ケンボックス

詩的日記を、高品質写真で。

トレイルランニング専用カメラ、小型軽量・高画質で!

投稿日:2018年8月23日 更新日:




ニコンからのミラーレスカメラを待望、熱望している。
ただし用途にマニアックなところがあって、トレイルランニング中の持参。

願わくば、小型軽量のミラーレスを、CXフォーマットを超えてDXフォーマット以上で。
高価なフルサイズ・ミラーレスはちょっと避けたい。
山野を走って視界が開けたその先で、一石二鳥なカメラマンにもなりたいのだ。

FXフォーマットまでは求めないが、コンパクトデジカメではどーしてもダメなんです。
iphoneのカメラも認めているけど、どーしてもダメなんです。
そこそこの画質、小型、軽量、頑丈、それをバランス良く満たしてくれるもの。
カメラマンでいたいから、カメラマンでもいたいから。

NIKON 1のV3に、ナノ・クリスタルコートの単焦点レンズ 1 NIKKOR 32mmを愛用している。
NIKON DLシリーズこそが求めるものだと想いを馳せた2年前、販売中止に心を痛めた。
あれこそが求めるもの、DL18-50 f/1.8-2.8と一緒にあちこちを走るイメージをしていた。

その夢の続きをNIKON Zシリーズに託せる?
いいや、ターゲットの異なりが大きくて、トレランにはもったいない逸材。
さすがに35万円相当のZ6/NIKKOR Z 35mm F1.8Sを腰に山道を走るのは忍びない。

ビジネスとしては高級カメラ路線に絞らないとダメなのは理解できるから、DLシリーズに近いものは今後も見込めないだろう。

すると僕のトレイルランニングのお供は、自然とニコンのカメラから逸れていく。

D90→D800→D850、J1→V3、と愛用してきたニコンからの別離?
メイン機はD850→いずれはZシリーズ、サブ機はNIKON 1→他社のミラーレス?

いいや、本当はトレイルランニング用のカメラにメーカーは関係ないんだ。
ニコン縛りは自分だけの不思議ルール。
画質が良くて持ち運びがスマートならば、僕は悪魔にも天使にも魂を売ろう。
そんなことよりも、写真撮影を楽しむこと。

トレラン専用カメラで揺れ動く僕の心の内。
ニコン以外のミラーレスではトレランには何がフィットするのかな?と禁断の一歩。
SonyのCyber shot RX0に浮気しちゃう?

もう止められない流れ。
心の壁を突き抜けた時、僕のトレランカメラはもっと自由になる。

 


 

2015年4月19日

1NIKKOR 32mm f/1.2 は明るい単焦点レンズの極み、CXフォーマット

 

究極のレンズが欲しくて、1NIKKOR 32mm f/1.2を買った。

利便性でも価格でもない、欲しいのはただ、最高画質の写真だ。

NIKON1 V3につけて、トレイルランの旅に出るときに1NIKKOR 32mm f/1.2を使おう。

1nikkor32mm-f1.2_2.jpg

ということで、この究極に明るい単焦点レンズを試し撮り。
お休みを1日取って、3連休になった週末はずいぶん楽しかった。

1nikkor32mm-f1.2_3.jpg

キッチン雅木さんのランチは美味しかった、久しぶりに食べたプロ中のプロの味。
f/1.2で撮るときの明るさは驚異的、ピント面の狭さにもびっくり!

1nikkor32mm-f1.2_1.jpg

凄いな1NIKKOR 32mm f/1.2、まさにポートレート向けのレンズ、これがFXでもDXでもなくCXフォーマットとは。

写真だけ見るとフルサイズのD800で撮ったかのように見える、まさか手軽なミラーレス一眼での一枚とは気が付かないよ。

1nikkor32mm-f1.2_4.jpg

刈谷ハイウェイオアシスの遊園地で遊んだ思い出。

1nikkor32mm-f1.2_5.jpg

三好池を17km(4周)走って、夕飯のタコスは僕のお手製、ハードタコスを焦がして異臭騒ぎに。

1NIKKOR 32mm f/1.2 の試し撮り画像、これからこのレンズを持って歩けるなんて楽しみ、幸せ。

 







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved.