ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

B1 in lieu of H3 というアメリカビザカテゴリー

投稿日:2010年1月28日 更新日:




「B1 in lieu of H3というビザカテゴリーがある。

これはほとんどお目にかからないが、とある企業の研修生でアメリカの提携先に

研修に行く際にそのビザが発給されたことがあったな」

「in lieu ofってことは、B1商用ビザだけど、H3研修の代わり、っていうことでしょ。

トレイニーのH3ビザとの違いは何なの?」

「toko,じゃぁ仮にあなたがそのビザ申請者だとしよう。

研修だから就労ではないね?

それと、Hビザは現地企業からお金を貰うビザじゃないか。

すると、H3ビザは当てはまるかい?

当然、研修なんだから提携先からはお金はもらわないよ。

逆にお願いして勉強させてもらうんだ。お金は日本の親会社が払う」

「ダメね。そう言われるとH3じゃない。

就労じゃないからLでもEでもないし、あとは商用のBビザしかないわねぇ」

「だろう?でも普通のB1で事足りるかな?

Bビザは企業の打ち合わせが該当だよ?」

「打ち合わせ、ではないわね。

ふぅん、本当に一番いいビザカテゴリーがないじゃない。

あとは留学ビザはどうなのかな?

でも米国の会社に行くんだからI-20ABとかDS2019なんか発行されるわけないか。。。。

ダメだね、この線も」

「そうなんだ。こういう企業研修生のケースは思い切って金や勤務場所の問題を

棚上げにしてL1にするかH3にするかにしないと解決できない。

まともに目的や事情を説明して発給されたのが、このB1 in lieu of H3という新しいカテゴリーなんだ」

「でもこのビザって完璧じゃない?

B1だからお金は日本側で払うし、H3としてはっきり書かれているから目的も明確だし。

あとはアメリカビザにはそもそもそんなカテゴリーないってことが問題ね」

「そうだよ、toko。いずれは淘汰されてしまうビザカテゴリーだと思うな。

こういう稀なケースのことも頭に入れておくともっとビザの知識が膨らんでゆくよ」

そう言ってケンが笑う。

その膨らんだ豊かな知識を元に教えてくれる先生のように、わたしもいつかなれるかな。

でも、日常生活ではこんな特殊な知識使わないと思うけどね。。。。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.