ケンボックス

詩的日記を、高品質写真で。

アトランタ3大観光名所の写真、コカコーラ・ジョージア水族館・CNN 

投稿日:2018年5月4日 更新日:




どうしても、いつか必ず来たいと直感していた場所。

アトランタのワールド・オブ・コカコーラ、「コカコーラの世界」または「コカコーラ博物館」。

ワールド・オブ・コカコーラ3.jpg

ショー仕掛けだね、360℃のスクリーンがシュワシュワーとなった。

僕たちはコカコーラに呑み込まれたようだ。

ワールド・オブ・コカコーラ1.jpg

チケットは事前にサイトから購入した、土日は混むようだが、平日の朝に訪れたみたから大丈夫。

セキュリティーチェックを抜けたら受付、ウェルカムドリンクとしてコカコーラのミニボトル各種の無料配布あり。

ワールド・オブ・コカコーラ2.jpg

歴史や世界での活動の話を聞いて、その先は自由に見て回るパターン。

ワールド・オブ・コカコーラ5.jpg

実物のポーラーベアは可愛くない、とりあえず家族写真を撮ってもらったが、可愛さはゼロねー。

ワールド・オブ・コカコーラ4.jpg

コカコーラのレシピは秘中の秘、この厳重な金庫の中に隠されている、という物語。

ワールド・オブ・コカコーラ6.jpg

3時間は楽しめるなぁ、言葉も国境も越える商品力が素晴らしい、ここはアメリカを代表する文化場所だろうよ。

ワールド・オブ・コカコーラ8.jpg

コカコーラ社が世界中で出しているサイダーの試飲ができる、歩き疲れた最後にそれはあなたを待っている。

ワールド・オブ・コカコーラ9.jpg

砂糖が多いからコーラは普段避けているが、その爽快感は僕にも伝わっているよ、敬愛しているよ、コカコーラ。

ワールド・オブ・コカコーラ7.jpg

頭上をコカコーラの瓶が流れて行く、アトランタから全米へ、いいえ、その先の各国へ。

ワールド・オブ・コカコーラ10.jpg

アトランタのイメージを突き抜けて明るくさせてくれるツートップ。

ワールド・オブ・コカコーラとすぐ隣のジョージア水族館。CNNもすぐ近くだけど。

ワールド・オブ・コカコーラのショップが凄く楽しかった!

コカコーラの味が入った商品だらけ、レジ待ちの列が凄すぎて買うのを控えた。

素晴らしい体験となったよ、ワールド・オブ・コカコーラ、あなたには本物の品質がある。

 


ジョージア水族館の写真、世界最大級

 

世界で有数、全米最大と聞いたが、このジョージア水族館より偉大な水族館ってあるの?

僕はダイバーになったようだ、水中のこんな光景をこの目で見てみたかった。

ジョージア水族館7.jpg

ジンベイザメはWhale Sharkと呼ぶのね、確かにクジラようで、サメのよう。

柔らかそうなお腹しか撮れなかったが、背中のドット模様がオシャレなジンベイザメ。

ジョージア水族館2.jpg

水槽の底がトンネルになっている、道の左側は動く歩道になっていて、空と海を見上げていると先に進んでいる。

ジョージア水族館3.jpg

実は、PLフィルターで窓の反射を取り除くことを忘れた、痛恨のミス。

ジョージア水族館6.jpg

10万匹の魚と一緒に、ジンベイザメが泳いでくる。おとなしいけど巨体、威圧感があっても小心の君。

ジョージア水族館1.jpg

週末は凄く混むのは、隣接するワールドオブコカ・コーラと同じく。CNNも混むけど。

だから入場時間縛りのあるチケットをオンラインで事前購入しておいた、それが賢明だよ。

ジョージア水族館5.jpg

水槽の厚さは61cmもあるの? その割にクリアに写真が撮れる気がする、これもガラス技術の恩恵か。

ジョージア水族館4.jpg

ジンベイザメが3匹(3頭?)、マンタやシュモクザメもいるし、魚類のミックスサラダ!

ジョージア水族館9.jpg

色々なコーナーがあって半日いても飽きないな、これは人気過ぎて混むはずだ、ジョージア水族館。

ジョージア水族館8.jpg

イルカショーは室内の派手な光線の下で、ショータイムね、ショータイム。

ジョージア水族館10.jpg

アトランタ観光では必ず訪れるべき場所、隣接した駐車場もあるし、治安とかの心配はない。

見ごたえたっぷりのジョージア水族館、僕にとっては Best. Ever. の水族館、楽しい思い出。

 


CNNスタジオツアー写真

 

アトランタに来たら、3大観光名所は行きたいよね。

ワールドオブ・コカコーラ、ジョージア水族館、そしてCNN(ニュース専用のテレビ局)。

CNNスタジオツアー2.jpg

このCNNスタジオツアーも大人気で当日チケットが取れるか不安なので、事前にサイトから日時指定で購入しておいた。

CNNスタジオツアー3.jpg

空港みたいなセキュリティチェックを受けて、長いエスカレーターに乗り、右上の地球儀に入る。

CNNスタジオツアー1.jpg

唯一、写真撮影が許可されているスタジオ、この先は撮影不可だが、そのままスタジオの裏を歩くツアー。

CNNスタジオツアー5.jpg

それが期待していたほど面白くなく、サービスでキャスター風に写真が撮れるわけでもなく、ひたすら裏口階段を歩く。

CNNスタジオツアー4.jpg

これはこれでその道の本物なのだろうが、どうもショーの要素が薄い、ニュース専門チャンネルだから当然だが。

CNNスタジオツアー6.jpg

ムリして時間を割く必要もないな、ワールドオブ・コカコーラとジョージア水族館が、アトランタ観光のツートップだ。

 


風と共に去りぬ博物館の写真 南部マリエッタ~ジョージア州アトランタ郊外

 

アトランタ郊外、マリエッタという町に「風と共に去りぬ博物館」はある。

風と共に去りぬ博物館5.jpg

注意だが、2018年4月から移転しているよ、マリエッタの市街ではなくHilton Mariettaの隣、

住所は 472 Powder Springs St SW, Marietta, GA 30064 だ。

風と共に去りぬ博物館8.jpg

原作には関係のない建物だろうが、南部らしい雰囲気があって、もうここが舞台かと思った!

風と共に去りぬ博物館3.jpg

恐る恐る建物の中に入ると受付があって、入場料7ドルを払って、1階の各部屋を見せてもらう。

風と共に去りぬ博物館1.jpg

書籍や往時の家具など、色々保存されています、さすがに昔のお話過ぎて馴染み薄いが、好きな人にはたまらないはず。

風と共に去りぬ博物館6.jpg

現代っ子のウチの娘が、スカーレットのドレス風にモデルを。

あなたは風のように去らないで欲しい。

風と共に去りぬ博物館2.jpg

南部の貴族的社会、その1点だけ見ればキレイな文化でも、犠牲の上に成り立っていたもの。

プランテーションと同じく、現代にはそぐわない。

新しい文化を南部はこの先見つけられるかな。

風と共に去りぬ博物館7.jpg

風と共に去りぬ博物館の裏庭もキレイ、写真映えする博物館ね。

風と共に去りぬ博物館4.jpg

当時のドレスが数多く残されている、もうすっかり時代が変わって、たった100年足らずなのに。

 


2017年5月3日

アトランタ(ジョージア州)ダウンタウンをランニング

 

アメリカ南部の最大都市・アトランタを走ってみよう。

標高300mにあろうが構わず走り、その昔「全米ワースト1凶悪犯罪率」の不名誉になってしまったこともある街を、

僕の肌で感じてみたい、もちろん無理なところは走らないけどね。

アトランタ_ランニング2.jpg

CNNセンター・ジョージア水族館・オリンピック公園あたりを最初に走ると、キレイな観光地ってとこ。

アトランタ_ランニング1.jpg

パーソナルモビリティに乗っている人は警察官に準じて「アンバサダーフォース」と呼ばれ、パトロールをしている。

アトランタ_ランニング3.jpg

ワールド・オブ・コカコーラを走り過ぎる! 家族と一緒に遊びに来たいのでグッと我慢、コーラも飲まずに。

アトランタ_ランニング5.jpg

観光地一帯を過ぎ、ダウンタウンまでの登坂付近には人が少ない、中心部に入ると都会らしい光景が。

アトランタ_ランニング4.jpg

カラフルなレンタルバイクが目を引いた、都会をRUNで駆け抜けるのは良い、自転車で走っても面白そうだ。

アトランタ_ランニング6.jpg

何せ気軽なRUN姿、地下鉄駅におりていってウロウロする、別に心配なことはなく普通の地下鉄。チケットマシーンを写真に。

アトランタ_ランニング7.jpg

ダウンタウンの南、アンダーグラウンド・アトランタ付近で雰囲気が変わった、小さな危険を感じ、

走っているから誰にも邪魔されないが、ほどほどにして安全なエリアに戻る。

アトランタ_ランニング9.jpg

ダウンタウンの東・キング牧師国立歴史地区まで走って行こうとも思ったが、止めてよかった。

キングセンターの池にはキング牧師の棺が安置されている。それまでの道の雰囲気はダメダメ、車で移動しないと。

アトランタ_ランニング8.jpg

I have a DreamのスピーチCDが流れるのを聞き、キング牧師に想いを馳せる。永遠の炎。

アトランタ_ランニング10.jpg

キング牧師の時代の展示物や、生家を見たり、アトランタのもう1つの見どころも逃さず。

大都市アトランタを走っていた感想として、日中ならよほど治安の心配はないが、あまり走るものでもない場所だ。

無難に見どころだけを車で見て回ったほうが良いかな、アトランタ市内なら。

僕のRUNは無意味だったようで、これがはっきり分かっただけでも刺激になり、自分の経験となった。

 







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved.