力がないと絶対にオープンできないコストコだ、きっと大人の事情があったのだろうと推測する。

コストコ須坂長野オープン

<地方の人口40万都市、コストコの有無>

長崎市42万人× ない
豊田市42万人× ない
富山市41万人○ コストコ射水
宮崎市40万人× ない
長野市37万人? 須坂にオープンか?
豊橋市37万人× ない
和歌山市36万人× ない
奈良市36万人× ない

 

須坂市は良い着眼点を持っていると感心した。

人口5万人で、リンゴ畑とブドウ畑が広がる須坂市。

この先も時代と共にいつかは廃れる町だからこそ、経済と若い人を呼び込むために、積極的に新しいものを取り込む、と言う姿勢。

 

須坂長野インター出口北の広大な土地を提供して、コストコを誘致することに先見の明があると称賛したくなる。

須坂市に限らず、「近いうちに下り目になる」町は他に幾つもあるのだが、

それを受け入れて、目の前に障害がいつかあるだろうが、強い意志でコストコ誘致をする。

 

そうして生まれるだろうコストコ須坂長野、2022年度のオープンが楽しみだ。

 


 

<善光寺参道・門前町の夜景写真撮影、信州長野市の観光名所>

2016年撮影

善光寺の参道、その夜景を写真に撮るという悪戯。

善光寺参道夜景写真1.jpg

陽が落ちて、真っ暗になっていく短い時間の間で、どんな絵が撮れてくるのか。

善光寺参道夜景写真2.jpg

川中島トレイルランニングをした後、じっと帰る気にもなれず、次はカメラの訓練を。

善光寺参道夜景写真3.jpg

一脚と明るい単焦点レンズが相棒、平日の善光寺参道に人は多くなく、遠くの参道までしっかり捉えられる。

善光寺参道夜景写真4.jpg

贅沢な時間だと思った、あの善光寺が僕だけの被写体になってくれるような感覚。

善光寺参道夜景写真7.jpg

ところで善光寺参道を駅の方向へと下っていく高校生が多い、なんだか楽しそうな下校風景。

善光寺のもっと奥に高校があるようだね、彼らにとっては善光寺参道は身近な存在、毎日の下校路。

善光寺参道夜景写真6.jpg

大人になって、長野市を離れた時に気が付くのだろう、「善光寺参道が通学路なんて、稀な時間だったんだ」。

善光寺参道夜景写真5.jpg

古いのに新しい、確かなセンスをいつまでも変わらない形で継続している善光寺。

善光寺参道夜景写真8.jpg

楽しい夜景撮影時間になった、忘れがたい経験と記憶、善光寺参道の夜景写真。

 


 

長野県で行ってみたい場所、写真撮影してみたい名所

海外赴任前、長野県の行ってみたい場所を叶える旅。

いよいよ僕に残された日本での時間は1か月とわずか。

御射鹿池.jpg

初夏の御射鹿池が絵画のようだと聞いた、早朝4時半に撮った僕の一枚、

忘れられない傑作になった。

片倉館1.jpg

諏訪湖畔・片倉館の千人風呂にも入ってみたかったんだ、

昔の洋風デザインで造られたユニークなものでした。

片倉館2.jpg

日本は広い、まだ行っていない素敵な場所も数ある、

それはアメリカから帰任した後のお楽しみということで。

海津城.jpg

海津城(松代城)からの川中島トレイルランニングも新鮮だった、

古戦場RUNシリーズはこれで走り収めか。

善光寺.jpg

20年ぶりぐらいに峠の釜めしを食べ、善光寺の夜景で腕試し。

長野県の素晴らしい自然を写真に収め切れていないなぁ、まだまだ撮り改めたいところが数ある。

行ってみたかった御射鹿池と川中島を冒険できて、心残りが軽くなった。

 


 

善光寺門前町の写真

善光寺門前町の写真

長野市の善光寺は、昔に2度、訪れたことがあった。

最初は仲間と地獄谷温泉帰りに寄り、次はハネムーンの際に石川県からの帰り道。

善光寺門前町の写真

ここ数年で京都・奈良の名刹を数えきれないぐらい回ったから、

お寺の格の違いとか、歴史の重みが分かるようになった。

善光寺門前町の写真

門前町を歩くだけで、伝わってくるのは善光寺の格の高さ。

長野駅から直線続き、門前の道の両脇には、数多くの土産物屋さん。

善光寺門前町の写真

門前町の道の長さと、お店の数が、そのままお寺の格を表すんだよね。

善光寺を、30代になって改めて訪れると、素晴らしさが伝わってきた。

善光寺門前町の写真

内陣には多くの仏教飾り、本尊は遠すぎて見えないけど、

ちょうど法要をしていて、善光寺の内陣は荘厳を感じた。

善光寺門前町の写真

地下のお戒壇巡り、暗闇でツルツルの木壁をつたいながらの冒険ごっこは楽しい。

善光寺門前町の写真

飛鳥時代から続く古刹・善光寺、忠霊殿の資料館で仏像を拝見させてもらったが、

平安時代のものが残っているし、保存状態も良い。

善光寺門前町の写真

山門の「善光寺」の文字に鳩を5羽、探し当てました。

善光寺門前町の写真

仁王門の四体の仏像がそれぞれなかなかユニークで、カラフルで面白かった。

善光寺門前町の写真

仲見世通りの蕎麦屋「尾張屋」で食べたざるそばは、

長野市一帯の涼しい夏を思わせるように、ひやっと心地よい味。

善光寺門前町の写真

善光寺はまさに古刹・名刹、貴重な仏教文化を残してくれているお寺だ。

歩いて楽しいのが特徴、庶民に愛されるエンターテイメントの要素がある。

 


 

小布施・栗の小径写真

小布施・栗の小径写真

長野県小布施市、千曲川添いに栗の木が並び、栗ワールドの雰囲気

長野の高速サービスエリアとかでも、小布施の栗菓子は売っているけど、

せ長野市の善光寺まで来たから、本家を訪れようと、小布施まで車を走らせる

小布施・栗の小径写真

なにはともあれ、栗の小径に行きましょう

有名な小布施堂本店や竹風堂本店、他にも栗スイーツの名店が

定番の小布施堂の栗鹿の子、竹風堂のどら焼山、栗庵風味堂の栗あん豆乳そふとを頂く

どれも美味しかったけど、やっぱり栗鹿の子の味は、

グルメの真ん中をどっしり捉えていて、日本茶と一緒に食べると最高

幸せのグルメロード・栗の小径を歩いて美しいものを探す

そのつもりが、美味しいもの探しの旅に変わっていました

小布施・栗の小径写真

それで仕方ないよね、だってここは小布施、栗スイーツの名所

 







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.